2015年12月04日

◆ヒズ・マスターズ・ボイス

石岡 荘十



蓄音機から飛び出したラッパのような形をした大きなスピーカーの前に、きちんとお座りをして、ちょっと首をかしげた犬が音楽に聞き入っている。この図は、最近はあまり見かけなくなったが、歴史のある音響メーカー「ビィクター」のトレードマークである。

http://www.jvc-victor.co.jp/company/profile/nipper.html


昭和21年、群馬県新町(現・高崎市)に紡績工場があり、わが一家は中国から引揚げてきたばかりで、その社宅に住んでいた。木造平屋の粗末な建物だったが、その居間に、小型冷蔵庫ほどの大きさの電蓄がでーんと居座っていた。

クラシック好きの父親がどこでどう工面してきたのか、戦後間もない食うや食わずの時代にいかにも似つかわしくない“贅沢品”であった。

おまけに、唯一のレコード、これがすごかった。羊の皮表紙の12枚組みのアルバムで、その表紙の真ん中には「ヒズ・マスターズ・ボイス」が刻印されている。収蔵された曲は---

1.A&B パガニーニ作曲 「狂想曲イ短調」 ハイフェッツ
2A&B  ヘンデル作曲 「ピアノ組曲ニ短調」 フィッシャー
3.A&B  ヴェルディー作曲  歌劇「トラヴィアータ 第一幕、(あヽ、そは彼の人か)」 
      ソプラノ独唱 アイデ・ノレナ

4.A&B  ヨハン・シュトラウス作曲 管弦楽 歌劇「蝙蝠 序曲」ミネアポリス交響楽団 
5.クラヴサン独奏 ランドルフスカヤ
A「燕・愉しき夢」
B シャコンヌ 円舞曲」

6・ A&B  ハイドン作曲 「弦楽四重奏曲ヘ長調」 プロ・アルト弦楽四重奏楽団
7.     バス独唱 シャリアピン ムソルグスキー作曲 
A      ヴォルガの舟歌
B     蚤の歌

8. チェロ独奏 ピアティゴルスキー
  A ウエーバー作曲「アダヂオとロンド」
  B フランクール作曲「ラルゴーとヴィヴォ」
9. A&B 管弦楽 バッハ作曲 「トッカータとフーガ」 フィラデルフィア管弦楽団 

10. A&B ベルリン独唱者連盟
    A バリトン独唱 ベートーベン作曲 「自然に顕はる神の栄光」
   B ソプラノ独唱 ヴェルディー作曲 「アヴェ・マリア」

11. A&B  ヴァイオリン独奏 ヴェラチーニ作曲 「奏鳴曲ホ短調」(ティボー)

12. A&B  管弦楽 ワグナー作曲 歌劇「ローエングリン」(第一幕への前奏曲) ニューヨーク愛好家協会 

どうです、この見事な選曲と演奏者の顔ぶれ。珍品はシャリアピン本人のサイン入りのレコードだ。一つしかないこのアルバムを小学校の高学年から高校を卒業して家を出るまで繰り返し繰り返し聴いているうちに、全曲、鼻歌を歌うように何気なくハミングできるように刷り込まれてしまった。

その一方で、ラヂオから流れるハリー・ベラフォンテ、高校のときには、高崎市に本拠を置く群馬フィルハーモニーオーケストラ」(群響)合唱団でロシア民謡から第九まであらゆるジャンルの楽曲を歌い続けた。

群響は、あの映画「ここに泉あり」(昭和30年 監督今井正、音楽団伊玖磨、出演岸恵子・小林桂樹)で知られた市民オーケストラで、当時大学生であった小沢政爾もしばしば指揮をとった。

この映画のストーリどおり、夏休みには県内の田舎の中学校を群響と一緒に巡回して移動音楽教室を開き、歌った。

当時、シルクを生産していた鐘紡では、年に1回、当時有名な歌手を工場に呼んで、社員の慰労演芸会を開いていた。高峰三枝子、林伊佐緒、奈良光枝、灰田勝彦・晴彦----ナマの流行歌手を目の前にして、ジャンルを問わない音楽にのめりこんだ。

音に対するこんな思い入れのきっかけとなったのが、「ヒズ・マスターズ・ボイス」だった。この出会いがなければ、この歳で、クラシックからカントリー、演歌まで、数百曲をパソコンに取り込んで、一日中BGMに濫読ならぬ“濫聴”する生活をエンジョイすることにはならなかっただろう。

1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれビクターの商標となった原画は、フランシスの兄マークが亡くなるまで可愛がっていた愛犬のフォックス・テリア「ニッパー」が、兄のマークの生前、蓄音機に吹き込んだ声に聞き入っている姿を描いたものだそうだ。

愛犬ニッパーがラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っている姿だとビクターのHPにある。つまりHisMaster's Voiceに耳を傾ける姿なのである。

そこで話は飛ぶが---、

政権に関わる者は、この国の主である国民の声に耳を傾けるニッパーを見習ってもらいたいものである。       

2015年11月13日

◆皇女和宮の死因は急性心筋梗塞

石岡 荘十


「篤姫」は聴収率の高かったNHKの大河ドラマだったが、もう一人のヒロインで将軍に降嫁した皇女和宮は脚気(かっけ)だったといわれる。挙句、今風に言えば、「急性心筋梗塞」に襲われたのだった。

簡単におさらいをしておくと、和宮は弘化3年(1846年)仁孝天皇の第8皇女として生まれるが、公武合体を図る幕府の画策の末、文久2年(1862年)、14代将軍徳川家茂の妻となった。ともに16歳だった。

慶応元年、家茂は20歳のとき、長州征伐のため大阪に赴いたが、翌年大阪城で病死する。死因は「脚気」だったとされている。

脚気はビタミンB1の欠乏による末梢神経障害、下肢のしびれ、心臓の機能に異常を起こす原因となり、心機能の低下、心不全(衝心)を起こすことから、昔から「脚気衝心(かっけしょうしん)」と呼ばれている。

NHKのドラマでは、家茂は江戸城で胸をかきむしって、最後は、勝海舟に抱きかかえられて息を引き取るシナリオだった。現代の病名で言うと、脚気から急性心筋梗塞を起こした、というのが定説である。

「将軍家十五代のカルテ」(新潮新書 石川英輔)によると、3人の将軍が脚気衝心で死んでいる。10代・家治、13代・家定、それに和宮の夫15代・家茂の3人だ。

10代・家治の頃(在職1760〜1786)から江戸の裕福な家庭では、ビタミンB1を含む米糠や玄米を丹念にといだ精米をたべる習慣が広まった。

まず富裕層に患者が多発、江戸末期には一般庶民にも患者が出るようになったことから「江戸患い」と呼ばれたという。115代桜町天皇(在位1735〜1747)もこの病に冒されて亡くなったという説もある。

さて皇女和宮である。

和宮は夫・家茂の死後、大政奉還の後、1868年、江戸城を出て一時、江戸に住んでいた。明治になって京都に帰ったが、東京に移られた天皇の勧めで明治7年、東京に移住。

それが<数え32歳の頃、脚気の病になり、明治10年8月7日から箱根塔之沢「元湯」に静養のため滞在、(中略)26日目、俄かに衝心の発作が起こり>(以下、ウイキペディア)、他界した。

つまり現代医学で言うところの「脚気の合併症たる急性心筋梗塞」で亡くなったと考えられる。

脚気は明治時代、日本の風土病と考えられ、都市部の富裕層や陸軍に多発していた。が、じつは<脚気は栄養障害の一種と断定したのが高木兼寛、ビタミンB1の単離に成功したのが鈴木梅太郎である>

海軍では、高木がパンや麦飯を出したところ、海軍では脚気を根絶した。ところが陸軍では、森林太郎(森鴎外)らが麦飯に反対。麦飯しか食えなかった田舎から徴兵した健康な兵隊に白米を食わせ、多くの脚気患者を”生産“するという、皮肉な結果を招いた。

日清・日露戦争では、戦死者より多い数万人の兵士を脚気で病死させている。麦飯を支給した海軍に病死者はなかった。

明治天皇も脚気に苦しみ漢方による食事療法を希望視したが、森を中心とするドイツ系学派の侍医に反対され、西洋医学そのものに不信を抱いていたといわれる。(この項については、主宰者がいつだったか詳しく書いている)。

原因がB1欠乏と分からないまま、<大正時代以降、精米された白米が普及し、副食を摂らなかったことで非常に多くの患者を出し、結核と並んで2大国民病とまで言われた>

「脚気」が根絶されたのは1952(昭和27)年になってからだ。ビタミンB1の工業生産に成功し、安く簡単に摂取することができるようになったためだ。

ところが、1972年に脚気が再燃したことが、日本内科学会誌で取り上げられている。原因は若者を中心に、砂糖の多い飲食品や副食の少ないインスタント食品といった、ビタミンの少ないジャンクフードをよく食べるようになったためだといわれる(糖分の消化にビタミンB1を大量に消費するため)。

脚気は心臓にダメージを与える。心筋梗塞は老人の病気だという考えが一般的だが、若い人の食生活を見聞きすると、家茂・和子夫妻がそうだったように、若くして脚気衝心から急性心筋梗塞を発症する患者が増えてくる恐れがある。(2010年)

2015年11月07日

◆インフルエンザの常識・非常識

石岡 荘十



正直言って、「インフルエンザとは何か」、関心を持って集中的に学習し始めたが、まず気がついたのは、今までインフルエンザに関して持っていた知識・感覚、“常識”がいかにいい加減で、非常識なものだったかということである。

と同時に、専門家の話をきいたり本を読んだりすると、ことによると国家を滅亡させる引き金ともなりかねないほどの猛威を振るう“身近な”病についていかに無知であるかを思い知らされる。

まず、
・病名について、である。
「インフルエンザ」はなんとなく英語のinfluenceから来たものと思っていたが、その語源はイタリア語の「天体の影響」を意味する「インフルエンツァ」であった。中世イタリアでは、インフルエンザの原因は天体の運動によると考えられていたからだそうだ。

・「スペイン風邪」は濡れ衣
歴史のなかでインフルエンザを疑わせる記録が初めて現れるのは、もっとずっと前の紀元前412年、ギリシャ時代のことだったという。その後もそれと疑わせるインフルエンザは何度となく起こっているが、苛烈を極めたのは1580年アジアから始まったインフルエンザで、全ヨーロッパからアフリカ大陸へ、最終的には全世界を席巻し、スペインではある都市そのものが消滅したと記録されている。

より詳細な記録は1700年代に入ってからで、人類は以降、何度もパンデミック(世界的大流行)を経験している。なかでも、史上最悪のインフルエンザは「スペイン風邪」である。
というとスペインが“震源地”、あるいはスペインで流行ったインフルエンザだと誤解されがちだが、発祥は、じつは中国南部という説とアメリカのどこかで始まったという説がある。

が、確かなことは1918年3月、アメリカ・デトロイト、サウスカロライナ州、そして西海岸で姿を現したということだ。

その頃世界は第1次世界大戦の真っ只中にあり、アメリカからヨーロッパ戦線に送られた兵士を宿主としたウイルスがヨーロッパ席巻の端緒を開いた。大戦の当事国は兵士が病気でバタバタ倒れている事態を隠蔽し続けたといわれる。
ところが参戦していなかったスペインでは情報統制を行わなかったため、大流行がことさらフレームアップされ伝わったのではないか、と推測されている。「スペイン風邪」はとんだ濡れ衣なのである。

・第二波の毒性をなめるな
スペイン風邪の猛威は、その後2年間、第2波、第3波---と毒性を強めながら津波のように襲い掛かり、猖獗を極めた。第2波の初期、アメリカ東海岸から公衆衛生担当者が国内担当者に送ったアドバイス。

「まず木工職人をかき集めて棺を作らせよ。街にたむろする労働者をかき集め墓穴を掘らせよ。そうしておけば、少なくとも埋葬が間に合わず死体がどんどんたまっていくことは裂けられずはずだ」(『アメリカ公衆衛生学会誌』1918)積み上げられた死体の山を「ラザニアのようだ」と表現するほどだった。

毒性が弱い新型インフルエンザの場合はこんなことにはならないと言うのが今の見方だが、少なくとも秋口と予想される第二波がこの春よりはるかに強烈なものとなる可能性は否定できない。これが常識である。なめてはいけない。

・「寒い地域の病気」はウソ
つい先まで、インフルエンザは寒いところで流行るもの、と思い込んでいた。ただ、それにしては夏になってもじりじりと患者が増え続けるのはどうしたことか。

インフルエンザは、熱帯地域でさえ年間を通して穏やかに流行っている。だが熱帯ではマラリアやデング熱など、臨床症状がインフルエンザに似ているので、インフルエンザと診断されなかった可能性が否定できないという。人口当たりの死亡率は温帯・寒帯地域より高いという報告さえある。

日本では、新型インフルエンザは冬であるオーストラリアなど南半球に移っていったという一服感が支配的だ。世界中で笑いものになった日本のあの“マスクマン”も見かけなくなった。マスコミもあの騒ぎをお忘れになってしまったようだ。

しかし、ウイルスは日本だけでなく北半球のイギリス、ドイツでも決して衰えてはいとWHO(世界保健機関)に報告している。いまや新型インフルエンザは「地域の寒暖に関係なく1年を通して穏やかに流行している」というのが常識である。

やはり、この際の世界の常識は、WHOのホームページで確認するしかないと私は考えている。   

2015年11月02日

◆歳は足に来る(後編)

石岡 荘十



数十メートル歩くと左足がだるくなって歩行困難になる。で、数分立ち止まって休むとまた歩けるようにはなるが、またすぐだるくなる。このような症状を専門的には「間欠性跛行」という。

「跛行」はビッコを引くという意味だ。こうなった経緯については前回述べた。今回はその続編である。

8月、閉塞した足の大動脈にステントを入れる治療を受け、ビッコは解消し、元通り颯爽と歩けるようになった。

はじめ、「これはてっきり腰をやられた」思い込んで、近所の接骨院に駆け込んだら、「典型的な脊柱管狭窄症の症状だ」と断言する。つまり神経の管が腰のところで狭まっている疑いがあるとのことで、電気治療、針を数回やってもらったが、はかばかしくない。

業を煮やして、行きつけの大学病院の整形外科で腰のレントゲン、さらにMRIを撮ってみると、確かに、腰椎のひとつがずれているが、神経には触っていないことが確認できた。脊柱の管にはどこも狭くなっているところはない。ビッコの原因はほかにあるというのが整形外科医の診断だった。

考えられるのは、足に血液を供給する血管、動脈がどこかで狭くなっていて、血液や栄養補給が足の筋肉の運動量に追いつかないのではないか。血管の動脈硬化ではないかというのが循環器内科の医師のお見立てだった。

となると、検査法はPWV(脈波伝達速度)。両腕、両足に幅広のベルト(カフ)を巻いて四肢同時に血圧を測定する検査法である。この検査をすると、動脈の詰まり具合と動脈の硬さ(柔軟性)手足の動脈などの比較的太い動脈の高度狭窄の有無がわかる。

結果は、左足だけが標準値に遠く及ばない。病名は閉塞性動脈硬化症。左足へ行く動脈のどこかが詰まっている疑いが強まった。

血流が詰まる動脈硬化は典型的な加齢疾病だ。脳の血管が詰まれば脳梗塞になるし、心臓の血管(冠動脈)が狭くなると狭心症、詰まると心筋梗塞になる。私の場合は足にきたというわけである。

造影剤を使ったCTで診ると、左足付け根から動脈を15センチほど遡ったところで90パーセント狭窄していることが確認できた。左足へは最大、通常の7割ほどしか血が流れていない。これではビッコになるわけだ。

治療法は、脳梗塞や心臓梗塞と同じだ。血管の狭くなったところにカテーテルを挿し込んでフーセンで拡げるとか、バイパスを作るとか、etc。

8/23、心臓カテーテル室でカテーテル台に横になると、若くて美形の看護婦さんが何の躊躇もなくパラリとT字帯をはずし、左足の付け根周辺の陰毛を電気かみそりで刈る(剃毛という)。慣れたものだ。

局所麻酔の後、この治療では実績も多い腕利きの医師が、モニター画面を見ながらカテーテルを挿入。先端には、中心部に細くすぼめたバルーンを仕込んだステントがある。ステントはステンレスで出来た金網のチューブである。

これを狭窄部分まで持っていってバルーンを膨らますと、すぼめてあったステントの内径も同時に拡がって、狭窄した血管を見事に押し広げた。

ステントは内径8ミリ、長さ40ミリ。心筋梗塞の治療に使うステントは内径2ミリほどだから、それに較べると大型だ。治療時間は1時間ほど、治療費86万円、自己負担9万円ほどだった。

心筋梗塞でステントを使う治療法はよく知られているが、足の大動脈狭窄にステントを使うケースはまだそれほど多くない。

治療を受けた東京女子医大では、ステントを使った心筋梗塞治療が今年すでに数百件に上るのに対して、足に使った症例は筆者でまだ56件目だという。

下肢(足)へ行く動脈が詰まると、下肢が腐ってしまい、痛いだけでなく、命にかかわるケースもある。そうなると「命には代えられない」とやむを得ず下肢を切断しなければならなくなる。日本では毎年1万人以上が足を切断されているという報告もある。高齢化で症例は増えている。

足にもステントを入れるという治療法は、循環器内科ならどこでもやっているわけではない。リスクもある。医師の選択には慎重でありたい。

元京都大学心臓血管外科部長・米田正始(こめだまさし)医師を中心とする研究グループは新しい血管を作って下肢切断を救う「血管再生法」という試みを行なっていて、再生医学のひとつとして注目されている。が、成功症例はまだそれほど多くない。

「なんとなく足の先が冷たい」

これが、アラームだ。接骨院では治らない。歳は足にくる。専門の医師を選んで、治療を受ける必要がある。                  

2015年11月01日

◆歳は足に来る(前編)

石岡 荘十



学生時代から体育会系で足腰には自信があるつもりだったが、古希を過ぎる頃から歳が足にきた。

ことの始まりは3月末、高校の友人と花見がてら玉川浄水伝いの小道を小金井公園まで数キロ歩いたときだった。暫く歩くと左足がだるく、重くなって思うように歩けない。しばらく(数分)休むと回復してまた歩けるようになるのだが、また、だるく重くなる。

こういうのを間欠性跛行(かんけつせいはこう)といい、腰部脊柱管狭窄症の典型的な症状だとされている。跛行とはビッコを引くということだ。

人間の脊椎骨は上から頚椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)、仙骨(1個)、それに数個の尾骨から成っている。脊椎骨の中心を走る脊柱管の中に神経の柱がある。一つひとつの脊椎と脊椎の骨の間には椎間板というクッションの役割を果たす軟骨組織がある。そしてさらにこれらは靭帯や背筋などの筋肉で支えられている。

ところが、40代後半になってデスクワークが増えたせいか、足に痺れや傷みが来た。背筋が脊椎を支えきれなくなって5番目の腰椎がずれていると診断された。それから、少なくとも一キロ/週、泳ぐ習慣をつけて今日に至っているので、重い足を引きずってビッコを引くようになろうとは思いもしなかった。

脊柱管狭窄症、つまり神経の管が腰のところで狭まっている疑いがあるとのことで、腰のレントゲン、さらにMRIを撮ってみると、確かに、5番目の腰椎がずれている。が、神経には触っていないことが確認できた。脊柱管はどこも狭くなっているところはない。

しかし、MRIをよく見ると、3番目と4番目、4番目と5番目の間の椎間板がほかの椎間板より白く写っていて、炎症を起こしていると認められ、そのせいでごくわずか椎間板がはみ出して、脊柱管を押している。

治療法としては、腰椎を引っ張る、固定装具を使う、消炎鎮痛剤や飲み薬を使う、重症でそれでもダメなら外科手術をするということになる。みのもんたさんは手術をしたといわれるが、そこまでひどい症状は患者の一割程度だそうだ。

私の場合は軽症で、椎間板の炎症は飲み薬でなおる、ビッコの原因はほかにあるというのが整形外科医の診断だった。

では、ビッコの原因は何か。

考えられるのは、足に血液を供給する血管、動脈がどこかで狭くなっていて、栄養補給が足の筋肉の運動量に追いつかない動脈硬化ではないかと循環器内科の医師は考えた。

これを立証するのが、「血圧波検査」だ。両腕、両足に幅広のベルトを巻いて一斉に血圧を測定する検査法である。この検査をすると、動脈の詰まり具合と動脈の硬さ(柔軟性)がわかる。

結果は、左足だけが標準値に達していない、(専門的には「閉塞性病変の疑い」という)左足の血流は右足の7割しかないことが分かった。左足へ行く動脈のどこかが詰まっていた。

血流が詰まる動脈硬化は典型的な加齢疾病だ。脳の血管が詰まれば脳梗塞になるし、心臓の血管(冠動脈)が狭くなると、狭心症や心筋梗塞になる。私の場合は足にきたというわけである。

治療法は、脳梗塞や心臓梗塞と同じだ。血管の狭くなったところにカテーテルを入れ込んでフーセンで拡げるとか、バイパスを作るとか、などなど。

診療科の選択は大事だ。教訓は、大雑把に言うと、足が「痛むとき」は腰の神経になにかが触っているのだから、整形外科へ、「だるい・重いとき」は循環器内科へ、である。

多くの病気は、原因が分かり適切な治療が行なわれれば治るし、治療が適切でなければ治るものも治らない。癌の多くが治らないのは、原因が分かっていない。原因はわかっても治療法がそこまでいっていないか、誤った治療法がまかり通っているためだ、と私は思っている。

いわゆる「難病」といわれるものは、原因が明らかでなく、従って治療法もわからないものをいう。

と、考えると、足がだるくなる間欠性跛行は難病ではない。脳や心臓の梗塞と同じ加齢疾病だと考えればいい。治療法はあり、医師を選び抜けば高い確率で治る。調べてみて“悲観”は飛んだ。

ただ、このような治療法は対症療法に過ぎない。創造主に逆らって老いを押しとどめる智恵はヒトにもない。例外はない。

ガキは頭にくる、なにかというとキレるらしいが、歳は足にくる。(続く) (執筆2011年11月23日)

2015年10月27日

◆子宮頸がんワクチン適齢期

石岡 荘十


欧米先進国では女の子どもが11歳になると親はまず、子宮頸がんから守るためのワクチン打つ。

11歳は、肉体的に成長の早い欧米ではセックスを始めて体験する“セックス・デビュー”の年齢だと考えられている。「うちの子に限って---」と考えたいところだが、現実は、そうはいかない。11歳は子宮頸がんワクチンを打つ“適齢期”であり、このタイミングでワクチンを打つのが、多くの先進国では常識となっている。

子宮頸がんはすべての女性の80パーセントが一生に一度は感染しているという。子宮の入り口である頸部に発生する上皮性の悪性腫瘍であり、世界では年間約50万人が子宮頸がんを発症し、約27万人が死亡していると推計されている。

2分間に1人が子宮頸がんで命を落としている計算になる。日本では毎年約1万5000人の女性が子宮頸がんを発症し、約3500人が死亡している。

原因は、ほぼ100パーセントが性交渉、つまり皮膚と皮膚の粘膜の接触でヒトパピローマウイルス(HPV)というありふれたウイルスの感染することによることが1983年、明らかになっている。パピローマウイルスを発見した独がん研究センターのハラルド・ツア・ハウゼン名誉教授には、2008年度ノーベル生理学医学賞が授与されている。この研究成果をもとに予防ワクチンが開発され、現在、世界100カ国以上で使われている。

子宮頸がんはいろいろながんの中でも例外的に原因が特定されているだけでなく、ワクチンによる予防法が確立されている。アメリカでは2006年ワクチンの使用を承認、昨年10月には日本でも使用が承認されたものだ。

成人になって、検診を受けずワクチンの接種もしない場合、がんは進行し、子宮をすべて摘出する手術が必要になることもある。

妊娠、出産の可能性を失い、女性だけでなく家族にとっても心身ともに大きな痛手となる。また、子宮のまわりの臓器にがんが広がっている場合には、卵巣やリンパ節などの臓器もいっしょに摘出しなければならなくなり、命にかかわる。


ワクチン普及のためのシンポジウムで、「子宮頸がんは予防ができるがんです。また、定期的に検診を受けることで、がんになる前に発見し、子宮を失わずに治療もできます。そのことを知らなかった私は、こどもを産むどころか妊娠することも出来ない体になってしまいました。死ぬではないかとこわかった。1人でも多く女性がワクチンを打ってください」と切々と訴えた。

子宮頸がんは、初期には全く症状がないことがほとんどで、自分で気づくことはほとんどない。このため、不正出血やおりものの増加、性交のときの出血などに気がついたときには、がんが進行しているということも少なくない。

進行するにつれ性交時の出血などの異常がみられ、さらには悪臭を伴う膿血性の不正性器出血、下腹痛や発熱などが認められるようになるという。

子宮頸がんは遺伝などに関係なく、性交経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気である。近年では20代後半から30代に急増、若い女性の発症率が増加傾向にある。子宮頸がんは、がんによる死亡原因の第3位、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めており、特に20代から30代の女性では、発症するすべてのがんの中で第1位となっている。

一度ワクチンを接種しておけば、その効果が20年は持つといわれる。だから、11歳という“適齢期“にワクチンを打った上で、定期的に検診を受け、早期に発見・手術を受ければ、術後に妊娠・出産が可能だという。

85パーセントに女性がワクチンを打っていれば、95パーセントの女性が助かるという研究報告もある。

ワクチンは3回に分けて打つ。初回、2回目がその1ヶ月後、さらに6ヶ月後に3回目。問題は費用が高額なことだ。

セックス・デビュー前の“適齢期“の女の子(11〜14歳)全員に公費でワクチンを打っても、費用はわずか200億円ほどと計算されている。今のまま放置しておくと、いずれこれを上回る医療費がかかる計算もあり、充分に元は取れるという。

地方自治体では、「健康・医療・福祉都市構想」を掲げ、在住の小学校6年生〜中学校3年生(12〜15歳)を対象に5〜6万円を補助することを決めている所もある。このワクチン接種費用が高額なことを解消するために、地方自治体は急ぎ対応を期すべきだろう。

2015年10月20日

◆「そして誰もいなくなる」のか

石岡 荘十


表題は、いうまでもなくアガサ・クリスティーのミステリー小説の名作『そして誰もいなくなった』(米版And Then There Were None)をもじったものだ。刊行されてから間もなく75年ほどになるので、簡単にあら筋をおさえておく。

大西洋の孤島に招待された10人がひとりずつ殺されていく。そして最後に誰もいなくなる。犯人は誰か。クローズド・サークルと呼ばれる外界との往来が断たれた状況設定の代表的ミステリー作品だとされている。1945年ルネ・クネールのメガホンで映画にもなっている。

私がアガサ・クリスティーにのめりこんだのは学生時代の‘50年代後半ことだが、ここではその話をしようというのではない。最近のこの国の状況が、アガサ・クリスティーの表題を思い起こさせる。

この閉塞状況は大西洋上の絶海の孤島に似ている。情報は燦燦と降り注ぐが、この国の国民は情報リテラシー、つまりあふれる情報を読む能力に欠けているらしい。

就中、リーダであるべき鳩は情報が読めない。本メルマガだけでなく、あらゆるメディアが「ヤメロ、ヤメロ」の大合唱で、これらを読む限り、いまや退任が“既成事実”、決まったことと国民に思い込ませている。

思い起こせば、遡った10人ほどのわが首相はアガサ・クリスティーの描く絶海の孤島で、それぞれのバックグラウンドや経緯はともかく、消えていった。

めまぐるしくて細かいことは思い出せないが、ここ5人か10人は首相になった途端、「ヤメロ、ヤメロ」の猛攻撃に合って倒れたような気がする。そしていま「鳩ヤメロ、一ヤメロ」の大合唱だ。

自分たちが選んだ首相に、政治のプロ、評論家が罵詈雑言のシャワーである。なかには、物書きとしての最低限の品性をも疑わせる単語も駆使する御仁がいる。

日本人は人を謗るにしても、昔はこんな言い方はしなかったものだ。その尻馬に乗って、止せばいいのにど素人が訳知り面で「ともかくヤメロ」と絶叫。

結果、無邪気な選挙民はつい半年前、自分があの人を選んだのはひょっとしたら「間違いだった?」「騙された?」とモヤモヤ。やがてそれが確信に変わり、世論調査に答える。

が、それは本当の世論か、と最近思う。彼らは「そして誰もいなくなる」リスクに気がついているのか。 

そこで政治問題のプロ、評論家、それに連なる方々にお聞きしたいのである。世界の孤島で歴代の首相がつぎつぎに“世論”の餌食になった日本列島で、鳩は何人目のターゲットなのか。10人目だとすると、これはやばくないですか。

この島をリーダーのいない極東の孤島にしたいのか。そんなことないですよね。つぎは誰が最適か、ベストではないが誰がベターか、密かな思いはあるはずだ。決まってから、ああでもないこうでももないとケチつけることで口を糊するのは後出しジャンケンのようなものだ。フェアではない。

ここはひとつ、ど素人なのでよく分からないが、プロは当然のこと、追っかけ素人も「辞めろ」というなら、「辞めさせて、菅にしろとか、舛がいいとか」、はっきり個人名を挙げて宣言してもらいたいのである。それがプロの最低限の見識・責任ではないのか。

本メルマガで何度か同じ趣旨のアピールをしたことがあるが、誰も答えてくれなかった。なぜ?子育ては「褒めて(おだてて)育てる」っていいますね。そんなことも考えないと「誰もいなくなる」のでは?

それはそうと、アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった』で10人を殺した犯人は誰か。思い出せない。で、アマゾンでハヤカワ文庫を発注した。   

2015年10月11日

◆加齢疾病連発に悩まされた夏

石岡 荘十



今日書こう、明日こそはと思いながら、胸や背中を孫の手で掻くのに忙しくて今日に至ってしまった。何の話か。すでに畏友毛馬一三氏が本誌で報告しているように帯状疱疹“事件”の経緯についてである。

夏は、典型的な加齢疾病といわれる病につぎつぎと襲われ、悪戦苦闘した3ヶ月だった。この間、私を襲ったのは帯状疱疹。発症から3ヶ月、やっと終息にこぎつけたと思ったら今度は、加齢黄班変性といわれる眼球の疾病である。これについては今なお加療の真っ只中であり、別稿で報告したい。

帯状疱疹の兆しが現れたのは6月の末のことだった。「夏バテ」というのは夏だけの症状だと思われがちだが、気候の変化が激しい梅雨時や初夏にも起こりやすい。

気温の乱高下に老体がついていけず、何もする気がしない。全身がともかくけだるい。にもかかわらず梅雨明けの7月、以前からの約束もあって、猛暑の中、秩父盆地のど真ん中にあるゴルフ場に出陣。疲労困憊、這うようにして帰宅した。完全に体力を消耗していた。これが祟った。

思い返すと、その数日前すでに左胸の皮膚に違和感があり肋骨のあたりにピリピリ感があった。間もなく胸から左肩甲骨下にかけて赤い斑点がぽつぽつ。ゴルフの後から左側の神経に沿って激痛が走るようになった。

にもかかわらず、まだ帯状疱疹とは気がつかず、市販のかゆみ止め軟膏(レスタミン)を塗ったり、サロンパスの湿布を患部に張ったりして凌ごうと試みていた。無知は恐ろしい。

そうこうしているうちに、赤い斑点は水ぶくれとなり、夜はベッドの上で転々。背中を孫の手で掻きまくったものだから水ぶくれが破れ、かさぶたへと変わったがかゆみと痛みは治まらなかった。

遂にたまらず、行きつけの病院の皮膚科に駆け込んだのはゴルフから3週間を過ぎていた。

「帯状疱疹です。ずいぶん我慢強い方ですねぇ。もうかさぶたになり始めていますから、ペインクリニックに行きなさい」という。

帯状疱疹は、幼児に経験した水ぼうそうのウイルスが原因だ。ウイルスは長い間体内の神経節に潜んでいて、加齢(50歳代〜70歳代)やストレス、過労などが引き金となってウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始める。ウイルスは神経を伝わって皮膚に達し、帯状疱疹として発症するとされている。

東京女子医大の統計によると、発疹する部位は、一番多いのが私のケース。上肢〜胸背部(31.2%)、次いで腹背部(19.6%)、そして怖いのは頭部〜顔面(17.6%)などとなっており、高校の友人が右顔面に発症。何年か前のことだが、今でも顔面の筋肉がこわばっている。

最悪、失明をしたケースも報告されている。頚部〜上肢にも発症する。いずれの場合も体の左右どちらか一方に現れるのが特徴だ。

発症してすぐ気づき、すぐ適切な治療を受けた場合でも3週間は皮膚の痛みや痒みが続く。痛みがやや治まってからも神経の痛みは容易に治まらない。数年間、痛みが消えなかったと言う症例もある厄介な加齢疾病である。

まして、私のケースは、初期治療のタイミングを逸した。その祟りで、いまだにときどき、肋間や背中にピリピリと痛みが走る。

さて治療法である。皮膚科では坑ヘルペスウイルス薬を処方する。ウイルスの増殖を抑える飲み薬で初期の痛みや痒みを抑える効果があるが、私はそのチャンスを逃し、我慢強く無為に苦しんだ。

ペインクリニックでは、飲み薬と塗り薬を処方される。

【飲み薬】、

・鎮痛剤リリカプセル:今年4月、保健が適用されることとなった帯状疱疹の最新特効薬だ。

・セレコックス:リリカカプセルが効かない場合に飲む頓服錠剤。炎症による腫れや痛みを和らげる。
・メチコバール:末梢神経のしびれ、麻痺、痛みを改善する。

【塗り薬】、

・強力レスタミンコーチゾンコーワ(軟膏)

ペインクリニックでの治療5週間。月初旬にくすりの処方が終わった。発症から3ヶ月の闘病であった。この間体力をつけようと金に糸目をつけず美食に走った結果、太ってしまった。

毛馬一三氏が先日レポートしたとおりで、初動がこの病気治療の決め手である。他山の石とされたい。

2015年10月03日

◆いまどき「飲み、食い合わせ」異聞

石岡 荘十



昔、上州の田舎の高校卒業後に上京するとき、喰い合わせにはくれぐれも気をつけるよう母親から戒められたことがあった。曰く、

・うなぎと梅干
・鮎とごぼう
・熊の胆とかずの子
・蛸と梅の実

などなど。「一緒に食べないように」と。本当かどうか分からないが、いってみれば、言い継がれた「おばあちゃんの智恵であった。その後、そんなこと、思い出しもしなかったが、ある“事件”で、いまどきの“飲み喰い合せの禁手(きんじて)”があることを思い知らされることとなった。

・抗血液凝固剤と納豆
・降圧剤とグレープフルーツ・ジュース

これを知るきっかけとなった事件というのは、16年前の心臓手術である。この飲み食いあわせは医学的に「禁忌」とされている。親譲りの大動脈弁が不具合を起こし、人工の機械弁に取り換えた。

が、人工弁は人の肉体にとって「異物」であるから、血流が異物に触れると小さな血の塊、血栓が出来る性質がある。この血栓が大動脈を経由して脳に流れ着くと、脳の血管を塞いで脳梗塞を起こす。

そこで、手術後、血栓が出来にくくする、つまり体内の血液をいつもさらさらに保つ必要がある。それが抗血液凝固剤で、その代表的なものがワルファリン(商品名:ワーファリン)だ。

心臓手術に先立って行われたインフォームドコンセントでも、「一生飲みつづけなくてはならなくなりますが、いいですね」とダメを押されていた。

毎日1回決まった量のワーファリンを飲むのも煩わしいことだが、つらいのは食い合わせに禁忌食品があることだ。納豆である。

理由を理解するためには、血液が凝固するメカニックを学ばねばならないが、複雑すぎて手に負えないのでここでは省く。要するに、納豆は体内で大量のビタミンKを作る。すると、ワーファリンが効かなくなる→血液が固まりやすくなり、最悪、脳梗塞を起こす恐れがある、ということだそうだ。

永年、朝食に納豆を欠かしたことのない年寄り(私)。ある日、耐え難くなってかみさんが買いだめしてあるヤツを盗み食いした。

翌日、かかりつけの循環器内科の医者にこのことを、ぽろっと洩らすと、大騒ぎになった。

自覚症状はなかったが、血液検査では明らかに薬の血中濃度が低下している。脳梗塞に危険が高まっているのだ。あわててその場でいつもの倍のワーファリンを飲まされ、さらに翌朝も倍。お陰で、その日の午後には、危険水域を脱したことが血液検査で確認できた。

薬はすべて毒である。が、過不足なく処方することで薬としての効能を発揮する。しかしその効能を阻害するもの(この場合納豆)を摂取するとバランスが崩れ毒に戻る。血栓が出来やすくなるのである。

患者が納豆を盗み食いして脳梗塞になったのでは、洒落にもならない。担当医にとっても沽券にかかわるということだった。医師があわてるはずだ。

「出先で災害にあったりすると大変だから、いつもポケットに余分に持っていてください」と女医さんにたしなめられた。

歳をとると高血圧患者が増え、降圧剤が処方される人が多くなる。ところが、1991年、英国の医学雑誌「ランセット」に、「フェロジピンまたはニフェジピンとグレープフルーツ・ジュースとの相互作用」という論文が発表になり大騒ぎとなった。

2つともよく使われている降圧剤だが、これをグレープフルーツ・ジュースと一緒に飲むと、降圧剤がスムースに体外に排泄されなくなり、血液の中に滞ってしまう。結果、薬の血中濃度が異常に高くなり、血圧が下がりすぎる、という論文だったのである。

降圧剤を飲んでいる人は何十万人にも上るが、このことを知っている人はどのくらいいるか。ジュースがやばいのは分かった。ならばグレープフルーツの実はどうか。大丈夫そうだがまだ最終的な、科学的な結論は出ていないそうだ。

因みに、脳梗塞予防のために処方されたという抗血液凝固剤「プレタール」もグレープフルーツ・ジュースと「相互作用」を起こす薬だ。副作用を起こす恐れがあるとされている。

医者の中には、そんな説明をしないやつも居る。薬局で渡される注意書きは伊達ではない。小さい赤字で書いてあるが、よく読まれるようお薦めする。

筆者も、プレタールを飲んでいる。したがって、ワーファリンの関係で納豆、プレタールの関係でグレープフルーツ・ジュース、この2つはここ暫く摂取していない。
                      (ジャーナリスト)

2015年09月18日

◆ヒズ・マスターズ・ボイス

石岡 荘十


蓄音機から飛び出したラッパのような形をした大きなスピーカーの前に、きちんとお座りをして、ちょっと首をかしげた犬が音楽に聞き入っている。この図は、最近はあまり見かけなくなったが、歴史のある音響メーカー「ビィクター」のトレードマークである。

http://www.jvc-victor.co.jp/company/profile/nipper.html

昭和21年、群馬県新町(現・高崎市)に紡績工場があり、わが一家は中国から引揚げてきたばかりで、その社宅に住んでいた。木造平屋の粗末な建物だったが、その居間に、小型冷蔵庫ほどの大きさの電蓄がでーんと居座っていた。

クラシック好きの父親がどこでどう工面してきたのか、戦後間もない食うや食わずの時代にいかにも似つかわしくない“贅沢品”であった。

おまけに、唯一のレコード、これがすごかった。羊の皮表紙の12枚組みのアルバムで、その表紙の真ん中には「ヒズ・マスターズ・ボイス」が刻印されている。収蔵された曲は---

1.A&B パガニーニ作曲 「狂想曲イ短調」 ハイフェッツ
2A&B  ヘンデル作曲 「ピアノ組曲ニ短調」 フィッシャー
3.A&B  ヴェルディー作曲  歌劇「トラヴィアータ 第一幕、(あヽ、そは彼の人か)」 
ソプラノ独唱 アイデ・ノレナ

4.A&B  ヨハン・シュトラウス作曲 管弦楽 歌劇「蝙蝠 序曲」ミネアポリス交響楽団 
5.クラヴサン独奏 ランドルフスカヤ
A「燕・愉しき夢」
B シャコンヌ 円舞曲」

6. A&B  ハイドン作曲 「弦楽四重奏曲ヘ長調」 プロ・アルト弦楽四重奏楽団
7.バス独唱 シャリアピン ムソルグスキー作曲 
A  ヴォルガの舟歌
B 蚤の歌

8. チェロ独奏 ピアティゴルスキー
 A ウエーバー作曲「アダヂオとロンド」
  B フランクール作曲「ラルゴーとヴィヴォ」
9. A&B 管弦楽 バッハ作曲 「トッカータとフーガ」 フィラデルフィア管弦楽団 

10. A&B ベルリン独唱者連盟
  A バリトン独唱 ベートーベン作曲 「自然に顕はる神の栄光」
  B ソプラノ独唱 ヴェルディー作曲 「アヴェ・マリア」
11. A&B  ヴァイオリン独奏 ヴェラチーニ作曲 「奏鳴曲ホ短調」(ティボー)
12. A&B  管弦楽 ワグナー作曲 歌劇「ローエングリン」(第一幕への前奏曲) ニューヨーク愛好家協会 

どうです、この見事な選曲と演奏者の顔ぶれ。珍品はシャリアピン本人のサイン入りのレコードだ。一つしかないこのアルバムを小学校の高学年から高校を卒業して家を出るまで繰り返し繰り返し聴いているうちに、全曲、鼻歌を歌うように何気なくハミングできるように刷り込まれてしまった。

その一方で、ラヂオから流れるハリー・ベラフォンテ、高校のときには、高崎市に本拠を置く群馬フィルハーモニーオーケストラ」(群響)合唱団でロシア民謡から第九まであらゆるジャンルの楽曲を歌い続けた。

群響はあの映画「ここに泉あり」(昭和30年 監督今井正、音楽団伊玖磨、出演岸恵子・小林桂樹)で知られた市民オーケストラで、当時大学生であった小沢政爾もしばしば指揮をとった。

この映画のストーリどおり、夏休みには県内の田舎の中学校を群響と一緒に巡回して移動音楽教室を開き、歌った。

当時、シルクを生産していた鐘紡では、年に1回、当時有名な歌手を工場に呼んで、社員の慰労演芸会を開いていた。高峰三枝子、林伊佐緒、奈良光枝、灰田勝彦・晴彦----ナマの流行歌手を目の前にして、ジャンルを問わない音楽にのめりこんだ。

音に対するこんな思い入れのきっかけとなったのが、「ヒズ・マスターズ・ボイス」だった。この出会いがなければ、この歳で、クラシックからカントリー、演歌まで、数百曲をパソコンに取り込んで、一日中BGMに濫読ならぬ“濫聴”する生活をエンジョイすることにはならなかっただろう。

1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれビクターの商標となった原画は、フランシスの兄マークが亡くなるまで可愛がっていた愛犬のフォックス・テリア「ニッパー」が、兄のマークの生前、蓄音機に吹き込んだ声に聞き入っている姿を描いたものだそうだ。

愛犬ニッパーがラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っている姿だとビクターのHPにある。つまりHisMaster's Voiceに耳を傾ける姿なのである。

そこで話は飛ぶが---、

政権に関わる者は、この国の主である国民の声に耳を傾けるニッパーを見習ってもらいたいものである。        

2015年09月10日

◆90年前の親父の写真見つけたぁ〜

石岡 荘十


唐突のようだが---

県立秋田工業高校のラグビー部が今年4月、創部90周年を迎え、いろいろな記念行事が行われている。同部のウエブサイトによると、

<大正14年4月、旧手形練兵場に楕円のボール2個携えた20人ほどの生徒が現れた。やがて秋田鉱山専門学校生の指導で、ボールをキックしパスをした。秋工ラグビーはこうして第一歩を踏み出したのです>。

それから90年。この間全国高校ラグビー大会で全国制覇15回という強豪高である。「秋工ラグビー」は昔から豪雪をものともせず練習に励む「雪中ラグビー」で知られていた、らしい。

「らしい」と言うのは、少年時代、今は亡き父親から、おぼろげながらそんな話を聞いた記憶があるからだ。

先月27日の本誌で「わがファミリーヒストリー」を掲載したが、このとき確認できなかった父の出自について、改めて調べてみた。そのなかで、秋田工業高校のウエッブをチェック。同時に学校に問い合わせたところ、思いがけなく、事務職員から「ウエブにお父さんの写真が出ていますよ」という情報がもたらされた。

その写真は、ラグビー部1期生、大正14年(1925年)。選手15人と監督らの集合写真だった。その中に、横縞のジャージー姿でラグビーボールを抱えた眼鏡の少年が写っていた。

写真説明に、前列真ん中、「石岡武雄」(大正15年電気科卒業)、とあった。父の90年前の遺影である。大正15年卒業ということは、写真は卒業1年前に写ったもので、満16歳。

「わがファミリーヒストリー」で紹介したように、わが家は中国・天津で終戦を迎え、終戦翌年の春引き揚げてきた。引揚に際して写真の持ち出しは厳しく禁止され、見つかったら帰国できなくなると脅されていた。

が、母の機転で何枚かの家族写真を手製のつづら型リュックに縫い込んで、密かに持ち出しには成功した。しかし、この若きころの父の写真を見るのは初めてだ。ウエブに掲載された写真は、OB会の会長さんが先輩から引き継いで、大事に持っていたものだという。
 
それはそうと、ラグビー部創部90周年を記念して出来たウエブサイトの表紙。伝統のブルーと白の横縞のジャージーを着た選手のカラー映像がある。これを見て、はっと思い出したことがある。このジャージーには見覚えがある。

五十数年前、母が病死したとき、遺品の整理をしていたところ、洋服箪笥の一番下の引き出しから、母の遺品としては似つかわしくない男物の縞のスポーツジャージーが出てきたのだ。そのときは「なんで? こんなもの」とちょっと不思議に思ったがすぐ忘れてしまっていた。

ファミリーヒストリーにも書いたように、わが家族は終戦翌年、最小限の身の回りのものだけを持って中国・天津から引き揚げて来た。何を捨て、何を持っていくのかの選択は多分、母に任されていたに違いない。

そんな中で、何の役にも立たない父の学生時代のラグビージャージーを、後生大事に持って帰った。ほかのものを捨てても、こんなものを選んで持って帰りたい特別な理由が母にはあったのかもしれない。

父は秋田工業に進学するため秋田市内に下宿した。たまたまそこが、母の親戚筋の家だった。そんな縁で両親は、そのころからの顔見知りだった。母は父とはひとつ違い。2人ともまだ小学校を出たばかりだった。

母は女ばかり8人姉妹の末っ子だったが、実家は姉たちが嫁に行くとき、持参金代わりに蔵をひとつ持たせてやったという。北能代ではよく知られた豪農だった。

20歳を過ぎれば「行かず後家」と陰口を叩かれるようなそんな時代、26まで母は嫁に行かなかった。そのわけを横縞のラグビーのジャージーが象徴するように物語っている。九十数年前の両親の甘酸っぱい青春を垣間見たような気がするのである。       20150908 

2015年09月05日

◆足の血管にもステント

石岡 荘十

数十メートル歩くと左足がだるくなって歩行困難になる。で、数分立ち止まって休むとまた歩けるようにはなるが、またすぐだるくなる。

このような症状を専門的には「間欠性跛行」という。「跛行」はビッコを引くという意味だ。こうなった経緯については、本メルマガ「齢は足にくる」

http://www.melma.com/backnumber_108241_4132433/

で述べたとおりだが、先日、閉塞した足の大動脈にステントを入れる治療を受け、ビッコは解消し、元通り颯爽と歩けるようになった。

はじめ、「これはてっきり腰をやられた」思い込んで、近所の接骨院に駆け込んだら、「典型的な脊柱管狭窄症の症状だ」と断言する。つまり神経の管が腰のところで狭まっている疑いがあるとのことで、電気治療、針を数回やってもらったが、はかばかしくない。

業を煮やして、行きつけの大学病院の整形外科で腰のレントゲン、さらにMRIを撮ってみると、確かに、腰椎のひとつがずれているが、神経には触っていないことが確認できた。脊柱の管にはどこも狭くなっているところはない。ビッコの原因はほかにあるというのが整形外科医の診断だった。

考えられるのは、足に血液を供給する血管、動脈がどこかで狭くなっていて、血液や栄養補給が足の筋肉の運動量に追いつかないのではないか。血管の動脈硬化ではないかというのが循環器内科の医師のお見立てだった。

となると、検査法はPWV(脈波伝達速度)。両腕、両足に幅広のベルト(カフ)を巻いて四肢同時に血圧を測定する検査法である。この検査をすると、動脈の詰まり具合と動脈の硬さ(柔軟性)手足の動脈などの比較的太い動脈の高度狭窄の有無がわかる。

結果は、左足だけが標準値に遠く及ばない。病名は閉塞性動脈硬化症。左足へ行く動脈のどこかが詰まっている疑いが強まった。

血流が詰まる動脈硬化は典型的な加齢疾病だ。脳の血管が詰まれば脳梗塞になるし、心臓の血管(冠動脈)が狭くなると狭心症、詰まると心筋梗塞になる。私の場合は足にきたというわけである。

造影剤を使ったCTで診ると、左足付け根から動脈を15センチほど遡ったところで90パーセント狭窄していることが確認できた。左足へは最大、通常の7割ほどしか血が流れていない。これではビッコになるわけだ。

治療法は、脳梗塞や心臓梗塞と同じだ。血管の狭くなったところにカテーテルを挿し込んでフーセンで拡げるとか、バイパスを作るとか、etc。

心臓カテーテル室でカテーテル台に横になると、若くて美形の看護婦さんが何の躊躇もなくパラリとT字帯をはずし、左足の付け根周辺の陰毛を電気かみそりで刈る(剃毛という)。慣れたものだ。

局所麻酔の後、この治療では実績も多い腕利きの医師が、モニター画面を見ながらカテーテルを挿入。先端には、中心部に細くすぼめたバルーンを仕込んだステントがある。

ステントはステンレスで出来た金網のチューブである。これを狭窄部分まで持っていってバルーンを膨らますと、すぼめてあったステントの内径も同時に拡がって、狭窄した血管を見事に押し広げた。

ステントは内径8ミリ、長さ40ミリ。心筋梗塞の治療に使うステントは内径2ミリほどだから、それに較べると大型だ。治療時間は1時間ほど、治療費86万円、自己負担9万円ほどだった。

心筋梗塞でステントを使う治療法はよく知られているが、足の大動脈狭窄にステントを使うケースはまだそれほど多くない。

治療を受けた東京女子医大では、ステントを使った心筋梗塞治療が今年すでに数百件に上るのに対して、足に使った症例は筆者でまだ56件目だという。

下肢(足)へ行く動脈が詰まると、下肢が腐ってしまい、痛いだけでなく、命にかかわるケースもある。そうなると「命には代えられない」とやむを得ず下肢を切断しなければならなくなる。日本では毎年1万人以上が足を切断されているという報告もある。高齢化で症例は増えている。

足にもステントを入れるという治療法は、循環器内科ならどこでもやっているわけではない。リスクもある。医師の選択には慎重でありたい。

元京都大学心臓血管外科部長・米田正始(こめだまさし)医師を中心とする研究グループは新しい血管を作って下肢切断を救う「血管再生法」という試みを行なっていて、再生医学のひとつとして注目されている。が、成功症例はまだそれほど多くない。

「なんとなく足の先が冷たい」

これが、アラームだ。接骨院では治らない。専門の医師を選んで、治療を受ける必要がある。

2015年08月27日

◆わがファミリーヒストリー

石岡 荘十



70年前の8月15日、わが家は中国・天津で暮らしていた。お昼に重大発表があるということで、国民学校4年生の私、1つ違いの兄と母親の3人で、茶箪笥の上にあるラジオの前に正座をして、待ち構えていた。

天津もその日はギラギラと真夏の太陽が焼け付くように照り映え、セミの声が響き渡っていた。しかし、ラジオは時間になっても、ガーガー、ザーザーと雑音で聞き取りにくい上、途切れ途切れ聞こえてくる言葉も難しくて何を言っているのか理解が出来なかった。

が、母だけは「負けたのよ、戦争、負けたんだって---」と肩を落としたが、こうつけ加えた。

「でも、これでお父さんは帰ってくるわ」

父は民間人のまま軍に徴用され中国奥地に単身赴任をした後、終戦直前か
ら行方がわからなくなっていた。

わがファミリーヒストリーを遡ってみる。

<中国での生活>

父は秋田県の寒村の出身で、明治41年(1908)生まれ。今の秋田工業高校を卒業(大正15年 1926)した後、当時の大企業鐘紡に就職。京都工場に勤務となり、幼馴染だった母を秋田から呼び寄せて結婚した。

昭和9年(1934年)兄が、翌年私が生まれた。その直後、父は中国・天津市にある工場へ転勤となった。私がまだよちよち歩きのころだった。

天津市には2ヶ所に鐘紡の工場があり、一家は父に従って何年か置きにこの2つの工場の社宅を行ったり来たりした。市内には日本人学校が、小学校から中学校まで何校かあった。

社宅の子供たちはこの学校に通いながら、戦後日本の米進駐軍とその家族がそうだったように、高い塀で囲まれた広大な敷地に、周囲の中国人とはかけ離れて豊かな別世界を築き上げて暮らしていた。

30歳そこそこで管理職になっていた父は、鉄筋コンクリート2階建ての洋館に住み、運転手つきのドイツ車で工場に通っていた。家事は纏足の中国人の住み込み女中、アマ(阿媽)が切り回していた。

私は学校が終わると、天津領事の息子が同級生だったこともあって、もっぱら天津領事館を遊び場にしていた。楽しみは自家製のアイスクリームだった。

休日には家族揃って車で街に出かけ、「犬とシナ人入るべからず」とされた日本人専用のプールで泳ぎ、レストランで夕食を摂るという生活だった。

学校が休みの時には、家族そろって船で内地(日本)に旅をし、お伊勢参りをしたり、汽車で北京やあの旅順に旅行したりした。万里の長城へも行ったことがあるらしいが小さいときのことで記憶にない。

だが、戦況が悪化するにしたがって、社員の中には赤紙をもらって戦地に向かう人が出始めた。電気技術者だった父はある日、軍の命令で内蒙古(内モンゴル自治区)に近い大同(タートン)というところに民間人のまま徴用されて赴任していった。詳しいことはわからないが、航空機の部品を作る工場を建設するためと聞かされていた。

父はパ−ロー(八路軍=中国共産党軍)が跋扈する中国奥地での治安を心配して単身で赴任した。というのは、その頃になると、社宅で使っていた支那人が「日本負けた」と噂するようになっていたからだ。

<終戦>

案の定、まもなく玉音放送。

そしてその日から大略奪が始まった。ついさっきまで使用人だった女中、運転手が、家族・親戚、一族を総動員して家に押しかけ、紫檀に貝をあしらったテーブルやマホガニーの本棚、果ては木綿針1本に至るまで一切を、当然の権利のように、一言の断りもなく手当たりしだい持ち去った。

父がいない母子家庭は絶好の標的だった。母は「あんなによくしてあげたのに---」と唇を噛んだ。父がことのほか大事にしていた蔵書だけは、「あんなやつに奪われるくらいなら」と庭に山積みにして油を掛け、火を放った。

数日後、社宅にいた日本人社員とその家族は家を明け渡し、わずかな身の回りの物だけを持って、市内にある大きな日本旅館に駆り立てられ収容された。日本への引揚船が来るまで、そこで待機するとのことだった。

旅館の外へは危険なので出てはいけないと言われていた。いわば軟禁状態である。一部屋に何家族もがぎゅうぎゅう詰めという生活が始まった。こんな生活がまさか翌年5月まで、9ヶ月も続くことになろうとは、そのときは思いもしなかった。

国民学校(小学校)は、すぐに休校となり、中国の奥地から港を目指して引揚げてくる避難者の収容所になっていた。子供たちは旅館の屋上で馬跳びをしたり、広い旅館内でかくれんぼをしたりして、結構明るく過ごしていた。

大人は夜になると園芸大会を開いたりマージャンに興じたりして、 帰国船の迎えを今日か明日かと待ち続けていた。

そんなある日、深夜、完全武装をした米兵数十人が押しかけ、男の大人全員に拳銃を突きつけて連行していくという事件があった。残された女子供はわけもわからずパニックに陥った。中国人が反日感情に駆られて旅館を襲うという情報があったため、一時、男たちを連行し保護したのだということだった。

そのころのことだった。旅館の屋上から街を見下ろしていると、旅館の周辺が突然騒がしくなり、旅館の回りは大勢の群集で埋め尽くされた。行きずりの日本人らしい男女が群集に袋叩きになっている。

人波が引いた後、 2人は路上に放置され、ピクリと動かなかった。頭の付近から血が流れて いた。市内ではあちこちで日本人を襲う暴動が頻発していると聞かされ た。私たちは恐ろしくて声を上げることも出来ず、息をひそめていた。

<父の帰還>

帰国の日取りが決まったという知らせが届いたのはそんな時だった。連行された男たちもまもなく帰されてきた。旅館中が異常な興奮に包まれた。

大半の人たちはいまや帰心矢の如し。少ない荷物のまとめにかかっていた。だが終戦直前から父の消息が途絶え、依然、不明だった。夫をひとり中国に置き去りにするわけにはいかない、かといって子供は一日でも早く日本に帰したい。

母はこのとき36歳。土地ではよく知られた豪農の娘 だったが、親の反対を押し切って、家出同然、父の許に飛び込んだという 勝気な性格の人だったが、夜も眠れないようだった。

そんなある日の深夜、あたりをはばかるように、こつこつと旅館の裏木戸を叩く者があった。

誰かが2階の部屋に母を起こしにきた。「えっ!」と驚く母の声。ばたばたと階下へ降りていった。私と兄も母を追うように階段を駆け下りた。

途 中で立ち止まり見下ろすと、裏木戸を入ったたたきで、髪ぼうぼう、髭だ らけ、垢だらけで真っ黒な顔をしてぼろをまとった男と母が、人目もはば からずしっかりと抱き合っている。母が声をあげて泣いている。兄と私も 駆け寄って父に縋りついた---父の突然の帰還であった。

後に聞いた事情はこうだ。

父は玉音放送のずっと前(多分ソ連軍ソ満国境を越境侵攻した8月はじめ)関東軍の現地司令部に呼び出され、その場で乾パンと拳銃1丁を渡されて「後は勝手の帰ってくれ」と放り出された。軍と軍属、その家族はトラックに乗ってさっさと撤退していったという。

この国は今も昔も、国民の生命財産の保護と言う国家としての義務を感じない伝統があるらしい。学校帰りの少女が拉致され、海を越えて連れ去られても、きちんと外交交渉が出来ないお国柄である。

ともかく、父はその日から口の利けない乞食に身をやつして天津を目指す。父はまあまあの中国語は出来たが、しゃべれば現地人でないことはすぐばれるので聾唖者を装ったという。

列車などの乗り物は使えなかった。 酷暑の中国大陸を東へ東へとひたすら歩き続ける。大同から天津まで、直 線距離でも350キロ。3ヵ月後やっと家族の許へたどり着いたのだっ た。

「途中3回、拳銃を使った」と漏らしたことがあったが、どう使った のか、父は終生語らなかった。

大同の軍需工場建設に駆り出された民間人の中には、家族を伴って赴任した人も少なくなかった。その中には敗戦後避難する途中、心ならずも幼い子供を現地人に預けることと引き換えに、逃げ延びた人もいたという。残された子供たちはその後どうなったか。

山崎豊子原作、NHKの日中合作テレビドラマ『大地の子』が、子供たちが辿ったであろう戦後をつぶさに描いている。中国残留孤児の親探しの番組が始まると、私はテレビに釘付けになってしまう。

あの時、父と一緒に 大同に行っていたら、私も『大地の子』---残留孤児になっていたかもし れないからだ。紙一重であった。 

『大地の子』といえば不思議なことがある。このドラマを見たとき、主人公の残留孤児が話す中国語の会話の半分くらいはすんなりわかるのだ。それは多分、主人公である一心少年と義父との間で交わされる会話が、70年前、丁度同じ年頃だった私と中国人使用人との会話と同じレベルだったからだろう。

ともあれ父の「生還」で帰国はもう掌の中にあると思われた。だが、そうはいかなかった。天津の鐘紡工場(第7廠)は父が電力の責任者だったこともあって、このまま日本人が引き揚げてしまうと工場が動かなくなる。

工場運転のノウハウを現地人に引き継ぐまでは帰さない、足止めされることになったのだった。ほかの家族が次々と旅館を引き払って帰国する中、私たちは父とともに残留する道を選択した。それが、親の反対をふりきってまで一緒になった父が、一時期、行方不明となり、つらい思いをした母の決断であった。

<さらば天津---、帰国>

父はゆっくり休養をとる暇もなく工場に通い始め、現地人の教育に当たった。給料日には大型のトランクいっぱいの札束を運んで帰ってくるのだが、月末にはすっかり使い切ってしまうほどのインフレが猛威を振るっていた。どうせ現金も物も日本には持って帰れないとわかっていたから贅沢に使い切ってしまうしかなかった。

こんな中、母は引揚の日に備えて、一人ひとつずつ、ミシンを踏んでつづら型の大型のリュックサックを作った。これを背負うベルトには高価な絹糸をふんだんに使った。

帰国後、このリュックサックとベルトを解くと大 量の高級絹布と絹糸となって、物ない日本で貴重な米塩の糧となった。近 くの農家から食料を調達するときの実弾となった。

終戦翌年、昭和21年5月、帰国を許された。が、貴金属はおろか現金や債権、家族写真に至るまで持ち出しは一切禁止とされ、持ち出そうとしてばれると帰国できなくなると脅されていた。ところが帰国後、母手製の大型リュックサックを解くと、10数枚の家族写真が出てきた。母が密かに芯地に縫いこんだものだった。

9ヶ月の教育訓練を終わった後、工場運転の技術をマスターした現地従業員が、謝辞を刻んだ記念の楯を父に送り「サイチェン(再会)」と、別れを惜しんだ。

それから四半世紀後、戦後日本人としてはじめて天津を訪れた私の友人が工場もちゃんと動いていた。変電所の礎石に親父さんの名前があった」と報告してくれた。

わが家の住まいだった洋館には現地人4家族が住んで いたという。だが、父と彼らの再会は実現しなかった。大同から天津の家族の許に帰る途中、(多分)やむを得ず使った拳銃(人を殺めたかもしれ ない)にまつわる記憶がトラウマとなっていたのかもしれない。

敗戦翌年。アカシアの花香る5月、一家は天津を出発。港のある塘沽(タンクー)までは屋根のない貨車(無蓋貨車)で運ばれ、そこで荷物検査を受けた。

検査官に金目の袖の下を渡せば、大目に見てもらえるという噂が あったので、父と母は、両腕にいくつもの腕時計をはめて持っていき、こ れはと思ったら、腕から順番に腕時計をはずして検査官の手に握らせた。 中国人の性格を知りぬいた母の知恵だった。

港には米軍の大型上陸用舟艇が待機していた。船底は中国各地から命からがらたどり着いた避難民であふれんばかりであった。大半が着の身着のまま。船底はすえたようなにおいで満たされた。

なかには船酔いで戻す者も いて、その悪臭でこっちが戻しそうだった。残留期間に旅の身支度を整え る余裕のあったわが家族は恵まれたほうだった。午後、塘沽を出港。わが 家族4人は、鋼鉄板の船底にアンペラ(むしろ)を敷いて肩を寄せ合うよ うにして横たわった。

そして夜が明けると「オーイ、島が見えるぞー」。急いで上部甲板に駆け上がると、新緑眩い五島列島が右舷に姿を現した。検疫の後、佐世保港に入港。まもなく上陸、収容施設で握り飯とたけのこの入った温かい味噌汁でもてなされた。そこは間違いなく母国日本だった。私は引揚のごたごたの中で11歳の誕生日を迎えた。

足掛け9年、中国滞在のエピローグである。

後で聞いた話では、上陸すると大人も子供も一人頭千円が手渡され、どこでも勝手に行ってくれと放り出された。

父が10年近く中国で働いた果実は、乾パンと拳銃一丁、それに一人千円、あわせて4千円也。これがすべてだった。
 
<帰国後の生活>

わが一家は、数日後、列車で父母の故郷である秋田を目指した。佐世保から秋田まで、よく覚えていないが、エッチラオッチラ、一週間近くかかったと思う。

父の生家は、長男だった父が若くして東京に出た後、弟(叔父)が家を継いで百姓をやっていたが、赤紙一枚で徴兵され中国東北部の最前線へ。終戦と共にシベリアへ持って行かれ、留守宅は祖母と叔母が幼い子ども2人を抱えてほそぼそと稲作百姓をやっていた。

そこへ、われわれ一家4人 が転がり込んだのである。敗戦のどさくさで小学4年生の後半は学校へは 行けなかったが、何とか5年生に編入できた。

ご多分に漏れず、農家も食糧難だった。畑で芋やナス、キュウリ、トマトを作り、山に入って山菜やアケビを採り、新米の収穫まで食いつなぐこととなった。

間もなく、生まれて初めての田植えにも駆り出される。父と母は、元を質せば百姓の生まれだから昔取った杵柄、手際はいい。慣れないとはいえ、小学5年生の私と中学生の兄、も立派な労働力だった。

夏。小柄だが目端の利く祖母が、そのころはまだ珍しかったいちごの栽培を始めた。ビニールハウスなどまだない。夜明けと共に、学校へ行く前に畑でいちごを摘む。

取れたてのいちごを大きな背負い駕籠いっぱいに入れ てこれを担ぎ、学校へ行く途中にある集荷所まで運ぶのが私の役目だ。集 荷所までは子どもの足で小1時間。その日の売り上げを受け取り、空に なった駕籠を担いで学校へ行く毎日だった。

草鞋を履くのも初めてなら、駕籠を背負って学校へ行くのもなかった経験であった。荷は肩に食い込み、草鞋の緒で足の指の間からは血が滲んだ。それよりなにより、恥ずかしかった。

紺サージの制服にぴかぴかの革靴で 学校に通っていた天津での生活は、いまやここでは別世界の出来事だっ た。そのうえ、学校の行き帰りには、「引揚者、引揚者」と蔑まれ、いじ めにもあった。それでも田植えで泥まみれになり、田の草をとり、秋には 稲刈りもした。

そうこうしているうちに11月。父の仕事先が群馬・高崎の工場と決まり、半年過ごした秋田を後にしたのだが、この頃には、ずーずー弁もまあまあ操れるようになり、いじめっ子たちとの間にも友情が芽生えていた。高台にある集落を去る日、その日は日曜日だったが、10人ほどの悪ガキが口々に大声で「まだ、こらんしぇ」(また、来いよ)といつまでも手を振ってわが一家を見送ってくれたのだった。

<転校の名人>

昭和20年(1945年)8月、中国の天津市で終戦を迎え、翌21年引き揚げ。21年11月、父の勤務先である鐘紡の工場があった新町に移り住むことになった。

転校初日、紺サージのダブルのスーツに半ズボン、白い綿の靴下に黒の短靴、学生帽と言う典型的な都会のお坊ちゃまスタイルで登校。そのころは引揚者と言うだけで白い目で見られる時代だった。

そこへよせばいいの に、付き添いの母までがシックなダークスーツにハイヒールである。その ころ地元の子供たちはつぎはぎのあたったズボンに下駄ばき、女の子はモ ンペと言うのが相場だったから、この変わったいでたちの親子が、悪ガキ の標的にならないほうがおかしいくらいだ。

転校したその日の下校時、便 所裏に連れ込まれて、6年生数人からぼこぼこに殴られた。中国から引揚 げのとき母が後生大事に持ち帰った制服は、この日の洗礼でずたずたにさ れてしまった。

それから数か月後、6年生のとき、クラスの仲間たちと橋の欄干に並んで腰掛けている写真がある。橋は玉村と新町をつなぐ木造の岩倉橋で、私もひざにつぎの当たったズボンに下駄履きといういでたちである。田舎のガキどもと見分けがつかない変身ぶりである。

新町では橋の上から烏川にみんなで飛び込んで泳いだり、小魚を釣って夕餉のおかずにしたりしたもんだ。私にとっては文字通り「小鮒釣りしかの川---」であった。

そんな経緯で、群馬・新町(現高崎市)に流れついたものの、不思議と中国のことが家族の間で話題になることはなかった。特に父は「3発の銃弾」に触れること避けた。私も人前で中国での話は極力しなかった。

特異 な過去を持つ少年と見られてはならない。小さいときから住まいを転々と し、転校を繰り返したこともあって、私は「転校の名人」であった。この 国では今も昔も、変わった言動、変わった服装をしないこと、つまり、没 個性的であることがイジメをかわし、平凡で穏やかな暮らしを続ける極意 なのだった。

<父母の死>

私が昭和29年、高校を卒業して東京に出た後、両親は父の初任地であり、兄と私が生まれたところでもある鐘紡京都工場に転勤した。まもなく定年退職。

その後、兄は父の後をついで鐘紡へ、私は叔父(父の弟)の勧めもあって放送ジャーナリストの道を選んだ。で、私 が札幌で結婚、長男が生まれてまもなく、母ががんで倒れた。

生まれたば かりの長男を飛行機に乗せて入院中だった母の枕元へ連れて行った。母に とっては私の長男が初孫だった。しかし、まもなく夭折。享年56。大陸を またにかけて苦労を母と分かち合った父は、それから20年を生き抜き、 逝った。喜寿まであと一週間だった。

<ファミリーヒストリー>

5月、私は傘寿を迎えた。中国から引き揚げて丸70年である。私がいまこんな家族の歴史を思い返したのは、恥ずかしながらつい最近のことで、そのときにはすでに両親は無く、詳しいことを確認する術を失っている。

「もっとちゃんと話を聞いておけばよかった」---。

NHKの『ファミリーヒストリー』(毎週金曜 午後10時〜10時50分)は、そんな関心に応えた番組である。自らの出自を知った出演者たちは一様に感動し、涙を流す。

長男はすでに私が父を失った年齢を超えているが、ここに紹介した「家族の歴史」、ファミリーヒストリーを詳しく話したことは無い。しかし、彼もいずれ「自分はどこから来たのか」、孫もいずれそのことを知りたくなる時期が来るだろう。自らの出自を知れば、家族への思いもいっそう深くなるに違いない。(2015・0825)