2008年04月28日

◆ムッソリーニ銃殺さる

                    渡部亮次郎

彼が日、独、伊の3国同盟の主人公の一人である事は子供心に知っては
いた。しかし、イタリアそのものが日独より早く連合国に万歳し、日独
に軽蔑された政治家だったので、詳しくは知らなかった。4月28日にパル
チザンに銃殺された。1945(昭和20)年のことである。

<語録
プロレタリアのイタリアよ、ファシストのイタリアよ、革命のイタリア
よ、全員起立

社会主義とは、ペテンであり、喜劇であり、幻想であり、ゆすりである。

他人を信じることは良いことだが、信じないのはもっと良いことである。

血のみが歴史を前進させる。

ヒトラーは一流国家における二流の指導者、かたや自分は二流国家にお
ける一流の指導者である。

人々は自由に飽き飽きしているというのが真実である。

私はファシズムを創造したのではなく、イタリア人の奥底から引き出し
ただけである。

正義のためには法律を犯すことも許される。そのとき暴力は武器となり、
正義となるのだ。

私は満足している。そして復讐も再評価も望まない。>

第1次大戦後の1919年3月〈戦闘ファッシ〉を結成してファシズム運動を
開始し,21年5月下院議員に当選する。22年10月ファシストのローマ進軍
の圧力によって,国王から組閣令を引き出し,39歳で首相となった。

以後20年にわたって首相の地位にあり,とくに25年1月、力による支配の
方針を表明した後,ファシズム体制を築いて独裁的な権力を掌握した。
ファシズム内の諸潮流の均衡の上に立って,その時々で大臣を交代させ
ながら,みずからは指導者として最高の地位を保持した。

1940年6月10日、イタリアはイギリス、フランスと開戦、同年9月27日に
日独伊3国同盟に調印してドイツと日本の密接な関係を確認した。その
後の1941年12月には日本とアメリカが戦争状態に入ったことを受けてア
メリカにも参戦するなど、日本とドイツと並ぶ枢軸国の一国として本格
的に参戦した。

しかし,敗色が濃くなると政・財・軍各界からの批判が高まり,43年7月24
日ファシズム大評議会で不信任の動議を突きつけられた。

1945年4月に、連合国軍の進撃を避け敗走するドイツ軍とともに中立国の
スイスに脱出する途中、コモ湖畔の小村でレジスタンス運動のパルチザ
ンに発見され、同月28日に銃殺された。

その死体は同行していた愛人のクラレッタ・ペタッチの死体とともにミ
ラノのロレート広場に逆さ釣りにしてさらされた。ムッソリーニの最期
は、死刑の通知をするレジスタンスに対し、「胸を撃て!」と叫んだとさ
れる。没年月日 1945年4月28日(満61歳没)

彼の死体が、公衆の前にさらしものにされたことを聞いたヒトラーは強
いショックを受け、自決の際に「彼のようになりたくない」と、自身の
死体をすみやかに焼却するよう部下に命じたと言われる。

ファシズムの創始者であることから、「世界で最も優れた写真家3人を
挙げよ」「ムッソリーニが現像し、ヒトラーが複写し、ゲッベルスが拡
大した」というジョークがある。2008・04・24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』及び「世界大百
科事典」(平凡社)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック