2019年04月19日

◆福澤諭吉論に見る、皇室と国民の関係

櫻井よしこ


「福澤諭吉論に見る、皇室と国民の関係」

約150年前、日本人は列強諸国の脅威の前で、潰されず呑みこまれず、祖
国の未来を確固たるものにしようと必死の想いで努力した。徳川幕府の統
治から転じて天皇の権威の下に皆が結集して、明治維新という大変化を乗
り切った。おかげで日本は大半のアジア諸国とは異なり、辛うじて独立独
歩で前進できた。

国の形が大転換したとき、先人たちはどんな発想で国家、民族の一体性を
守り通したのか。現在、1945年から続いてきた戦後体制が大変革中なのは
否定しようのない現実だ。わが国も、何かしら根本的な変化は避けられな
いと、多くの人が感じている。

今上陛下のご退位が近づき、皇太子殿下のご即位が近づいている。新天皇
と皇室はどうあるのがよいのか。私たち国民はどのように新天皇皇后両陛
下を支え、向き合うのがよいのか。先人たちは、明治維新で突然、立憲君
主として国を統治する立場に立たれた天皇にどのように向き合ったのか。
皇室の在り方も含めて何を理想としたのか。

明治15(1882)年5月に、福澤諭吉が上梓した『帝室論』が多くを教えて
くれる。冒頭で福澤は「帝室は政治社外のものなり」と説いている。

政治と皇室を結びつけてはならないということだが、これは現代の日本人
にとっては当然の心得だ。現行の日本国憲法は、第四条で書いている。
「天皇は、(中略)国政に関する権能を有しない」と。

これは日本を占領した米軍が、出来得るならば皇室も消滅させたいとの悪
意ある思いから定めた憲法だ。日本国民が絶大な信頼を寄せていた皇室の
力を殺ぎたいとの思惑がそこにはあったと考えてよい。

だが、福澤の説く「皇室は政治にかかわってはならない」という意味は全
く異なる。明治の人々は天皇及び皇室を敬うが故に、政治と皇室は別のも
のと考えたのだ。皇室は政治の外にあったからこそ、「我が日本国におい
ては、古来今に至るまで真実の乱臣賊子なし」だったのである。

大岡裁きに人気が集まる

福澤は、少なくとも鎌倉時代以降、日本人は「北条や足利のような反乱分
子と見られるもの」でさえ、皇室に敵対しなかった、彼らは皇室に奉ずる
方法について争ったにすぎないという。その世俗の争いを、皇室は「父母
が子供の喧嘩の騒々しさを叱るような」姿勢で見ていたのであって、その
種の争いを「憎むのではない。唯これを制止するものであり、騒ぎがおさ
まればもはや問題視はしない」のだと説いている。

政治とかかわらない皇室は、「万機を統(す)ぶる」存在であり、「万機に
当たる」存在ではないとの指摘には深い意味があるだろう。

政治や政党を、「自由改進」や「保守守旧」を自称して論争するが、結局
「政権の受授を争って自らが権力を執ろうとする者にすぎない」と手厳し
く批判する。政治は世の中の多岐にわたる事柄に携わるが、皇室はそうで
はない。にもかかわらず、そうした事象のすべてが、自ずと皇室の下で治
まっていくという見方を福澤は取っている。

現実問題として日本では争い事はどのように解決されるのか。大岡越前守
の大岡裁きに人気が集まるように、必ずしも厳格な法による解決が善い解
決ではなかった。たとえば江戸市中の火事場で鳶の組同士が喧嘩する。す
ると公の裁きのかわりに親分が仲裁し、喧嘩の当事者が坊主頭になって和
解する。なぜ坊主頭になるのか。実際に寺に入らずとも、寺に入り、俗世
と別れるという覚悟を、示すためだろう、と福澤は見る。

だが、西洋の合理性を重視した福澤は日本における宗教の力は評価しない。

「我が日本の宗教の功徳は人々の営みにまでは浸透していない。宗教はた
だわずかに、寺院の中の説教にとどまっている。宗教の力のみで、国民に
倫理や徳を浸透させ維持することができないのは明らかだ」

福澤は宗教の力は評価しないが、社会の潤滑油としての宗教の機能は大い
に認めている。たとえば、として次のような事例を挙げている。古く歴史
を遡れば敗軍の将が高野山に登り、国事犯の罪人が尼寺に入り、あるい
は、藩法に背いた家来に止むを得ず切腹を命ずるようなとき、君家菩提寺
の老僧が仲裁に入ったり、罪人を寺に引き取ったりしておさめてきた。

宗教は法以外の力、法以外の存在として、社会の安寧を維持するのに役
立ったということなのだ。社会を暮らし易いものとするための力として評
価しているのだ。

それでも前述したように、宗教は寺院の中の説教にすぎず国民に倫理や道
徳を行き渡らせる役割は担えていないと強調して、「帝室に依頼するの要
用なることますます明らかなり」というのだ。

敬愛の情

政治も宗教も社会問題の解決や摩擦解消の力にはなり得ない。それは皇室
にしか果たせない役割だと結論づけるが、そんなオールマイティーな力
は、皇室のどこから生まれてくるのか。皇室の「統べる力」の源泉は何か。

福澤は「一国の帝王は一家の父母の如し」と説く。良家の父母は子供に
「このようにしなさい」と諭すが、「このようにしなければ鞭で打つぞ」
とは言わない。言わないだけでなく実際に手に鞭を持つことはしない。よ
き両親は慎むのである。

日本の皇室と国民の関係も同じである。そこが政治と国民の関係との違い
だとして、ざっと以下のように説いている。

国会は立法する。法を守ればよし、破れば罰せられる。懲らしめることは
善きことを勧めることではない。罰することは誉め奨励することではな
い。規範規律で縛り上げて社会の秩序を整えるのでは、国民は「畳のない
部屋に坐らされ空気のない地球に住まわされる」ようなものだ。これでは
道理道理と詰め寄られて、窒塞することもある。

それを救って、国中にあたたかい空気を通し、人心を落ち着かせ、国民に
安寧をもたらし得るのは、ただ皇室のみだ。

明治維新の荒波の中、皇室が国家の根本を担い、人々をまとめた。日本は
立派に危機を乗り切った。皇室の力は和らぎをもたらす力であり、緩和力
だ。如何なる政党にも党派にも#与#くみ#せず、公正な視点で一段と高い
所から全体を見渡す。穏やかに春のようなあたたかさで国全体を包み込
む。そのような姿勢から皇室の力は生まれたと福澤は説いている。

先人たちのこのような感じ方は、次代の皇室、ひいては新天皇皇后両陛下
とどのように向き合うかについて、自ずと私たち国民への大いなる導きと
なるのではないか。敬愛の情をもってお守りする心を、私たち国民が抱く
ことの重要性を強調したい。

『週刊新潮』 2019年4月18日号日本ルネッサンス 第848回


2019年04月18日

◆私たちは「日本」を守り続けられるか

櫻井よしこ


「私たちは「日本」を守り続けられるか 今こそ福澤諭吉の姿勢に学びた
い 」

春爛漫の日、新元号「令和」が発表された。出典は1200年前の『万葉集』
だ。長い歴史で初めて漢籍から離れ大和の文化から元号が生まれたことを
多くの人々が好感した。

この悦びは、古(いにしえ)の時代、私たちが中国から文字を学び、その
制度のよき点のみを取り入れて国造りをしたこと、その先に日本独自の価
値観に基づく大和の道を歩んだことを改めて認識させてくれる。

歴史の営みを振り返るとき、私たちの胸にはかつての中国への感謝と共
に、中華の文明に埋没せず、大和の道を選んだ先人たちへの敬愛の情が生
まれてくるだろう。

大和の道を最も端的に表現しているのが『万葉集』である。天皇、皇族か
ら、農民、兵士まで、階層や男女の別なく歌を詠み、それらをきちんと記
録して、再び言う、1200年以上、保持し続け、今日に至る。こんな国は他
にない。この新しい道を歩み続けて行く先に、大きな可能性が開けるので
はないか。歴史の大潮流における画期の一歩が踏み出された予感がする。

世界中が政治力学の根本的変化の中にあるいま、先人たちが大和の道を築
くことで立派な国造りを成功させたように、私たちはなれるだろうか。
「日本」を守り続けていけるだろうか。そんな想いで福澤諭吉の著作を読
み直している。約1世紀半も前、先人たちはどのように開国と政治体制の
大転換、列強諸国の脅威などの大波に立ち向かい、克服し得たのだろうか。

当時の世論形成の重要な道標を示し続けた福澤は、世界の事象を極めて具
体的かつ細かい観察眼でとらえている。事実を厳格に認識し、冷静に論
じ、事実抜きの論評はしていない。

たとえば明治12(1879)年8月に発表された『民情一新』である。明治12
年にはまだ帝国議会も開設されていない。帝国議会の誕生は明治
23(1890)年である。

福澤は書いている。

西洋との接触によって日本に「文明開化」がもたらされたと世論に流布さ
れているが、事実を把握しておかなければ大いに誤ちをおかすだろうとし
て、「西洋の理論決して深きに非ず、東洋の理論決して浅きに非ず」だ
と、明確に断じている。

そのうえで、ではなぜ、西洋の文物が「文明開化」を促すとしてもてはや
されるのかと問うている。それは西洋では文学も理論も実用に結びついて
いるからだと福澤は説く。つきつめていくと国全体に交通の便が開かれ、
人々は物理的精神的に解かれているからだと言うのだ。

「人心が一度び実用に赴くときは、その社会に行われる文学なり理論なり
は、皆、実用の範囲を脱す可らず(実用に耐えなければならない)」

福澤は冷静に洋の東西を比較し、日本が手掛けるべきことを具体的に挙げ
たのだ。具体論が基本にあるために、否定するのは難しい。『兵論』、即
ち国防論についても同様だ。

明治15(1882)年の『兵論』は立国に兵備の欠かせないことから書き出
し、列強諸国の人々、歳入、陸軍人、陸軍費、軍艦、海軍費を比較した。
当然の比較だが、福澤は単なる数字上の比較で終わっていない。

軍人1人が守る国民の数はフランスが70人、ロシア110、イタリア130、オ
ランダ57、イギリス230、ゲルマン(ドイツ)100、日本480だなどの比較
に加えて軍人の給料、それで賄いうる食事の質までも細かに論じた。日本
の兵の給与、1日6銭では「鮮魚肉類」は口にできず、肉食の多い列強諸国
や支那と較べて、日本の軍人は体力面で劣るなどと、説得力のある説明が
続く。

事実に基づいた視点は研ぎ澄まされている。このような姿勢をとりわけい
ま、学びたいと思う。
『週刊ダイヤモンド』 2019年4月13日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1275


2019年04月17日

◆私たちは「日本」を守り続けられるか

櫻井よしこ


「私たちは「日本」を守り続けられるか 今こそ福澤諭吉の姿勢に学びたい」

春爛漫の日、新元号「令和」が発表された。出典は1200年前の『万葉集』
だ。長い歴史で初めて漢籍から離れ大和の文化から元号が生まれたことを
多くの人々が好感した。

この悦びは、古(いにしえ)の時代、私たちが中国から文字を学び、その
制度のよき点のみを取り入れて国造りをしたこと、その先に日本独自の価
値観に基づく大和の道を歩んだことを改めて認識させてくれる。

歴史の営みを振り返るとき、私たちの胸にはかつての中国への感謝と共
に、中華の文明に埋没せず、大和の道を選んだ先人たちへの敬愛の情が生
まれてくるだろう。

大和の道を最も端的に表現しているのが『万葉集』である。天皇、皇族か
ら、農民、兵士まで、階層や男女の別なく歌を詠み、それらをきちんと記
録して、再び言う、1200年以上、保持し続け、今日に至る。こんな国は他
にない。この新しい道を歩み続けて行く先に、大きな可能性が開けるので
はないか。歴史の大潮流における画期の一歩が踏み出された予感がする。

世界中が政治力学の根本的変化の中にあるいま、先人たちが大和の道を築
くことで立派な国造りを成功させたように、私たちはなれるだろうか。
「日本」を守り続けていけるだろうか。そんな想いで福澤諭吉の著作を読
み直している。約1世紀半も前、先人たちはどのように開国と政治体制の
大転換、列強諸国の脅威などの大波に立ち向かい、克服し得たのだろうか。

当時の世論形成の重要な道標を示し続けた福澤は、世界の事象を極めて具
体的かつ細かい観察眼でとらえている。事実を厳格に認識し、冷静に論
じ、事実抜きの論評はしていない。

たとえば明治12(1879)年8月に発表された『民情一新』である。明治12
年にはまだ帝国議会も開設されていない。帝国議会の誕生は明治
23(1890)年である。

福澤は書いている。

西洋との接触によって日本に「文明開化」がもたらされたと世論に流布さ
れているが、事実を把握しておかなければ大いに誤ちをおかすだろうとし
て、「西洋の理論決して深きに非ず、東洋の理論決して浅きに非ず」だ
と、明確に断じている。

そのうえで、ではなぜ、西洋の文物が「文明開化」を促すとしてもてはや
されるのかと問うている。それは西洋では文学も理論も実用に結びついて
いるからだと福澤は説く。つきつめていくと国全体に交通の便が開かれ、
人々は物理的精神的に解かれているからだと言うのだ。

「人心が一度び実用に赴くときは、その社会に行われる文学なり理論なり
は、皆、実用の範囲を脱す可らず(実用に耐えなければならない)」

福澤は冷静に洋の東西を比較し、日本が手掛けるべきことを具体的に挙げ
たのだ。具体論が基本にあるために、否定するのは難しい。『兵論』、即
ち国防論についても同様だ。

明治15(1882)年の『兵論』は立国に兵備の欠かせないことから書き出
し、列強諸国の人々、歳入、陸軍人、陸軍費、軍艦、海軍費を比較した。
当然の比較だが、福澤は単なる数字上の比較で終わっていない。

軍人1人が守る国民の数はフランスが70人、ロシア110、イタリア130、オ
ランダ57、イギリス230、ゲルマン(ドイツ)100、日本480だなどの比較
に加えて軍人の給料、それで賄いうる食事の質までも細かに論じた。日本
の兵の給与、1日6銭では「鮮魚肉類」は口にできず、肉食の多い列強諸国
や支那と較べて、日本の軍人は体力面で劣るなどと、説得力のある説明が
続く。

事実に基づいた視点は研ぎ澄まされている。このような姿勢をとりわけい
ま、学びたいと思う。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月13日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1275 

2019年04月16日

◆私たちは「日本」を守り続けられるか

櫻井よしこ


「私たちは「日本」を守り続けられるか 今こそ福澤諭吉の姿勢に学びたい」

春爛漫の日、新元号「令和」が発表された。出典は1200年前の『万葉集』
だ。長い歴史で初めて漢籍から離れ大和の文化から元号が生まれたことを
多くの人々が好感した。

この悦びは、古(いにしえ)の時代、私たちが中国から文字を学び、その
制度のよき点のみを取り入れて国造りをしたこと、その先に日本独自の価
値観に基づく大和の道を歩んだことを改めて認識させてくれる。

歴史の営みを振り返るとき、私たちの胸にはかつての中国への感謝と共
に、中華の文明に埋没せず、大和の道を選んだ先人たちへの敬愛の情が生
まれてくるだろう。

大和の道を最も端的に表現しているのが『万葉集』である。天皇、皇族か
ら、農民、兵士まで、階層や男女の別なく歌を詠み、それらをきちんと記
録して、再び言う、1200年以上、保持し続け、今日に至る。こんな国は他
にない。この新しい道を歩み続けて行く先に、大きな可能性が開けるので
はないか。歴史の大潮流における画期の一歩が踏み出された予感がする。

世界中が政治力学の根本的変化の中にあるいま、先人たちが大和の道を築
くことで立派な国造りを成功させたように、私たちはなれるだろうか。
「日本」を守り続けていけるだろうか。そんな想いで福澤諭吉の著作を読
み直している。約1世紀半も前、先人たちはどのように開国と政治体制の
大転換、列強諸国の脅威などの大波に立ち向かい、克服し得たのだろうか。

当時の世論形成の重要な道標を示し続けた福澤は、世界の事象を極めて具
体的かつ細かい観察眼でとらえている。事実を厳格に認識し、冷静に論
じ、事実抜きの論評はしていない。

たとえば明治12(1879)年8月に発表された『民情一新』である。明治12
年にはまだ帝国議会も開設されていない。帝国議会の誕生は明治
23(1890)年である。

福澤は書いている。

西洋との接触によって日本に「文明開化」がもたらされたと世論に流布さ
れているが、事実を把握しておかなければ大いに誤ちをおかすだろうとし
て、「西洋の理論決して深きに非ず、東洋の理論決して浅きに非ず」だ
と、明確に断じている。

そのうえで、ではなぜ、西洋の文物が「文明開化」を促すとしてもてはや
されるのかと問うている。それは西洋では文学も理論も実用に結びついて
いるからだと福澤は説く。つきつめていくと国全体に交通の便が開かれ、
人々は物理的精神的に解かれているからだと言うのだ。

「人心が一度び実用に赴くときは、その社会に行われる文学なり理論なり
は、皆、実用の範囲を脱す可らず(実用に耐えなければならない)」

福澤は冷静に洋の東西を比較し、日本が手掛けるべきことを具体的に挙げ
たのだ。具体論が基本にあるために、否定するのは難しい。『兵論』、即
ち国防論についても同様だ。

明治15(1882)年の『兵論』は立国に兵備の欠かせないことから書き出
し、列強諸国の人々、歳入、陸軍人、陸軍費、軍艦、海軍費を比較した。
当然の比較だが、福澤は単なる数字上の比較で終わっていない。

軍人1人が守る国民の数はフランスが70人、ロシア110、イタリア130、オ
ランダ57、イギリス230、ゲルマン(ドイツ)100、日本480だなどの比較
に加えて軍人の給料、それで賄いうる食事の質までも細かに論じた。日本
の兵の給与、1日6銭では「鮮魚肉類」は口にできず、肉食の多い列強諸国
や支那と較べて、日本の軍人は体力面で劣るなどと、説得力のある説明が
続く。

事実に基づいた視点は研ぎ澄まされている。このような姿勢をとりわけい
ま、学びたいと思う。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月13日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1275 

2019年04月15日

◆私たちは「日本」を守り続けられるか

櫻井よしこ


「私たちは「日本」を守り続けられるか 今こそ福澤諭吉の姿勢に学びたい」

春爛漫の日、新元号「令和」が発表された。出典は1200年前の『万葉集』
だ。長い歴史で初めて漢籍から離れ大和の文化から元号が生まれたことを
多くの人々が好感した。

この悦びは、古(いにしえ)の時代、私たちが中国から文字を学び、その
制度のよき点のみを取り入れて国造りをしたこと、その先に日本独自の価
値観に基づく大和の道を歩んだことを改めて認識させてくれる。

歴史の営みを振り返るとき、私たちの胸にはかつての中国への感謝と共
に、中華の文明に埋没せず、大和の道を選んだ先人たちへの敬愛の情が生
まれてくるだろう。

大和の道を最も端的に表現しているのが『万葉集』である。天皇、皇族か
ら、農民、兵士まで、階層や男女の別なく歌を詠み、それらをきちんと記
録して、再び言う、1200年以上、保持し続け、今日に至る。こんな国は他
にない。この新しい道を歩み続けて行く先に、大きな可能性が開けるので
はないか。歴史の大潮流における画期の一歩が踏み出された予感がする。

世界中が政治力学の根本的変化の中にあるいま、先人たちが大和の道を築
くことで立派な国造りを成功させたように、私たちはなれるだろうか。
「日本」を守り続けていけるだろうか。そんな想いで福澤諭吉の著作を読
み直している。約1世紀半も前、先人たちはどのように開国と政治体制の
大転換、列強諸国の脅威などの大波に立ち向かい、克服し得たのだろうか。

当時の世論形成の重要な道標を示し続けた福澤は、世界の事象を極めて具
体的かつ細かい観察眼でとらえている。事実を厳格に認識し、冷静に論
じ、事実抜きの論評はしていない。

たとえば明治12(1879)年8月に発表された『民情一新』である。明治12
年にはまだ帝国議会も開設されていない。帝国議会の誕生は明治
23(1890)年である。

福澤は書いている。

西洋との接触によって日本に「文明開化」がもたらされたと世論に流布さ
れているが、事実を把握しておかなければ大いに誤ちをおかすだろうとし
て、「西洋の理論決して深きに非ず、東洋の理論決して浅きに非ず」だ
と、明確に断じている。

そのうえで、ではなぜ、西洋の文物が「文明開化」を促すとしてもてはや
されるのかと問うている。それは西洋では文学も理論も実用に結びついて
いるからだと福澤は説く。つきつめていくと国全体に交通の便が開かれ、
人々は物理的精神的に解かれているからだと言うのだ。

「人心が一度び実用に赴くときは、その社会に行われる文学なり理論なり
は、皆、実用の範囲を脱す可らず(実用に耐えなければならない)」

福澤は冷静に洋の東西を比較し、日本が手掛けるべきことを具体的に挙げ
たのだ。具体論が基本にあるために、否定するのは難しい。『兵論』、即
ち国防論についても同様だ。

明治15(1882)年の『兵論』は立国に兵備の欠かせないことから書き出
し、列強諸国の人々、歳入、陸軍人、陸軍費、軍艦、海軍費を比較した。
当然の比較だが、福澤は単なる数字上の比較で終わっていない。

軍人1人が守る国民の数はフランスが70人、ロシア110、イタリア130、オ
ランダ57、イギリス230、ゲルマン(ドイツ)100、日本480だなどの比較
に加えて軍人の給料、それで賄いうる食事の質までも細かに論じた。日本
の兵の給与、1日6銭では「鮮魚肉類」は口にできず、肉食の多い列強諸国
や支那と較べて、日本の軍人は体力面で劣るなどと、説得力のある説明が
続く。

事実に基づいた視点は研ぎ澄まされている。このような姿勢をとりわけい
ま、学びたいと思う。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月13日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1275

2019年04月14日

◆私たちは「日本」を守り続けられるか

櫻井よしこ


「私たちは「日本」を守り続けられるか 今こそ福澤諭吉の姿勢に学びたい」
春爛漫の日、新元号「令和」が発表された。出典は1200年前の『万葉集』
だ。長い歴史で初めて漢籍から離れ大和の文化から元号が生まれたことを
多くの人々が好感した。

この悦びは、古(いにしえ)の時代、私たちが中国から文字を学び、その
制度のよき点のみを取り入れて国造りをしたこと、その先に日本独自の価
値観に基づく大和の道を歩んだことを改めて認識させてくれる。

歴史の営みを振り返るとき、私たちの胸にはかつての中国への感謝と共
に、中華の文明に埋没せず、大和の道を選んだ先人たちへの敬愛の情が生
まれてくるだろう。

大和の道を最も端的に表現しているのが『万葉集』である。天皇、皇族か
ら、農民、兵士まで、階層や男女の別なく歌を詠み、それらをきちんと記
録して、再び言う、1200年以上、保持し続け、今日に至る。こんな国は他
にない。この新しい道を歩み続けて行く先に、大きな可能性が開けるので
はないか。歴史の大潮流における画期の一歩が踏み出された予感がする。

世界中が政治力学の根本的変化の中にあるいま、先人たちが大和の道を築
くことで立派な国造りを成功させたように、私たちはなれるだろうか。
「日本」を守り続けていけるだろうか。そんな想いで福澤諭吉の著作を読
み直している。約1世紀半も前、先人たちはどのように開国と政治体制の
大転換、列強諸国の脅威などの大波に立ち向かい、克服し得たのだろうか。

当時の世論形成の重要な道標を示し続けた福澤は、世界の事象を極めて具
体的かつ細かい観察眼でとらえている。事実を厳格に認識し、冷静に論
じ、事実抜きの論評はしていない。

たとえば明治12(1879)年8月に発表された『民情一新』である。明治12
年にはまだ帝国議会も開設されていない。帝国議会の誕生は明治
23(1890)年である。

福澤は書いている。

西洋との接触によって日本に「文明開化」がもたらされたと世論に流布さ
れているが、事実を把握しておかなければ大いに誤ちをおかすだろうとし
て、「西洋の理論決して深きに非ず、東洋の理論決して浅きに非ず」だ
と、明確に断じている。

そのうえで、ではなぜ、西洋の文物が「文明開化」を促すとしてもてはや
されるのかと問うている。それは西洋では文学も理論も実用に結びついて
いるからだと福澤は説く。つきつめていくと国全体に交通の便が開かれ、
人々は物理的精神的に解かれているからだと言うのだ。

「人心が一度び実用に赴くときは、その社会に行われる文学なり理論なり
は、皆、実用の範囲を脱す可らず(実用に耐えなければならない)」

福澤は冷静に洋の東西を比較し、日本が手掛けるべきことを具体的に挙げ
たのだ。具体論が基本にあるために、否定するのは難しい。『兵論』、即
ち国防論についても同様だ。

明治15(1882)年の『兵論』は立国に兵備の欠かせないことから書き出
し、列強諸国の人々、歳入、陸軍人、陸軍費、軍艦、海軍費を比較した。
当然の比較だが、福澤は単なる数字上の比較で終わっていない。

軍人1人が守る国民の数はフランスが70人、ロシア110、イタリア130、オ
ランダ57、イギリス230、ゲルマン(ドイツ)100、日本480だなどの比較
に加えて軍人の給料、それで賄いうる食事の質までも細かに論じた。日本
の兵の給与、1日6銭では「鮮魚肉類」は口にできず、肉食の多い列強諸国
や支那と較べて、日本の軍人は体力面で劣るなどと、説得力のある説明が
続く。

事実に基づいた視点は研ぎ澄まされている。このような姿勢をとりわけい
ま、学びたいと思う。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月13日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1275

2019年04月13日

◆穏やかさと優しさの新元号「令和」

櫻井よしこ


資料を午前中一杯で読み終えて午後は執筆にかかろうと、早朝から書斎に
こもっていた。しかしそれどころではない。上空をヘリコプターが飛び交
い、騒然たる状況だ。新元号の決定と発表の日であるから、当然だろう。

落ち着かなくなり遂にテレビをつけた。時々刻々、状況が伝えられ、多く
の人々が発表を待ちわびていた。皆、同じ気持ちなのだ。4月1日は新元号
の発表日で、新天皇のご即位はひと月も先なのに、気のはやい私たちはこ
ぞって新時代の到来を寿(ことほ)いでいる。

秘書たちと一緒に私は官邸の会見室の映像を見つつ、その瞬間を待った。
公益財団法人モラロジー研究所教授の所功氏が出演していたが、元号につ
いて第一人者の解説には安心して耳を傾けられる。

予定を過ぎた11時40分、菅義偉官房長官が会見室に姿を見せた。

「新しい元号は『令和』であります」

はっきりした口調とキリッとした表情には威厳があった。「令和」は万葉
集の「梅花の歌32首の序」に依るとの説明に嬉しさが満ちてきた。

『万葉集』とは、なんと心憎いことか。中国の古典に加えて日本の古典か
らも採用し得ると公にされたとき、「記紀」を想定した人は多かったはず
だ。だが、『万葉集』も日本の誇るべき国書、これこそ国民文学の粋である。

早速書棚から、昭和53年8月15日出版の講談社文庫『万葉集(一)』(中
西進・校注)の初版を取り出して、菅氏の説明の、メモしきれなかった部
分を補った。

そこには「天平2年正月13日に、帥(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃
(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く」とある。

「時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(や
はら)ぎ、梅は鏡前(きようぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はい
ご)の香を薫(かをら)す」と続いている。

中西氏はこれを次のように現代語訳した。

「時あたかも新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡
の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただ
よわせている」

全国民の歌

典拠となった「序」は大伴旅人が書いたと中西氏は解説し、さらに「序」
は次のように描写する。

「ここに天をきぬがさとし地を座として、人々は膝を近づけて酒杯をくみ
かわしている。すでに一座はことばをかけ合う必要もなく睦み、大自然に
向かって胸襟を開きあっている」

究極の平和と人々の睦み合う美しい風景である。その中で32人は4組に分
かれて円座で歌を廻らせたと思われる。

安倍晋三首相の会見は正午を5分過ぎて始まった。200年振りのご譲位を支
障なくここまでやり遂げ、無事新元号の発表に漕ぎつけた首相には、さぞ
かし感慨深いものがあるはずだ。選んだ「令和」には、男女、階層、職業
の別なく全員が参加する豊かな国民文化への誇りが込められている。

なんといっても1200年前に編纂されたわが国最古の歌集には、天皇や皇族
から農民、防人まで、まさに全国民の歌が4500首も収められているのだ。
首相は語った。

「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国
柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく」

自然を愛で人間を大切にする日本の特質は、先の32首が詠み人各人の名前
と肩書きと共に明記されていることにも表れている。そのような扱いは身
分のある人々に限られるものではなく、663年に日本が惨敗した「白村江
の戦い」の後、九州辺要の地の守備にあたった防人たちも同様だったので
ある。戦いから約90年後、約100首が防人たちの名前と、その妻のものさ
え一緒に『万葉集』に編入された。

このようなことは当時の大国、中国の隋や唐でさえありえなかった。彼の
地では農民や兵士は使い捨てだったが、わが国では農民や兵たちは大御宝
(おおみたから)と呼ばれた。彼らは歌を詠み、その歌が歌集に残され、
1200年後の今に伝えられている。

中西氏によると『万葉集』の歌の約半分は作者未詳である。氏の説明だ。

「無名歌を残したような人々が『万葉集』の根幹を構成する人々である。
(中略)多数の人々の歌を、歌として認定し、その中に有名歌人の作も交
えるのが『万葉集』である」

日本が一人一人の人間を大事にして、国造りを進めてきたことの証のひと
つが『万葉集』であろう。

歌は人の心、感性を表現し、神話は民族の心と感性を表現すると言ってよ
い。その神話の性格が、わが国と他国とは根本的に異なると指摘する一人
が『アマテラスの誕生』(岩波新書)の著者、溝口睦子氏である。

大和の道を選んだ

同書によると、日本の神話や伝説には民間の古い創世神話や英雄伝説が大
量に取り込まれているが、たとえば朝鮮半島の神話・伝説の主文献である
『三国史記』や『三国遺事』に記録されているのは「王権や支配者の起源
を語る神話や伝承」だという。重視されていたのは庶民の幸福や楽しみよ
りも、支配者の権力や権威だったと見てよいだろう。

万葉の歌人たちがのびのびと大らかに謳い上げている、迸(ほとばし)る情
熱が特徴でもある『万葉集』から新元号が選ばれ、日本の長い元号の歴史
で初めて漢籍から離れたことは、きっと日本の歴史への深い興味をもう一
度、呼び起こすことだろう。

わが国が未だ文字を持たなかった時代、私たちは中華文明の影響を受けて
文字を学んだ。聖徳太子は中国を尊びながらも、わが国を勝手に属国と見
做す中国に、607年、日本は中国と対等の国だと宣言した。

その誇りと気概は受け継がれ、女帝、斉明天皇は朝鮮半島に兵を出し、唐
と新羅の連合軍と戦う決断をした。日本は唐・新羅連合に敗れはしたが、
唐に和睦を乞わなかった。女帝の皇子たち、天智天皇と天武天皇は撤退し
たものの、唐の脅威に果敢に立ち向かった。

天智天皇は中華帝国に対する軍事的防護を強化し、天武天皇は日本人の日
本人たる精神的支柱を打ち立てた。それが、日本の民間の古い創世神話や
英雄伝説を大量に取り込んだ『古事記』である。

その先に、まさに慈悲と徳を実践した聖武天皇の政治がある。

『万葉集』の編纂は聖徳太子亡き後に始まり、聖武天皇の崩御後、完結し
たと見られる。民族の生き方として中華の道ではなく大和の道を選んだ歴
代天皇の時代を通して編纂されたことになる。

こんな歴史を想い起こさせるのが新元号だ。即位なさる陛下と、国民の心
が固く結ばれ、その歩まれる道が明るく照らされ、良い時代になることを
心から願っている。

『週刊新潮』 2019年4月11日号 日本ルネッサンス 第847回

            

2019年04月12日

◆穏やかさと優しさの新元号「令和」

櫻井よしこ


資料を午前中一杯で読み終えて午後は執筆にかかろうと、早朝から書斎に
こもっていた。しかしそれどころではない。上空をヘリコプターが飛び交
い、騒然たる状況だ。新元号の決定と発表の日であるから、当然だろう。

落ち着かなくなり遂にテレビをつけた。時々刻々、状況が伝えられ、多く
の人々が発表を待ちわびていた。皆、同じ気持ちなのだ。4月1日は新元号
の発表日で、新天皇のご即位はひと月も先なのに、気のはやい私たちはこ
ぞって新時代の到来を寿(ことほ)いでいる。

秘書たちと一緒に私は官邸の会見室の映像を見つつ、その瞬間を待った。
公益財団法人モラロジー研究所教授の所功氏が出演していたが、元号につ
いて第一人者の解説には安心して耳を傾けられる。

予定を過ぎた11時40分、菅義偉官房長官が会見室に姿を見せた。

「新しい元号は『令和』であります」

はっきりした口調とキリッとした表情には威厳があった。「令和」は万葉
集の「梅花の歌32首の序」に依るとの説明に嬉しさが満ちてきた。

『万葉集』とは、なんと心憎いことか。中国の古典に加えて日本の古典か
らも採用し得ると公にされたとき、「記紀」を想定した人は多かったはず
だ。だが、『万葉集』も日本の誇るべき国書、これこそ国民文学の粋である。

早速書棚から、昭和53年8月15日出版の講談社文庫『万葉集(一)』(中
西進・校注)の初版を取り出して、菅氏の説明の、メモしきれなかった部
分を補った。

そこには「天平二年正月13日に、帥(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃
(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く」とある。

「時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(や
はら)ぎ、梅は鏡前(きようぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はい
ご)の香を薫(かをら)す」と続いている。

中西氏はこれを次のように現代語訳した。

「時あたかも新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡
の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただ
よわせている」

全国民の歌

典拠となった「序」は大伴旅人が書いたと中西氏は解説し、さらに「序」
は次のように描写する。

「ここに天をきぬがさとし地を座として、人々は膝を近づけて酒杯をくみ
かわしている。すでに一座はことばをかけ合う必要もなく睦み、大自然に
向かって胸襟を開きあっている」

究極の平和と人々の睦み合う美しい風景である。その中で32人は4組に分
かれて円座で歌を廻らせたと思われる。

安倍晋三首相の会見は正午を5分過ぎて始まった。200年振りのご譲位を支
障なくここまでやり遂げ、無事新元号の発表に漕ぎつけた首相には、さぞ
かし感慨深いものがあるはずだ。選んだ「令和」には、男女、階層、職業
の別なく全員が参加する豊かな国民文化への誇りが込められている。

なんといっても1200年前に編纂されたわが国最古の歌集には、天皇や皇族
から農民、防人まで、まさに全国民の歌が4500首も収められているのだ。
首相は語った。

「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国
柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく」

自然を愛で人間を大切にする日本の特質は、先の32首が詠み人各人の名前
と肩書きと共に明記されていることにも表れている。そのような扱いは身
分のある人々に限られるものではなく、663年に日本が惨敗した「白村江
の戦い」の後、九州辺要の地の守備にあたった防人たちも同様だったので
ある。戦いから約90年後、約100首が防人たちの名前と、その妻のものさ
え一緒に『万葉集』に編入された。

このようなことは当時の大国、中国の隋や唐でさえありえなかった。彼の
地では農民や兵士は使い捨てだったが、わが国では農民や兵たちは大御宝
(おおみたから)と呼ばれた。彼らは歌を詠み、その歌が歌集に残され、
1200年後の今に伝えられている。

中西氏によると『万葉集』の歌の約半分は作者未詳である。氏の説明だ。

「無名歌を残したような人々が『万葉集』の根幹を構成する人々である。
(中略)多数の人々の歌を、歌として認定し、その中に有名歌人の作も交
えるのが『万葉集』である」

日本が一人一人の人間を大事にして、国造りを進めてきたことの証のひと
つが『万葉集』であろう。

歌は人の心、感性を表現し、神話は民族の心と感性を表現すると言ってよ
い。その神話の性格が、わが国と他国とは根本的に異なると指摘する一人
が『アマテラスの誕生』(岩波新書)の著者、溝口睦子氏である。

大和の道を選んだ

同書によると、日本の神話や伝説には民間の古い創世神話や英雄伝説が大
量に取り込まれているが、たとえば朝鮮半島の神話・伝説の主文献である
『三国史記』や『三国遺事』に記録されているのは「王権や支配者の起源
を語る神話や伝承」だという。重視されていたのは庶民の幸福や楽しみよ
りも、支配者の権力や権威だったと見てよいだろう。

万葉の歌人たちがのびのびと大らかに謳い上げている、迸(ほとばし)る情
熱が特徴でもある『万葉集』から新元号が選ばれ、日本の長い元号の歴史
で初めて漢籍から離れたことは、きっと日本の歴史への深い興味をもう一
度、呼び起こすことだろう。

わが国が未だ文字を持たなかった時代、私たちは中華文明の影響を受けて
文字を学んだ。聖徳太子は中国を尊びながらも、わが国を勝手に属国と見
做す中国に、607年、日本は中国と対等の国だと宣言した。

その誇りと気概は受け継がれ、女帝、斉明天皇は朝鮮半島に兵を出し、唐
と新羅の連合軍と戦う決断をした。日本は唐・新羅連合に敗れはしたが、
唐に和睦を乞わなかった。女帝の皇子たち、天智天皇と天武天皇は撤退し
たものの、唐の脅威に果敢に立ち向かった。

天智天皇は中華帝国に対する軍事的防護を強化し、天武天皇は日本人の日
本人たる精神的支柱を打ち立てた。それが、日本の民間の古い創世神話や
英雄伝説を大量に取り込んだ『古事記』である。

その先に、まさに慈悲と徳を実践した聖武天皇の政治がある。

『万葉集』の編纂は聖徳太子亡き後に始まり、聖武天皇の崩御後、完結し
たと見られる。民族の生き方として中華の道ではなく大和の道を選んだ歴
代天皇の時代を通して編纂されたことになる。

こんな歴史を想い起こさせるのが新元号だ。即位なさる陛下と、国民の心
が固く結ばれ、その歩まれる道が明るく照らされ、良い時代になることを
心から願っている。

『週刊新潮』 2019年4月11日号日本ルネッサンス 第847回

2019年04月11日

◆緊迫した状況が生まれている北朝鮮情勢

櫻井よしこ


「緊迫した状況が生まれている北朝鮮情勢 日米主導の制裁をこのまま続
けるべきだ」

2月末のベトナム・ハノイでの米朝首脳会談決裂後、金正恩朝鮮労働党委
員長の足下が不穏である。

朝鮮問題の専門家、西岡力氏が3月22日にインターネットの「言論テレ
ビ」で、北朝鮮の平壌を出発した保衛部の幹部5人、部長3人と課長2人が
姿を消したと報じた。彼らは3月19日に平壌を出発し、中国との国境に近
い新義州で昼食をとり、中朝国境の川、豆満江にかかる橋を渡り中国・丹
東に向かった。そこで中国に派遣されている保衛部員らと落ち合い北京に
向かうはずだったが、忽然と消えた。

保衛部はナチスの秘密国家警察、ゲシュタポと似た組織で政治警察部隊の
ことだ。

北朝鮮は直ちに追っ手を出した。保衛部は信用できないとして、軍の工作
部隊である偵察総局の精鋭20人を中国に送り込んだ。元韓国公使で「統一
日報」論説主幹の洪熒(ホン・ヒョン)氏が指摘した。

「幹部の集団逃走は保衛部解体につながる程の衝撃でしょう。5人は家族
を置き去りにして逃げている。家族は間違いなく収容所送りでしょうか
ら、余程切迫した状況だったはずです」

正恩氏は祖父も父もしなかった苛烈な粛清に走っている。叔父の張成沢氏
の処刑、母違いの兄、金正男氏の暗殺、自分を守る役割で自分に最も近い
保衛司令部、さらに党の組織指導部までをも粛清し始めている。

組織指導部とは正恩氏自身が作った党の中の党だ。重要政策の決定から幹
部の人事権、正恩氏に上げる情報の取捨選択まで行う。

5人の逃走から8日、北朝鮮は中国当局にも捜索を依頼し、偵察総局の面々
も、ホテルや食堂、民家まで徹底的に捜索しているが、杳として行方が知
れない。ここまでは事実で、これから先は西岡、洪両氏の推測である。

3月1日に北朝鮮臨時政府を作ったと「自由朝鮮」と名乗る勢力が宣言し
た。彼らは2月22日にスペイン・マドリッドの北朝鮮大使館を襲い、コン
ピュータを持ち去った。米紙「ワシントン・ポスト」が一部始終を詳しく
報道した。自由朝鮮は暗殺された正男氏の長男のハンソル氏をマカオから
脱出させて保護している勢力だが、マカオ脱出は中国当局の協力なしには
不可能だったとされている。

とすれば、保衛部幹部5人が逮捕されていないこととも、中国当局は関係
があるのか。洪氏は次のように憂う。
「仮に自由朝鮮がハンソル氏を担いで臨時政府樹立を画策しているのな
ら、失敗すると思います。それは王朝四代目になり、中国の傀儡ですから」

西岡氏の感想だ。

「もしも自由朝鮮の犯行だとすると、彼らはかなりの組織力を持ってい
る。襲撃事件を起こした、それを米国紙に書かせた、マカオからハンソル
氏を救出した。脱北者だけではできないでしょう。米中共に正恩氏の核保
有を望んでいないことを考えると、一連の事件に何らかの工作がされた可
能性はあると思います」

正恩氏はハノイから戻って、すぐに初級宣伝活動家大会を開き、以下の3
方針を打ち出した。(1)米国とは長期戦になる、(2)自給自足を強め
よ、(3)指導者(自身)の神格化をするな。

ハノイに出かける前は、党幹部らを前に、対米交渉は順調だ、もうすぐ
(日本から)大金をとれる、もう少しの我慢だと言っていたのとは正反対
だ。金一家は常に自分たちを神のように崇めよと命じてきた。それがい
ま、人民は首領を神格化せずに、つまり、首領にたよらず食べていけと
言っている。

北朝鮮の国民は1990年代に金正日氏の悪政で300万人が餓死した。彼ら
は、「今回は黙って死ねない」と誓っている(「自由北朝鮮放送」代表、
キム・ソンジン氏)。何があってもおかしくない緊迫した状況が生まれて
いる。日米主導の制裁が功を奏している。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月6日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1274

2019年04月10日

◆緊迫した状況が生まれている北朝鮮情勢

櫻井よしこ


「緊迫した状況が生まれている北朝鮮情勢 日米主導の制裁をこのまま続
けるべきだ」

2月末のベトナム・ハノイでの米朝首脳会談決裂後、金正恩朝鮮労働党委
員長の足下が不穏である。

朝鮮問題の専門家、西岡力氏が3月22日にインターネットの「言論テレ
ビ」で、北朝鮮の平壌を出発した保衛部の幹部5人、部長3人と課長2人が
姿を消したと報じた。彼らは3月19日に平壌を出発し、中国との国境に近
い新義州で昼食をとり、中朝国境の川、豆満江にかかる橋を渡り中国・丹
東に向かった。そこで中国に派遣されている保衛部員らと落ち合い北京に
向かうはずだったが、忽然と消えた。

保衛部はナチスの秘密国家警察、ゲシュタポと似た組織で政治警察部隊の
ことだ。

北朝鮮は直ちに追っ手を出した。保衛部は信用できないとして、軍の工作
部隊である偵察総局の精鋭20人を中国に送り込んだ。元韓国公使で「統一
日報」論説主幹の洪熒(ホン・ヒョン)氏が指摘した。

「幹部の集団逃走は保衛部解体につながる程の衝撃でしょう。5人は家族
を置き去りにして逃げている。家族は間違いなく収容所送りでしょうか
ら、余程切迫した状況だったはずです」

正恩氏は祖父も父もしなかった苛烈な粛清に走っている。叔父の張成沢氏
の処刑、母違いの兄、金正男氏の暗殺、自分を守る役割で自分に最も近い
保衛司令部、さらに党の組織指導部までをも粛清し始めている。

組織指導部とは正恩氏自身が作った党の中の党だ。重要政策の決定から幹
部の人事権、正恩氏に上げる情報の取捨選択まで行う。

5人の逃走から8日、北朝鮮は中国当局にも捜索を依頼し、偵察総局の面々
も、ホテルや食堂、民家まで徹底的に捜索しているが、杳として行方が知
れない。ここまでは事実で、これから先は西岡、洪両氏の推測である。

3月1日に北朝鮮臨時政府を作ったと「自由朝鮮」と名乗る勢力が宣言し
た。彼らは2月22日にスペイン・マドリッドの北朝鮮大使館を襲い、コン
ピュータを持ち去った。米紙「ワシントン・ポスト」が一部始終を詳しく
報道した。自由朝鮮は暗殺された正男氏の長男のハンソル氏をマカオから
脱出させて保護している勢力だが、マカオ脱出は中国当局の協力なしには
不可能だったとされている。

とすれば、保衛部幹部5人が逮捕されていないこととも、中国当局は関係
があるのか。洪氏は次のように憂う。
「仮に自由朝鮮がハンソル氏を担いで臨時政府樹立を画策しているのな
ら、失敗すると思います。それは王朝四代目になり、中国の傀儡ですから」

西岡氏の感想だ。

「もしも自由朝鮮の犯行だとすると、彼らはかなりの組織力を持ってい
る。襲撃事件を起こした、それを米国紙に書かせた、マカオからハンソル
氏を救出した。脱北者だけではできないでしょう。米中共に正恩氏の核保
有を望んでいないことを考えると、一連の事件に何らかの工作がされた可
能性はあると思います」

正恩氏はハノイから戻って、すぐに初級宣伝活動家大会を開き、以下の3
方針を打ち出した。(1)米国とは長期戦になる、(2)自給自足を強め
よ、(3)指導者(自身)の神格化をするな。

ハノイに出かける前は、党幹部らを前に、対米交渉は順調だ、もうすぐ
(日本から)大金をとれる、もう少しの我慢だと言っていたのとは正反対
だ。金一家は常に自分たちを神のように崇めよと命じてきた。それがい
ま、人民は首領を神格化せずに、つまり、首領にたよらず食べていけと
言っている。

北朝鮮の国民は1990年代に金正日氏の悪政で300万人が餓死した。彼ら
は、「今回は黙って死ねない」と誓っている(「自由北朝鮮放送」代表、
キム・ソンジン氏)。何があってもおかしくない緊迫した状況が生まれて
いる。日米主導の制裁が功を奏している。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月6日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1274

2019年04月09日

◆緊迫した状況が生まれている北朝鮮情勢

櫻井よしこ


「緊迫した状況が生まれている北朝鮮情勢 日米主導の制裁をこのまま続
けるべきだ 

2月末のベトナム・ハノイでの米朝首脳会談決裂後、金正恩朝鮮労働党委
員長の足下が不穏である。

朝鮮問題の専門家、西岡力氏が3月22日にインターネットの「言論テレ
ビ」で、北朝鮮の平壌を出発した保衛部の幹部5人、部長3人と課長2人が
姿を消したと報じた。彼らは3月19日に平壌を出発し、中国との国境に近
い新義州で昼食をとり、中朝国境の川、豆満江にかかる橋を渡り中国・丹
東に向かった。そこで中国に派遣されている保衛部員らと落ち合い北京に
向かうはずだったが、忽然と消えた。

保衛部はナチスの秘密国家警察、ゲシュタポと似た組織で政治警察部隊の
ことだ。

北朝鮮は直ちに追っ手を出した。保衛部は信用できないとして、軍の工作
部隊である偵察総局の精鋭20人を中国に送り込んだ。元韓国公使で「統一
日報」論説主幹の洪熒(ホン・ヒョン)氏が指摘した。

「幹部の集団逃走は保衛部解体につながる程の衝撃でしょう。5人は家族
を置き去りにして逃げている。家族は間違いなく収容所送りでしょうか
ら、余程切迫した状況だったはずです」

正恩氏は祖父も父もしなかった苛烈な粛清に走っている。叔父の張成沢氏
の処刑、母違いの兄、金正男氏の暗殺、自分を守る役割で自分に最も近い
保衛司令部、さらに党の組織指導部までをも粛清し始めている。

組織指導部とは正恩氏自身が作った党の中の党だ。重要政策の決定から幹
部の人事権、正恩氏に上げる情報の取捨選択まで行う。

5人の逃走から8日、北朝鮮は中国当局にも捜索を依頼し、偵察総局の面々
も、ホテルや食堂、民家まで徹底的に捜索しているが、杳として行方が知
れない。ここまでは事実で、これから先は西岡、洪両氏の推測である。

3月1日に北朝鮮臨時政府を作ったと「自由朝鮮」と名乗る勢力が宣言し
た。彼らは2月22日にスペイン・マドリッドの北朝鮮大使館を襲い、コン
ピュータを持ち去った。米紙「ワシントン・ポスト」が一部始終を詳しく
報道した。自由朝鮮は暗殺された正男氏の長男のハンソル氏をマカオから
脱出させて保護している勢力だが、マカオ脱出は中国当局の協力なしには
不可能だったとされている。

とすれば、保衛部幹部5人が逮捕されていないこととも、中国当局は関係
があるのか。洪氏は次のように憂う。
「仮に自由朝鮮がハンソル氏を担いで臨時政府樹立を画策しているのな
ら、失敗すると思います。それは王朝四代目になり、中国の傀儡ですから」

西岡氏の感想だ。

「もしも自由朝鮮の犯行だとすると、彼らはかなりの組織力を持ってい
る。襲撃事件を起こした、それを米国紙に書かせた、マカオからハンソル
氏を救出した。脱北者だけではできないでしょう。米中共に正恩氏の核保
有を望んでいないことを考えると、一連の事件に何らかの工作がされた可
能性はあると思います」

正恩氏はハノイから戻って、すぐに初級宣伝活動家大会を開き、以下の3
方針を打ち出した。(1)米国とは長期戦になる、(2)自給自足を強め
よ、(3)指導者(自身)の神格化をするな。

ハノイに出かける前は、党幹部らを前に、対米交渉は順調だ、もうすぐ
(日本から)大金をとれる、もう少しの我慢だと言っていたのとは正反対
だ。金一家は常に自分たちを神のように崇めよと命じてきた。それがい
ま、人民は首領を神格化せずに、つまり、首領にたよらず食べていけと
言っている。

北朝鮮の国民は1990年代に金正日氏の悪政で300万人が餓死した。彼ら
は、「今回は黙って死ねない」と誓っている(「自由北朝鮮放送」代表、
キム・ソンジン氏)。何があってもおかしくない緊迫した状況が生まれて
いる。日米主導の制裁が功を奏している。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月6日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1274

2019年03月20日

◆前向きな報じ方が多かった韓国大統領演説

櫻井よしこ


「私の印象はむしろ底意地の悪い日本非難だ」

文在寅韓国大統領の「3・1運動記念式」での演説を前向きに報じたメディ
アが多かった。

「時事通信」は「日本批判を控えた」とし、「毎日新聞」は「文大統領
『協力の未来』強調、対日批判避ける」の見出しで「直接の対日批判を控
え、『朝鮮半島の平和のため、日本との協力も強化する』と日韓協調を呼
びかける内容」だと伝え、「朝日新聞」は「外交摩擦を避ける姿勢を示し
た」と報じた。

私の印象は異なる。文演説を貫く思想と論理に「対日批判を控えた」など
の論評は当たらない。むしろ、まつわりつく底意地の悪い日本非難だった
と感ずる。

氏はざっと次のように語っている。

「日帝(大日本帝国)は独立軍を『匪賊』、独立運動家を『思想犯』と見
做し弾圧した。このときに『アカ』という言葉もできた。これは民族主義
者からアナキストまで、全ての独立運動家にレッテルを貼る言葉で、日帝
が民族を引き裂くために用いた手段だった」

日本の敗戦で朝鮮は独立した。彼らはそれを「解放」と呼ぶが、文氏は
「解放された祖国で『日帝警察の出身者』が『独立運動家をアカとして追
及し、拷問』した」と演説している。

日本が「民族を引き裂く手段」を朝鮮社会に埋め込み、それが独立後も生
き続けたと主張したのだ。「多くの人々が『アカ』と規定され」「家族と
遺族は反社会的の烙印を押された中で不幸な人生」を送り、現在もその呪
いが続いているというのが文氏の非難だ。

「今も、攻撃する道具としてアカという言葉が使われており、変形した
『イデオロギー論』が猛威をふるっている。一日も早く清算すべきは、こ
のような代表的な親日残滓です」

どう読んでもこれは、「対日批判を控え」「日韓協調を呼びかける内容」
ではないだろう。文氏の批判は反日にとどまらず反米にも通ずる。朝鮮半
島を巡る国際政治の力学を、従来の「日米韓vs中北」から「日米vs中
北韓」の構図に変える意図が読み取れる。

3月1日のインターネットの「言論テレビ」で朝鮮問題の専門家、西岡力氏
が解説した。

「文演説に先立つ2月27日に、韓国の第一野党である自由韓国党の代表選
挙が行われました。3人の候補者は、文政権は安全保障で北への武装解除
を進め、経済では社会主義政策を取る亡国政権だ、これでは韓国も自由民
主主義体制も滅びると、激しく非難しました。彼らは文政権の思想的基盤
は共産主義に近いと疑っています。そのような中で展開される『アカ』批
判は日帝そのものだという反撃が、先の文氏の3・1演説なのです」

文氏が訴えたのは、日本統治が終わっても憎むべき親日派は清算されずに
韓国に残り、反共勢力、親米勢力に化けて(朴正煕元大統領のような)軍
事政権を作った。自分がその勢力を一掃するのだという決意に他ならない。

それに対して、保守派は文氏の動きの背後には結局、北朝鮮、「アカ」が
いると突きつける。さらにそれに対して、その表現こそ日帝の影響を受け
た親日派の証拠だというのが、文演説の真意だ。文氏は決して日本に配慮
しているのではない。西岡氏の指摘だ。

「文氏は一方で、大きな嘘もついています。1919(大正8)年の3・1独立
運動の参加人数を202万人、死者は7500人だったと演説しました。実は韓
国の国立機関、国史編纂委員会が2月20日に最新の研究成果として、デモ
参加者は103万人、死者は934人と発表しました。文氏は国立機関の調査結
果を無視して、それに倍、または8倍の大きな数字を言ったわけです。対
日歴史戦はまだまだ続ける執念深さがあるのです」

ちなみに朝日新聞も専門家で構成する国史編纂委員会報告を無視して文氏
同様、死者7500人と報じた。こちらは間違いか、大嘘か。教えてほしい。

『週刊ダイヤモンド』 2019年3月16日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1271

2019年03月19日

◆前向きな報じ方が多かった韓国大統領演説

櫻井よしこ


「前向きな報じ方が多かった韓国大統領演説 私の印象はむしろ底意地の
悪い日本非難だ」

文在寅韓国大統領の「3・1運動記念式」での演説を前向きに報じたメディ
アが多かった。

「時事通信」は「日本批判を控えた」とし、「毎日新聞」は「文大統領
『協力の未来』強調、対日批判避ける」の見出しで「直接の対日批判を控
え、『朝鮮半島の平和のため、日本との協力も強化する』と日韓協調を呼
びかける内容」だと伝え、「朝日新聞」は「外交摩擦を避ける姿勢を示し
た」と報じた。

私の印象は異なる。文演説を貫く思想と論理に「対日批判を控えた」など
の論評は当たらない。むしろ、まつわりつく底意地の悪い日本非難だった
と感ずる。

氏はざっと次のように語っている。

「日帝(大日本帝国)は独立軍を『匪賊』、独立運動家を『思想犯』と見
做し弾圧した。このときに『アカ』という言葉もできた。これは民族主義
者からアナキストまで、全ての独立運動家にレッテルを貼る言葉で、日帝
が民族を引き裂くために用いた手段だった」

日本の敗戦で朝鮮は独立した。彼らはそれを「解放」と呼ぶが、文氏は
「解放された祖国で『日帝警察の出身者』が『独立運動家をアカとして追
及し、拷問』した」と演説している。

日本が「民族を引き裂く手段」を朝鮮社会に埋め込み、それが独立後も生
き続けたと主張したのだ。「多くの人々が『アカ』と規定され」「家族と
遺族は反社会的の烙印を押された中で不幸な人生」を送り、現在もその呪
いが続いているというのが文氏の非難だ。

「今も、攻撃する道具としてアカという言葉が使われており、変形した
『イデオロギー論』が猛威をふるっている。一日も早く清算すべきは、こ
のような代表的な親日残滓です」

どう読んでもこれは、「対日批判を控え」「日韓協調を呼びかける内容」
ではないだろう。文氏の批判は反日にとどまらず反米にも通ずる。朝鮮半
島を巡る国際政治の力学を、従来の「日米韓vs中北」から「日米vs中
北韓」の構図に変える意図が読み取れる。

3月1日のインターネットの「言論テレビ」で朝鮮問題の専門家、西岡力氏
が解説した。

「文演説に先立つ2月27日に、韓国の第一野党である自由韓国党の代表選
挙が行われました。3人の候補者は、文政権は安全保障で北への武装解除
を進め、経済では社会主義政策を取る亡国政権だ、これでは韓国も自由民
主主義体制も滅びると、激しく非難しました。彼らは文政権の思想的基盤
は共産主義に近いと疑っています。そのような中で展開される『アカ』批
判は日帝そのものだという反撃が、先の文氏の3・1演説なのです」

文氏が訴えたのは、日本統治が終わっても憎むべき親日派は清算されずに
韓国に残り、反共勢力、親米勢力に化けて(朴正煕元大統領のような)軍
事政権を作った。自分がその勢力を一掃するのだという決意に他ならない。

それに対して、保守派は文氏の動きの背後には結局、北朝鮮、「アカ」が
いると突きつける。さらにそれに対して、その表現こそ日帝の影響を受け
た親日派の証拠だというのが、文演説の真意だ。文氏は決して日本に配慮
しているのではない。西岡氏の指摘だ。

「文氏は一方で、大きな嘘もついています。1919(大正8)年の3・1独立
運動の参加人数を202万人、死者は7500人だったと演説しました。実は韓
国の国立機関、国史編纂委員会が2月20日に最新の研究成果として、デモ
参加者は103万人、死者は934人と発表しました。文氏は国立機関の調査結
果を無視して、それに倍、または8倍の大きな数字を言ったわけです。対
日歴史戦はまだまだ続ける執念深さがあるのです」

ちなみに朝日新聞も専門家で構成する国史編纂委員会報告を無視して文氏
同様、死者7500人と報じた。こちらは間違いか、大嘘か。教えてほしい。

『週刊ダイヤモンド』 2019年3月16日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1271