2012年05月14日

◆五月に咲き誇る平戸ツツジ

毛馬 一三


朝夕愛犬を連れて散歩するコースが、大阪府寝屋市と大阪市を結ぶ旧淀川1級河川の城北川堤防の側道。車が通らないので安全な上、その側道に沿っていろんな樹木が植えてある区域が設けられているため、その都度、季節感を楽しめることが出来、気分が豊かになる。

植樹は、平戸ツツジ、サクラやヤマモモ、菊、クスノキ、ツバキなど50種は超すようだが、300メートルにわたって植えられている。中でも「平戸ツツジ」は今が満開で、緑の木の中から真っ赤な花が咲き誇り、目を奪う。今年は未だに寒気が続いているためか、満開期も長持ちしているようだ。

ところで、私はNHK初任地が佐世保放送局だったため、平戸ツツジの原産地の平戸には取材でも、旅行にもよく出かけた。

平戸は平戸島とその周辺を行政区域とする市で長崎県と九州本土の市としては最西端に位置する都市。旧平戸藩松浦氏の城下町で、当時はまだ孤島だったため、今のような大型橋梁はなく、遊覧船で渡った。海上から平戸の高台に平戸城が見えて歴史の想いを募らせる一方、陸に上がった途端この季節には、あちこちで平戸ツツジに囲まれた。

平戸商工会議所による平戸ツツジの説明によると

<平戸ツツジは、平戸原産の常緑のツツジで、平戸・松浦藩の武家屋敷にて種々な原種の交雑により、400年以上の悠久の時を経て育まれた門外不出の花でした。その大輪の花びらは世界一のツツジとも云われ、短い間ではありますが満開の時期にはびっしりと美しく咲き誇り、見る人の目を大いに楽しませてくれます。

その儚い生命の美しさを映そうと、摘み取った花びらを使って一枚一枚染め上げたのが「平戸つつじ染め」です。

自然の花びら染めは1本1本の木から得られる色が全て異なるので、ひとつとして同じ色はありません。また、上に咲く花と下に咲く花でも、染まる色は違ってきます。かけがえのない、その花の個性ひとつひとつを大切に、絹や綿、和紙に映しました>だという。

さて、平戸が全国に名を馳せているのは、この「平戸ツツジ」と併せて「平戸の歴史」ということになる。
序でながら、平戸の歴史に触れておく。

<慶長5年(1600年)、日本の豊後国に漂着したオランダ船リーフデ号の乗組員の一員であったイギリス人ウィリアム・アダムスは、徳川家康の信頼を受けて江戸幕府の外交顧問となり、「三浦按針」の名を与えられるなど重用された。

慶長16年(1611年)、イギリス東インド会社はアダムスがイギリス本国に送った書簡によって事情を知り、国王ジェームズ1世の許可を得て彼を仲介人として「日本との通商関係」を結ぶ計画を立て、艦隊司令官ジョン・セーリスを日本に派遣することとなった。

慶長18年5月4日(1613年6月11日/同6月21日)に、平戸に到着したセーリスは、アダムスの紹介を得て駿府城で徳川家康に拝謁して国王ジェームス1世の国書を捧呈し、更に江戸城にて将軍徳川秀忠にも謁見。そしてアダムスの工作が功を奏して、この年の9月1日(10月4日/10月14日)には、家康によって「イギリスとの通商許可」が出された。

そこでセーリスは平戸で在留中国商人李旦から借り上げていた邸宅をイギリス商館とし、リチャード・コックスを商館長に任じて6人の部下を付け、更にアダムスを商館員として採用して顧問とした。

商館は後に正式に買い上げられ、イギリス人商館員や日本人使用人も増員された。商館員や使用人は平戸や江戸・京都・大坂・長崎などに派遣されて貿易の仲介を行ったり、平戸を拠点に商船を東南アジア各地に派遣して貿易業務を行った>。
こうして平戸は、我が国での最初の外国貿易の拠点となったのだ

ところで、平戸を有名にさせているのは、キリスト教との関わりである。

<平戸は、日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルが三度にわたって布教に訪れた地であり、平戸島や生月島では多くの住民がカトリックの洗礼を受け、その後の江戸時代の禁教令下でも隠れキリシタンとして信仰を受け継いでいった人が多かった。

明治時代に禁教が解かれて、平戸でも宝亀、紐差などの教会が建てられた。聖フランシスコ・ザビエル記念教会のある平戸港周辺の市街地には、もともとカトリックの信徒は少なかったが、近隣各地からの移転により信徒が増えていった。

そして1931年(昭和6年)4月に現在の教会堂が建てられた。献堂40周年の1971年(昭和46年)9月には、聖フランシスコ・ザビエルの像が聖堂のそばに建立され、これに伴い「聖フランシスコ・ザビエル記念教会(あるいは聖堂)」とも呼ばれるようになった>。

余談だが、平戸経由で五島列島の島を取材した時、ある家で「オランダ製の火縄銃」と「隠れキリシタンの像」を見せて貰った。どちらも初めて見るもので興奮した記憶がある。特に「隠れキリシタンの像」は、正面は仏像だが、裏には「キリスト像」が設えてあった。

きっと、キリシタン禁教令下で仏教徒を装いながらも、実際は密かにキリシタン信仰を貫いていた江戸時代の隠れキリシタン徒の様子が浮かび上がってくるような気がして、感動した。

話は、平戸の歴史になってしまったが、毎朝夕の愛犬の散歩の時、平戸ツツジに惹かれる中で、やはり平戸の歴史が一度に蘇ってくる。平戸ツツジの美しさは、本当に歴史まで呼び起こし、心まで豊かにしてくれるものだ。(了)
参考:ウィキペディア、平戸市ホームページ          2012.05.20


2012年04月19日

◆早く作りたい紫蘇濃縮ジュース

毛馬 一三

           
ジュースとは、本来「果汁」を指すものだ。だが今ではコーラなどの炭酸飲料なども含めた甘いソフトドリンクまでも「ジュース」と称している。デパートやスーパーでは、山ほど陳列されたこの種のジュースが目に付くが、果たして健康に如何と思うと躊躇してしまう。

そんな折、体にいいから是非自家製でやりなさいと知人に勧められたことから、数年前「紫蘇(しそ)濃縮ジュース」を我が家で作ってみた。なんとまあ、風味・舌触りなど美味さは抜群、以来すっかり嵌ってしまい、原料の「赤紫蘇」が出回る6月が毎年待ち遠しい。

ところで、その紫蘇の話。

<紫蘇(しそ、学名Perilla frutescens)は、シソ科のシソ属の植物。中国原産。

紫蘇には、こんな由来がある。中国の後漢末、洛陽の若者が蟹を食べすぎて食中毒を起こし死にかけたが、名医・華陀が薬草を煎じ、「紫の薬」を作り、同薬を用いたところ、若者はたちまち健康を取り戻した。「紫」の「蘇る」薬だというので、この薬草を「紫蘇」というようになった>という。

品種は以下の2種類がある。「青紫蘇」と「赤紫蘇」である。

<i)「青紫蘇」は、葉や花を香味野菜として刺身のつまや天ぷらなどにする。青紫蘇の葉は野菜としては「大葉(おおば)」とも呼ばれる。
i)「赤紫蘇」は、梅干しなどの色づけに使用。また葉を乾燥させたものは香辛料として(特に京都で)味唐辛子に配合され、ふりかけなどにも用いられる>。
出典: ウィキペディア(Wikipedia)

そこで自家製で「紫蘇(しそ)濃縮ジュース」を作る場合は、「赤紫蘇」を使う。作り方は幾通りもあるが、知人から教えてもらった作り方が最高の紫蘇ジュースだと信じて、その方法を毎年励行している。

<作り方>
(1)紫蘇(350g)を水できれいに洗い、水気をよく切って鍋に入れる。
(2)鍋に水(450cc)を入れ、その中に砂糖(600g)とクエン酸(20g)を加える。
(3)紫蘇を満遍なく混ぜて、鍋をガスの中火で煮出す。
(4)10分ほど沸騰させ、紫蘇の中から泡が出したら火を止める。
(5)鍋で煮だった紫蘇を別のボールに、ザルで濾す。
(6)絞り紫蘇液が自然に冷めたら、その中に「ゆず酢」を大匙2杯弱入れる。これがこの濃縮ジュースの「隠し味」。

(7)真っ赤な紫蘇濃縮ジュースが出来上がったら、氷を入れたコップに濃縮ジュースを好みに応じて注ぎ、水や炭酸水などで4倍に薄めて飲む。

これだけの作り方で、900ccの「紫蘇濃縮ジュース」が出来上がる。冷蔵庫で保存すれば、なんと半年も賞味期限がある。

この「紫蘇ジュース」は、紫蘇の栄養であるビタミン類、ミネラル類が含まれているので薬用効果があるということで、アレルギー体質、生活習慣病、食中毒予防等に効果があるという。

私の風味・美味しさ・味覚に合う「紫蘇濃縮ジュース」の勝手な作り方を紹介したが、このジュースが他の作り方と違う点は、隠し味の「ゆず酢」。6月が来たら、「赤紫蘇」を求めて自家製ジュースに挑戦しては如何。              (了)   

2012年03月19日

◆「納豆」を食べよう!

毛馬 一三


私の苦手な「納豆」が、骨粗鬆症の予防に効果があるという記事を読んだ。だったら、これからもっと「納豆」を食べることに挑戦しなくてはなるまい。それはこのあと云々。

私は九州の筑後地方で幼少期を過ごした田舎育ち。日露戦争で活躍した日本旧陸軍「久留米師団」の軍事施設がわが家の近くにあったが、周辺全体が農村地帯だったので大東亜戦争が終ったあとも、米や野菜など食糧難に接した記憶はない。

だが、有明海や博多湾からはかけ離れていた所だったので、「海の生魚」には縁がなく、塩漬けのサバなどをリヤカーに積んで売り歩く行商から「塩漬け海魚」を買い求め、焼き魚にして食べさせられたことは、今でも思い出す。

ところが珍事がある。どうしたことかわが町には「納豆」の売る店も、行商も一切なかった。だから「納豆」を食することはなく、名前すら知らなかった。勿論、我が家が「納豆」を何かの因縁で食膳から避けたという話も聞いたこともない。

「納豆」に初めて出会ったのは、18歳の時東京に進学して、下宿先の食卓だった。「納豆」にネギ、わさび、醤油をいれてかき回しご飯の混ぜて食べるものだったが、異常なねばりによる味と、腐ったような異臭に思わず顔を背けた。以来食しなかった。

しかし、横浜生まれで「納豆」常食していた家内と結婚してから、健康のために食べようと説得されたことで、「納豆」に卵の黄身、ネギ、醤油、からしを混ぜて食べるようチャレンジした。

ところが、そのあと「納豆」にセットされて売り出された「味付き特別たれ」が意外に美味しかったことから、その「たれ」をかけた「納豆」だけを「おかず」として食べるようになった。

そんな折、骨粗鬆症などの予防に「納豆」などに効果があるという北国新聞の記事を読んだ。
同紙によると、

<納豆などに多く含まれる成分「ポリアミン」に骨量の減少を抑える効果があることを、金大医薬保健研究域薬学系の米田幸雄教授らの研究グループがマウスなどによる実験で突き止めたという。

ポリアミンは老化抑制効果が注目されているが、骨への効果が判明したのは初めて。骨粗鬆症などに対する副作用が少ない予防、治療法の開発につながるとみられる。

米田教授や檜井栄一准教授らのグループは、骨粗鬆症モデルのマウスと、関 節リウマチモデルのラットにそれぞれ28日間、ポリアミンを混ぜた水を投与した。

骨粗鬆症モデルでは何も与えない場合、骨量が3〜4割減少したが、ポリアミンを投与したマウスはほとんど減少しなかった。関節リウマチモデルでは、何も与えない場合と比べ、骨や軟骨が破壊される量が3分の1程度に抑えられた。

さらに培養細胞実験で、破骨細胞にポリアミンを加えると、細胞の働きが抑制されるこ とも確認した。
米田教授は「ポリアミンは納豆など日本人になじみの深い食品で摂取でき、副作用も少ないとみられる。特定保健用食品や医薬品などの開発につながる」と話した>としている。

たしかに高齢の時期になってくると骨粗鬆症が原因で股関節を骨折し、寝たきりになったという話よく耳にする。

序ながら「骨粗鬆症」に触れておくと
<骨粗鬆症(osteoporosis)とは、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいう。背中が曲がることに現れる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となる。

骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こるが、骨粗鬆症においては、日常生活程度の負荷によって骨折を引き起こす。骨折による痛みや障害はもちろん、大腿骨や股関節の骨折はいわゆる高齢者の寝たきりにつながり、生活の質(QOL) を著しく低くする。> 出典:ウィキペディア

上記の金大医薬保健研究域薬学系の米田幸雄教授らの研究グループは、納豆などに多く含まれる成分「ポリアミン」に骨量の減少を抑える効果があることを英国薬理学雑誌(電子版)に発表し、特許を出願したという。

「納豆」好きな人には恥ずかしいことだが、これからは食べることに抵抗を感じなくなってきた「納豆」を、毎日何度か食べるような常食にしようかなという思いが湧いてきた。

なお、心臓病や脳梗塞の治療を受けて、「抗血液凝固剤「ワーファリン」を飲んでいる人は、「納豆」は禁忌とされているそうです、どうか「ワーファリン」を飲んでいる人は、絶対に「納豆」は食べないでください。        (了)2010.03.17

◆本稿は、3月19日(月)刊・全国版メルマガ「頂門の一針」2554号に掲載されました。
同誌には、主宰者の渡部亮次郎氏をはじめ沢山の寄稿者の「卓見」が多数掲載されています。
どうか、下記のホームページで手続きして、拝読をしてください。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm


2012年03月02日

◆宮廷政治の中で生き抜いた紫式部

毛馬 一三


世界最古の長編小説「源氏物語」が一条天皇に献上されたのは、寛弘5年(1008年)11月17日。千四年前である。

紫式部が、父の赴任先に同伴して越前国に行った当時、何よりも貴重だった「越前和紙」と出合い、2年間にわたって思いのままに、物書きに熱中したことは、本欄ですでに触れている。(平成20年8月29日号=和紙と生きた紫式部)

ところで、この「源氏物語献上」に先立つこと、3年前の寛弘2年(1005年)12月29日に紫式部は、宮中に召し上げられている。何とこの仕掛け人が、藤原道長だったのだ。

どうして藤原道長が、紫式部を宮中に召しあげたのか。それは当時宮中で繰り広げられていた、壮絶な権力闘争と壮絶な同族闘争との絡みがあった。それは追々。

壮絶な権力闘争とは、道長の兄道隆盛の息子「伊周」(これちか)と道長とが、真っ向から繰り広げていた藤原同族同士の宮廷内確執だったのである。

上位を占める同族の内大臣「伊周」に対峙するには、道長は内大臣を超える役職への昇進の道しかなかった。道長は策略を弄している。一条天皇の生母で、実姉の強力な支援を懇願して、「関白」に次ぐ地位の「内覧」職を獲得し、役職の上では、一応互角に並んだ。

しかし、道長にとっては、まだ「伊周」の後塵を拝する部分があった。というのは、「伊周」が妹の定子を一条天皇の中宮に送り込み、堅固な地位を確立していたからだ。つまり、皇族ではなかったのだ。

道長にしては、この一角を何としてでも突き崩す必要があった。このため、一条天皇のもう一人の中宮に娘の彰子を送り込んだのである。中宮になり、第一皇子を産んでもらうことが狙いだった。

その狙いが見事に成功し、中宮彰子は1008年9月11日、「敦成(あつひら)親王」(後一条天皇)を出産。道長は狂喜した。これにより、やっと「伊周」を凌ぎ、権力の頂点に昇り詰めことが出来たのだ。

これからが紫式部が絡む話。

この絶大権力の座を占める策略を進める手立てとして、これに至る2年前から、紫式部を宮中に召し上げる手を打っていたのだ。ここには政治家道長の老獪な手腕があった。

というのも、文学がこよなく好きな一条天皇の気を惹くため、紫式部の「源氏物語」の献上を早々
と行っていたのだ。

言い換えればこの「献上」によって、道長は天皇の歓心を惹きつけ、親密にしてもらうための「政争の具」に利用したのである。「源氏物語」巧みに利用し、これで娘彰子を中宮に送り込む手立てにも結び付けていったのだ。

紫式部は、中宮彰子の教育係として勤める傍ら、3年近く宮中の様々の権力闘争、貴族確執、熾烈な利害闘争などをつぶさに見つつ、冷静な考察を弄して宮中葛藤のシナリオを組み立てながら、「源氏物語」を書き綴った。

色とりどりの54帖の冊子、400字詰原稿用紙にすれば、2300枚ともなるとてつもない長編小説。
越前和紙と墨を使ったきらびやかな「源氏物語」の面白さが、一条天皇の心を捉えて仕舞ったであろうことは、想像に難くない。

色とりどりに展開するこの物語を通して、天皇自身が、宮廷内部の隠れた暗闘と情念の世界の新鮮さや登場人物の特定を推定できた訳で、宮廷ドキュメントとして共鳴かつ括目していったことは当然。天皇もこれに勝る情報は、あったとは思えない。

そう見ていくと、源氏物語は、表向きは今でも「悲恋」、「純愛」、「禁断の恋」の物語となっているが、実際はそうではなく、むしろ宮廷での「政治暗闘の記録」が妥当のような気がする。一条天皇も、きっとそのような感覚で「源氏物語」から宮廷暗闘を読み耽っていただろう。

まさに世界で最古の「政治小説」だが、と同時に宮廷政治をつぶさに書き込んだ紫式部は、まさに宮廷政治の中で生き抜いたことになる。

そう見ていくと「政治小説源氏物語」は、またまた、評価も面白さも増してくる。(了) 
修正 03.02

2012年02月14日

◆龍馬も怒る「船中愚策」の空論 維新の公約

杉浦 正章



「船中八策」と銘打って打ち出すというからどんなに斬新な政策かと思ったが、何のことはない、実現不能な「船中愚策」だ。坂本龍馬も「馬鹿にするな」と怒る。


それも柱が首相公選制や一院制では元首相・中曽根康弘や都知事・石原慎太郎の顔が浮かんで、仏壇からはたきを掛けて取り出したような古くささを感じる。憲法改正が不可欠であり、しょせんは机上の空論となる。


掛け捨て年金制度も大幅な資産課税も憲法の財産権に抵触しかねない。民主党のマニフェストは、有権者をだましただけあって「知能犯」だったが、大阪維新の会の衆院選公約は「粗暴犯」で、これで風が吹くようではまたまた有権者のガバナビリティー(被統治能力)が問われる。


大阪維新の会は「維新政治塾」への応募者が最終集計で3326人だったと発表した。大阪人らしいのは「少数精鋭でいく」と言っていた市長・橋下徹が「12万円は大きい」「日本も捨てたものでもない」ともろ手を挙げて歓迎。単純計算でも年間受講料12万円かける3326で、4億円の実入りになる方を勘定高く選ぶらしい。


難破船から逃げ出すように民主党の衆院議員・高橋昭一(兵庫4区)が願書を出したが、維新の会は断った。入会希望の議員は数人いると言われるが予想外に行動に出る国会議員が少ないのは、まだ見極めがつかないのだろう。小沢チルドレンも小沢一郎の締め付けがきついに違いない。
 

その維新の会の選挙公約だが、どうも石原の影響があるような気がしてならない。首相公選も一院制も石原がかねてから主張してきたところだし、手あかに汚れていて新鮮味などない。


まず首相公選は、若いころの中曽根が主張したもので、小泉純一郎も首相時代に懇談会までつくって検討した。いずれも国民的人気のある政治家が、公選なら首相になりやすいという発想で検討を進めたことになる。


自民、民主両党とも党員参加による党首選出を採用しているが、これも首相公選論の「名残り」だ。公選論は首相と国民統合の象徴である天皇との関係が問題点として指摘され、また首相の所属政党と議会の多数政党が異なるねじれ現象が常態化する可能性があることなどマイナス面が多く、盛りあがらないままお蔵入り状態となっている。


橋下は「現行法のままで実現できる首相公選がないか」と述べているが、ないわけではない。野党第一党と与党第一党が、党首選出手続きを国民一般に開かれたものにする案だ。事実上の首相公選だが、民主、自民両党ともやりそうもない。結局、改憲が必要となり不可能だ。
 

一院制も古い。確かに緑風会に代表される戦後の一時期と違って参院の政党化は著しく「衆議院のカーボンコピー」化は事実だ。この参議院不要論は古くからの自民党のおはこであった。与党時代の自民党は参院で伯仲国会やねじれ国会になれば不要論を唱え、逆に参院で過半数または安定多数になれば不要論を唱えなくなる傾向が目立った。


その古い不要論を、橋下が唱えて実現性があるかといえば、ゼロだ。これも改憲が必要だからだ。橋下の一院制の主張からは問答無用の全体主義的発想が背景にあるような気がする。


公約は年金制度について、現役世代がまかなう現行の「賦課方式」から「積み立て方式」への変更が眼目だ。橋下はこれをさらに進めて「掛け捨て方式」を主張している。「資産をもった人には年金を払わない」のだと言うが、荒唐無稽だ。最初から制度が成り立たない。


一種の強制貯蓄をさせておいて、これを取り上げれば憲法の財産権に抵触しかねないし、だいいち年金を納める意欲が失せる。公約は概して大ざっぱすぎて、焦点の問題を避けて通っているように見える。


とりわけ普天間移設など、外交・安保上の喫緊の課題がなおざりにされている。唯一具体的な消費税導入と環太平洋経済連携協定(TPP)参加も、民主党と一体どこが違うのか。
 

なぜあえて不可能なものを柱に据えたのかと言えば、石原の助言または調整があったのだろう。橋下が自らの国政転向を否定していることと考え合わせると、水面下で石原新党がうごめいているのかも知れない。


しかし、石原政治路線は「核武装」まで行くことが分かっていない。そろそろ有権者は、維新の会がもくろむような「風の政治」から、離脱すべき時ではないか。


最新の世論調査は維新の会への期待値が高いが、公約が出される前の調査だ。有権者は今度こそ公約をしっかり研究することだ。民主党マニフェストにだまされて、最低保障年金はもらえず、子ども手当は撤回され、高速道路も無料にならない。


日本は民主党政権で空白の3年間を作ってしまった。こんどは地方の国政を知らない政治家がタレント的な人気があるといって、海のものとも山のものとも知れぬ“維新チルドレン”を大量につくって、国政を混乱させてよいのか。もう国家にそのゆとりはないのではないか。

      <今朝のニュース解説から抜粋> (政治評論家・元時事通信編集局長)

2012年01月20日

◆芭蕉終焉の地?

毛馬 一三


江戸時代の三大俳人の一人・与謝蕪村の生誕地は大阪市都島区毛馬町。我々が運営するNPO法人「近畿フォーラム21」では、4年後に迫った蕪村生誕300年の記念事業を華々しく開催したい方針で、諸準備に取り組んでいる。

蕪村は享保元年(1716年)同上の毛馬村で生まれた。亡くなったには京都市下京区の仏光寺通烏丸西入ルの居宅で、天明3年12月25日(1784年1月17日)未明。享年68歳だった。

蕪村は、絵画や句会で名を馳せていたのが京都中心だったことから、終焉地が京都であることはよく知られている。勿論、大阪にもしばしば帰阪し、浪速の地を回っている。

ところが、松尾芭蕉の終焉の地は、何処かということになると、案外知る人は少ない。「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」と詠んだ旅の俳聖芭蕉のことだから、旅の果ての東北か北陸の辺りで病死したにではないか思っている人が多いようだ。

ところが、芭蕉の終焉の地は大阪・南御堂向かいの花屋仁左衛門の離れ座敷だった。芭蕉が亡くなった花屋仁右衛門宅は今喫茶店になっているので、その屋敷跡から当時を髣髴させるものは何もない。

実はその場所を告げる記念碑が、大阪のメインストリート・御堂筋南御堂前の、緑地帯の中に「終焉(しゅうえん)ノ地」と銘を打った石碑が、ポツンと建っている。

たまたま、私も地下鉄御堂筋線・地下鉄中央線「本町」下車して南へ向かう用事があったため、“偶然”発見出来たもので、それまでは不明にも目に止まったことはなかった。

その「碑の銘」も南に向いて建ててあるため、北から南へ一方通行の御堂筋を車で通過する人の目には、「芭蕉終焉の地」という文字を読み取ることは物理的に不可能。

ましてや道路の緩衝地帯の中だから、通路を通る人の関心を呼ぶことはまずない。その意味で、偶然の“発見”に感謝した次第だった。
 
<元禄7年(1694)9月、芭蕉は故郷伊賀上野から奈良をすぎ暗峠を越え、2度目の来坂をした。長崎へ向かう旅の途中に大阪に立ち寄った。住吉大社を詣でたり、句会に参加するなどしていたが、当時大阪には俳壇をにぎわしていた2人の門人の仲に円満を欠くところがあり、それを取り持つための来坂が主目的であったとされている。
 
出発時から体の不調を訴えていたが、大阪・住吉神社に詣でた後、発熱下痢を伴い花屋仁右衛門方離れ座敷で病臥、10月12日夕方息を引き取る。享年51歳だった。最後の句として知られる「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」は、その4日前に病床で詠まれたものだ>。

ところが「秋深き 隣は何を する人とぞ」は、芭蕉が床に臥す直前に書いた句である。

臥す直前まで世事に興味津々というか、「晩秋」の移ろいにも鋭利な感覚を失っていない。となると芭蕉は、出来るだけ早く床上げをして次の訪問地長崎へ向かう旅立ちの気力と体力との自信に、なお溢れていたのではないかと思える。

<大坂御堂筋の花屋仁左衛門方で「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句を残して客死した(よく辞世の句と言われているが結果論である。「病中吟」との前詞があり、辞世とは当人も意識していなかった>という説がある。参考<ウイキぺディア>

だが病状は急変したのだろう。だから「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」が、本人の意思に反して「辞世の句」となってしまった。

<臨終の時は、大勢の弟子達に見守られ、遺体は亡くなった日に舟で、現在の土佐堀川を上って芭蕉が遺言した近江の義仲寺に運ばれた>。芭蕉は、木曾義仲の墓の隣に眠っている。

この欄を書きたいと思ったのにはひとつの感慨があった。「頂門の一針」の主宰者渡部亮次郎氏が掲載された『老化は熟成である』の記述の一節を思い出したからだ。

<老化するとは死に近付くことでもあるが酒や味噌のように美味しく熟成して他人の役に立ち、自分を誇りに思えることでもある。

生きるとは死ぬことである。生まれたら成長すると言うが、それが違うのだ。最後に来る死に向かって懸命に走っているに過ぎないのだ。ただゴールが何時かを自身が知らないだけだ。

盛者必衰の理(ことわり)通り身体の各部分は生まれた瞬間から衰えて行く。中年を過ぎれば皺もしみも方々に出来る。これは生物が生きている証拠として止むを得ないものである>。
渡部亮次郎氏は「生と死」にこう触れている。

「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」を詠んだ芭蕉の心は、まだまだ死ぬまで好きな旅を続けたい気持ちを抱きながら、<最後に来る死に向かって懸命に走っているに過ぎない自分に気づいていた>のではないかとの想いが、重なったからである。

死にたくはなかった芭蕉も、遂に終焉に気づいた瞬間は、きっと幸せな生涯だったと感じたに違いないと思う。

歴史のまち・大阪には多岐の名所旧跡や記念碑は散在するが、「生と死」を考えさせるものは、そう沢山あるものではない。(了)再掲(一部加筆)  参考<ウイキぺディア>

2011年12月31日

◆ご拝読に感謝いたします

○ 「ネットメディアおおさか」をご拝読頂き、有難うございました。

どうか、来年も本欄の「意見、卓見、文化話題等」を、お気軽にご覧下さるようお願い致します。

ところで、本欄掲載は例年通り、1月4日から開始いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。 

                       ネットメディアおおさか主宰者              
                              2011.12.31

2011年12月25日

◆国宝金印の「謎」

毛馬 一三



国宝の金印「漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)」が、福岡市博物館の改修工事のため、12月から来年4月1日まで、福岡市美術館に移され、展示されているという話を、福岡の友人から知らされた。

「金印」には、子供のころから「謎」の思いがある。この知らせを聞かされた瞬間、その「謎」の思いが蘇り、正月にでも帰郷した時に、まだ見たことのない「金印」をお目に掛かろうという思いが高まってきた。その「謎」の事は追々。

さて国宝「金印」の出土から今日までの経緯を記すと、下記のようだ。
<天明4年2月23日(1784年4月12日)、筑前国那珂郡志賀島村(現福岡市東区志賀島)南端・叶ノ浜の「叶崎」で出土。

発見したのは甚兵衛という地元の百姓である。ところが近年の研究では発見者は秀治・喜平という百姓で、甚兵衛はそれを那珂郡奉行に提出した人物だとうという説が有力。

水田の耕作中に偶然発見したとされる。一巨石の下に三石周囲して匣(はこ)の形をした中に存したという。那珂郡奉行から福岡藩へと渡り、儒学者亀井南冥によって「後漢書」に記された金印であるとされた。

その後、この「金印」の「委」は「倭」の省略形で、中国史書「後漢書」(東夷伝の倭伝)に「後漢の光武帝が建武中元2年(57年)に朝貢した倭奴国に印綬を下賜した」と記されており、この印綬が「漢委奴国王」印であることが確定した。

出土した後は、福岡藩主黒田家に伝えられ、明治維新後に黒田家が東京へ移った後は、東京国立博物館に寄託され、その後は福岡市美術館の開設に際して1978年(昭和53年)に福岡市に寄贈された。

最初は、1979年(昭和54年)から福岡市美術館で展示され、1990年(平成2年)からは、福岡市博物館で保管・展示されてきた>。参考ウィキペディア

それが今回、最初に寄贈された福岡市美術館へ、短期間ながら移されることになったのだ。 
さてここからが本題。

「金印」出土した場所は「志賀島」の南端・叶ノ浜の「叶崎」。そこは、福岡市内の辺鄙な処にある。JR香椎線(地方交通線)の西戸崎前から「海の中道」を経由して志賀島へ渡り、島の南側を行くと「金印公園」に至る。

私は小学生の頃、父に連れられて博多築港から遊覧船で志賀島に渡った。「金印」の出土現物を見る旅行だった。その時は「金印」が出土した出土現場の叶ノ浜の「叶崎」を見ることが出来たことには本当に感動した。

ところが、暫くして後漢の光武帝が下賜したという「金印」が、またどうして、このような辺鄙な「離れ島」で出土したのか。それがまさに「謎」となった。「何故、志賀島から出土?」なのか。不思議でならなかった。

確かに金印が志賀島に埋められていた理由については、諸説がある。
A、遺棄説 2世紀に、倭国が大乱となったため棄てられた。
B、隠匿説 同じく倭国大乱で奴国が没落したため、人里離れた所に隠した。
C、墳墓説 奴国王の墓に副葬された。
D、王宮説 奴国王の宮殿が近くにあった。
E、祭祀遺構説 航海安全祈願の施設があったから、等々である。
出典:<「一大率・難升米の読み方と白日別の意味の一部から>。

どれも該当する可能性があるが、未だにはっきりしない。私の自身は、何とか調べる方法はないのかと思い出す度に今でも悩んでいる。

国宝の金印を所蔵する福岡市博物館のホームページにも、この「謎」に関して、『なぜ金印が志賀島に埋められていたのか。これまで「墳墓説」「隠匿説」が唱えられ論争となった時期もあつたが、全く不可解』と記している。博物館でも、突き止めていない。結局「謎」のままだ。

序でながら、重複するが敢えて記して置く。

<志賀島から出た金印は、「蛇の紐通し(蛇の形の紐とおし)」が付いている。「蛇紐の金印」はそれまで中国本土はもとより、世界のどこからも発見されたことがなかった。だから偽物ではないかという風説が流れた時期もあった。
  
ところが、1956年に中国雲南省で前漢代の「てん(さんずいに眞)王之印」が発見され、これが「蛇紐」であったために、偽物説は一気に吹き飛んだ。
  
漢代の印綬制度では、漢王朝に仕える諸侯(内臣)は、黄金印に亀の紐。異民族の国家で漢に臣従したもの(外臣)は、北方民族には駱駝や羊の紐、そして東夷南蛮の王には「蛇紐の金印」が下賜されたていたことが明らかになった。

また太宰府天満宮に伝わっている唐時代の辞書「翰苑」の巻三〇蛮夷の部の中の倭国の記事に「中元之際紫授之栄」とあり、紫綬の金印が光武帝より授けられたことが記されている。

これによって志賀島の「金印」は、前述のように後漢の光武帝から下賜されたことがしっかりと証明されたことになる>。参考:ウィキペディア

つまり光武帝からの下賜であることははっきりしたものの、その「金印」がどうして「志賀島から出土したか」は、これからも「謎」のままなのだろうか。

実は、冒頭の「金印展示場変更」を知らせてくれた友人からその時、考古学専門家から聞いたという面白い話を聞かされた。

その話によると、<「委奴国の部族神・綿津見神の本貫地と、卑弥呼の本貫地」が、同じ志賀島であるという説があるという。つまり両者は、同じ綿津見神を奉戴する同じ氏族集団発祥の地の部族の同じ出身であり、卑弥呼は委奴国の王族であるという説だ。

となると、光武帝からの下賜された「金印」の所有者の部族神は綿津見神であり、そのために「金印埋納場所」の場所が、部族の聖地であった志賀島に選ばれたのではないかということだ。

これが、志賀島で「金印」が出土したのかの「謎解きの新説」になるかも知れないと、考古学専門家は言っていた>と、友人は語っていた。

ご承知のように、2世紀後半に卑弥呼が委国の乱を収めて初代王になったことは、はっきりしているが邪馬台国の存在は九州説と近畿説に分かれている。

しかし、志賀島が卑弥呼の本貫地だという新説を初めて知り、心が躍った。

志賀島での「金印の出土謎」は、まだ続くだろう。

福岡市美術館を訪れ、「一辺2.3pの四角形、台部分の厚さ約9o、総高約22o、重さ108.7gの純金製(22金)」の「金印」にお目にかかれる日が楽しみになってきた。早く見たいものだ。(了)2011.12.25

2011年12月04日

◆軍事メッセージの万葉集

毛馬 一三


韓国百済の都扶余の遺跡から、618年に作成された「出挙(すいこ)」の木簡が、発見されている。

「出挙」とは、作付けの季節に農民に利子つきで貸出した「種もみ」を、収穫の秋に利子分を含めた作物を現物で回収する制度で、木簡には農民毎に回収した「作物の量」が記録されている。画期的な国家制度だ。

実はこの同じ木簡が、日本では飛鳥時代以前の遺跡から、発掘されている。

つまり、この「出挙」は中国で発祥した超国家税収制度。それが百済を通じて、日本へ導入されているから、百済と日本の間に当時、極めて緊密な外交関係があったため、日本へこうした国家構築に属する機密が伝わって来たのだ。

この発掘記事を読んだとき、日本と百済との「秘めたる繋がり」の秘話を話してくれた、韓国の著名女流作家のことを思い出した。

同作家は、李寧煕(いよんひ)氏。韓国大手新聞社「韓国日報」の政治部長・論説委員長から国会議員を経て、韓国女流文学会会長を歴任。

私は、「韓国日報」からの紹介で、李氏が来日した折、2日間奈良県桜井の「万葉の道」やその周辺の「古代天皇古墳群」散策の案内役を務めた。その際李氏が、こもごもと語ってくれたのが、この「万葉集」に秘められた日本と百済との「軍事、政治に関する驚くべき秘話」だった。

李氏が、日本の「万葉集」と関わりを持ったのは、国会議員だった当時、日本の高校の歴史教科書に韓国関係記述が歪曲されているという問題が提起されたことから、日韓両国の国会議員による特別委員会が設けられ、事実調査を始めたのがきっかけだったという。

つまり、歴史書が歪曲されているかどうかに迫るには、どうしても古代史にまで遡って検証する必要があり、そのために両国の歴史書に目を通すうち、日本の「万葉集」に魅せられて仕舞ったという。

ここから「万葉仮名」の研究に惹かれたそうだ。ところが「万葉仮名」で書かれた「難訓歌」や「未詳歌」、つまり日本語では判読出来ない歌のほとんどを、何と韓国語で詠んでみると、「未詳歌」ではなく、総て読み明かせること分かったというのだ。これは当時としては大発見に違いなかった。

帰国した李氏から、私に李氏著書「もう一つの万葉集・文藝春秋刊」が送られてきた。読んでいくうち「日本語訳では見えない様々な謎」が書き込まれて居た。その中で、特に驚くべきことが、こう記述されていた。

<万葉集20巻、4516首の内に、日本語では判読できない、正式に「未詳歌」は「3首」があり、このうちの1首に恐るべきメッセージが織り込められている。

斉明天皇(655年即位)の心中を、額田王(ぬかだのおおきみ)が代わって歌にしたのが、それである。

◆原文:  金野乃 美草苅葺 屋杼礼里之 兎道乃宮子能 借五百礒所念     <巻1の7・未詳歌>

・日本語詠みだとこうなる。(秋の野の み草刈り葺き 宿れりし 宇治のみやこの 刈廬(かりいほ)し思ほゆ)

この歌は、「日本語解釈」では、下記のようになっている。
(秋の野の 萱(かや)を刈って屋根を葺き 旅宿りした 宇治のみやこの 仮の庵が思われる)。

この解釈だと、額田王が何を言いたいのか、さっぱり意味が伝わってこない。だからこの歌が、解釈不能または解意不明であることから、公式に「未詳歌」とされたのだろう。

そこでこの祥らかでないこの歌の原文を、韓国語で読んでみた・・・。すると、
(徐伐『そぼる』は 鉄磨ぐ 締め苦しむること勿れ 上の都は 刀来るぞよ 陣地固めよ)

・韓国語訳―(新羅は刀を磨いで戦いに備えている。締め苦しめないといいのに・・・。吾がお上の、百済の都は、敵が襲ってくるから、陣地をお固めなされ)。>
ということになるのだ。

李氏の韓国語詠みによる解釈によると、これは斉明天皇が百済に送った「軍事警告メッセージ」ということがはっきり分かる。

となれば斉明天皇が百済に、これほどまでの「国家機密情報」を送らなければならなかった理由とは何か、その疑問にブチ当たる。

<皇極天皇(斉明天皇と同じ・斉明天皇は二度即位)から斉明天皇の時代は、朝鮮半島では、新羅、百済、高句麗の3国が緊張状態にあった。

この歌(皇極時代の時の648年に入手していた情報)は、斉明天皇に即位してから額田王に作らせた歌だ。百済が、新羅・唐連合軍に滅亡させられた661年より13年も早いメッセージだから、このメッセージ自体に歴史的真実性がある。

実は斉明天皇は、百済の滅亡と遺民の抗戦を知ると、百済を援けるため、難波(大阪)で武器と船舶を作らせ、自らその船に乗り込んで瀬戸内海を西に渡り、百済とは目と鼻の先の筑紫(福岡)の朝倉宮で新羅・唐との戦争に備えた。

しかし斉明天皇は、遠征軍が百済に向かう前、意思に反して亡くなっている。

斉明天皇の異常なまでの「百済ひいき」について日韓学者の一部には、斉明天皇は百済第三十代武王の娘の「宝」で、百済最後の王、義慈王の妹だったとの説がある。>

恐らく斉明天皇自身さることながら、親族関係も百済と強力な血脈が在あり、この額田王の「万葉集」(未詳歌)歌に秘められた「軍事警告メッセージ」も、その視点で詠めば「未詳歌」ではなくなってくる。

「万葉集」を古代の珠玉の日本文学と仰ぐ人たちにとっては、この韓国語読みは認め難く、あくまで額田王作の「未詳歌」としてしか今でも取り扱わない。

しかし、このあと白村江の戦いの敗戦(663年)まで百済国の救援にこだわり続けてきた日本の歴史を見れば、日本と百済との関係は極めて緊密であったことは明らかだ。

だとすれば、万葉集愛好家も韓国語で詠み明かされる「万葉集の未詳歌」に、新たな視点を改めて投げかければ、「万葉集」の珠玉を更に広げることにはなるのではないだろうか。(了)

参考―・李寧煕氏著書「もう一つの万葉集・文藝春秋刊」
   ・小林恵子著「白村江の戦いと壬申の乱・現代思潮社」
   ・ウィキぺディア

2011年11月12日

◆懐かしい博多弁

毛馬 一三

恒例の「俳句講座」を終え、盟友5人(1人欠席)が帰り道、いつもの喫茶店で集い、コーヒーを飲みながらいろいろ雑談を交わした。

そんな時、盟友の渡邉征一郎君が、福岡から持ち帰ってきた「博多かるた」を披露した。高さ17p、幅12p、厚さ3pの箱入りの新「かるた」<博多を語る会編・西日本新聞社刊>で、ユウモラスな絵と面白い筆書きが惹きつけた。

「かるた」には、「博多の行事・祭事・博多弁」が、「いろは順」で構成されている。熟視するほど、懐かしい「博多情景」が飛び出してくる。盟友全員が九州の福岡高校出身だけに、この異色「かるた」を凝視した。

私を除けば、全員が博多っ子。たまに帰省することはあっても、郷里を離れて4〜50余年経つため、「博多弁」はすっかり忘れているそうだ。そのため、少しでも記憶を呼び戻そうと気持ちを昂ぶらせていた。

良かったことは、同「かるた」に、解説書が付いていたことだ。解説を読めば、「札」の文意がわかるようになっている。そこで「かるたの博多弁」思い出して、「この通りやな」と頭を掻きながら大阪弁で呟く仲間もいた。

ところが、解説書を読んでも、何のことか分からない「博多弁」が幾つもあった。一例上げると、「そ」の札。「そおついて わかる博多のよかところ」と書いてある。「そおついて」って何?皆、「そおついて」に首を傾げる。

<古代から大陸との文化交流の地だった博多には、いたるところに名所旧跡、歴史の地がある。ゆっくり町を「そおついて」(歩いて)回ると、路地裏のようなところにも、隠れた歴史を発見できる>

と解説書には書いてある。

なるほど、そんな意味の「博多弁」もあったのか。

渡邉君が「かるた」を持ち込んだことで、久しぶりに「博多弁や博多行事等」が話題となって楽しいひと時を過ごせた。しかし肝腎の郷里「博多弁」をすっかり忘れて仕舞っていたことに、苦笑いする仲間もいた。


実は、私の故郷は久留米で、博多弁と久留米弁とはまるきり違う。越境入学で福岡高校に入ったが、博多弁が分からず、授業や仲間つくりにも苦労した。でも3年間経つ内に、何とか博多弁に馴染み、情緒も分かるようになった。

私にとって博多弁は第2の故郷弁だ。なのに、生まれ育った純粋の博多っ子の仲間が、懐かしい「博多弁」を咄嗟に思い出せないとは、時節の経過が災いする忘却の仕業なのだろうか。

そこでウイキペディアを参考にして、懐かしい「博多弁」を、頭の中に蘇らせてみた。

<◆名詞

•「かったりこうたい」…交互に。交代交替。
•「きさん」…貴様。
•「ど (ん) べ」…最下位。
•「こす」…こすいこと。
•「せこ」…せこいこと。
•「ちかちか」…チクチク
•「ごりょんさん」…主婦。

◆動詞
•「おっせこっせする」{サ行変格活用} …時間に追われてバタバタする。
•「くらす」 {サ行五段} …殴る。(「喰らわす」から)
•「くちのまめらん」{ラ行五段}…呂律が廻らない。
•「おらぶ」{バ行五段} …叫ぶ。
•「からう」{ワ行五段} …背負う。
•「きびる」{ラ行五段} … (紐などで) 縛る、束ねる。
•「こずむ」{マ行五段} …積み上げる。
•「ずんだれる」{ラ行下一段} …だらしない。
•「ぞろびく」{カ行五段} …引きずる。
•「たまがる」{ラ行五段} …びっくりする。
•「ねぶる」{ラ行五段} …舐める。
•「ねまる」{ラ行五段} …腐る。
•「のうならかす」{サ行五段} …なくす。
•「ねぶりかぶる」{ラ行五段} …うとうとする
•「腹かく」{カ行五段} …腹が立つ、苛立つ。
•「はわく」{カ行五段} …ほうき等で掃く。
•「ほがす」{サ行五段} …穴を開ける、穿孔する。
•「ほとびらかす」{サ行下二段} …ふやかす。
•まどう」{ワ行五段} …弁償する。

◆形容詞・形容動詞・副詞・連体詞
•「しゃあしい (か) 」(語源は「せわし」)「じゃかしい (か) 」「せからしい (か) 」{形・シク} …うるさい、騒がしい。「そわそわすんな。しゃあしかぞ」[共通語訳]「そわそわすんな。気が散る。」
•「しょんない」{形・ク} …仕方ない。
•「しかたもない」{形・ク} …1. くだらない。どうでもいい。2. 期待して損する。
•「いっちょん」{副} … (否定語を伴って) 少しも。全然。
•「えずい」{形・ク} 怖い。
•「すいい」{形・ク} …酸っぱい。
•「そげな」{連体} … そんな。「そ」+「が」+「やうなる」
•「そげん」{副} … そんなに。そんなこと。そんなふうに。「そ」+「が」+「やうに」
•「どげな」{連体} … どんな。
•「どげん」{副} … どんなに。どう。どんなふうに。
•「なし」「なして」{副} …なぜ、どうして。
•「いたらん」{連体} …余計な。多くは「いたらんこと (するな / 言うな) 」の形で使用される。
•「なんかなし」{副} …とにかく。「なんかなし、電子辞書ば使わんで紙の辞書ば使うて見れ」>。

まだまだ懐かしい「博多弁」は沢山ある。どうか博多から離れてお暮しの方が、博多で過ごされた時のことをこの「博多弁」から思い出して頂ければ幸いだ。(了)   2011.11.11

◆本稿は、11月12日(土)刊全国版メルマガ「頂門の一針」2430号に
掲載されました。他の寄稿者の卓見も、お手続きの上、ご拝読ください。

◆<2430号 目次>
・野田総理は食わせ者か:前田正晶
・外資離去楼市、進入実質下行周期?:宮崎正弘
・懐かしい博多弁:毛馬一三
・ユニークな江戸の刑罰:平井修一
・松茸がスカンク?:渡部亮次郎
・話 の 福 袋
・反     響
・身 辺 雑 記

◆購読(無料)申し込み御希望の方は
下記のホームページで手続きして下さい。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm



2011年10月17日

◆見逃してならない病気の「前兆」

毛馬 一三

畏友石岡荘十氏の<「あたる」前に必ず「かする」>の寄稿を本誌10月15日に掲載したが、まさにその内容が「脳卒中」や「心筋梗塞」に如何に重大なことであることを、改めて知らされた。実はそれに類する事態が私の周辺で起きたからだ。その件は追々。

石岡氏は、それら疾患にはいずれも「前兆」があり、それを見逃してはならないと、こう綴っている。

<心臓の血管(冠動脈)が狭くなる狭心症、完全に塞がる心筋梗塞も高齢者に多い疾患だが、よくよく思い出すとほとんどの人にその前兆がある。血圧が高い、胸が痛くなったり、なんとなく重苦しい感じがしたりするが15分かそこらで治まるので、「ああよかった」とやり過ごす。

これを専門的には「放散痛」というが、大概の人はこれが心筋梗塞の前兆であることに気づかない。こんなときには、バカにせず、24時間緊急対応をしてくれる専門の医師と検査体制の整った病院へ行って診察を受けることが大切だ。

「脳卒中」や「心筋梗塞」で倒れることを、昔から業界では「あたる」といい、一過性の前ぶれを「かする」という。つまり「あたる」前に必ず「かする」前兆がある。

私は、10数年前から「かすった」段階で診察を受け、診察券を確保して、これを外出のときも肌身はなさず携帯して歩いている。そのくらいの心掛けがなければ、attackでよしんば一命をとりとめても、半身不随では快適な老後は過ごせない>。

つまり、胸が痛くなり、15分そこらで治まってもやり過ごすな。専門の医師と検査体制の整った病院に駆け込めと指摘している。さもないと命を落とすか、半身不随となって快適な老後はないと示唆しているのだ。

さて本題。

私の高校同窓生の畏友で、高齢になっても毎朝約2時間掛けて「1万歩」歩きを励行、昼間は、クラブスイミング、日によっては心筋を駆使する「詩吟」を行っている。余りにも想像を絶する運動量に、仲間たちも一様に懸念し、諌めることもしていた。

ところが、彼は9月25日(日)、ご当人はクラブスイミングの競泳大会に参加した。若者チームと競う「競泳」で、高齢者チーム4人メンバーの1員として出場。予選・決勝を合わせて2000bを、夜9時までかけて全力で泳いだ。

実は、この日朝もいつもの「1万歩」を歩いている。彼によるとこの日の「競泳」のためじっくり練習してきて体力維持には自信をもって臨んだらしいが、流石に夜になると疲れのためか、体はぐったりとしたという。「1万歩」の疲れも加わったようだ。

ところが、翌日朝になるとまた「1万歩」を歩いている。その際、途中で何度も頭や胸全体に気分の悪さを感じた。中断すればいいのに、それが治まるまで休憩し、落ち着くと再び歩きを継続し、何とかやり遂げたそうだ。

この気分の悪さを何かの「前兆」とは思わず、単なる疲れの所為だろうと考え、このあとスイミングクラブに出向いて何時もの通り泳ぎに挑んでいる。

この夜、急激な異変が起こり出した。

胸の痛みが激しくなり、奥さんの勧めで心臓の売薬を3回飲んだが効き目が出てこない。床に横になって安静にしても症状は治まらない。

時間が経過して27日の午前4時になったが症状が変わらないので、奥さんが近くの救急病院に診察を依頼した。しかし当院は外科医しかいないので対応出来ないと断られた。結果的には、この「断り」が幸いだった。

この後、地元消防署に連絡し、医師と検査体制が整った近大医学部付属病院を紹介して貰い、奥さんが同病院に搬送した。診察の結果、心臓の動脈が血栓によりふさがり、血液が流れなくなって動脈の支配する細胞・組織が壊死につながる「心筋梗塞」と診断された。

直ちに手術が行われた。心臓の動脈3枝の内、真ん中の1枝の先端が塞がっており、右足からカテーテルを挿入して空気を送り込み、塞がった部位を押し出す手術だった。手術は4時間かかり、塞がった部位を除去することに成功した。

1枝だけの梗塞でラッキーだったが、そのまま放置したままだったら、一命を落とすことになったであろう。

10月13日に無事退院出来た。主治医から、「1万歩」の歩き、水泳等心臓に負担をかける運動などは、絶対控えるよう厳しく注意を受けている。

彼は、学生時代は硬式野球部の選手で、これまで体力には自信があった。しかし日頃から「達成感を尊ぶ性格」の強さが裏目に出て、今度の騒動に結び付いたようだ。

そんな中、奥さんがいち早く検査体制が整った病院へ搬送してくれたことが、一命を救ったくれた最大幸運事であったことを、彼は忘れないと述懐している。

やはり歳に合わせて健康維持には気を配り、「心筋梗塞」や「脳梗塞」などの「前兆」には一層注意しなければならない教訓を、今度の友人の騒動は私たちに与えてくれた。

しかも、冒頭の石岡氏の指摘のように、専門の医師と検査体制が整った病院を事前に決めておき、そこの診察券を外出のときも肌身はなさず携帯して歩くこと。それが、一命をとりとめ、快適な老後を維持していく不可欠なことであることも教えられた。(了)
                                2011.10.16

◆本稿は、10月17日刊の全国版メルマガ「頂門の一針」2405号に掲載されました。
「頂門の一針」にお手続きのうえ、主宰者渡部亮次郎氏や著名寄稿者による他の卓見を
ご高覧下さい。

◆購読(無料)申し込み御希望の方は
下記のホームページで手続きして下さい。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm



2011年09月18日

◆足は第2の心臓

毛馬 一三

「頂門の一針」主宰の渡部亮次郎氏が、足の痛みの入院からやっと解放された「歩行回復顛末記」(9月15日)と、畏友石岡荘十氏の「歳は足にくる」(9月12日)の寄稿を相次いで掲載した直後、なんと我が膝に強度の痛みが伴い、歩行が出来ない事態が起こった。

渡部亮次郎氏の入院には、いろいろ気の毒な経過が纏わり大変だったようだが、結局、老齢化も手伝った関節内血腫で、再発はないという診断をうけ退院できたという喜ばしいことだった。退院されたことに感動し、お祝いのご挨拶を送った。

この所為で、ひとつの決断をした。急激な痛みに襲われ出した我が膝の治療を受けに行き、渡部亮次郎氏と同じよい結果がでることを期待して病院に行こうと思ったのだ。畏友石岡荘十氏も「歳は足にくる」の中で、<歳は足にくる。専門の医師を選んで、治療を受ける必要がある>と警告していることも、間違いなく後押しした。 

急患扱いで、大阪厚生年金病院整形外科に16日午前8時半に出向き、9時からの受付を待った。運よく小1時間ほど待っただけで、医師の診察を受けることが出来た。膝が痛くなるまでの経過について、まず問診に答えた。

「半年前頃から左膝に違和感を覚えるようになり、その後少しづつ痛みが伴うようになり、歩行が困難になってきた。ところが数日前から両膝が急激に痛み出したうえ、歩行は勿論、正座も立ち上がりも出来なくなり、両膝の内側に腫れが生じてきた」と伝えた。

医師は、この症状報告をもとに、患部の両膝を触診した。強く指で押されると、両膝の内側の部位に激しい痛みを感じる。さすがプロだ。

医師は「半月板損傷か、鵞足炎(がしょうえん)のどちらかですね。レントゲン撮影をしましょう」と私に告げた。

診察室から、レントゲン室に移動。すぐに両膝のレントゲン撮影を行った。立ったたままの両膝、ベッドに横になり真上から両膝を左右に交差させた形などの8枚を撮影した。

撮影を完了し、整形外科の待合室で待機していた処、30分ほどして診察室に呼び込まれた。

医師は、「半月板の異常の可能性は薄く、膝の筋肉炎症の鵞足炎(がしょうえん)だと思われます」と告げた。早速両膝の痛みのある部位に炎症止めと、痛み止めを兼ねた3本の注射をした。膝に注射をされるのは初めてだったが、注射はかなり痛みを感じた。

医師によると、この注射の効果は2〜3日、あるいは4〜5日位あとに現れるということで、この間、痛み止め薬としてロキソニン錠1日3回服用、痛みが激しくなったら50_グラムの「座薬」、湿布剤を使用するようにと言われた。

この日の治療にもとづく炎症状態を診るため、2週間後に再診しましょうといわれた。ただ、日常生活は安静を保ち、外出や愛犬の散歩、自転車の運転は絶対に避けるようにとの注意も受けた。

ところが、驚いたことに治療を受けた数時間後のその日の夕方ころから、痛みの緩和が進行しだしたことだ。このあと来た渡部亮次郎氏のお見舞いのメールに感謝し、「痛みが緩和している」との返事を返したほどだった。

<鵞足炎(がそくえん)とは、ひざを曲げる筋肉に、縫工筋(ほうこうきん)・薄筋(はっきん)・半腱様筋(はんけんようきん)があり、これら3つの筋肉がくっついている形がちょうどガチョウの足のようなので、「鵞足部(がそくぶ)」という名前がついているという。

3つもの強い筋肉が、鵞足部にくっついているので、そこには負担がかかりやすい。ひざの屈伸、太ももの筋肉(特に鵞足部にくっついている筋)を酷使すると、鵞足部に炎症が発生し、痛みとなるという>。

医師によると、この鵞足炎(がそくえん)も老齢化が手伝った筋肉炎に間違いはないということだった。だが驚いたことに治療後わずか2日目なのに、痛みは治療初日の昨日よりも、はるかに緩和していることを実感していることだった。

渡部亮次郎氏の卓見に勇気を貰って、病院へ急いだのがよかった。

しかも、石岡氏のいうように「歳は足にくる」ものだ。大袈裟かもしれないが、「足は第2の心臓と」といってもいいかもしれない。大事にしよう(了)2011.09.17

2011年09月14日

◆驚く愛犬の習性

毛馬 一三

「犬は飼い主の足音を聞き分けている」という新聞の特集記事を読んだ。

これは、京都大の比較認知科学グループが様々な種類の犬を使った実験で、この通説を確かめたものだという。犬は飼い主の微妙な癖を覚え、聞き分けているのではないかというのだ。

<京大では、チワワやポメラニアン、ミックス(雑種)など様々な犬種の計21頭を、ドアや窓を閉め切ったマンションの一室に犬だけを入れて実験をした。

知らない人に部屋の外を2往復してもらい足音を聞かせた後、(1)その人が入ってくる(2)飼い主が入ってくる、逆に飼い主の足音を聞かせ、(3)飼い主が入ってくる(4)知らない人が入ってくる―の4パターンの実験。

入ってきた人を犬が見つめる時間を比較した結果、知らない人の足音を聞かせた後、飼い主が入ってきた時〈(2)〉は、知らない人が入ってきた時〈(1)〉より見つめる時間が平均で約2割長かった。

犬は期待と反する現象が起きると、驚いてその対象を見つめる。(2)では足音を聞き分け「飼い主ではない」と思ったのに、現れたのは飼い主だったので驚いたとみられる。
京大比較認知科学グループによると、「飼い犬は、飼い主の歩き方のリズムや左右のちょっとしたアンバランスなどの癖を知っているのではないか」とみている>という。

この実験結果には、愛犬飼い主ならおおいに納得できる内容だろう。

我が家の愛犬は、7歳の小型犬ノーフォークテリア。私や家内が外出先から帰ってくると、足音や歩き方のリズムなどで聞き分け、ドアを開けると「帰宅歓迎」の声を上げながら飛びついてくる。マンションの外側から僅か3段の階段を上がっただけの「足音」で、わたし達の帰宅を識別するのだろう。

ところが、セールスなどの来訪者の足音が近づくと、むっくり起き上がって「警戒心」剥き出しに大声を張り上げ、玄関に向かって走っていく。犬が、未知の来訪者の足音に異常なほど敏感に反応する習性があるのは、飼い主ならどなたもご存知の筈だ。

この習性が、マンションでの空き巣等の犯罪防止に大きな効果をあげていると、団地内に住んでいる大手ビル管理会社の役員から聞かされ、愛犬の習性に改めて感謝した。

ところがその「足音識別の習性」より、まだ優れた修正に驚かされることがある。

というのは、我が家の愛犬ノーフォークテリアは、私たちがさりげなく交わす電話の会話中に、「これからお出でなさい」というやり取りをすると、それをしっかり感知する習性がある。そうすると、すぐさま玄関ドアの前にじっと座り込んで、来訪者が来るまで「待機」する。

単に「いらっしゃい」とか「お出でになりますか」程度の短いフレーズを正確に聞き分け、しかもその来訪者が、愛犬も熟知している、親しい知人だと判断するのだろうか。その「聞き分け名人芸」には舌を巻かざるを得ない。

来訪者が玄関に現れると、愛犬はピンピン飛び付いて喜びを思い切り表す。私たちが「いらっしゃいませ」と発する前に、愛犬の行動を宥めるのが先の段取りとなる。

訪問者も愛犬の歓迎におおいに喜び、雰囲気が一気に盛り上がる。訪問者を招き入れる私たちも、これに越したことはない。愛犬は、歓迎の飛び跳ねを終えると、次は先頭にたって来訪者を居間へと案内する。

愛犬の賢さは筆舌に尽くし難いが、電話のやり取りから次への行動を起こすということは、人間の言葉がわかっているというだけではなく、愛犬の歓迎に人間の喜びまではっきりと熟知しているということになる。

こうした賢い「習性」が日常的にいろいろな面で顕になると、家族以上の愛情が湧いてくるものだ。またその愛情をしっかり受け止め、それを待ち望んでいるだけに、愛犬は、実に「賢い」という言葉しか思い浮かばない。(了)