2008年05月02日

◆日本初メーデーは2日

渡部亮次郎

労働者の権利を獲得するための祭典メーデーだが、日本で最初に行われたのが大正9年。実はこの年、5月1日が土曜日で休みでなかったため、2日の日曜日に開催された。つまり日本初のメーデーは5月2日。

元々イギリスで5月1日は14世紀頃に始まった、花を祝うお祭りだった。

日本より北に位置しているイギリスでは春の訪れと言うとこの頃で、そのやっとやってきた春に対する喜びを味わう祭日として『5月の女王:May Queen』などを決めたり、遊技などをして長く親しまれて来た。(メイクィーンという名前はジャガイモにも付けられている)

その5月1日を労働者の権利を主張したり、団結を図るための集会になったのは1886年のアメリカだった。この日、アメリカ・シカゴで35万人が参加して8時間労働制のを求めるストライキが行われたことに由来する

3年後の第2インターナショナル創立大会で、この日を『万国労働者団結の日』と定め、翌年の1890年に第1回メーデーが開始された。

日本でのメーデーは、まず1901(明治22)年に「二六新報」が「第1回日本労働者大懇親会」と言うものを開催している。これがメーデーの前身とされているが、この日は4月3日だった。

労働者組合主催のものとしては1920(大正9)年、上野公園で開催されたものが一番最初になる。しかしこの第1回メーデーは1日ではなく5月2日だった。実はまだ休日として認められていなかったメーデーなので、多くの人が集合できるようにと日曜日だった5月2日に開催されたのだ。


1936(昭和11)年から政府によりメーデーが禁止され、戦時中は完璧に中断されていたのだが、敗戦後の1947(昭和21)年に復活した。
戦後の軍国主義から民主主義へと変わったシステムの変革を叫ぶ労働者の熱がたかまり、この頃のメーデーは激しいイデオロギーのぶつかりあう集会になった。


その結果、1952(昭和27)年のメーデーでは、デモ隊6000人行進が集会として使用禁止とされていた皇居前広場にまで押しかけ、警察隊と衝突をし、最終的に2人射殺、1230人検挙、負傷者2300人という大惨事になった。

現在では世界中でこの5月1日はメーデーとして祝われ、韓国でも『勤労者の日:Labour Day』、中国でも『五一国際労働節』として祝われている。

メーデーと言えば5月1日というのが常識になった現在だが、実はメーデー始まりのきっかけになったアメリカでは、その祭典に共産色が強くなりすぎて、現在では9月の第1月曜日に別に『労働祭』という物を設けている。

1946年5月19日、飯米を要求し25万人の都民が皇居前広場にあつまる『食糧メーデー』が開催された。まだ終戦翌年のことだったので、この集会も必然だったのかもしれない。

労働者=無産政党=天皇制打破の匂いがあったため。労働運動は日本では常に治安維持の一環として取り締まりの対象となってきた。
しかしGWの前に実施されるようになって、メーデーの迫力はさっぱりだ。2008・04・24
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック