2007年03月28日

◆日本海が表だった時代


                    渡部亮次郎

秋田はやはり美人が多い。2007年3月24日の千秋会。互いに71歳の高校時代を東京で懐かしむ会。花見が目的だが花は1分咲き。それよりも70を過ぎてなお美人の中に北前船を連想させる姓の方が居て、少し詳しく調べる気になった。北前船(きたまえぶね)はうっすらとしか知らない。

北前船の水夫が女に腰を抜かしたのは越前でも能登でも越中でも越後でもなく秋田だった。各地の地名が「姓」で残っている。播磨谷=兵庫県、越前谷=福井県、三国屋(谷)=同、若狭屋=同、小浜屋、=同、敦賀屋=同、能登谷=石川県、加賀屋(谷)=同、越中屋=富山、越後屋(谷=新潟県)。

秋田まで来るとどこかが緩んだのかも知れない。酒田(山形県)には留まっていない。逆に秋田男が加賀女に腰を抜かした記録はない。?

ところで北前船は江戸中期から明治時代にかけて,北海道と大坂、のちには江戸までを結んで西回り海路を往来した買積船。その船型は通称千石船で,弁財船,どんぐり船とも呼ばれた。

当初は200石(30トン)積みから500石(75トン)積みまであったが,明治時代になると2000石(300トン)積みクラスのものも現れた。

積荷は上り荷として北海道産の胴ニシン・羽ニシン・身欠きニシン・サケ・昆布などの海産物,下り荷は米・塩・木綿・古着・酒などであった。船主が荷主を兼ねた買積みであった。柚木 学(世界大百科事典(C)株式会社日立システムアンドサービス)

例年70,000石(10、500トン)以上の米を大坂で換金していた加賀藩が寛永16年(1639年)に、この航路で100石(15トン)の米を大坂へ送る事に成功。一方幕府も寛文12年(1672年)出羽国の米を河村瑞賢に大坂へ回漕させたのが、この航路の起りである。

初めは近江商人(滋賀県)が加賀、能登の水夫たちを雇って、北海道を日本海、瀬戸内海を挟んで大坂との物資交易で大儲けした。1航海1千両と言われた。

続きを読む≫≫

2007年03月25日

◆岩手県立大生に贈る言葉


                       渡部亮次郎

これを長い間読んで下さったあなたと、やはりお別れする日がやってき
ました。徳久教授の退職に伴ってこのHPも閉鎖されるからです。老人の
繰言(くりごと=くどくどと言うこと。愚痴)を長いこと読んで下さって有難う御座いました。

私の大学生活は、遥か50年以上前。霞んでしまって思い出すのもやっと
です。少しは授業を聞きましたが、大学新聞作りにばかり熱を上げてい
ました。学生の政治運動の最も盛んな時代で、日本共産党に楯をついた
ことから、サークルを除名されました。

卒業後、NHKの記者になり、大館、仙台、盛岡と勤務し、いい加減厭になって転職をその社長と約束し、大酔して帰宅したら東京・政治部への転勤が告げられました。そうやっても結局、記者生活は20年に達せずに辞めました。NHKの体質に染まれないことを知ったからです。

41歳の暮でした。外務大臣の秘書官をしたり、日米間の文化交流を推進
する社団法人に身をおいたりと、随分、変化のある人生を送ってきまし
たが、大学で習ったことが仕事に役立ったと言う事は1度もありません。むしろ下宿の畳に寝転がって読んだ小説のほうが役立ったように思います。

社会に出る、という事は上司に命令されることで始まります。そこから
役立つことと言えば、挨拶がきちんとできること、お辞儀がきちんとで
きること、電話の応対が慌てないで出来ることだけで100点です。

パソコンの時代、メイルの時代と言いますが、手紙が確り書ける人は格
別に目だって信頼されるでしょうね。そういう人は敬語も難なくこなせ
るようになるでしょう。なぜなら敬語とは格別の言葉ではなく、相手を
不愉快にさせないだけの言葉に過ぎないからです。

私は秋田の貧しい農家に生まれ育ったものですから、NHKでは放送記者として秋田訛を直すことと、政治家に敬語で取材するのに苦労したかと聞かれますが、全く苦労しませんでした。

政治家は他人より何十倍も苦労したと自任している人種です。選挙とい
う誠に高いハードルを越えているからです。どんなに品性の劣る国会議
員でも、何万もの有権者を納得させる何らかの術を持っているのですか
ら、尊敬せざるを得ません。そうなればその人に対して使う言葉は敬語
になっていました。

続きを読む≫≫

2007年03月24日

◆武士道否定で「いじめ」


                      渡部亮次郎

浅学にして知らなかった。定年後「名誉教授」を名乗らせないのは怪しからん、と大学を訴えた人がいたとか。産経新聞の教育欄(2007・3・19)で「卑怯を憎む心を育てよう」と武士道精神の復活を呼びかけておられる。

それが東京大学時代は全学連の組織部長だったというから驚きが止まらない。

全日本学生自治会総連合は、1948年(昭和23年)9月に日本全国の国立、公立、私立の145大学の学生によって結成された。初代委員長は後に新日本文学会の指導的な立場に立ち、安保闘争のときに日本共産党を批判する呼びかけを行って党を除名された武井昭夫である。

ついで委員長になったのは、のちに学習院大学の教員となり中曽根康弘のブレーンとなった香山健一であった。

初期の全日本学生自治会総連合は、日本共産党の強い影響の下で、反レッドパージ闘争、朝鮮戦争反対闘争、全面講和運動などを行った。

この時期に全学連で活動した者には、後述する東大の山川暁夫、元西武セゾングループ総帥で作家の堤清二、後の日本共産党議長不破哲三と副委員長上田耕一郎兄弟、元桃山学院大学学長沖浦和光、東大教授の神代や戸塚秀夫、歴史学者の犬丸義一、早大から新聞記者を経て田中角栄秘書となる早坂茂三らがいた。

彼らは学生時代は全員同じ共産党員であり、早坂を除けば共産党の東大細胞(支部)に所属していた。70年代まで、山川と早坂、堤との交流は長らく続いていたという。このことは全学連運動の当時の人間関係の密度の濃さを表している。

続きを読む≫≫

2007年03月22日

◆患者を脅す医者が悪い


                      渡部亮次郎

<「血糖値を抑える」カイコ粉末に薬効と宣伝して売る カイコの粉末に薬効があると宣伝して健康食品を販売したとして、大阪府警警備部などは22日、薬事法違反(承認前の医薬品広告など)の疑いでボンビックス薬品(大阪市中央区)と社長(48)ら2人を書類送検した。

社長らは容疑を認め、1998年11月ごろから15万個以上、約15億2000万円分を売り上げたと供述しているという。  

調べでは、昨年8―11月、カイコの粉末入り錠剤「ボスリン」など2種類の健康食品を、血糖値を抑えるなどの薬効があるとホームページやチラシで宣伝。山形県酒田市の女性(58)ら8人に270錠入りを計17個(20万3700円)販売した疑い。>ZAKZAK=夕刊フジ 2007/02/23

これが、要するに「糖尿病怖い」に付け込んだ犯罪なのである。今後も似たような事件が多発することが間違いない。なぜならば、糖尿病は今のところ一旦かかったら絶対に治らず、一生付き合わなければならない病気。最後はインシュリンの注射を朝夕打たなければならなくなる。痛い!いやだ!其処を悪が狙う。

<日本国内の糖尿病患者数は、この40年間で約3万人から700万人程度にまで膨れ上がってきており、230倍以上という異常な数値を示している。予備軍を含めると2000万人に及ぶとも言われる、現代の日本人が抱える難病の一つである。

糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、糖代謝の異常によって起こるとされ、血液中のブドウ糖濃度が病的に高まることによって、様々な特徴的な合併症をきたすか、きたす危険性のある病気である。

一定以上の高血糖では尿中にもブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)ため糖尿病の名が付けられた(Diabetes=尿、Mellitus=甘い)。腎臓の再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2006年12月24日、親戚の主婦(61)が腎不全のため死去した。永年に亘って糖尿病を放置したため、2006年になって突如、人工透析を開始しなければ命にかかわると宣告されてそうしたが、1年も経たないうちに死去となった。糖尿病の知識を本人も家族も持たなかったからである。

続きを読む≫≫

2007年03月21日

◆新東京タワーの波紋


                    渡部亮次郎

東京・江東区の私の住まいから地下鉄で2駅のところに4年後の夏、地上610メートルの新東京タワーが建つ。これを浅草方面(台東区)から見ると、アサヒ・ビール、墨田区役所の左側に、ほぼ隅田川に面して610メートルが聳えることになる。

http://www.yamaguchi.net/archives/000444.html

慌てたのは上野・浅草商店街を抱える台東区商店街連合会。元々商店街や観光連盟など民間主導による「台東ワールドタワー」の誘致活動を展開した。場所は、台東区立隅田公園や区民会館の周辺地区。高さ600mのタワーを建設する計画だったが墨田区計画に敗れた。

上野・浅草地区を訪れる観光客は年間約330万人。しかし拠点駅の東武線浅草駅の存廃の不安がある。ホームも短く、通勤線として不向き。そこへきて東武鉄道は隅田川を跨いだ押上・業平(おしあげ・なりひら)地区に新東京タワーを建設する。

そうなると観光客の流れの重点はそちらへ移り、「やがて浅草駅は廃止されるのではないか」と浅草の住民は疑心暗鬼になっている、という。区長選挙が2007年3月18日に行われたが、具体的な対策は示されなかった。現職が再選。

区としては実は昨年5月、有識者や地元関係者、国や都、隣の墨田区などの委員で構成する「浅草地域まちづくり検討委員会を設置して検討してはいるが、ビジョンの策定はこの夏ごろになると言う。

ところで新東京タワーである。都心部での高層ビルの増加に伴う電波障害を低減すること(特に受信機が小型で影響を受けやすいワンセグ放送に対応すること)、アナログ放送と同規模のエリア確保を目的に、600m級のタワーが必要であるため、東京タワーの代わりに建設される地上デジタル放送用の電波塔である。高さは約610mを予定しており、展望台が450mの高さに建設される。

誘致合戦は激しく、墨田区(すみだタワー) さいたま市(さいたまタワー) 港区(東京タワーの改修) 練馬区(東京ワールドタワー) 豊島区 台東区(台東ワールドタワー) 足立区 千代田区(秋葉原タワー) とあった。

結局2006年3月25日にNHK・在京6社は墨田区に建設することを正式に決定、3月31日に報道発表がなされた。

続きを読む≫≫

2007年03月20日

◆トウ小平秘録が語るもの


                      渡部亮次郎

産経新聞中国総局長伊藤正による大型連載「ケ(とう)小平秘録」の第1部『天安門事件』が2007/03/18に終わった。第2部は近く掲載が再開される。

人民解放軍が人民を銃撃して世界を震撼させた第2次天安門事件(1989年6月4日)について中国当局は事件そのものに「封印」してしまおうとしているため、真相解明は進まない。

<事件から間もなく18年。中国では、「六四」という事件の通称も知らない世代が増え、北京市民も当時の体験を記憶の引き出しに閉じこめたままだ。

中国のメディアは先月、トウ小平(とうしょうへい)氏の死去(97年2月19日)10周年で特集報道をしたが、「六四」に触れた記事は1本もなかった。報道規制の結果と関係者は言う。

「中国の特色ある社会主義の正しい方向を堅持」(胡錦濤演説)し、「今日の発展がある」(温家宝(おんかほう)首相)とはいえ、天安門事件は消し去るべき過去になっている。当時の特殊な状況は再来しない、と。>

しかし、それに今回、挑戦したのが伊藤正氏であり、おそらく彼の畢生の作となる大作である。連載の始まったのは2007年2月14日だった。外国人としては初挑戦で、したがって相当な危険を冒したものといえる。

だからすべて公刊された資料により、永年の中国滞在で研ぎ澄ました見識を加えて歴史の真実に肉薄している。おそらく中国人でもここまでは分析できないだろう。

伊藤正 産経新聞中国総局長兼論説委員。1940年生まれ。東京外語大中国語学科卒。65年共同通信に入り、香港、北京、ワシントンの各特派員の後、87年から91年まで北京支局長。

共同通信論説委員長を経て2000年産経新聞に転じ、同年12月から現職。著書に「トウ小平と中国近代化」などがある。(紙面での自己紹介より)。

続きを読む≫≫

2007年03月19日

◆検察官は国士になる


                     渡部亮次郎

国士。最近はトンと聞かれなくなった言葉だが、記者の先輩のメイルで久しぶりに出合った。国士とは「一身をかえりみず、国家のことを心配して行動する人物。憂国の士。」(広辞苑)。

先輩の説によると、

<言えるのは検察官の道に入ると、その一人ひとりが国家を背負う意識に染まる。検察をやめて弁護士になる”ヤメ検”も、その意識をひきずっている。

田中角栄(元総理)に手錠をかけた検察はカネ・モノ万能の汚れた国にしてはならないという使命感に駆られていた。一方、弁護に参じた”ヤメ検”は、アメリカの言いなりにならない角栄の姿に国家の将来を賭けていた。

破格な弁護料に買われたというのは皮相な見方である。検察畑にどっぷり漬かると”国士風”になる特殊な土壌があると言ってよい>

というのである。

先の堀江被告に対する東京地方検察庁の主張を聴いていると、わたしは「これは裁判=司法ではなく、政治そのものだ」と感じていたので、先輩のこの指摘に感じ入った次第である。

私は記者生活を20年ぐらいしたが、警察・検察や裁判を担当した事は全くない。地方に居る時、たった1度、判決公判を取材させられたが、驚いたことに被告は新制中学時代の恩師で、罪名はあろうことか強姦致死だった。

あれから50年近く経つ。しかし、以後、仕事の関係では警察も検察も深い関係を持たずに済んだ。あえて言えば民事裁判の原告側証人として東京地裁での公判に立った事はある。

ライブドアについて言えば、堀江氏の生き方は全く気に入らない。それを亀井静香倒しに使った小泉総理(当時)の手法も納得は行かなかったが、郵政民営化という宿願を果たすためには仕方がないのかな、と考えていた。

多分、国士ぞろいの検察は当時から堀江的なものに嫌悪感を抱き、隙あらばとっ捕まえてやろう、世間への見せしめにしてやろうと手ぐすねを引いていたはずだ。

堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日―)福岡県八女市出身。血液型A型。平凡なサラリーマンの家庭に生まれる。昭和で言えば47年。田中角栄総理による日中国交回復の直後に生まれている。

続きを読む≫≫

2007年03月18日

◆軟禁されたエイズ医師


                        渡部亮次郎

<中国のエイズ告発医師が訪米 人権賞受賞式に出席へ
27日の香港TVBテレビによると、中国でエイズ禍の告発を続ける著名医師、高耀潔さん(79)が米国の非政府組織(NGO)による人権賞の授賞式に出席するため北京を出発、米ニュージャージー州の空港に到着した。

ヒラリー・クリントン米上院議員が名誉会長を務めるNGOが3月14日にワシントンで開く授賞式に出席し、人権賞を受ける。高さんは出国手続きをしようとしたところ、地元当局に一時自宅軟禁された。クリントン議員が胡錦濤国家主席らに働き掛けた結果、軟禁を解除され出国した。(共同)>(Sankei Web 2007/02/28 01:15)

その後、高さんは2007年3月14日、ワシントンの女性人権団体から、優れた社会貢献を理由に「世界リーダーシップ賞」を授与された。(3月16日付産経新聞 ワシントンの山本秀也記者)

山本記者によると高医師は、中国での売血ルートによるエイズの集団感染を告発したため、これまで暴露を恐れた中国当局から、海外への渡航を約6年間も差し止められていた。

高医師は2001年にもエイズ問題への取り組みで「ジョナサン・マン健康人権賞」を受賞したが、中国当局の出国差し止めで米国での表彰式出席を見送っていた。

2007年の現状について高医師は「売血による血液バンクの」閉鎖一つとっても、貴州ではまだ25箇所が闇で営業している。

広東でも深夜から午前6時まで血液調達に応じている状況で歯止めがきかない」と指摘。エイズ対策では「中央よりもむしろ地方の役人に問題がある」と語った。(3月16日付産経新聞 ワシントンの山本秀也記者)
<2006年、中国のエイズ感染者30%激増>と言う報道がある。

【大紀元日本2006年12月3日】中国衛生部の発表によると、10月までに政府側の統計データーでは中国のエイズ・キャリアは18万3,733人、2005年末の14万4,089人と比較して28%上昇した。そのうち、4万667人が発症、主要な感染経路は薬物常用の静脈注射によるものだという。

続きを読む≫≫

2007年03月17日

◆国立公園指定記念日


         渡部亮次郎

日本に環境省の出来るきっかけを作ったのは厚生大臣園田直(そのだ すなお)(故人)である。

水俣病の患者を診察してきた熊本大学医学部が、原因は新日本窒素肥料(のちのチッソ)水俣工場(熊本県水俣市)の排水中のメチル水銀と発表したのが1959年(昭和34)だった。岸信介内閣である。

だが以後も歴代内閣は企業寄りの姿勢をとり続け問題の解決を先のばしにし続けた。これを処断したのが園田厚生大臣である。閣内の空気は認定躊躇だったが、水俣の地元を選挙区に抱えながら、あえて認定に踏み切った。1968(昭和43)年のことだった「水俣の評判を落とした」として地元の反発を食い、選挙の票を減らされた。

この問題がきっかけになって、政府関係者の間にも「環境」と言う観念が広まり、1971年に環境庁が出来、厚生省の扱ってきた公園行政が環境庁に移った。皇居前広場の管轄も環境庁となった。

ところで、世界最初の国立公園は、アメリカのモンタナ、ワイオミング、アイダホ各州にまたがるイエローストーン国立公園で、1872年に連邦議会の指定を受けた。

ただし、「国立公園」という名称が初めて用いられたのは、79年にオーストラリアのニューサウスウェールズ州にもうけられた王立国立公園(ロイヤル・ナショナル・パーク)である。

1880年代になると、国立公園という概念がニュージーランドやカナダにもつたわり、これら4カ国でさらにいくつかの地域が国立公園に指定された。

ヨーロッパ初の国立公園がスウェーデンに設置されたのは1909年。30年代には日本、メキシコ、旧ソ連、複数のイギリス植民地に、さらに50年代にはイギリス、フランス、その他のヨーロッパ諸国にも生まれた。

その後、インド、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドを中心に、多数の国立公園およびそれに準じた地域がもうけられている。

今日、「国立公園」という言葉は、自然保護のために設けられた小さな区域についても使われ、これらの指定地域では保護基準がさほど厳格でない場合も多い。

スコットランド、アイルランドの森林公園、アメリカ国立公園局の運営する国立野生保護区、国立記念物、カナダ、アメリカ、オーストラリアの州立公園などがこれに該当する。

日本で国立公園誕生のきっかけとなったのは、富士山一帯を国立公園にしようとする運動からであった。1911 (明治44)年、この案が第27回帝国議会に「国設大公園設置ニ関スル建議案」として提出された。

続きを読む≫≫

2007年03月16日

◆作詞家の罪の数々


                      渡部亮次郎

楡(にれ)の木に鳥が鳴く アルプスの牧場よ と灰田勝彦が良く歌っていたが、楡の木を見たことが無かった。高校の先輩、東海林太郎も「楡の花咲く時計台」と言う歌を歌っている。よほど詩心を揺すられる木なのだろうか。

私の生まれた環境は四方が水田ばかり。写生する風景がどこにも無かった。ところが老年になって東京湾岸、江東区に住むようになって、都立猿江恩賜公園で楡の木を見つけた。なんとも穢い樹皮をまとった木では無いか。

公園事務所がわざわざ「にれ」と言う札を付けてくれなければ見向きもしなかっただろう。とにかく、樹皮は黒くひび割れて、ばらばらと今にも剥げ落ちてきそうである。

にれ(楡)はニレ科ニレ属の落葉樹と半落葉樹の総称である。シベリアからインドネシア、メキシコ、日本まで北半球の広範囲で見られる。にれの実は丸い翼果である。にれの全ての種は土壌pHに耐性がある。

にれには20から45の種類がある。数の曖昧さは種の範囲設定についての困難さに起因する。にれの木材は木目が絡み合っていて、結果的に分割に抵抗がある。主に車輪、椅子のシート、棺に使われる。
この木材は腐食にも強い。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニレ(楡)  ニレ elm‖Ulmus

すべて落葉ないし半常緑の高木で葉の基部が左右不整である。日本でニレというとふつうハルニレ(イラスト)をさすが,ほかにアキニレとオヒョウがある。

英語のエルム elm はヨーロッパニレ U. minor Mill.(=U.campestris L.)やセイヨウニレ U. glabra Hudsonをさし,街路樹として植えられる。

続きを読む≫≫

2007年03月15日

◆共産党が神信心なのか



                     渡部亮次郎

数年前、用あって上海と杭州を訪れた。上海は田中角栄総理に同行訪問して以来の訪問だったが、知人の案内で訪れたところが城隍廟
(じょうこうびょう)という寺だった。共産党が寺を認めているのか?

共産主義、社会主義を体系付けたカール・マルクスは「宗教は民衆にとっての阿片」と断じ、断じて排除しなければならないとした。だから1917年に社会主義革命の起きた旧ソビエトでは葱坊主のロシア正教会がすべて閉鎖された。

それが中国では閉鎖されなかったのか、否、いま中国では復活を遂げつつあるのだそうだ。産経新聞上海特派員の前田徹記者が2007年3月7日の紙面で「阿片」が有益になるとき・・・と題して伝えている。

ソビエト崩壊後のロシアでは当然ながら復活している。レーニンの死後スターリンは「マルクス・レーニン主義」を提唱する中で「宗教は民衆の阿片である」とのマルクスの言葉を踏襲し、宗教の存在を否定したのだった。

階級社会が発生して以来、支配階級は、民衆の目を厳しい生活からそらさせるため、常に宗教を利用してきたからである、とする。実際に、ロシア革命以降、諸宗教の数多くの教会が破壊され、聖職者及び信徒が虐殺された。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)抜粋。

ところで中国である。前田さんによれば、中国共産党が建国した1949(昭和24)年以来、共産党は、福の神を含めたいわゆる民間(伝承)信仰は、公式には「阿片のようなもの」として禁じてきた。

続きを読む≫≫

2007年03月14日

◆サンドウイッチの日


         渡部亮次郎
3月13日は(多分日本だけの)「サンドウイッチの日」だそうだ。「366日の話題事典」(加藤迪男編 東京堂出版1999年12月10日再版発行)に出ている。「3」「13」は「サン」が「1」「イッチ」を挟んでいるところから語呂合わせして制定された。

下手な駄洒落にしか聞えないが、70年以上生きてきた私が知らなかったのだから知らない人が大部分では無いか。とはいえ、根っからの田舎ものだから、知らないのは私だけ、ということもありうる。

東京へ出てきたのが昭和29年、まだ18歳だった。食糧難の時代。今のような飽食の時代が来るなんて想像もしていなかった。又、飽食の事態を招くべく働いたという気も無い。賞味期限とやらで、コンビニが大量の食物を捨てる時代は見たくなかった。

そういう貧乏な青春に育ったから、サンドウイッチなるものを初めて口にしたのは多分記者になってからだったろう。記者になったとはいえ、初めは田吾作記者と蔑まれた。農政担当を仙台ではそう呼んだ。コメ担当だったからサンドウイッチは視野に無かった。

待てよ、仙台の次は盛岡(岩手県)の4年。雑穀県だったから、ここでもサンドウイッチなんて物は少なくとも売ってなかった。すると東京へ戻って政治記者になってからだろうか、食べたのは。

続きを読む≫≫

2007年03月11日

◆周恩来は毛沢東に殺された

渡部亮次郎

2007年3月9日に届いた月刊誌『文藝春秋』4月特別号の目玉は昭和天皇の昭和14年から20年までの言動を改めて明らかにした当時の侍従小倉倉次氏の日記だが、私にとっては「周恩来は毛沢東に殺された」という10ページに及ぶ記事がショックだった。

私は1972年9月、田中角栄首相と同じ特別機で北京を訪問し、日中国交正常化をつぶさに取材した記者(NHK)として、当時、人民大会堂で中国の首相だった周恩来氏に面会し、一緒に記念写真に納まった。

あの時、既に周恩総理は腎臓癌の痛みに堪えていたとは。周恩来氏のすぐ後ろの段に立った私のすぐ下に彼の毛髪が見えた。周恩来は酷いちじれっ毛と知った。着ていたのはグレイの人民服だったが、生地は上等に見えた。

中国軍は兵も将校も同じ服装、と喧伝されていたが、なるほど色は同じでも生地によって明らかな差をつけるという方法があるのか。中国の「平等」には本質的嘘が隠されていることを、このことから推測した。

「1972(昭和42)年5月の検査で、周恩来が膀胱癌にかかっていることが分りました。ところが報告を受けた毛沢東は4つの指示を出しました。病状を秘密にして本人にも夫人のケ頴超にも知らせるな、検査をするな、手術をするな、かわりに栄養をつけさせろ」

「癌が発見された時点は非常に早期の段階。手術すれば90%以上の確率で治るはずだったのです。9ヶ月後、小用を足したら血尿で便器が真っ赤に染まった。毛もようやく膀胱の本格的な検査を許しましたが、手術は認めなかった」

それでも周恩来は先立ってその年の9月に北京にやって来た田中首相との間で日中国交正常化を果たした。その少し前にはニクソン米大統領の訪中も実現させた。

「周恩来はこの時期、痛みに耐えながら激務を続けていました。やがて腫瘍からの出血で、尿道に血の塊が詰まって排尿が難しくなりました。

トイレに行くたびに身体を傾け、腰を揺すり、飛び跳ねながら血の塊を動かそうとしました。なんとも凄まじい姿です。そうやって長い時間をかけて用を足しながら、あれだけの仕事をこなしたのです」

ショッキングな事実を明らかにしたのは、嘗て中国共産党中央文献研究室で周恩来生涯研究室小組の組長つまり委員長を務めていた高文謙さん。日本には無い制度だが、周恩来研究小組には最盛期で20人ものスタッフがいた。

続きを読む≫≫