2021年10月21日

◆玉置浩二PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2021

                馬場 伯明

コロナ禍も下火気味なのでもう開示していいと思われる。オリンピックの
開会式直前の2021.7.20、私が東京有明での玉置浩二のライブ公演に行っ
たことである。玉置ファンのFさん(女性)と同行した。

原稿は書いていた。じつは、掲載されたら、本誌主宰者や私に「コロナ禍
なのに不謹慎だ」と巣ごもりの人たちから追及があると推測し控えてい
た。しかし、(助さん、格さん)もういいでしょう(笑)。

新橋からゆりかもめで有明駅へ向かう。モノレールはゴム製タイヤで音は
低いが速度が劣る。さあ急げ「走れ、メロス!」。公演の幕が上がるぞ。

玉置浩二×オーケストラ全国公演(8か所)は2021.6.6、東京渋谷の
BUNKAMURAオーチャードホールを皮切りに、熊本・愛知・堺・兵庫・札
幌・福岡と回り、2021.07.20に東京有明へ帰還した。開演19:00。全席指
定13,000円。「玉置浩二PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2021」、東京ガーデ
ンシアター、東京フィルハーモニー交響楽団・指揮大友直人共演。

観客5,000人上限指定(収容8,000人)。ブラボーなどの叫び声は禁止され
ホールは静かであるが無言の熱気がある。聴衆の拍手だけが大きく広が
る。「だんだんよくなる法華(ほっけ)の太鼓!」だ。コロナ禍は人から
多くを奪ったが、行儀がいい人は許し、そして、やさしく喜びを与える。

玉置浩二、多才なミュージシャン、62歳。黒い上下服。尖っていた黒い短
髪から、歳を重ね銀髪のライオンヘアへと変貌したがよく似合っている。
TV・CDやYou-tubeなどで視聴してきたがライブは初めてである。私は76歳
になり、一生に一度の体験と言えば大げさだろうか。

2021/6/6の公演開始で玉置は宣言している。「歌は僕を生かしてくれた。
音楽は僕を救ってくれた。だから誰かの心を救えると信じて歌い続ける。
音楽はすべての人の味方だ」と。
豪華な楽曲のプログラムを記す。
《第一部》 歓喜の歌(管弦楽)、ロマン、SACRED LOVE、いつもどこか
で、 キラキラニコニコ、メドレー(MR.LONELY・プレゼント・サーチライ
ト)、 FRIEND。

《第二部》歌劇「フィガロの結婚」序曲(管弦楽)、GOLD、行かないで、メド
レー(ワインレドの心・じれったい・悲しみにさよなら)、JUNKLAND、
夏の終りのハーモニー。《アンコール》田園、メロディー。

オープニングは第九の「歓喜の歌」だ。指揮者の大友は演奏を終えて右こ
ぶしを左胸にぐっと当てた。玉置が出てきて肘タッチ。さあ、玉置劇場の
開幕である。息をつかせぬばかりにどんどん進む。懐かしい曲のオンパ
レード。MR.LONELY、行かないで、ワインレッドの心・・と続いた

日本最高の歌手に対し失礼ではあるが、玉置の歌いぶりや特徴を私なりに
評する。声が太く大きい。バリトン。圧倒される。語るように歌う。とき
にバラード。字余りの歌詞は早口だが、絶妙のリズムとテンポが心地よ
い。豊かな百面相の表情。突出した歌唱力。聴衆に真正面から相対し自分
を曝け出し、愛と魂(たましい)の歌を熱唱する

玉置の盟友で同年齢の指揮者大友は童顔である。スリムな体形で若々しい
動き。タクトを手にせず、両手を振り上げ、軽妙大胆な指揮だった。

会場の前面の両サイドにはスクリーンがあり、舞台の交響楽団の各パート
や歌う玉置を効果的にアップで映す。オペラグラスは不要である。緑の避
難誘導灯は本番中には消えた。演奏や歌の視聴に集中することができる。
演奏と歌唱の途中ではときどきドライアイスの噴霧のような煙幕がホール
を覆った。その中を数条のサーチライトが空間を貫き浮動した。

閑話休題。じつは、玉置には違和感があるかもしれないが、私は新しい発
見をした《玉置浩二は「ばってん荒川」に似ている》ということである
(笑)。顔の輪郭、眼の動きなどの表情。真剣、傲慢、はにかみ、子供の
ような一途さ。共通性がある。本物のできる男の顔は似てくる。

ばってん荒川(本名:米嵜 一馬・男性)は2006年に69歳で死去した。

熊本から、子供を想う親心の「帰らんちゃよか(1996)」を世に問い、全
国に散っていた九州人の心に火をつけた。だれもが思った。「おいが今あ
るんは父ちゃんと母ちゃんのおかげたい。あん歌ば聴いてようわかったば
い。父ちゃん、母ちゃん、ありがと。長生きばしてくれんね」と。

♪そらぁときどきゃ俺たちも 
淋しか夜ば過ごすこつもあるばってん(中略)
♪帰らんちゃよか帰らんちゃよか 
心配せんでよか心配せんでよか
♪どうせおれたちゃ先に行くとやけん 
お前は思うたとおりに生きたらよか
   
玉置浩二の公演に戻る。公演の後半も終わりに近づいた。(私)「『田
園』はまだですねどうしたのだろう?」。「あれっ、もう終わり?」退場
する玉置を目で追った。すると、座席の後ろや横から、アンコールの 拍
手が始まり大きなうねりとなった(「田園」は1996年発売)。

玉置と大友が正面に並んだ。聴衆に気を持たせ満を持しての登場である。
さあ、「田園」だ。二人で何かを話した。交響曲「田園」が東フィル・大
友の指揮で静かにスタートし、美しい音色がホールに満ちた。

そして、玉置が中央正面に立った。交響曲の演奏から玉置の歌唱への切り
替わりは絶妙であった。東フィルの演奏と合体してTAMAKI節(ぶし)の
「田園」が炸裂した。(歌詞の一部を抜粋・引用する)。

♪石コロけとばし夕陽に泣いた僕
夜空見上げて星に祈ってた僕(中略)
♪生きていくんだ それでいいんだ
僕がいるんだ 君もいるんだ
♪みんなここにいる
愛はどこへもいかない

心に滲みる歌である。私たちは、みんな自分の「それでいいんだ」という
ものを持っている。玉置の「田園」に共感し「それでいいんだ」と諦観す
る。自分の過去の人生を想起する。完全には遠い人生であった。玉置の歌
を聴き彼と無言の対話を重ね癒される。玉置浩二効果は絶大である

隣のFさんが「(玉置の)声を聞きたい」と呟いた。玉置は、お辞儀はす
るが聴衆に言葉を発しない。それが「芸術」公演の作法なのか。でも、指
揮者(大友)とは談笑する。無言の玉置は偉そうに見える。ディナー
ショーやTV番組のような気軽な公演ではないにしても、「コロナ禍の中、
ありがとう」と一言、聴衆へ言えないのか。

ホールは薄暗いが、振り向けばFさんの姿は若々しく美しい。顔が火照っ
ている。そこで私がいつも思い出すのはあの女性(ひと)の歌である。

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき  与謝野晶子

いつもならこの後ホテルのラウンジでグラスを傾けるだろう。しかし、コ
ロナ禍だから「しょんなか(しかたがない)」。「コロナよ、どこかへ飛
んで行け」という願望をぐっと噛みしめ、ひとり家路につく。

JR総武快速(G車)で缶ビールを飲みながら、公演の余韻を反芻しつつ、
「これからどうするか?」と自問し、自答した。「さあ、明日も東京だ。
元気に仕事をしよう」と。(2021/10/19 千葉市在住)

(追記)
1. 有明公演から3か月、Fさんは2021年10月19日、BUNKAMURAのオーチャー
ドホールの玉置浩二公演にも、また行くらしい。いいな。
2. コロナ禍が終息することを切に願う。(了)




         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆雀庵の「常在戦場/99「敵は中南海にあり、易姓革へ!」
“シーチン”修一 2.0

【Anne G. of Red Gables/378(2021/10/19/火】小人閑居して毎日、飽き
もせずに色々なことを考えている。徒然草、軒昂奉仕か? 例えばこんな風。

「投資家、マネーゲーマー、相場師・・・カネ稼いで何をしたいのだろ
う・・・これって堅気の仕事か? 欲少なく足るを知る、足るを知りて分
に安んずる、とか考えないのか。銭ゲバ多過ぎ、卑しい感じ。それともカ
ネ稼ぎは趣味か? 昔メンコ、今マネーか。ギャンブル依存症か。オタ
ク・・・俺もネトウヨオタクか? いずれも美しくはないという共通点は
あるな」

「産経10/18で粟飯原文子(あいはらあやこ)法政大学教授曰く“移民や難
民を受け入れようとしない不寛容な姿勢”・・・お、お、オレは不寛容な
のか?、知らなかった! 移民や難民をメルケルの如く受け入れよと言う
文子先生は寛容で心が広いのか、それとも我ら先住民を駆逐するつもり
か・・・それにしても移民や難民で成功した国ってあるのか・・・アメリ
カはガタガタ、ゴタゴタ・・・

なーんだ、調べてみたら彼女は岩波(日共)『思想』の常連寄稿家、日共
の「赤旗」2021/9/25には「難民、移民、少数民族に対する排除、抑圧が
各地で横行し、排外主義の勢力が政権に就く国もあります。それだけに
(20年前の国連による)ダーバン宣言の実践が急務です」とある。日共応
援団、共産主義者なのだろう。

法政大学は「共産党宣言」 (岩波) を訳して暴力革命を煽った大内兵衛が
総長だった。大内の子分、向坂逸郎は社会党で向坂派を組織し、師弟とも
に元祖アカ、ソ連、中共の手先になった。法政は1960年代は中核派の牙城
で、小生も校内集会に何回か行ったが、“アカ好きんちゃん”嗜好は今でも
変わらないようだ。全然成長していないというのは凄いというか・・・侮
蔑を通り越して滑稽だ」・・・などなど。

面白いと言っては何だが、今の世界は第3次ガラガラポン戦争前夜的緊張
感が日々高まって小生にはとても刺激的だ。市井の隠遁ヂヂイはこの歴史
の瞬間に何も関与できないが、激動前夜の今を伝え、記録しておくことは
無意味ではないだろう。オオカミだ、オオカミが来る、みんな気を付け
て! オオカミ老人は未だ死なず、ただ吠えるのみ。撃ちてし止まん、病
膏肓、つける薬なし・・・そのうち再び措置入院、急性期閉鎖病棟とか。
Oh, no! 過ちは二度と繰り返し・・・そうだから、気を付けなければ


ブログはヂヂイのガス抜きとしては結構なものである。14億の民のガス抜
きを習近平は如何にせん、独裁止めますか、それとも国家を止めますか。
世界史的な岐路だな。最初の文革は悲劇、2度目の文革は喜劇か惨劇
か・・・奥山真司・地政学/戦略学者の論稿「中国の台頭は終了 だから
こそ起こり得る“米中衝突”の危機に備えよ」(SAKISIRU 2021/10/17)から。

<「中国の台頭はすでに終わった」「力を失い追い詰められ、さらに攻撃
的に」。米の若手研究者らが刺激的な論文を発表。論文の妥当性は? 
「現在の中国は1989年から90年頃の日本と似たような状態」と筆者・奥
山。「中国の台頭はいつまで続くのだろうか?――

これは東アジアの同じ地域で生きる日本にも大いに関係してくるため、
我々が常に問い続けなければならない大きなテーマだ。2021年10月1日、
この問いに対して「中国の台頭はすでに終わった」とする刺激的な論文が
発表された

◆「北京は自暴自棄に」米外交誌論文の衝撃: 掲載されたのは「フォー
リン・アフェアーズ」誌のサイトである。筆者はハル・ブランズとマイケ
ル・ベックレー。それぞれ「大戦略」や「大国関係」を研究テーマとして
いる若手の研究者であり、ともに米国防総省に役人として仕えた経験も持
つ。論文は以下の5部構成になっている。ポイントは、

1)中国の台頭は奇跡的な幸運のおかげ 2)その幸運も尽きて「台頭」は
終了した 3)最大の理由は成長の鈍化であり、経済的に厳しくなったこ
と 4)「反中包囲網」に戦略的に包囲されつつあること 5)危機を感じ
た北京は自暴自棄になりそうだ

彼らの議論が正しければ、中国の台頭はすでに終わっており、これから力
を失う過程で立場的に追い詰められ、そのために今よりもさらに攻撃的に
なる――というのだ。著者は豊富なデータや事例を示しており、実に説得力
を持っている。だが果たして、彼らの予測は本当に実現するのだろうか?

◆警戒されていた「30年前の日本」: 国際政治において未来に起こるこ
とを予測するのはほぼ不可能に近いが、それでも過去の例を参考にすれ
ば、ある程度のシナリオはイメージできる。その参考(アナロジー)とし
て「30年前の日本」を使うことができる。

もちろん当時の日本と現在の中国は全く異なる。政治体制も異なるし、国
の規模も違う。文化も成長スピードも違うのであり、日本は米国の従属国
であり、もう一方は核保有国として米国と対峙する気を持っている。その
ため「そもそも比較対象として持ち出すことさえナンセンスだ」という人
もいるだろう。

だが一方で日中は同じく東アジアの国として米国という覇権国に対峙し、
しかも経済的な結びつきが強かったこと、そして何よりも米国が「国力が
抜かれるかもしれない」と警戒していた国という共通点はある。

「現在の中国」が、今後アメリカとどのような関係になっていく可能性が
高いのか。本稿ではまず上記論文の結論である「中国の台頭は終わった」
が正しいものと一旦仮定しつつ、あえて「30年前の日本」を参考例として
考えてみたい。

◆米中関係は悪化、世界は混乱へ: 結論から言えば、米中関係はいまよ
りさらに悪化し、東アジアを中心に、世界はかなり混乱した状況に陥る可
能性が高い。その最大の理由は、米国の反中姿勢のピークは、実際の中国
の国力のピークよりも遅れて発生する見込みが高いからだ。これは「30年
前の日本」の例を考えてみればよくわかる。

日本と米国は同盟関係にあったにもかかわらず、すでに1980年代から日米
間では貿易摩擦の問題を解決するために様々な協議が進んでおり、1988年
には東芝がココムという共産圏への輸出禁止措置に違反し工作機械を東側
に販売したとして、米国の連邦議事堂前で東芝のラジカセを叩き割るパ
フォーマンスも行われている。

この頃の米国からの苛烈な要求のために「ジャパン・バッシング」(日本
叩き)という言葉も生まれたほどだ。(修一:1985〜1991年は日本のバブ
ル景気時代でイケイケドンドン。日本は世界一の経済大国になりそうな勢
いがあったが、総理はレーガンと仲良かった中曽根の後はいずれも小粒の
竹下、宇野、海部、宮沢で短命、経高政低だった)


翌1989年の12月には、すでに米ソ首脳による冷戦終結宣言を受けて、日経
平均株価が最高値をつけた直後から暴落をはじめた。この暴落を始める直
前の日本を、戦後の台頭における国力の「ピーク」として考えることは可
能であろう。

もちろんそのまま当てはまるわけではない。だが、ブランズとベックレー
の分析が正しければ、現在の中国は89年から90年頃の日本と似たような状
態にある、といえる。

◆「敵視の浸透」は遅れてやってくる: 問題はその後だ。当時の日本は
バブル崩壊によって不況に陥ったが、米国からは相変わらず日本を警戒す
るような言説が伝わってきていた。つまり米国の競争相手が「ピーク」を
迎えても、その「敵視の浸透」には若干のタイムラグが出てくるというこ
とだ。

それが顕著に出るのは政治言論だが、エンタメの分野でも米国が日本を
「敵」のように扱った書籍や映画が出てきた。以下に代表的なものを挙げ
ておく。

91年:映画『ザ・カミング・ウォー・ウィズ・ジャパン』→貿易戦争が第
二次日米戦争につながるシナリオ。92年:小説『ライジングサン』→日本
企業の陰謀を描く。映画は93年に公開。93年:映画『ロボコップ3』→日本
企業が悪役。94年:トム・クランシーの小説『日米開戦』→日航機のパイ
ロットがワシントンへ飛行機で自爆テロして戦争勃発。

この当時を生きていた人間としては、すでに経済力では米国に追いつけな
いことが判明していたにもかかわらず、文化面で日本がまるで「敵」かの
ような扱いを受けていたのは、なんとも意外というか、やや衝撃的だった
記憶がある。

ようするに日本の台頭のピークの時点で米国の日本敵視は十分激しかった
のだが、その敵視を日本側が実感しはじめたのは、実際は90年代に入って
からであった。

◆中国は「チャイナ・バッシング」に耐えられるか: 米国はその後も日
本側に配慮のない行動を続けており、それが民主党政権のクリントン大統
領が1998年6月に日本の頭越しで9日間も中国に滞在したことで頂点を迎え
た。これが「ジャパン・パッシング」(日本通過)と皮肉な名前で呼ばれ
たことを覚えている方もいるだろう。

このようなことは、現在の中国に対しても起こる可能性がある。実際に中
国の脅威そのものはピークを迎えていても、その認識や米国の敵視が本格
化するには、若干のタイムラグが出てくるからだ。

しかも日本の場合は互いに同じ西側陣営に属していた同盟国同士で起こっ
ていた話だ。政治体制も世界観も違い、しかも軍事的に太平洋の覇権をめ
ぐって対峙している米中両国が、仮に中国の台頭のピークは今だとして
も、このままおとなしく棲み分けができるとは思えない。

結論として、もしブランズたちの結論が正しければ、日本の事例から見え
てくるのは、これから米中がいよいよ外交的に不安定な事態を迎えるとい
う、やや悲観的な展望だ。そして日本は本格的に外交・安全保障面で悩ま
されることになる>(以上)

日本の政治家のほとんどがダメなのは「日本は本格的に外交・安全保障面
で悩まされることになる」という危機感や問題意識がないか希薄なこと
だ。そこそこ分かっている議員とか官僚、もちろん“選良”を選ぶ国民もレ
ベルは一緒で、20%いるかどうか。国政選挙の投票率も今は50%前後で、
投票率80%とかではむしろ危険水域だろうから、まあ「治まる御代」とは
そういうものかとは思う。小生は、日本はイザッ!という時は発奮すると
信じているが、本番だと萎えてしまったという話もあるから・・・

「フォーリン・アフェアーズ」誌は政治・外交系のインテリが読むのだろ
うが、近年は「対中戦争モノ」の論文がずいぶん増えてきた印象で、2021
年11月号掲載論文にはダン・アルトマン ジョージア州立大学准教授(政
治学)著「グレーゾーン事態と次の戦争――“トリップワイヤー戦力”で抑止
力強化を」があった。要旨は、

<小さな侵略・征服行動の背後には明確な戦略がある。相手がそれを取り
返すのではなく、「仕方がない」と諦めるような小さな領土に侵略地域を
とどめる。この戦略なら、あからさまに国を征服しようとした場合に比べ
て、全面戦争のリスクは大きく低下する。

だが実際には、中国による台湾侵攻、封鎖、または空爆のシナリオばかり
が想定され、「台湾が実行統治する島々を中国が占領する」という、より
可能性の高いシナリオが無視されている。

そうした小領土の占領を回避する上でもっとも効果的なのが(徹底抗戦意
思を示す威嚇的かつ比較的小規模な応戦である)トリップワイヤー戦力、
特にアメリカのトリップワイヤー戦力を事前配備しておくことだ。そうし
た戦力が存在しないために、中国との潜在的なホットスポットの多くでの
アメリカの抑止力が不安定化している。

尖閣(東シナ海)、スプラトリー(南シナ海)、台湾を守るトリップワイ
ヤー戦力は配備されておらず、ワシントンには、そうした小規模の部隊を
展開する政治的意志はほとんどない>

「tripwire」を英辞郎ではこう解説している。「《軍事》1)わな線、仕掛
け線。地面に隠したロープやワイヤで、敵や獲物をつまずかせたり、地雷
や他の機器などを作動させたりするのに用いられる。2)陽動部隊。比較
的小規模で前線に展開する部隊で、その後の大規模な作戦を引き起こす
きっかけを作るもの」

侵攻する敵に大打撃を与えるのではなく、初戦で躓かせて「予想外に厳し
い、一気呵成とは行きそうもない、これ以上前進すると我が方はかなりの
死傷損耗を被る」と敵に再考を促す効果があるわけだ。中越戦争でトウ小
平が成果もなく手を引いたのはベトナムの得意とする神出鬼没のゲリラ戦
やトリップワイヤー戦力の効果だったかもしれない。


危機に敏感なカナリアは真っ先に警鐘を鳴らす。それは自由陣営ばかりで
なく、中共弾圧下でも香港で(オブラートに包みつつ?)発行されている
日刊英字新聞「サウスチャイナ・モーニングポスト」 (South China
Morning Post、南華早報) も「中国の国境紛争 より厳しい防衛線」
(ローラ・ジョウ記者、2021/10/17)でこう指摘している。

<中国の軍事研究者によると、中国はほぼすべての陸と海の国境でますま
す深刻な課題に直面しており、これらの地域での防衛を緊急に強化しなけ
ればならない。

PLA(人民解放軍)国防大学の元教授、Ouyang Wei(オウヤン・ウェイ)
は、米国が南シナ海と台湾海峡での軍事的プレゼンスを強化し、インド、
アフガン、ミャンマー 、北朝鮮との中国の国境でも不確実性が高まって
いると懸念している。

北京に拠点を置くグランドビュー研究所が発表した報告書の中で Ouyang
は、「一部の国境地域で侵略、分離、テロに直面している。国家の団結と
領土の完全性を守る国境地帯での衝突やテロとの闘争は長期化の傾向があ
り、台湾海峡はさらに不安定な状況になるだろう」と述べた。

Ouyang は、この課題に対処するために、中国は防空識別システムや水中
警戒施設を含む国境沿いの防衛インフラを強化すべきだと提唱している。

報告書によると、北朝鮮の核実験、2月の軍事クーデター後のミャンマー
での大規模な抗議行動、北部(新疆)での長期的な民族紛争、アフガンで
のタリバンの支配は、中国の安全保障上の脅威を高めている。特に中国と
インドとの国境紛争問題は「より顕著だ」と述べた。

中印は紛争中の国境での17ヶ月間のスタンドオフ(衝突)で軍事力を強化
している。インドは米国に近づき(それを梃子にして)特に国境紛争では
中国に対してより厳しい姿勢を取っているように見える。「ガルワン川渓
谷での致命的な紛争を含む最近のスタンドオフは、中印国境を守るタスク
が他の地域よりも厳しいことを示した」と報告書は指摘している。

中国の国境は2万2800km以上に及び、14カ国が関与しており、中国は世界
で最も複雑な近隣諸国との紛争のいくつかを抱えている。北朝鮮、ロシ
ア、モンゴル、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、ネ
パール、ベトナムとの国境は協定合意に達し、「中国の国境地域の安全保
障環境を大幅に改善」した。

国境法の下で、中央政府は深刻な国家安全保障上の脅威に対抗するために
国境を閉鎖することができ、同国の軍事および準軍事部隊はテロ活動や違
法な国境通過への対処を担当する。

これらは現在、警察によって処理されているが、緊張は特に海上で高ま
る。中国政府は、必要に応じて武力で支配権を握るが、台湾近郊では軍用
機や戦闘船を定期的に配備し、軍事力の増大を図っている。

一方、南シナ海の80%についての中国の主張(九段線)は、ベトナム、ブ
ルネイ、マレーシア、フィリピンなどの国々と争われており、東シナ海の
小さな無人諸島をめぐる領土紛争は日本との間でいばらの問題となっている。

現在、中国を戦略的ライバルと見なしている米国は、この地域における中
国の影響力の増大を封じ込めるために同盟を含む戦略を推進している。ワ
シントンの主張は、中国政府の広範な海洋主張を抑えるための取り組みの
一環であり、英仏独を含む米国とその同盟国の軍艦が南シナ海で任務を遂
行している。

「中国は海上での国際貿易、エネルギー、戦略的ルートへの依存を着実に
深めており、沿岸防衛の範囲が拡大しているため、安全保障上の脅威と戦
略的圧力も高まっている。海上での不確実性の高まりは沿岸防衛の取り組
みを複雑にもしている。中国は国境や沿岸地域の脅威のレベルに応じて軍
事力を調整すべきだ」とOuyang氏は述べた>(以上)

台湾海峡の有事は即効で南・東シナ海、さらに黄海、渤海、日本海、西太
平洋での有事になるだろう。習近平・中共に台湾と台湾海峡に手を出させ
ないことが大事で、今何よりも必要なのは軍事的かつ経済的な中共包囲網
である。

世界の企業にとって14億の巨大市場は確かに手放し難いが、命あっての物
種、母国あってのビジネスであり、国際企業のモラルが「企業栄えて国滅
ぶ、それって仕方ないよね」と敵性国家を容認するのなら、中共以外の60
億の国の人々はそうした“敵性企業”をボイコットするだろう

支那の民は「日露戦争で日本がロシアを叩かなければ中国はとっくにロシ
アに編入されていた」(ジョンストン「紫禁城の黄昏」)という言葉をよ
く考えるべきだ。ノモンハンでも日本はロシアの南下本能による中国侵攻
を阻止したのではないか。敵は米加でも英仏、日豪印でもない。習近平・
中共独裁体制こそが諸悪の根源だ。「敵は中南海にあり、中南海を包囲せ
よ!」、今は易姓革命の好機である。中共殲滅、支那解放へ、内外が呼応
して決起すべき秋である。

             

━━━━━━━━━━━━


◆気がつけば数百社が倒産

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)10月18日(月曜日)弐
通巻第7085号  

♪「一日一社」「三日で三社」。。。。
気がつけば数百社が倒産
  恒大集団の断末魔、中国の不動産業界を粉々にするか

 当局は必死の防衛態勢を敷いている。人民銀行総裁やらエコノミストを
動員し、管制メディアを遣って「危機を治める」「恒大は金融危機をもた
らさない」「恒大の負債はGDPの2%でしかない。世界的ショックとは
ならない」等々。

 中国不動産企業の債務は590兆円。因みに日本のGDPは530兆円
内外。日本のバブル崩壊は100兆円規模で起きた。あのバブル破産の悲
惨さの五倍以上の規模の負債の爆発を気にしないとは畏れ入る。

 香港へ飛び火するのは時間の問題だった。
 香港不動産ビジネスの大手「ヘンダーソンランド」(恒基兆業地産)と
「新世界発展」は過去一ヶ月に7−8%ほど株価を下げた。高騰が続いて
香港のマンション価格も天井を打って下落気配だ。欧米のファンド筋が青
い顔をしてきた。

 アジアのREIT(不動産投資信託)は各国の株価インデックスの先行
きを占う大事な指標だが、明確に下落傾向にある。

 不況の暗雲はマカオへ津波となった。コロナで中国本土から博打打ちが
激減し、ようやく再開しつつあったマカオのカジノ産業も散々の体であ
る。2021年はカジノ客の激減で売り上げが40%前後蒸発したが、こ
こに習近平の贅沢をやめようとするキャンペーンが重なった。マカオがそ
の対象となった。

習政権はマカオのギャンブルが海外への不正送金とマネーロンダリングの
温床と見ているからだ。

 米国系大手三社のサンズ、MGM、ウィンは株価を26−34%下落、
スタンレーホー系のリスボア、横浜参入を断念した銀河、新壕國際など
も、それぞれが22,16,16%と株価急落に見舞われた。日本への
IR進出プロジェクトは、当面その可能性はなくなった。


 ▼すでに恒大集団のビジネスは解体、ばら売り状態

 中国GDPの25%が不動産業界だが、下請け、関連産業、孫請けと城
下町のホテル、飲食店、広告代理店、印刷業ほかを勘案すれば、GDPの
40%が、この不動産への投機によって支えられてきた。栄華の季節は終
わり晩鐘が聞こえる。

 すでに一ヶ月近く、死の淵を彷徨い続ける恒大集団だが、元金どころ
か、金利さえカネを調達できず、10月23日にはドル建て債券の利払い
猶予期間を迎える。

 関連で不動産企業のデフォルトが続いており、10月4日に花様年控股
集団(ファンタジア・ホールディングス)がドル建て社債の償還が出来な
かった。10月15日には中国地産集団(チャイナ・プロパティーズ・グ
ループ)がドル債の元利を支払えなかった。つづいて10月18日期限を
迎えるのが新力控股。2億五千万ドルの社債はデフォルトになるだろう。
 2022年1月に償還を迎える中国不動産企業のドル建て社債はおよそ
62億ドル。たぶん、40社が債務不履行に陥るだろうと囁かれている。

 恒大危機以後、社債市場で警戒感が拡がり、マンション開発のキンエ
ン・リアルエステートは償還期限の社債を二年後の社債とスワップしたい
との提案を行った。 
 銀行団は新しい貸し付けに慎重であるばかりか、担保権行使、貸しはが
しに転じており、各地でマンションの叩き売り、価格暴落、同時に新しい
土地の公開入札に民間企業の応札はゼロという状態が続いている。

 当局は地方政府の土地入札に関連して、地方政府の財源確保という宿命
もあって、国有企業に買えと命じている。
 またマンション価格の暴落を防ぐために15%の値下げが下限だと通達
した。「上に政策あれば、下に対策あり」の国だから、巧妙な値下げ、ダ
ンピングが行われる。
 表向きの値下げは15%だが、裏で他の特典をつけたり、闇銀行からの
手当も行われるだろう。

 2015年の上海株暴落のことを思い出してみよう。
 当局は投資家に「株を売るな」と厳命し、また「悪質な空売りを取り締
まる」とした。そのうえで株買い支えを証券会社に命じて、資金を裏口か
ら供給するという禁じ手を用いた。資本主義社会から言えば異常なトリッ
クで急場を乗り切った。


 ▼やっぱり庶民の「不動産暴動」をもっとも警戒しているのだ

 なぜそうした裏技を行使してまで風船のように膨らんだマンション価格
を維持したいかと言えば、高嶺で購入した人々の不信と不満が暴動に発展
しかねないからである。

また頭金を支払ったが、入居が出来ないという不満の高まりも抑えなけれ
ばいけない。
 中国の住宅ローンの仕組みは日本と同様で、頭金は手付け金である。そ
れから正式な売買契約となり、銀行でローンを組んで残額を支払い、購入
者の借金は購入者vs銀行の図式になる。

昨年から政府が、このローン審査に強い規制をかけて対応し始めたため
に、頭金を支払ってもローンが組めない。だから入居できないことになる。
あまつさえデベロッパーの工事中断。したがって入居不能。購入者は頭金
を盗まれたという認識になる。

恒大集団ばかりか、多くはなんとか生きのびようともがき、習近平は潰し
たい。しかし国際的に信用失墜となるという板挟みで、有効な手を打てな
いうちに時間切れとなる危険性が日々高まっている。
    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜読者の声 
READERS‘OPINIONS どくしゃのこえ 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴著『日本人が知らない本当の路地裏中国』(啓文社書
房)をじっくりと拝読しておりました。肩の凝らない、とても読みやすい
現代中国入門書ですね。しかしながら、宮崎さんは、よくぞあの宏大な中
国の全33省をくまなく足を運んだもの、そんな日本人はあまりいないで
しょう。
 日本と中国が「一衣帯水」ではなく、まったく異なった文明であること
を改めて理解できましたが、中国の迅速な新幹線網も多くが赤字という御
指摘は、なんとなく想像しておりました。
 老生、世界中を旅行したものですが、中国だけは避けて来ました。とい
うのも老生は北京のワンフーチン生まれ、敗戦後の引き上げで極貧の少年
時代を過ごし、命からがら日本に戻りましたので、中国への思い入れはな
かったのです。
 宮崎先生の、この本を読み終えて、死ぬ前に一度は中国へ行きたいとい
う気持が湧いて来ました。 
 さて雲南省の奥地に日本の軍人OBや遺族が基金を集めて、地元の児童
のために建設し寄付した白塔小学校が、建物ごと民間企業に売却されてお
り、「日中友好」と書かれた石碑はペンキで塗りつぶされていた由。
日中友好をさけぶマスコミや文化人は、この場所に来るべきです。「中国
愛」に燃える日本人は、中国人に莫迦にされていることを知るべきでしょう。
 ノーベル平和賞のダライラマ法王に米欧の元首は面会しておりますが、
日本の歴代首相は中国に遠慮して面会していない。日本はいつの間にかサ
ムライ精神を忘却のかなたに葬り去った。じつに情けない国になったと思
います  
   (AK生、市原市)


(宮崎正弘のコメント)哈爾浜生まれの芥川賞作家、楊逸女史からも、拙
著を推奨する書評を頂きました(週刊誌掲載)。



  ♪
(読者の声2)15日の「読売新聞」朝刊に、「英国に亡命した、香港人
の反政府活動家」の談話があり、うろ覚えですが、「反対運動を始めるの
が遅すぎた、もっと中国政府の動きを読むべきだった。もはや、民権復活
の希みはない」という落胆の談話でした。
宮崎先生にお聞きしたいのですが、現在の香港の民衆は、「もう、仕方が
ない」と反抗を諦めてしまった人々が大多数なのではないのでしょうか?
つまり、「一国二制度」に戻る可能性は「ゼロ」と判定するのが、冷静な
見方ではないのでしょうか? 
  (KI生、尼崎市)


(宮崎正弘のコメント)北京に政変がおきて習近平体制が転覆しない限
り、御指摘のように香港民主化は遠のいたというのが客観情勢です。
 海外へ運動拠点を移したのは亡命に成功した人々ですが、天安門事件の
指導者らは、たまに声をあげる程度。あれからまもなく33年です。
民主化運動最大の指導者(『中国の春』を創刊し、中国民主党主席)王丙
章博士は囮捜査で江西省チワン自治区に潜入したところを逮捕され、無期
懲役で広東省の刑務所にあります。欧米では王博士の救済運動が起きてい
ますが、日本のメディアは一切伝えません。
 海外の活動家たちは、漢族のみならずチベット、ウイグル、南モンゴ
ル、そして香港組との共闘を始めています。
ペマ・ギャルポ先生が主催する「アジア自由民主連帯協議会」などが基軸
となっています。
https://freeasia2011.org/japan/

   ♪
(読者の声3)総選挙をまえにして、「林元参院議員が衆議院にくら替え
する」VS「元官房長官の河村議員が引退し、息子が自民党の比例代表に決
まった」という報道は、「小さな現象が大きな本質を示す」ことを如実に
示し、これが今まで自民党が概ね政権政党に収まってこられた組織の原
因・要因であると感じました。
旧来の「識者」はこの現象を単に「論理=理屈」で「解説」してきました
し、今もそうですが、最新の分子生物学者や、それを哲学と結びつけ、人
間社会に思いを巡らせる人たちは、人間の行いはすべからく「ロゴス=言
語=意識=論理」と「ピュシス=感覚=自然・天然=感情」の「バラン
ス=せめぎあい」=であるという本質論を以って解釈するようで、それは
最新先端分子生物学から得ることができた知見のようです。
そしてこのような思考回路は、コロナ禍もあって世界中に拡散しているよ
うに感じられます。
 私は自民党が実は親子の「ピュシス的」ポジションを合体した「レシプ
ロシティ」を測っていたと予想される河村議員の心中を「バランス=せめ
ぎあい=相互主義(レシプロシティ)」でとらえ、それを(動的平衡論
的)解決策として持ち出したことで解決を図ったと感じ、「自民党もヒト
は結局は生物学的存在であることを(無意識ながら)体得しているな」と
感じました。
なぜなら学問的には、ロゴスで解決できぬ問題が最後に解決する手段は、
結局それを「ピュシス」にゆだねてきたという「生物学的原理」であるか
らです(SSA生

   ♪
(読者の声4)未来ネット(旧「林原チャンネル」の「宮崎正弘の『生』
インタビュー」。10月15日放映分は興味しんしんでした。かつ米国政権の
内部事情など、知らないことが多く、有益でした。アメリカ通の福井県立
大学教授の島田洋一先生はエネルギッシュでした。
https://youtu.be/us4qB6acAD0
 視聴者からの質問にも、逐一丁寧に答えておられ、これもまた参考にな
りました。(HH生、幕張)

  ♪
(読者の声5)三島由紀夫研究会の「公開講座」のお知らせです。次回は
三島文学館前館長、文藝評論家の松本徹先生です。

とき    10月25日(月曜)午後六時
ところ   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師    松本徹
演題    「三島由紀夫の切腹」
会費    お一人2000円(会員と学生は千円)
特記    マスク着用、どなたでも予約無しで御参加いただけます
       (三島由紀夫研究会事務局)

   ♪
(読者の声6)仮想・暗号通貨の未来。
 支那が嫌がることは、日本、世界にとって良い、という厳然たる経験定
理がある。逆に、支那から褒められたりする政治家、企業家、学者は日本
の敵だ、とも言われる。最近、支那ではビットコイン(以下$Bと略)が禁
止された。MITやハーヴァード大学などに留学し、数学と金融の最先端を
知っている指導者が判断したわけである。
つまり、ほっておいては
1。人民元が危なくなる、
2。この普及は止まらない、
3。基軸通貨ドルをも脅かすだろう
との正しい解析による、と思われる。支那としては、「良貨が悪貨を駆逐
する」のを「対岸の火事」として楽しみたい。これもチョウゲンセンの作
戦、だろう。

 余談。第3次世界大戦は、「全体主義vs自由主義の国家間」の戦争では
なく、「自由を守る国民vs自由を奪う政府・国家」の内乱となり、既に
2020年から戦闘が公然と世界中で始まっている、という見方もある。日本
人は相変わらずお上を信じ従属する伝統が長い江戸時代にDNAに組み込ま
れ、さらにGHQによって補強され、(不能な追従迎合NHKなどの)情報鎖国
によって、この新型全世界戦争(自国政府こそ敵)の最中にいる、という
認識がない。この内戦には原爆もミサイルも使えず、人民の得意なゲリラ
戦型の内戦となる。
 $Bの最近の状況が急に変わってきた。結論を先に言えば、もう止まら
ない。
最近、エルサルバドルという国が、自国の通貨をやめて、ドルに付随する
のもやめて、乗り換えた。ロシアのプーチン氏は$Bで取引しても良いと
言う。かなりの民間企業、例えばテスラが支払いを$Bでもいい。外国と
の取引、決済が瞬時に行われ、その費用がほぼゼロ。金融業界でも既
に$Bをあたかも普通の派生商品として扱うようになった。そして 昨日ア
メリカ証券取引委員会(SEC)は$B建のETFを今月中に公認する、らしい。
すると誰でも安心して$Bを普通に売買できる。エド・スノーデン氏は、
「初めて、買う気になった」とつぶやいている。

 今、政府の最も恐れている事は、インフレではなく、むしろ2000年2008
年のような国民の資産の崩壊である。株、土地、$B、下がらずに兎に角
上がって行けば良い。金融業界はいつも倫理とは無縁で、なんでも儲かれ
ば参加する。$Bとは、史上最大の成長株と認識している。電気代の安い
所では$Bをいくらでも採掘し発行できる。インフレに強いのは不動産、
成長株であるが、その遥かに上を行くのが$B、故にインフレ対策にもなる。
 多数決の論理、洗脳の仕組み、真実とは、「嘘を100回聞くと、本当に
なる。1兆回では真実、事実になる。悪者も少数では異端だが、大多数で
は正義・正常になる。」という普遍的な法則が適応されるので、いわば
「みんなで渡り出したら、赤信号が青になった。」その一方で、ドル、人
民元、円、国債、政府・報道の信頼、そして超インフレに対して黄色が点
滅し始めた。
これも武漢菌が全世界に「根回し」を施し、$Bが起爆剤となる「嘘と真
理が入れ替わる」超ガラガラポンの始まり。溺れる信者の最後の頼みの藁
とは、MMT教徒の唱える幼稚な呪文「イジゲン緩和、ザイセイ出動」であ
なたは救われる。
また指導者たちの不能不知・優柔不断が敗戦の原因になるらしい。
聞き慣れた普遍的な女の忠言、「皆様、シートベルトをお締めください」
そして「他人を助ける前に、まず自分の酸素マスクをおつけくださいま
せ。」   
(在米のKM生)

2021年09月28日

◆ゴッホの「ひまわり」

馬場 伯明

2021年9月のある午後、コロナ禍の休館から再開したSONPO美術館に行っ
た。曲線と曲面を駆使したデザインの白い建物である。当日はバルビゾン
派から印象派までの「ランス美術館コレクション展」が開催され、コ
ロー、ルソー、シスレーなどの絵が展示されていた。
3階の最奥の収蔵コーナーには、左横にゴーギャンの「アリスカンの並木
道、アルル」があり、正面の低反射の特殊強化ガラスの中に、ゴッホの
「ひまわり(Sunflowers)1888」が鎮座していた。後期印象派画家のフィ
ンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh・1853-1890)の代表的な
作品の一つである。

同館の冊子「解説 フィンセント・ファン・ゴッホひまわり(以下、『解
説ゴッホ』という)」の中の「ゴッホの書簡」からゴッホの言葉を記す。

「僕は何よりもまず、ひまわりを選んだのです」。「僕はアトリエを、半
ダースのひまわりの絵で飾ろうと考えている」。「ひまわりがある種の色
彩の特性を備え、さらに“感謝”を象徴するひとつの観念を表しているとし
ましょう」。冊子の解説・編集者は小林晶子主任学芸員である。
同館では作品「ひまわり」は撮影可となっており、右手前からの撮影場所
(足形)が指定されていたが、監視員は「正面からどうぞ」と言った。

「ひまわり」は昔観たころと変わらずほのす暗い部屋の中で黄色い光彩
を 放っていた。私はしばらく絵の前に佇み懐かしく見入った。

この「ひまわり」は20年前に当時の安田火災海上保険が驚愕の58億円とい
う高値で落札し、同ビル内の東郷青児美術館に展示し一般公開した。

1990 年に同郷・長崎県出身で大学・学部の同期生だった北村必勝氏から
の誘い で、鑑賞した。彼は当時同社の役員で美術館も管轄していた。

私は入場チケットを多く入手し顧客などに配布し喜ばれた。同館フロアで
顧客と待ち合わせ「ひまわり」を鑑賞したあと夜の新宿で会食することも
あった。他国へ貸し出され観ることができないこともあった。

その後2003年9〜12月には「ゴッホと同時代の画家たち ゴッホと花−ヒ
マワリをめぐって」が開催された。同館の「ひまわり」、「ルーラン夫
人(揺り籠を揺する女・シカゴ美術館)」と「ひまわり(ゴッホ美術館・
アムステルダム)」の三点が並んで三幅対として展示された。壮観であった。

私は絵画鑑賞が大好きだが絵画については素人である。「ゴッホのひまわ
り」については国内外に莫大な画集や書籍がある。

「ゴッホのひまわり  全点謎解きの旅」(朽木ゆり子・集英社780円)と
いう2014年発行の新書 がある(以下、「謎解き」という)。朽木氏は
1951(?)年生まれ国際基 督教大学(ICU)18期卒のジャーナリストであ
りフェルメールの研究でも 知られている。現在アメリカ在住。

本書では、ゴッホの「ひまわり」11点を取り上げ、とりわけ「(花瓶入り
の)ひまわり」7点について、念入りに自分の目で調査・確認し、詳細な
経過と結果をわかりやすく書いている。

ゴッホは、1890年(死去の年) に、「子守女」の絵を真中にして両サイ
ドに「ひまわり(フィラデルフィ ア美術館:右)」と「ひまわり(ゴッ
ホ美術館:左)」を配置し、ゴー ギャンに渡すつもりだった。(「謎解
き」210p)。その三幅対が113年を 経て2003年9〜12月の東京の東郷青児
美術館で形を変えて実現されたので ある。なお、「ルーラン夫人」は一
般に「子守女」と呼ばれている。

じつは、2006年8月4日、きわめて残念なことがあった。損保ジャパン専務
取締役の北村必勝氏が早世した。62歳。芸術を深く愛し地球環境を守る大
切さを訴えた先見性のある人だった。

8月9日の昼、目黒区の護国寺桂昌殿 での葬儀・告別式で、私は三井住友
銀行頭取の奥正之氏と隣り合わせた。 大学・学部の同期生である。「通
夜は別用で行けなかった」と。

さて、ゴッホの「(花瓶入り)ひまわり」7点について「謎解き」と「解
説ゴッホ」より抜粋・抄録しつつ、参考にして概要を紹介する。1〜7は制
作順の番号である。
「ひまわり1」:1888年・油彩・キャンヴァス・73×58cm 個人蔵(所蔵者
不明)。

「ひまわり2」:1888年・油彩・キャンヴァス・98×69cm 1920年実業家山
本小彌太氏が購入。第2次世界大戦中、芦屋の空襲で焼失。
「ひまわり3」:1888年・油彩・キャンヴァス・92×73cm ノイエ・ビナコ
テーク蔵、ミュンヘン、ドイツ。
「ひまわり4」:1888年8月・油彩・キャンヴァス・92.1×73cm ナショナ
ル・ギャラリー蔵、ロンドン、イギリス。
「ひまわり5」:1888年11月下旬〜12月上旬頃・油彩・キャンヴァス・
100.5×76.5cm SONPO美術館蔵、東京、日本。ひまわり4(イギリス)を手
本として制作されたとされている。
「ひまわり6」:1889年・油彩・キャンヴァス・92.4×71.1cm フィラデル
フィア美術館蔵、アメリカ。
「ひまわり7」:1889年1月・油彩・キャンヴァス・93×73cm ファン・
ゴッホ美術館蔵(フィンセント・ファン・ゴッホ財団からの永久貸与)、
アムステルダム、オランダ。

この7枚の中で私が現物を観たのは「ひまわり5・7」の2枚だけである。
3・4・6は各美術館にあり、美術画集やWEBの写真で観ている。1は所蔵者
不明であり、2は焼失しているので現物を観ることができない。

「何輪のものひまわりが燃えるように輝きながら、花瓶からあふれている
(「謎解き」20p)」。どの「ひまわり」を観ても美しく、ゴッホ本人は
37歳で自殺したのに、生き生きとした生命力が漲っている。

ここで、あえて私の好みを言えば、4(ロンドン)と6(フィラデルフィ
ア)だ。4を手本にして5(東京)と7(アムステルダム)が描かれた。

い わゆる黄色い背景の3点であるが、素朴な本家4の方を気に入っている。

6は3(ミュンヘン)から制作されいずれも瑞々しい青色の背景に補色の黄
色い花が浮かび上がるが、6の方が穏やかに感じられ癒される。

ところで、避けて通れないことがある。東京の「ひまわり5」の贋作論争
である。長くなるがお付き合いください。引き金となったのは、一挙に19
億円(1985)から58億円(1987)に跳ね上がった異常な高値落札であると
も言われる。(「謎解き」159P、第7章・第8章)。

《贋作派の主張》(1)来歴からは真偽不確かである。(所有の)空白期間
あり。ゴーギャンの友人エミール・シュフネッケルの贋作とする。

アルル 時代のゴッホの手紙には「ひまわり5」と認識できる作品がなかっ
た(書 かれていない)。
(2)技法上の問題。オリジナル(ひまわり4)と異なる。花の茎が折れて
いる。茎が葉の真ん中を通過している。一署名がない。筆使いが異なる。

(3)「ひまわり5」のキャンヴァスの画材はジュート布。ところが上端に
別の布が貼られ、周辺部全体に加筆の跡がある。誰が拡張・加筆したのか
不明だ(「謎解き」186p)。
《真作派の主張》。(1)来歴は確かである。(2)技法。筆使いが異なると
いうが、「いや違う。他の作品と似ている」(ファン・ゴッホ美術館の
ティルボルフとヘンドリクス氏の反論)。

(3)「(シュフネッケルが) 自分で作った贋作なら、それにわざわざ
キャンヴァス布をつけたして、延 長部分を偽造するのは非合理的なよう
に思える。(「謎解き」)189p」

疑惑や論争に決着はつかない。「謎解き」での朽木ゆり子氏の見方は双方
の論を提示し、公平・無私な立場を貫き、一方に与してはいない。

では、真贋の決め手は何もないのだろうか?なにせ130年前のことであ
る。関係の手紙や文書などはすでに調べ尽くされているだろう。やはり科
学的な調査と分析の進展しかないと思われる。

「ファン・ゴッホ美術館は、世界中の美術館の協力を得てゴッホの絵380
枚以上のX線データを入力し、この手法でキャンヴァス分析を実施中だ。

1888年から1990年、つまりゴッホがアルルへ移ってから、オーヴェル・
シュル・オワーズで死ぬまでの間に描かれた絵187枚の分析が試みられて
おり、これまであいまいだった絵の順番や制作日の特定が進み、近々何ら
かの形で発表されるだろう」(「謎解き」191p)

「(ゴッホ美術館によるキャンヴァスの地塗り等の調査で)『ひまわり
5』の調査結果はどのようなものだったのだろうか。

展覧会前の調査に対 してはX線検査データが提供され、目視による広範な
調査がなされたが、 残念ながら損保ジャパン東郷青児美術館(当時)は
物理・科学検査を許可 しなかった」(「謎解き」183p)。

SONPO美術館の解説本「フィンセント・ファン・ゴッホ(2020)」の執
筆・編集者である小林晶子氏(SONPO美術館主任学芸員)は、「・・・こ
の花は、色彩と技法の探求と共に繰り返し描かれ、そして『感謝』を表す
『ひとつの観念』となる」と書く。

さらに、黄色い背景の3点の「ひまわり4・5・7」は「・・いわゆる『複
製』したものではないことがわかります。・・・写実的に描かれているロ
ンドンの《ひまわり》から、東京の《ひまわり》を経て、比較的装飾的なアム
ステルダムの《ひまわり》に至るまで、画面は次第に抽象的な傾向を帯びて
いきます」。

「ゴッホが何度も試行錯誤を繰り返しながら、自らの芸術を 築きあげた
画家であった証なのです」と結論する。(小林晶子「ゴッホへの招待
(2016朝日新聞出版)」。贋作論争(疑惑)の入る余地はない。

しかし、世界に冠たるゴッホの「ひまわり(花瓶入り)」7点の現存する6
点のうちの1点が厳然として日本国内にあるのだ。SONPO美術館は、所有者
の誇りと勇気をもって、ファン・ゴッホ美術館などによるX線検査を含む
すべての科学的な調査・分析に積極的に協力すべきではないか。

ゴッホの「ひまわり」を愛する世界中のゴッホ愛好家は、贋作論争(疑
惑)が消え去り、「ひまわり5」が真作(!)であることを信じ、そうで
あることを期待しているはずである。遠い草葉の陰で(故)北村必勝氏も
そう思っているだろう。(2021.9.26 千葉市在住) 

(追記)「ひまわり」は来ないが2021.9.18〜12.12東京都美術館でゴッホ
展、開催中。「黄色い家」「夜のプロヴァンスの田舎道糸杉」など。(了) 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆”平和憲法”を受け入れた日本の母性文化
加瀬 英明
 
 今年は日本が対日講和条約によって、独立を回復してから69年たつ。

 このあいだ、米国による占領下で強要された、とうてい憲法と呼ぶこと
ができない現行憲法を、こともあろうに「平和憲法」と呼んで1行も改め
ることなく戴いてきた

 世界のどの国であったとしても、前文で自国を腐(くさ)し、国を守る軍
を保有することを禁じた、憲法の名に価いしない憲法を独立を回復した後
に急いで改めたことだろうどうして、日本だけが例外なのだろうか。
日本は世界のどこよりも平和が続いた、特異な国だった。

 日本は世界の主要国のなかで、女性上位の母性原理によって支配された
唯一つの国である。他の国では争いが絶えなかったから、戦いの担い手で
ある男性上位の父性原理によって動かされてきた。

 非常識な護憲主義は、日本の1万数千年かけて培われた国柄に深く根ざ
していると思う。縄文時代は1万2000年にわたったが、自然の恵みが豊か
なために、平和だっ
た。古墳から戦いによる傷を負った骨が発見されない。

 戦乱の時代もあったが、世界に珍しい「和」を尊ぶ国である。日本列島
の外から多様な人々が集まったが、融合した神武天皇即位の勅(みこと の
り)が「八紘一宇(はっこういちう)」――天の下で差別することなく睦(む
つ)むことを命じている。 他国ではありえないことだ。

平安時代は400年、江戸時代に300年近くも平和が続いたのも、他国にない。

日本語ではなぜか、祖国を指す言葉として「母国」しかない。ヨーロッ
パ諸語にはドイツ語、英語のファターラント、ファザーランド(父国)、
ムターラント、マザーランド(母国)があり、フランス語はラ・パトリ
(父国)しかない。中国語も 「祖国」というが、「母国」といわない。

父親ができる子供とできない子供を峻別するのに対して、母親は均しく
愛する。男性は競い、女性は変化を嫌って安定を求め、平和を好む。

日本では敷地にたつ主な家屋は、母屋と呼ばれる。母堂があっても、父
堂がない。女性用務員もいない男だけの学校も、母校だ。トラックや乳母
車にかけるホロを「母衣(ほろ)」と書くが、武士が戦場に立つ時に後ろ首
を守るために、兜にかけ た鉄鎖の網のことだ。

「めおと」は、もともと「女男」と書いたが、江戸時代に入って武家が
男上位の社会がもたらしために、夫婦を「めおと」と読ませた。どうして
「夫」を、「め」と発音できるのか。いまでも、和船に用いる両端が尖っ
ている釘は、女男(めおと)釘(くぎ)と呼ばれる。

平安時代に外の世界では、女性はほぼ全員が文盲だったが、日本では女
性が洗練された文化を担った。今日でも、日本文化の柱となっているかな
文字は、「おんな文字」といわれて女性が創った。

日本では、男が女に甘える。西洋では、女が男に甘える。日本では男が
我儘だが、西洋では女が我儘だ。弱いほうの性が我儘になり、強いほうの
性が耐える。

現行の“平和憲法”は、成り立ちが怪しいうえに、日本の平和が守られて
きたのは“平和憲法”によるものでなく、米国の軍事保護によるものだが、
現行憲法が日本の
母性文化に適合しているから、日本の土壌に深い根を降していると思う。

男は論理を重んじ、女性は感性によって生きている。男は簡潔に話す
が、女性は感情に訴えるから長い。

日本では男は女性に煽(おだ)てられて、男らしく振る舞う。西洋では男が
男に「男らしくしろ(ビー・ア・マン)」というが、日本では女性が男に
対して「男らしくしなさい」と叱る。

日本が戦争に敗れ、日本の再興を恐れた米国が、日本から男らしさを消
去して、女性がいっそう強くなったのも、“平和憲法”を“不磨(ふま)の大
典”としているのだろう

         

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆中国は人類を終末に導くウイルスをつくっていた

北野 幸伯

@軍事費5.5倍の中国に勝つ方法は、地政学が教えて
くれます。
●日本の地政学  北野幸伯著
詳細は↓
https://amzn.to/3miSNsV
では、本題。

去年と今年は、新型コロナで大変ですね。
ところで、このウイルス、どこからきたのでしょうか?
もちろん、「中国から」来たのですが。

バイデン大統領は5月、「新型コロナウイルスの起源を90
日で調査せよ!」と情報機関に命じました。

90日が過ぎ、出て来た結論がこちらです。
CNN.co.jp 8月28日。

< 米情報機関を束ねる国家情報長官室は27日、バイデ
ン大統領の指示を受け約90日間続いていた新型コロナウ
イルスの起源を探る新たな調査結果の要約を公表し、明確
な結論は出なかったと報告した。>

「明確な結論はでなかった」というのが結論・・・。


なんともスッキリしない結論ですが、少なくとも「正直」
ではあります。
では、90日でわかったことは、なんでしょうか?


・武漢ウイルス研究所からの流出説と、動物からの感染説
の二つあるが、はっきりと結論は出せない。

・新型コロナウイルスは、「生物兵器」として開発された
ものではないようだ。

・中国が協力してくれないので、真相にたどりつけない。


これだけです。

世界中で、「新型コロナウイルスは、武漢ウイルス研究所
から流出した生物兵器」という話がひろまっています。

もしそれが本当で、確固たる証拠があるなら、アメリカ政
府は、必ず公表したでしょう。

なぜ?

米中覇権戦争がつづいている。
情報戦の要諦は、敵国を「悪魔化すること」です。


アメリカはすでに、「ウイグル問題」で中国を「悪魔化」
することに成功しています。

中国が、
「ウイグル人100万人を強制収容している」
「ウイグル女性に、不妊手術を強要している」
「事実上の民族絶滅政策を行っている」


これらは事実なので、アメリカは積極的に情報戦で使って
いる。一方、「新型コロナウイルス」については、証拠不足で情報戦使用
は避けられています。


▼中国は、人類を終末に導くウイルスをつくっていた
一方、「中国は、人類を終末に導くウイルスをつくってい
た」という報道もあります。
中央日報9月23日付を見てみましょう。

<中国武漢の科学者が新型コロナウイルス感染症(新型肺
炎)発生前に伝染力の強い変異種コロナウイルスを作る計
画を立て、トランプ政府傘下の機関に研究費支援の要請も
行っていた事実が確認された。

英国日刊紙テレグラフは現地時間で21日、新型コロナ起
源調査のために世界の科学者が作ったウェブ基盤の調査チ
ーム「ドラスチック(Drastic)」が公開した文書
を引用してこのような内容を報じた。>

中国武漢の科学者は、今回のパンデミックが起こる前に、
「伝染力の強い変異種コロナウイルスを作る計画を立て」
ていたと。

どういうことでしょうか?


<報道によると、中国武漢の科学者は新型コロナが初め出
現する1年6カ月前、コウモリコロナウイルスの新しい
「キメラ型スパイクタンパク質」を含めた皮膚浸透ナノ粒
子を雲南省の洞窟コウモリに伝播する計画を立てた。
彼らはまた、人間にもっと簡単に感染させるために遺伝的に強化されたキ
メラウイルスを作る計画を立てた。

それだけでなく、高危険天然コロナウイルスの変異種と伝
染力はあるがあまり危険ではない変異種を混合する計画も
立てた。>(同上)

なるほど。
では、一番上の引用にあった、

<トランプ政府傘下の機関に研究費支援の要請も行ってい
た事実が確認された。>


これは、何でしょうか?

<このような提案は武漢ウイルス研究所(WIV)と密接
に仕事をしていた「エコヘルス・アライアンス」のピータ
ー・ダスザック代表が提出した。

該当研究チームには「バットウーマン(コウモリ女)」こ
と武漢研究所所属の石正麗博士も含まれていた。

武漢の科学者は計画を実現するために米国の国防高等研究
計画局(DARPA)に1400万ドル(現レートで約15億円)を要請した。

しかしDARPAは「提案した課題は地域社会を危険に陥
れることは明らかだ」などの理由を挙げて研究資金支援を
拒否した。>(同上)

なるほど〜。

ここで、「提案したのはピーター・ダスザックだ」という
話がでてきます。
彼は、イギリス人動物学者で、「エコヘルス・アライアン
ス」の代表です。


@ピーターダスザックのウィキはこちら。

https://en.wikipedia.org/wiki/Peter_Daszak

@エコヘルスアライアンスの公式サイトはこちら。

https://www.ecohealthalliance.org/



彼らは、アメリカ(国防高等研究)計画局(=DARPA)に15億円の支
援を要請するも、

「危険だからサポートはできない」と断られたと。
で、彼らは、それで研究をストップしたのでしょうか?

「大金がなくても研究はできる」と主張する権威ある専門
家がいます。

<武漢研究所が伝染病流行以前の数年間に、いわゆる「機
能向上」作業を進めてきたことを証明して発表するために
孤軍奮闘してきたロンドン大学セントジョージ校のアンガ
ス・ダルグリッシュ教授は

「この研究は資金なくとも行うことができる」
と話した。>(同上)

アメリカから金をもらえなくても、たとえば中国政府など
から資金を得て、研究をつづけたかもしれない。

<匿名を求めた世界保健機関(WHO)新型コロナウイル
ス研究員は「恐ろしい部分は彼らは伝染性キメラMERS
(中東呼吸器症候群)ウイルスを作っていたということ」
としながら「このようなウイルスの致死率は30%以上で
重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス−2よ
りも少なくとも10倍以上致命的」と明らかにした。>

「致死率30%」のウイルスを作っていた!
つまり、感染したら、「3人に1人は死ぬ」と。


しかし、今回パンデミックを引き起こした「新型コロナウ
イルス」は、彼らが開発したものとは別物なのでしょう。
致死率低すぎですから。

では、もし彼らのウイルスが、流出していたらどうなって
いたのでしょうか?

<この研究員は「もし彼らが作っていたウイルスが広がっ
ていたとすれば、その大流行により人類はほぼ終末に陥っ
ていただろう」と付け加えた。>

「人類はほぼ終末に陥っていただろう」とのことです。

生物兵器の開発、生産、保有は、「生物兵器禁止条約」で
禁止されています。

こういうマッドサイエンティストたちは、逮捕され、裁か
れるべきでしょう。

もし、中国政府が、この研究の背後にいたという動かぬ証
拠が出れば、当然厳しい制裁を科すべきです。

今回は「新型コロナウイルスの起源」とは違う話ですが。
「新型コロナウイルス」の起源についても、真相が究明さ
れ、正しい罰が下されることを願います。
          

2021年06月29日

◆鳩が豆食ってパ!そして桂馬!

馬場 伯明


コロナ禍に抗してというか、毎日東京へ出勤している。最近増えたことが
ある。家を出がけの「忘れ物」だ。JR稲毛駅へ向かい100mほど行ったと
ころでふと気づく。定期券・ハンカチ・財布・(雨予想の)折りたたみ
傘・・・。困ったものだ。単純な物忘れ症から認知症へのシルバーロード
(*)一直線となりそうである。(*)って英語にあり?

55年前に大学を卒業し企業へ入社したとき、「新人サラリーマン必携」と
いう帯封がある新書版のハウツウ本を先輩がくれた。著者は著名な経営学
の教授であった。内容は大して重要なものではなく、部下の大学院生や編
集者らが代筆したのではないかと思われた。

だが、その中に奇妙な台詞(!)があった。そして、「紙に書き壁に貼っ
ておくべし」と。「ハトガマメクテパ(!)」こりゃ、なんだ。「『鳩が
豆食ってパ(!)』と覚えなさい」とあった。

生徒や学生時代に自堕落な生活態度に慣れきった新人サラリーマンは、ま
ず、家を出るときに忘れないようにチェックすべき必須事項として、その
先頭の文字を連ねたものである。

(ハ)ハンカチ。(ト)トケイ(腕時計)。(ガ)ガマグチ(財布)。
(マ)マンネンヒツ(万年筆。今はボールペン・シャープペンシルか)。
(メ)メイシ(名刺)。(ク)クシ(櫛)。(テ)テチョウ(手帳・スケ
ジュール帳)。(パ)パス(交通機関の定期券)。

どうしても必要なものは、どれか。(ガ)ガマグチ(財布)・(テ)テ
チョウ(手帳・スケジュール帳)・(パ)パス(交通機関の定期券)だろう。

金(財布・現金・銀行カード等)がなければ困る。手帳には仕事のスケ
ジュールが書いてあるので必携であった。自宅に電話して「会議の予定が
ある?」と妻に確認したことがある。

定期券については、私は入社10数年工場勤務であり、独身寮や社宅住まい
だったので、会社の通勤バスや自家用車通勤でありパス(定期券)は持っ
たことがなかった。東京転勤後、持ちなれない定期券を忘れ、徒歩10分余
でも自宅へ取りに帰ると遅刻するので、やむなく実費を払い、損したこと
がある。

ところで、当時の「(旧)ハトガマメクテパ(!)」に加え、時代の変化
とともに「(新ないし追加の)鳩が豆食って・・」が出てきた。その必要
不可欠度は別にして、五十音順に記す。

(イ)インカン(個人の印鑑)。(カ)カギ(鍵)。なぜ(旧)になかっ
たのか。忘れて困ったことがある。(ク)靴ベラ。(ケ)ケイタイ(携帯
電話)。(テ)ティッシュ(鼻紙)(ネ)ネクタイ。(バ)バッジ(法人
章・SDGs章など)。

(マ)マスク。(ミ)身分証明書(カード)。これがないと出退勤ができ
ない。(メ)メガネ。遠近両用の眼鏡であるが、自宅ではかけていなくて
もあまり不自由しないので、忘れやすい。また、冬になると(テ)テブク
ロ(手袋)・(マ)マフラーが加わる。

頭の文字をつなげれば、「イカクケテ・ネバマミメ」である。これらの順
番を入れ替えて、意味がある熟語や文にしようと思ったが、やめた。(興
味がある人があればよろしくお願いします)。

(新ないし追加)で最も重要なものが2つある。「桂馬(ケイマ」であ
る。一つは(ケ)ケイタイ(携帯電話)である。仕事の電話連絡はほぼ携
帯で行っており、また、自宅と勤務先のメールを携帯で送受信もできるよ
うに設定してあるので、携帯を忘れたら仕事に大いに支障をきたす。その
イヤホンも電車内では必需品である。

もう一つは(マ)マスクである。昨年からのコロナ禍で絶対的に必要不可
欠品となった。毎日の電車通勤である。忘れてはならない。私は自宅では
マスクをはめていないので、出がけについつい忘れてしまう。だから、鞄
には常時3個入れている。ワクチンはすでに2回済ませ3週間以上を経てい
るけれども、マスクはなお必要である。

ハウツウ本には「『ハトガマメクテパ(!)は紙に書き壁に貼っておくべ
し」とあったが、無視してきた。しかし、あれから55年、だんだん必要性
が増してきたので、2021年、喜寿に達するのを記念して、色紙に楷書で書
き額縁に入れ書斎の壁に貼っておくことにしよう。
「鳩が豆食ってパ!そして桂馬!」と。

でも、早朝、その額縁を見て確認するのを忘れてしまったらどうなるの
か。う〜〜ん、そんなら、玄関のドアの内側に「額縁を見たか?」と貼
り、最終確認することにするかなあ(笑)。

いや、根本的にはもっと大事であり懸念されることがある。「鳩が豆食っ
てパ!そして桂馬!」の個々の内容を思い出せなくなったらどうしようか
ということだ(笑)。(2021.6.27千葉市在住)

2021年05月05日

◆52ヘルツのクジラたち

馬場 伯明


全国の書店員の投票による2021年本屋大賞は「52ヘルツのクジラたち」に
決定した(2020.12.14)。著者は町田そのこ氏(41歳)・中央公論新社発
行・260頁・1,600円。書下ろし作品である。読んでみた。

古典や人口に膾炙している小説などならいいが、新刊小説の紹介や感想文
では「ネタばらし」は禁忌(タブー)とされる。それが読者マナーである
と。う〜〜ん、すでに本書はWEBでも種々「公開」されている。私の個人
的な関心事に絞り、それなりに「ばらす」こととする。

私が書く本書の概要。主人公の女性、三島貴湖(きこ・26歳?・綽名:キ
ナコ)は、連れ子だった幼児の頃から大人になっても、実母や義父から虐
待を受け、人格を支配され、心に深い傷を残していた。だが、義父の死を
契機に、東京の愛人や友人らとも別れ、ついに実母の軛(くびき)から逃
れ、かつて祖母が住んだ大分県の海辺の町の古家へ独り移住した。

その町で、同じような虐待の境遇にあり言葉をなくしている少年(中学
生?)に出会う。当面の呼称:「52」。蔑称「ムシ」。本名:品城愛(い
とし)。少年「52」の声なき声とそれまで抱えてきた生きづらさに触れ、
共感し、交流し寄り添うようになる。東京の過去の「こと」への贖罪意識
を乗り越え、新天地の人々と交流する中で、少年との出発(たびだち)に
賭ける。孤独よさらば、である。

少年の呟く声・・・他には聴こえない「52ヘルツの(聞こえない)声を、
(私に)聴かせて」と願い、「・・きっとみつけて見せるから」と語る。
町田そのこ氏は、その一部始終をあたたかく見守り、人間同士の個の再生
への物語を、丁寧な筆致で描いている。

本書の社会的な条件や主人公をはじめ登場人物の行動や体験は、読むほど
に辛く悲しく迫って来る。登場する言葉だけでもその場面を想像できる。
列挙するが、まあ、てんこ盛りである。

《(幼児)虐待、育児放棄、妾を囲う、妾の娘、愛人、浮気、暴行、傷
害、自殺、パワハラ、セクハラ、少女妊娠、駆け落ち・同棲、離婚、認知
症、過疎、少子高齢化、引きこもり、特別支援学校、ジェンダー差
別・・・》。

一方、本書には登場しない言葉がある。思いつくままに記す。
《友情、親友、団結、スポーツ(野球・サッカー・体操・水泳・ス
キー)、映画、登山、観劇、宗教、自然、旅行、外国(欧米・中韓他)、
大学、芸術(絵画・音楽・伝統芸能・・)、歴史(縄文・徳川・幕
末)・・・。科学、企業・産業・経済活動。そして政治など》。

本書では、全260頁の前半の早い段階の80頁までに、著者の思いというか
キーワードのような言葉が登場する。

「魂の番」(42頁)とある。これは何だ、聞きなれない。「番(つが
い)」とは蝶番の番。二つ組み合わせて一組になるもの。対(つい)。特
に(動物の)雌と雄のことだ。「第2の人生では、キナコは魂の番と出会
うよ。愛を注ぎ注がれるような、たったひとりの魂の番のようなひとと
きっと出会える。キナコは、幸せになれる」(友人:アン)。

「彼の言葉だけでこれからを生きてい(けるはずだ。だって、こんなにも
わたしは満たされた」(キナコ)。本書を読み進めば「魂の番」の意味が
わかってくる。

「考えなしの善意」(66頁)。「考えなしの善意は、あの子の首を絞めて
しまうだけかもしれない(66頁)」。「善意」とは、よい心。他人の為を
想う親切心。好意である。「考えなし」とはどういう意味か。悪意はなく
主観的には善意で接しているのに、相手にはその善意が善意と受け取られ
ては貰えない状態である。つまり、「無神経」、「ノーテンキ」、さらに
「上から目線」という場合もある(ときに私も!反省する!)。

たとえば、大災害の現地へボランティアで行った人が「今夜はどこに泊ま
ればいいのですか」と現地の人へ訊くなどである。(自分で)「テントを
持参する」「自家用車の中で寝る」のが、真っ当な善意の実行であろう。

「52ヘルツのクジラ」(71頁)。表題である。「(このクジラの声は)普
通のクジラと声の高さ−周波数が全く違うんだって。他のクジラたちに
は、この声は聞こえないんだ(71頁)」普通は10〜39ヘルツだという。辛
い自分の声を聴きわけてくれる人はほとんどいない。

「贖罪(しょくざい)」(74頁)。贖罪とは、自分の犯した罪や過失を償
うために、善行を積んだり金品を出したりする、といった行動を指す言葉
である。罪滅ぼし。罪をあがなうこと(weblio辞書・実用日本語表現辞典)。

「私がこの子(少年)にしようとしていることはきっと、(東京で)聴き
逃がした声に対する贖罪だ。(私は)消えることのない罪悪感を・・・拭
おうとしているのだ(74頁)」。

本書の最後から4頁目の、キナコ(貴湖)が少年(52・愛君)に語った言
葉であるが、「自分を許せなかった。わたしがあんたにしようとしたこと
は、そのひとに対する、できもしない贖罪だった(257頁)」とあるが、
そう言われても、この幼い少年には贖罪という難解熟語の意味はわからな
かったのではないか(?苦笑)。

ここで、外野席からの野次馬的な興味をいくつか記す。
難しい漢字や熟語が多く使われている。例えば30~80頁の50頁分だけで
拾ってみる。全部にルビ(ふりがな)がある。《縁、魂の番、噎せる、気
風、竜胆、暖簾、溺愛、婉曲、柚子、恰好、双眸、擽って、贖罪、虐待、
堪えて、飛沫、呂律、儚い・・・》など。みなさん、これらを読めても書
けますか?

《えにし、たましいのつがい、むせる、きっぷ、りんどう、のれん、でき
あい、えんきょく、ゆず、かっこう、そうぼう、くすぐって、しょくざ
い、ぎゃくたい、こらえて、ひまつ、ろれつ、はかない・・・》。

しかし、一方で、作者は若い中高生にも読んでもらいたいのか。やさしい
漢字や熟語にもルビがある。同じく30~80頁。《恥、近隣、椅子、煙草、疲
労、諭す、誓った、唾、覚悟、鍵、怪我、甘酸っぱい、心臓・・》

ところが、小さな疑問もある。難しい漢字・熟語を多く使っているのに、
「わたし」「ひとり」「ひと」などは平仮名表記である。なぜ漢字を使わ
ないのか?また、「学生で妊娠してしまい、この町を出て産んだ・・・
(36頁)」とあるが、妊娠が高校時代だったら、学生ではなく生徒ではな
いか?「子育てをしちゃいけないところが、(あんたに)よく似てる
(229頁)」は「・・子育てしちゃいないところが、・・・」ではないのか?

登場人物が特殊な死に方をしている。大動脈解離(祖母)、筋委縮性側索
硬化症(ALS・義父)、交通事故(52の叔母)・病気(その叔母の母)、
それに自殺(友人)・・。殺し方は著者の特権ではあるが・・・。

さて、ここまで、2021年本屋大賞の「52ヘルツのクジラたち」の一部を紹
介した。ともあれ、コロナ禍の中にあって、1:n(複数)の面談コミュニ
ケーションが崩壊の危機に瀕している。辛い苦境にあえいできた主人公
(キナコ)と少年「52」が、理解しあい、共感し、辛い過去を乗り越え、
1:1の人間関係を構築していく。そこから2人の確かな生き方が見つかる
だろうと、私たちは予感できる。

本書の中の彼ら2人は自分かもしれないのだ。踏み出す彼らを見て、何か
うれしくなりホッとする。本書の2021年の本屋大賞の受賞は時宜を得たも
のであったと言えるのであろう。(2021.5.2 千葉市在住)


2021年04月22日

◆薄めてもたくさん飲めば酔っぱらう

馬場 伯明


ハイボールや酎ハイがはびこっている。薄められアルコール度数が下がり
飲みやすい。朝日川柳(2021/4/15)から(無断)転載する。

薄めてもたくさん飲めば酔っぱらう (京都府 矢野茂嗣)

後輩のK君は下戸ではないがたくさん飲むから酔っぱらう(笑)。私はま
ずビールでジョッキ2杯。後はウイスキーや焼酎の濃い目のロックであ
る。だが、この川柳はK君を笑うのではなく、東京電力福島第一原発の放
射性物質トリチウムが残る処理水を、政府が海洋放出を決定したことを揶
揄している。見事な連想である。あっぱれ(!)、がってん(!)だ。

ロックグラスをしばし横に置き処理水のことを考えてみる。「海洋放出が
現実的」という経産省などからの提言を受けた政府は2つを決定した。

まず、科学的な安全性には問題はなく海洋に放出する。核燃料(燃料デブ
リに触れた冷却水が地下水と混ざった高濃度の@汚染水を多核種除去設備
ALPSで処理しA処理済み汚染水としてタンクに保管。それをALPSで再
処理しセシウムなどの放射性物質の濃度を十分低くしたのがB処理水。

APLSで除去できない残留トリチウムの法定基準60,000ベクレル/ℓのB処
理水に海水を加え1/40の1,500ベクレル/ℓに薄めC(放出)処理水とな
る。安全であり漁獲物などへの(悪)影響はない。WHO第4版飲料水水
質ガイドラインのトリチウムの指標は10,000ベクレル/ℓ)の1/7である。

次に、科学的な安全性には問題がないが、人々の不安からくる「風評影
響」を生じさせないとの強い決意をもって対策に万全を期す。起きた「風
評被害」には被害者に寄り添って迅速に対応する。

これに対し県漁連は真っ向から反対する。(朝日新聞2021/4/13)。(東
電は2015年に処理水の処分を県漁連に「関係者へ丁寧に説明し理解なしに
はいかなる処分もしない」と約束した。今回の海洋放出決定は明白な約束
違反である。岸宏全漁連会長は、海洋放出反対の上で、1.説明責任2.風評
被害対応3.安全性担保4.(何よりも)福島県だけでなく、近隣県や全国の
漁業者が安心して子々孫々まで漁業を継続できる方策の明確化5.敷地内で
の保管継続・・を述べている(2021/4/7菅首相との会談)。

外野席の韓国や中国らから異議があった(朝日新聞)韓国具潤哲国務調整
室長:「日本政府の不当な決定に強い遺憾の意を表する。絶対に許せない
措置だ(2021/4/13)。(韓国は処理水と汚染水とを混同し誤用している)。

中国趙立堅副報道局長:「(中国沿岸部の原発からもトリチウムが放出さ
れているのではとの質問に対し)最高(最悪?)レベルの事故が起きた福
島第一原発の廃水は、正常に運転されている原発の廃水と全く異なるもの」。
さらに、ロシアも遅れて反対に加わった(2021/4/15)。

一方同盟国の米国はプライス国務省報道官が冷静に発言した。「日本政府
はこの独特で困難な状況の中で、選択肢とその影響を検討し、透明性を
もって決定した」と評価し、「世界的に受け入れられる原子力安全基準に
沿った方法を採用したようだ」と(朝日新聞2021/4/14)。

日本は加藤勝信官房長官が記者会見し反論した(2021/4/13)」。「中
国、韓国、台湾を含む世界中の原子力施設においても国際基準に基づいた
各国の規制基準に沿って、トリチウムを含む液体廃棄物を放出しており、
その周辺でトリチウムの原因による(悪)影響は見られない」(産経新聞
2021/4/13)。また、文在寅大統領が国際海洋裁判所への提訴を検討する
よう指示したことについて、「透明性をもって国際社会に丁寧な説明を行
い、国際社会の理解の醸成を図っていく」(同2021/4/14 )と。

茂木敏充外相は「科学的根拠に基づく丁寧な説明で国際社会の理解醸成に
努め風評被害対策にも全力で取り組みたい(朝日新聞2021/4/14)」。

大きな疑問がある。そもそも、2011年の原発事故から10年かけて政府や経
済産業省等は何をしていたのか?「なぜこんなに無駄な時間を5年も6年も
使ったのか?」と、田中俊一原子力規制委員会初代委員長は不満(?)を
語る(NEWS WEB2021/ 4/13)。紆余曲折の末出発点の平凡な結論へ戻って
しまった。

@ 科学的な安全性には問題はなく海洋に放出する。A「風評影響」を生じ
させない対策をとり起きた「風評被害」には迅速に対応する。

そこで、冒頭の川柳を見る。《薄めてもたくさん飲めば酔っぱらう(京都
府 矢野茂嗣)》。この句はトリチウムが残る処理水の海洋放出決定に対
し根源的な疑問を投げかけている。薄めてもダメ(!)なのだと示唆する。

処理済み汚染水タンク1,100基に溜まっているトリチウム約860兆ベクレル
の内、毎年22兆ベクレルを30年以上も福島の海洋へ放出し続ける計画であ
る。日本(福島他)だけではなく、中国・韓国・米・英・仏・カナダなど
世界共通の処理方法と問題にかかわってくる。

濃度を薄めるのではなく総量を少なくするべきなのだ。そのためにトリチ
ウムと水とを分離をする。福島で未曾有の原発事故を引き起こした日本は
この困難な技術開発と実用化に命を賭けるべきである。国も企業も科学者
らも「薄めて放出」という低次元なレベルで、なぜ妥協するのか?

ここで、過去の貴重な別の教訓を記す。日本国中が公害で覆われたとき日
本人の知恵が出た。濃度規制に総量規制を加えた。私は1968(昭和43)年
から川崎製鉄水島製鉄所で働いていた。環境関連の大気汚染防止法、水質
汚濁防止法が改正され、さらに瀬戸内海環境保全特別措置法(1993)の制
定で、総量規制の網が厳しく企業・事業所に適用されることになった。

高さ50mの低煙突なら近くの地域にSOxやNOx等の汚染物質が落下するが、
200mの高い煙突を設置すればより広域に拡散するから「全体の汚染濃度が
低くなる」という拡散理論は「公害自体の拡散」という現実に負けた。製
鉄所は総量規制に対応し焼結工場に排煙脱硫装置や排煙脱硝装置を世界と
日本の先頭を切って設置した。硫黄酸化物(Sox)や窒素酸化物(NOx)の
総量(!)が減少していった。環境基準は達成され、公害病患者は減って
いった。製鉄所は「(本物の)青空と緑の製鉄所」になった。

トリチウム問題に戻る。東京都千代田区の創イノベーション(株)という
ベンチャー企業を知っている人は少ない。ある縁から私は数年前知りあっ
た。いつも運営資金が不足していた。しかし、グループ関連4社を含め代
表だった早藤茂人氏の志は高かった。1952年滋賀県生まれ。京都大工学部
環境工学科で研究に打ち込んだ。

早藤氏ら創イノベーション(株)の研究者は地道に研究を続けた。そし
て、2015年経済産業省「汚染水処理対策技術検証事業(トリチウム水分離
技術検証試験事業)」において、ついに同社の方法が採択された。「ガス
ハイドレート法」である。汚染水中のトリチウムを分離し、濃縮・減容化
(1/100)できる可能性が見えてきた。薄めて海洋へ放出する「簡易多量
方式」から、トリチウムを分離し処理対象を減容する「高次少量処理方
式」への抜本的な技術の誕生である。

当時、早藤氏が説明してくれた。でも「ガスハイドレート法」の技術につ
いて詳細には理解していない。だが、この方法(技術)が実用化されれば
福島第一原発にある1,100基のタンクは1/100の11本と激減するらしい。あ
とは減容後のトリチウムを地上や大深度地下に貯蔵する。福島の漁業従事
者や関係者、いや中国・韓国を含む世界の漁業者が熱望する「海の安全」
を確保することができる。

経済産業省は同様の研究・開発を数社等に指示していた。「トリチウム分
離技術検証試験事業 総括及び評価(2016/4/19廃炉・汚染対策事業事務
局)」である。(公開されている)

詳細は省略するが、大企業を含む5社1大学の技術にコメント(評価)が
書あった。(他の4社・1大学名は、ここでは開示しない)。結論は、6つ
すべての方法が「福島第一原子力発電所のトリチウム水処理に適用する可
能性のある技術の候補にはなり得ない」と評価された。

だが、詳しく見れば、唯一、創イノベーション(株)の処理方法が、「一
段目。トリチウムの濃度を下げるための最初の段階の処理の方法としての
可能性が示された」とあり、「2段目。・・・原理実証が不足している」
とある。つまり、「『原理』が否定されたのではなく『実証が不足』して
いる」だけだとわかる。そう、今後着実に実証すればいいのだ(!)

早藤茂人氏は未来を見据え目は輝いていた。だがベンチャー企業の現実は
哀しいものだ。次々と障害物が現れ、そう簡単に理想には到達できない。

私は利害関係者でもないので同社のその後には関心が薄れていた。今回、
政府による海洋放出の決定が発表を知りGoogle等で調べてみた。(やは
り)資金不足で、医療向けの画像処理等を手掛ける(株)イメージワンと
いう企業から資金の支援を得ていた。債権残高は16,000万円であった。
(同社広報資料2020/8/25現在)。

ところが、2021/4/15 、何と(株)イメージワンが午後ジャスダック東証
でストップ高(制限値幅の上限)の1,045円となっていた。今後の高騰も
予想される。ただ「株価上昇は一時的との声・・」ともある。

(株)イメージワンは「機を見るに敏」で、したたかで戦略的に見える。
2021/4/23(金)には創イノベーションとともに、トリチウムを含む水
(ALPS処理水)のトリチウムの分離・濃縮実験の結果を、福島県で記者発
表(説明)するとある(日経電子版2021/4/15 )。

新製品や新技術を開発し成長することは企業の大きな使命の一つである。
創イノベーション(株)と(株)イメージワンの協力による新しい挑戦が
今後どのような成果を生むのかはわからない。大義のためにがんばってほ
しい。日本が中国・韓国などと、ことさらいがみ合う必要もない。世界全
部をまとめて面倒をみればいいのである。

冒頭、《薄めてもたくさん飲めば酔っぱらう》を紹介した。この考えが、福
島第一原発のトリチウムの処理水の海洋放出を牽制し、新しい方法で安全
安心な豊饒の海がもどり、豊漁をもたらし、そして、(根拠がない)風評
被害の解消につながれば、私の無断転載に矢野茂嗣さんも朝日新聞も事後
承認するのではないか。

ここで大きな問題が待ち受ける。「二段ガスハイドレート法」の実用化に
はなお時間(年数)がかかるであろう。あと2年間での実用化は無理だと
思われる。その間をどうするのか?そして、処理水の海洋放出は2年後に
は実施されるのだ。しかし、たとえ実施されても、この新技術によるトリ
チウムの分離・ 濃縮・減容化が実現した時点で海洋放出を中止すればいい。

福島第一原発のトリチウムの総量は約860兆ベクレルという。さらに、重
大なことは、未稼働だが「六ケ所再処理工場の設計上の使用済燃料の処理
能力は年間800トンで、毎年、約9,700兆ベクレルのトリチウムを海洋中
に、約1,000兆ベクレルのトリチウムを大気中に放出することになる」こ
とだ(「エネルギー・インテリジェンス」2020/3/13)。福島第一原発の
12倍以上であり、しかも毎年である。トリチウムの分離・濃縮・減容化の
実用化は待ったなしである。(六ケ所再処理工場の情報は少ない)

もう一つの重要な問題が「風評被害」である。国は《科学的な安全性には
問題がないが、人々の不安からくる風評影響を生じさせないとの強い決意
をもって対策に万全を期す。起きた風評被害には被害者に寄り添って迅速
に対応する》としている。

具体的には次を行うらしい。「処理水処分の基本方針の主な内容(風評被
害対策)・(朝日新聞2021/4/14 )」。
・政府は農林水産業の販路拡大や観光誘致などを支援。
・被害が生じた場合には東京電力が賠償。
・モニタリングなどにはIAEAなども協力。
・海洋環境の専門家らによるモニタリング会議体を新設。

でも、何かぬるくはないか?風評被害の撲滅には遠く、漁業者の水揚げの
増加にはすぐには結びつかないような気がする。私の思いつきであるが次
を提案する。さらなる効果的なご提案をいただければありがたい。

1. 国会議員会館の地下食堂の漁業関係食材は100%福島県産とする。
2.国で決定し国会議員が率先して食する。ただし5年間の時限措置とす
る。3.従来の納入品との価格差があれば国と東京電力が負担する。4.同様
に、全国の都道府県自治体にも(極力)協力を要請する。地元業者との兼
ね合いの考慮が必要である。

5.福島の伏流水:「(仮称)福水(ふくすい)」を製造し、同様に国会議
員会館の地下食堂及び自動販売機で100%採用する。
6.科学と知性で日本NO1の殿堂である東京大学では、福島産の漁業関係食
材と「福水(ふくすい)」とを100%採用し、全国の大学等への追随を促
す。7.私も福島産品を愛し、食する。

風評被害対策の要点は100回の講釈より1つの実行である。起きた被害の賠
償の「後の対策」ではなく、購入の具体的な実行・支援の「前の対策」で
ある。

長くなってしまった。その他の関連情報等を順不同で列記する。

じつは、この間痛恨の出来事があった。創イノベーション(株)等を率い
開発に邁進し、国の機関などと堂々と渡り合った早藤茂人さんが2020/1に
死去された。心残りの最後であったと聞いた。

日本の政治家、経済人、科学者の方々には本気の支援を望む。重大な責任
があると思う。安倍(元)首相が(誤)使用したUnder Controlである
が、「二段ガスハイドレート法」により、福島沖の海を一刻も早くその本
来の意味でUnder Controlできる日を望む。

一方、厳しい論陣を張る「原子力情報室」は、海洋放出に反対し、地上で
の保管継続と、将来的なモルタル固化案を提案し、トリチウムの分離技術
の開発が必要だと言う。しかし、「言う(ゆう・湯)」ばかりの風呂桶
(!)じゃなく、創イノベーション(株)等へのクラウドファンディング
を広く呼びかけるなど、もっと具体的で実践的な行動をとってほしい。

最後に、トリチウム処理が解決した頃「『処理水の総量規制だ。トリチウ
ムの分離・濃縮・減容化を・・・』などと主張した者がいたなあ〜」と回
想する人がいたら、私はうれしく本望である。おそらく、早藤茂人さんも
彼岸でほほえむことであろう。合掌。(2021/4/20千葉市在住)
      

2021年02月15日

◆喜寿への新ゴルフスイング

馬場 伯明



今年(2021年)秋には喜寿(77歳)を迎える。31歳で始めゴルフ歴45年。
1,400ラウンド以上回った。その内数年は年間70回ラウンドしたことも
あったが、ならせば年間平均約30ラウンドである。ゴルフ好きの社会人と
して、並みのラウンド数であろう。

TV中継視聴観戦が好きで、大会のコースにもよく観に行った。ゴルフ雑誌
をときどき読みゴルフ理論や技術の本も読んだ。プロのコーチや先輩らに
は教わらず何となく自分で修得した。結局自己流のゴルフが残った。

親譲りの強い体幹と運動神経により、当たれば飛距離が出てドラコン賞の
常連であった。これまで4つのコースの短いパー4のホールでグリーンに1
オンしたことがある(白杭)。しかし、スコアは自慢できない。あまり練
習もせず、スコア向上の3点セットである「寄せ・バンカー・パター」が
下手なので、45年間の平均スコアは90台ではあるが、80台だったのは5回
しかない。(ベストスコアは1990年、千葉県の南茂原CCのコンペでの39・
38〈76〉である)。

テニスから遠ざかりゴルフへのやる気が少し戻ってきた。「あんた、後期
高齢者やろ。今さら遅いがな」と関西から冷笑する友もいるが挑戦してみ
ようと思った。WEBでRAIZAPの体験試打に申し込んだ。2020年末に銀座店
を訪れ30分の試打を指導者がチェックしてくれた。結論は「まずまずのス
イングなので無理に入会しなくてもよい」との判定だった。(伸び代が少
ないとの判定か?)。

私のゴルフの目標は、1にD1の飛距離、2にスコアである。そのために今、
最も効果的なものはYou-tubeのゴルフの指導動画であると思われた。コー
チがゲスト(生徒)に細かく指導する。

さっそくYou-tubeを観る。コーチらが各自の理論を掲げ指導する。次々と
画像が自動的に出てくる。観ていたらすぐ2時間経つほどだ。多すぎて困
る。半年あれこれ視聴した結果、目標(飛距離とスコア)を達成するため
に、次の3人のコーチの指導法が自分に適していると思った。

1.「ゴルセオTV」(「やまだい」さんのゴルフ)。「ダウンスイングの
下ろし方、腕は下ろすのか、それとも自然に落ちるのか?この疑問にやま
だいの考え方を話します」。「ドライバーの打ち方は、この4つの基本を
おさえると打てる確率がグッと上がるはずです」などと基本の「キ」から
丁寧に説明し非常にわかりやすい。

2.「ちゃごるTV」(「チャーリー高沖」さん)。自分の理論を何回も繰
り返し指導する。古い理論と比較し、あたたかく批判し、詳しく説明しな
がら、ゲスト(生徒)が納得するまで指導する。技術(技)の引き出しが
多い。ハンドファーストの指導は圧巻だ。そして女性に優しい。ゴルフ練
習場の外でもずいぶんもてるだろう。

3.「G1メソッド」。(「板橋繁」さん)。著書がある。「科学的ゴルフ
上達法」(板橋繁・講談社・1200円2019.4.20第1刷)。この本は現在、日
本語で書かれたゴルフ理論書の中で最高の本ではないかと思われる。革新
的な内容が散りばめられている。

この3人のコーチの指導理論には共通する重要な「キーワード」がある。
それは「ハンドファースト」だ。惰性で身に着いてしまった私の古い打法
を打ち砕く指導理論だ。(ただ、3人の指導方法は微妙に異なる)。

「ハンドファースト」とは「クラブヘッドにグリップが先行するスイン
グ。フィニッシュまで身体の軸回転で振り抜く・・・」(板橋さんほ
か)。テイクバック・スイング始動・インパクト・フォロースルー・フィ
ニッシュまで、これらがすべて「ハンドファースト打法」に収斂されていく。

この3人の指導を実践し身につければ相当上手になると思われる。問題は
体力・(身体の)柔軟性・そして(最も重要な)実行する気力をずっと維
持できるかどうかである。とにかくチャレンジしてみる。

ここでコーヒーブレイク。3人には番外(!)の共通点がある。
まず、3人とも「太っている」。3人のBMIは標準の25.0を超え30.0に近い
のではないか。太目・細目はコーチ技術とは無関係だが映像上出腹は見苦
しい。しかし、You-TubeやDVDによりゴルフの上達を夢見る人たちの体形
は太目が多い。彼らに親近感を持たれるように「受け狙い」で太っている
のかもしれない(笑)。

太いと言えば、かつて、後輩のK君が「体重1kg増えれば飛距離プラス1
ヤード」と言った。当時彼は95kgで豪快に飛ばしていたが100は切れな
かった。ところが20年後、体重は70kgを切り「年間平均スコアが昨年は80
台」と年賀状にあった。「一緒にラウンドを」と千葉県の勝浦ゴルフ倶楽
部へ。数ホールD1の飛距離では勝ったがK君は83で私はぼろ負け。トホホ
だった。私は、今176.5cm・85.0kg。BMI:27.2.BMI:25.0までには7kgの
減量が必要だ。相当きつい。

次に、3人の説明は心憎いほどうまい。やまだいさんは、静かないい声で
受講者をリラックスさせる。視聴し納得した。チャーリー高沖さんは何気
なく「今日のその服装は寝間着なの?」「いやジャージーです」などと若
い女性と会話し、場を和ませる。板橋さんは理論上重要な「裏面ダウン」
の説明を五木ひろしの右手のポーズに喩える。「『よこはま・たそがれ』
のサビの部分を歌うときの(あの)右手のポーズです」と。腑に落ちた。

3つ目は、「自分のことを話さない」こと。「無風快晴の2021.2.7にレ
ギュラーティーだけど69でラウンド・・」などという開示はない。しかし
「何だ、自分には教えられないのか。ずるい」と言っちゃお終いである。
岡目八目(生徒)と有言不実行(自分)。それが「コーチ業」の極意である。

You-tubeを観て練習場とコースへ行く。「おいおい、それで、おまえのゴ
ルフはどうなったんや?」と追及の矢が関西から飛んでくる。だが、答え
は、「未だ途上」である。D1飛距離の目標は一応250ヤード。飛距離の維
持と安定には役に立ってきた。しかし、練習と精進が不足なのだろう。有
意なスコアの向上はまだない。

最後に、板橋さんの「G1メソッド」から引用する。「日本の常識は世界の
非常識」とある。次に「日本の常識:(×)」と「G1メソッド:国際標
準:〇」(という)7項目の対比を転載する。

×リストターンを使う。〇リストターンしない。
×身体を停めヘッドを走らせる。〇身体の回転でヘッドスピードを上げる。
×クラブは立てて使う。〇クラブを寝かせてから振る。
×スイングの支点はグリップ。〇スイングの支点はクラブの重心位置。
×トップのポジションを意識する。〇トップはまったく考えない。
×インパクトはアドレスの再現。〇グリップをヘッドより先行させる。
×クラブは体の正面にある意識で。〇ヘッドはいつも身体の背中側にある
イメージ。

私たち高齢者のほとんどはこの7項目に大きな違和感を持つ。「いや、こ
れは違う!」と言う人が多いと思う。それならば「今さらこんな打法には
しない」と思う人はしなければいい。自分でお金を払いプレーしている。
ダッファーのままでいい。ほっといてくれという人もいるだろう。

そのような過去の思い込み(信念)を捨てれば私も楽になれると思う。板
橋さんら3人のコーチのゴルフ理論は完全に「正しい(!)」。学べば確
実に上手くなるはずだ。「ハンドファースト打法」などをこつこつ練習す
るのは「面倒くさいなあ」と思いつつ、なお、「続けるのか、やめるの
か?」、悩みはなかなか終わりにならない。
今秋の喜寿に私はどんなスイングで、どんなスコアでラウンドしているの
だろうか。(20231/2/13千葉市在住)

2020年11月04日

◆来月で俺「離婚」するんだよ

馬場 伯明


私たち後期高齢者から20歳下の55歳くらいまでの世代に絶大な人気の歌謡
曲がある。「吾亦紅(われもこう)」だ。ちあき哲也作詞、杉本眞人作
曲、(同人の)すぎもとまさとが歌う。歌詞・曲・歌い手も、全部よい。
長いが転載する。(1行2フレーズとする)。


マッチを擦れば おろしが吹いて  線香がやけに つき難(にく)い
さらさら揺れる 吾亦紅      ふと あなたの 吐息のようで
盆の休みに 帰れなかった     俺の杜撰(ずさん)さ嘆いているか
あなたに あなたに 謝りたくて   仕事に名を借りた ご無沙汰
あなたに あなたに 謝りたくて   山裾の秋 ひとり会いにきた
ただ あなたに 謝りたくて

小さな町に 嫁いで生きて     ここしか知らない 人だった
それでも母を 生ききった     俺 あなたが 羨ましいよ
いまはいとこが 住んでる家に   昔みたいに 灯りがともる
あなたは あなたは 家族も遠く   気強く寂しさを 堪(こら)えた
あなたの あなたの 見せない疵(きず)が 
身に沁みていく やっと手が届く  ばか野郎と なじってくれよ

親のことなど気遣う暇に      後で恥じない 自分を生きろ
あなたの あなたの 形見の言葉   守れた試しさえ ないけど
あなたに あなたに 威張ってみたい 来月で俺 離婚するんだよ 
そう はじめて自分を生きる

あなたに あなたに 見ていて欲しい 髪に白髪が 混じり始めても
俺 死ぬまで あなたの子供     
(「吾亦紅」 歌詞copy-write O/B/O JASRAC)

15年前、長崎県の古い友人のS君が上京し、ふるさと長崎県島原半島ゆか
りの四谷のスナック「千々石(ちじわ)」でこの「吾亦紅」を歌った。渋
く太い声を抑えて歌った。上手かった。見知らぬ客が感激してビールを注
ぎに来た。

ところが、端っこにいた別の客がぼそっと言った。「最後の辺りの『あな
たに あなたに 威張ってみたい。来月で俺 離婚するんだよ』の台詞(せ
りふ)の『離婚』が厭だなあ〜〜」と。母と自分の疎遠な関係を詫びる流
れの中で、唐突に出てきた「離婚」に違和感があったのだ。確かに、私
も、一瞬、思わないでもなかった。

そして・・・ときは過ぎ、先月、2020年10月、コロナ禍の合間、東京駅八
重洲地下街での飲食中に、友人らと、なぜか、この「離婚」台詞の是非論
争になった。まず、K君が「反離婚論」を展開した。

「終わりの『台詞』を変えてくれんか。この台詞(離婚)により、歌は、
自分と母のことだけではなく、突然、妻や子供や周囲の人たちとの人間関
係にまで話が広がってしまう 何で? 自分と母との関係を語り歌い、最
後まで来ているのだから、そこでの『離婚』は余計なことである」。

「離婚も人生の一つの出来事であるが、より複雑な背景が秘められている
『離婚』をなぜこの歌に取り入れるのか?後悔だらけの男が母の苦労続き
の生き様を想い、その教え(形見の言葉)を(専ら)噛みしめ再出発する
ものとして私はこの歌を聴きたい」。

「『あなた(母)に威張ってみたい』の台詞自体はいいが、『離婚』を自
分一人の事象とする独りよがりのこの部分は許せない。自分勝手なダメ男だ。

離婚する妻との間には子供もいるだろう。その子供らは大人になったとき
どのように父や母を想い、歌うのだろうか?『離婚』を台詞に使ったこと
で、『想母恋』の歌が、自分の周囲の幸・不幸の全体に思いが至らない、
単なる利己的な男のぼやき歌になってしまった。残念でしかたがない」。
(K君の「反離婚論」、終わり)。

これに対し、F君が「いや、いや、『離婚』宣言もありだよ。結末は衝撃
的であるけれども、含蓄がありとても印象深い歌(楽曲)となった」と反
論した。

なお、「離婚」理解・擁護論は、「吾亦紅」発売以来当然に展開され説明
されている。なぜなら、作詞家のちあき哲也氏が「現にそう作詞してい
る」という無言の事実がある。(ちあき氏は2015年に66歳で死去)。

代表的な『離婚』理解・擁護論は次のようなものである。COPY-WRITE
「鯉瀧堂の記事」より、引用し、(馬場による)『抄録』を載せる。
(「反離婚論」との表現のバランス上、「ですます」調を「である」調に
変更した)。
https://otokake.com/matome/hrGexy?page=2

「歌詞の『離婚』は主人公の決意を綴る。決めたことを実行すれば、少し
は最後の約束を果たすことになるのだろうか。

でも、その決意はあまりにも切ないものである。歌の主人公が決めたのは
『離婚』という重いもの。その人生の辛さと悲しさがこの2文字に凝縮さ
れている。妻と別れ再出発することで(その後の)人生を変えたいのだろ
う。それは彼にとって人生で初めて見せる強さなのかもしれない。そし
て、過去の呪縛から自分の力で抜け出すことで(母に)自分を認めて欲し
かったのだ」。

「・・・この『離婚』は2つの場面を描いているようにも思われる。1つは
歌の主人公(彼)が「来月」に『離婚』を実行すること。もう1つは亡く
なった母が、(じつは)心の中で(自分の『離婚!』を)考えていたのか
もしれないという想像である。

だから、自分が『離婚』を決断すれば(母に対し)威張ることができる。
『お母さん、やったよ』と。『はじめて自分を生きる』ことを決めた彼
は、その寂しさを埋めたくて、また(彼岸の母に)呼びかけるのであ
る」。(以下略)。

ここで、「離婚」理解・擁護論」に対し、再びK君が反論する。「『(母
に)威張ってみたい』と『俺、離婚する』との関係を追及しているのでは
ない。家族や他の人間関係での葛藤を省略した純粋な『母と息子の昇華さ
れた物語』の歌を独り静かに聴きたいのだ」と。

「う〜〜ん、K君、そう来たか!真っ当な論だな」と思った。でも、悩ま
しい。K君はなぜ主人公の所業に怒るのか?「離婚」すると言った彼をな
ぜ許せないのか?おそらくこうではないかと私は推測する。

K君は、普通の人生を送ってきた。普通とは「平穏・無事」という意味
だ。高校・大学を卒業し一流の企業に就職し、工場の責任者などに就き、
立派な仕事をし、定年まで業績を上げ、円満に仕事を終えた。

普通の結婚をし、4人の子供に恵まれ、9人の孫も順調に育っている。自分
の兄弟姉妹とも話し行き来し田舎の両親の墓参りもそれなりにしている。
大金持ちにはなれなかったが、ある意味では良質で典型的な日本人の生き
様で真っ当に生きた。(妻子らに隠した苦悩もあったらしいが・・)。

それに引きかえ「吾亦紅」の主人公(彼)は、歌詞の展開から見れば、お
そらく、仕事や生活も自堕落で半端な男である。根源的には、この辺り
が、K君が「安直に『離婚』を口にした彼を許せない」と断罪した急所な
のであろう。だが、少し見方を変えると、これは、K君ののっぴきならな
い「上から目線」での物言いであると見ることもできる。

「吾亦紅」の彼は、そうしたくはないのにそうなってしまった、結果とし
てそんな人生を歩いてしまった。苦労の母に対し恥ずべき人生だったと自
認している。

だから、彼の『離婚』宣言は安直な判断ではなく、亡母の『形見の言葉』
を想起し噛みしめた一世一代の決断だったとみるべきかもしれない。そう
ならば、私たち常識人が気軽に上から目線で彼の「離婚宣言」を批判し非
難することの妥当性が逆に問われることになる。

そこで、私は、あっけらかんとした提案を行いたい。(元の歌詞)「あな
たに あなたに 威張ってみたい 来月で俺 離婚するんだよ そう はじめ
て自分を生きる」を、(新しい歌詞)「あなたに あなたに 威張ってみた
い 来月に俺 結婚するんだよ そう はじめて自分を生きる」と、三文字
だけ入れ替えるのである。

元の歌詞より何となく平板な感じになる。でも、断崖絶壁から突き落とさ
れるような歌の流れの喪失感や常識人としての違和感はなくなる。

しかし、私は「結婚」を決めた彼の状況を次のように厳しく想定したい。
(元の)「吾亦紅」の作詞の「離婚肯定論」に対峙させるために・・。そ
れが原曲(作詞)への一種の「反歌」になってほしい気もある。

彼を代弁する。「(自分は)『髪に白髪が混じり始めた』40男である。大
した仕事もなさず、ある女と同棲し、これまで、ぐずぐず暮らしているう
ちに、早や10年経った。子供もいない。不義理しているうちに母には先立
たれてしまい、実家の家屋敷も従兄弟に渡ってしまった」。

「思えば・・・『親のことなど気遣う暇に 後で恥じない 自分を生き
ろ』と諭された。今、あなた(母)の 『形見の言葉』の意味にやっと気
づいた。世間の男並みに結婚するよ、お母さん。俺の人生はこれからさ。
「はじめて自分を生きる」。(お母さん!)あなたは、彼岸からずっと俺
を見続けていてほしい。ありがとう」。(私の代弁、終わり)。 

私なりの結論を言う。「吾亦紅」は不思議な歌である。最後の台詞の「離
婚」を「結婚」に代えても歌として十分通用する。

じつは、何よりも密かに期待していることがある。それは、コロナ禍が明
けた都内四谷のスナック「N」でのカラオケで、K君が堂々と「♪あなたに
あなたに 威張ってみたい 来月に俺 結婚するんだよ そう はじめて自
分を生きる」と熱唱してくれるに違いないと想像することだ。

想像するだけで、私はうれしい気持ちになる。K君、「♪来月に俺 結婚す
るんだよ」と、いっしょに、大声で歌おう。(2020.11.2千葉市在住)


(追記)

「帰らんちゃよか」(関島秀樹・作詞作曲 ばってん荒川、島津亜矢・
歌)を聴いたことがおありだろうか。都会で暮らす息子のことを気づかう
母がさびしさと期待の心情を熊本弁でせつせつと歌っている。友人S君の
持ち歌でもある。

(歌詞の最後・・・)
心配せんでよか 心配せんでよか
親のために お前の生き方かえんでよか
どうせおれたちゃ 先に逝くとやけん 
おまえの思うたとおりに 生きたらよか
それで、息子は、母のこの愛にどう応えるのだろうか?(了)


2020年10月27日

◆カープファンの憂鬱

馬場 伯明


カープの成績が低迷している。2020.9.7のYahooニュースから転載する。(ただし、ニュースはもう削除されている)。

《2020.9.6 マツダスタジアム 広島:DeNA 5-8で、広島カープは投壊で引き分けを挟み3連敗で8月25日以来の最下位に転落した。先発遠藤投手が初回に4四球と制球を乱し先制を許した。2回にも失点し、3回には宮崎に2ランを被弾。3回4失点で降板した。鈴木誠、長野の1発などで一時は逆転するも、ケムナ、島内投手がリードを守れず、それぞれ2失点。DeNA 3連戦で計47被安打、30失点と投手陣が崩壊した》。

《佐々岡監督は「投手が全て。この3試合、投手陣は何点取られているのか」と怒りをあらわにした。借金は今季ワーストの「9」となった》。

先発の遠藤投手は《今日は自分の弱い部分が全て出てしまって、同じことを繰り返してしまいました。本当にチームに申し訳ないです》と話している。不憫である。65年間のカープファンの私としては非常につらい現実である。何十年前の負け続けていたカープのことを思い出した。残試合をチームは何とか立ち直り浮上してもらいたい。

それにしても・・・、先発した遠藤投手の反省の弁はともかく、佐々岡監督の「発言」には驚き大いに失望した。「敗戦は選手(投手)の責任である」と公衆の面前(!)で決めつけたのである。自分の責任はどうなったのか。監督として最悪の対応であり、「万死に値する」と思うのである。

かつて、仕事(ビジネス)の場で、私はこう指導された。

《過ぎた「事実(失敗等)」は動かせない。事実に基づき対処する。部下を「叱る」ときは、一対一で、他人がいないところで、叱る。一方、部下を「誉める」ときは、全員の目の前で、誉める。そうすれば部下は自覚を持ち、成長し組織は強くなり、仕事(ビジネス)で勝てる。その変化形のやり方もあるけれども、それが「原則」である》と。

この「原則」を完全に遂行できたわけではない。事実に基づき冷静に「叱る」ことができず、感情におぼれ「怒る」ざまに成り下がったこともたびたびあった。私は普通の人間であるが、それでも上の「原則」を大事にしている。つい「怒って」しまった後で反省し、何らかの埋め合わせをしなければならないと悩んだものである。

佐々岡監督は、公衆の面前では「今日の敗戦は指揮した自分の責任である。次は全員で必ずがんばる」と言う(!)べきである。カープを率いる監督として厳守してもらいたい。これは技術論ではなく人間性の問題である。長年カープを応援してきた私としてはこの点だけは絶対に譲れない。

監督は現場の試合に全責任を持っている。だから、監督は選手の走攻守の起用方針、現場での指示を自分の考え通りにやればいい。当然のことでありそうすればよい。でも、球団フロント、OB、ファンなどが、監督の采配について、いろいろな「異論」を言うことがある。

その異論(イチャモン)等を列記してみる。十人十色の私見がある。

1.好成績を残している堂林をスターティングメンバーから外し、ポジションや打順も変える。

2.低打率の田中を遊撃手レギュラーに使い続けている。

3.捕手は、投手に内外角に際どい球を要求し、その結果、四球が増え打たれる。もっと縦の変化のリードをすべきだ。

4.走るカープが持ち味だったのに、積極盗塁の指示が少ない。

5.大胆なスクイズにも消極的である。

6.勝ち・負け試合のどちらにも、同じ投手を使う。起用が一貫していない。

7.森下投手を完投させず2つ負けてしまった。とくに2020.10.17には7回2:1リードでまだ96球なのに、交代させ、8回塹江が2人出塁させると、あわてて抑え投手のフランスアを出し、準備不足で打たれ、2:5で敗戦。森下の9勝目がなくなった。

8.スタミナ不足の野村投手を続投させつぶし、怪我が完治していない大瀬良投手を登板させ、今シーズンの登板をダメにした。

9.不動の4番であるべき鈴木誠を、奇策のつもりなのか、思い付きで3番にし、松山や西川を4番にしている。

10.打率が極端に低い三好をスタメンに入れる。

11.外人の起用方法も場当たり的である。

ファンはみんな欲張りであり、監督に対し常に勝つことを求めている。私もそうだ。しかし、監督はその異論や「欲張り」に左右される必要は全くない。

でも、負けを個々の選手のせいと公言してはならない。勝敗に対して自分の明確な結果責任を明らかにするだけでよい。最終的な責任はシーズンの終わりに宣言すればいいのだ。ファンは勝敗に関わらず、監督の人間性といさぎよさに納得する。

ファンである私も、監督の采配に疑問を感じたとしても、「監督をやめろ」と言うほど、無粋ではなく、思い上がってもいない。チームと選手をまとめ、勝ちにつなげてほしい。そう心から希望するのである。ファンだから。

さて、そういう中で、2020.10.24、カープはDeNAに2:1で勝利した。D1の新人森下投手が4被安打135球で完投勝利9勝(3敗)を飾った。森下の気迫はすごい。佐々岡監督は(前回2020.10.17の失敗を意識して)続投させたのか?巨人の戸郷投手との熾烈な新人王争いに競り勝つ王手となり、貴重な1勝となった。

カープは10月に入っても一進一退の成績である。2020.10.25現在、4位のDeNAに3ゲーム差、3位の阪神に5ゲーム差である。最終的にはリーグ3位に上がりAクラスを掴んでほしい。やればできる。(2020.10.25 千葉市在住)


2020年09月14日

◆古くて新しい「真向法」

                       馬場 伯明


昨年秋、都内のコンビニで、面白いデザインの表紙だったのでその文庫本を手にした。「かんたん 開脚!超健康になる!たった4つの『真向法』体操」だ。(以下、本書と言う)。著者は佐藤良彦氏(公益社団法人真向法協会
顧問(前会長)。

WEBに写真がある。大旅館の宴会場みたいなところで、多くの人たちが股を広げてうつぶせになっている。何をやっているのか。何かの宗教団体の教祖様にひれ伏しているのか。これは「真向法(まっこうほう)」という健康法の訓練・実践の現場の風景である。
      
本書を読んだ感想であるが、この手の健康法などには背を向けてきた私としては、めずらしく「これは、ひょっとしたら、身体にいいのではないか」と感じた。

身体を鍛え、または体調を整えるために、「ルネサンス」や「オアシス」といったフィットネスクラブ(ジム)を利用したことは、75歳の今まで、一度もない。必要性を感じていない。

その理由は次である。1.筋力の低下は年齢並である。2.健康診断ではとくに悪いところはない(少し太めのBMI:26だが)。3.日常、薬は飲んでいない。4.健康食品やサプリは何も摂っていない。5.ゴルフの飛距離は同年齢では上位である。5.過去にあるジムを見学したら、多くが歯を食いしばり苦虫をかみつぶしたような顔をして、運動をしていた。全然楽しそうではなかった。この5つ目の理由が大きい。

本書の執筆者、佐藤氏に「読後感」を書いて郵送した。ご返事とお誘いの電話があり、2019.10.16渋谷で昼食をご一緒した。温厚なお人柄であり真向法を丁寧に説明してくださった。その後、小野将広師範に実地ご指導まで受けた。濃密な当日の体験であった。やってみよう。

「真向法」をご紹介する。「真向法」は昭和8年、長井津(わたる)氏が創始した健康法で87年の実績がある。身体を柔らかくし心と身体の健康を保つ。表題の通り簡単な「たった4つの柔軟体操」から成る。筋肉の増大や強化が目的ではない。股関節の柔軟性を増し身体全体の良好なバランスを得る。合気道でも採用されている。

「真向法」の普及母体は「公益社団法人真向法協会」で1969年に社団法人、現在内閣府認可の公益社団法人。実施者は約100万人。「健康で明るく豊かで繁栄する健康長寿社会」をめざし、国民の健康の維持と医療費の節減に寄与している。

ところで、私が真向法に取り組む最大の動機と目的はゴルフである。D1(ドライバー)の飛距離は230〜250ヤードを維持し、平均スコアを95〜90から90〜85に向上させたい。

身体の柔軟性が向上し股関節などの可動域が広がったら、ゴルフの飛距離が維持され、伸びる。また、柔軟であれば、体幹が安定し膝や股関節に粘りが出て、スイングが暴れず球の方向性が安定する。真向法の「たら・れば」で実現するかもしれない。しかも、自宅で、自分ひとりでできる。(協会の指導を受けた方が、より効果的である)。    

本書に出会う前の2019.9.2、関東在住の高校の同級生4人で平成倶楽部鉢形コースを回った。無風快晴、フラットな9番ホール・333ヤード・パー4で、幸運にも260ヤード(D1)のグッショット、残り73ヤードをAWでホール3mのAグリーンに乗り、1パットでバーディだった。偶然ではなく、1ラウンド中これを何回もやりたいのである。

自宅で真向法を続けている。柔軟性の向上は「1mmずつ」とある。基本通りの単調な体操の繰り返しである。大して面白くもないが、ここはやるしかない。理想形にはまだ遠いが少しずつ前進している。

2020年になり、コロナ禍で自宅にこもる人が多い中、2020年は3月から7月まで毎月コースをラウンドした。猛暑の8月は休止。同伴競技者に「この頃ブンブン振っていないね」と言われた。身体の可動域が広くなったのか、ゆったり振ることができるようになったのかもしれない。飛距離は落ちていない。

本書にD1(ドライバー)の飛距離が伸びた人(匿名)の体験談があった。「270ヤード!」と。「ほんとか?」と感じていたが真面目にやれば何かがありそうだ。真向法を始めて1年・・・、続けてみたい。

ところで、気になることがある。真向法の初心者である私が、わざわざ発言する筋合いではないかもしれないが、100万人を誇る真向法実施者数の伸びが今一つだという。少子化や高齢化の影響だろうか。

ある日ジムに通っている友人(女性)が言った。「(真向法?)あれっ、これジムでいつもやってますよ〜」と。ジムで採用しているのだ(無断で?)。真向法が普及すると考えれば、それでいいのだが・・・。また、知的財産権上の問題はないのかな。

彼女が第1・2・3・4の体操(ふう)の写真をメールに添付してくれた。すばらしい。真向法の完成形に近かった。でも、悩ましい。それでは、人は総合的なメニューを売るフィットネスクラブ(ジム)に向かい、本家の真向法は商売あがったりにならないか。

では、真向法の発展のためにどうすればいいのだろうか。協会へのお節介であり、まことに僭越な所業ではあるが、ひとりの素人の思いつきとして、次に例示し提案する。協会においてご検討いただければ大きな喜びである。

1. ロゴ入りの斬新なユニフォームを作る。(夏・冬型)。
2. 若者にも受けるマンガ版「真向法」を出版する。
3. 清潔感と機能性に優れるマットを開発する。
4. 実施者の特典を充実する。
5. 達成感が得られる指標を細かく示す。
6. 感想(事例)では5W1Hを原則本名で表現し信用性を増す。
7. 「真向法によるリハビリ法」を大学医学部と共同研究する。
8. 老若男女の真向法の実態(統計)を調べ即応した指導を行う。
9.
広報活動を強化する。You-Tubeで神髄をPRする。キャッチコピーを創る。ex「真向法で今日も爽やか」「飛距離+20ヤードの魔力」
10. 音楽伴奏を導入する。真向法のメロディーとリズム。

佐藤良彦顧問の本書の「おわりに」は傾聴すべき内容である。

《「自然の一部として生きる」。私たちの体は、正しく使って錬成すれば、毎日が健康で、天命を全うすることができます。人に迷惑をかけず、人生を健康で明るく生き抜くことは、人として、また社会人として大切な使命であり責任でもあります》と。

ひきつづき地道に精進していきたい。外野席からではあるが、真向法のますますのご隆盛を心から祈念する。(2020.9.12 千葉市在住)

2020年09月08日

◆「考えるナメクジ」と「火の鳥(未来編」

馬場 伯明


ある大学教授から「考えるナメクジ(さくら舎)」という本を借りた。著者は松尾亮太(さん)という福岡女子大教授(以下、松尾先生)。48歳。1,650円。著者・出版社ともにあまり聞かない。貸してくださった教授が何の目的でこの本を購入されたのかは、知らない。

読んだらおもしろい。松尾先生は、京大理学部を卒業後、東大で真っ当な神経科学の研究に取り組んでいたらしいが、ナメクジの「脳!」の不思議さに魅せられその虜(とりこ)となりナメクジの研究者となる。

だが、そもそも、ナメクジの一般的印象は悪い。《ナメクジは、体がぬるぬるし粘液を出すため移動の後に銀色に光る筋を残す。じめじめした生息環境におり不潔なので、不快な生物として人間に嫌われる。花壇・畑・ハウスの、花・野菜・きのこに害を与え台無しにする。広東住血線虫の中間宿主にもなり、傷がある手で触れると危険である》(虫知識COM)。

しかし、この本の面白さ・不思議さ・ユニークさは、目次に現れている。私が長々と説明するより手っ取り早い。ざっと抜粋し列挙する。詳しい内容は想像するか、この本を読んでください。

《1章
ナメクジってどんな生き物?(人間社会のおじゃまもの、カタツムリとは違う、からだのしくみ)。 

2章すごい「脳力」(ナメクジにも脳があるの?、ヒトよりすごい「脳力」を持つ動物たち)。3章ナメクジは賢い!(学習する、五感はあるか、記憶はどこに)。4章人間をはるかにしのぐナメクジの「脳力」(再生能力、DNAは倍々ゲームで増える、新たな脳内物質、暗闇を探し出す)。5章ナメクジの生き方(生存戦略、なぜ殻がないのか)。6章愛と青春のナメクジ研究(松尾先生の「自伝」?)

本書で、松尾先生は、型破りでナメクジのすぐれた脳機能に驚かされっぱなしで、人とはまったく違ったロジックで動き、それでいてすぐれた彼らの脳機能を知っていただければ・・と書く。そして最後に「万物の霊長たるヒトの脳は、なにもすべての動物が目指す頂点ではなく、この世界を生き抜くための単なるひとつの形にすぎない」とまで言い切っている。

さて、ここで松尾先生の「本」は机上に置き、遠い50数年前へ飛ぶ。1976年、手塚治虫の長編大作「火の鳥」がマンガ雑誌COMで始まった。その後7編まで続く。当時私は京都市で大学4回生、法律の勉強はサボり、マンガ雑誌のCOM(手塚プロ)やガロ(青林堂)等を読み漁っていた。

1冊目の「黎明編」。ヤマタイ国(邪馬台国)のヒミコ(卑弥呼)の時代から日本の国造りの時代が描かれる。支配者の誰もが永遠の命・・不死の生命をもたらすという「火の鳥」を追い求めた。しかし、誰も果たせない。

2冊目の「未来編」では、いきなり、1434年後の西暦3404年に飛ぶ。大胆で壮大な想定、SFである。

以下、作者(手塚治虫):T、ナメクジ:N、マサト:(M)、火の鳥:(H)、私(馬場:B)の言葉と文章で本稿を展開する。平仮名は適当に漢字に置き換える。

T:西暦3404年―地球は死にかかっていた。かつてそこには強大な帝国があった。青く満ちた海原があった。そして生きるもののしあわせと安らぎと愛の讃歌とがあふれていた。・・だが、今では・・、はてしない荒地だけ。人類は一切を地下へ持ち込んだ。地下だけが残された最後のとりでだった。

B:人々はここに「永遠の都」を築き暮らす。電子頭脳の女王が支配しその命令ですべてが差配されている。最終戦争世界は2つの電子頭脳の命令で2国が核戦争に突入し、他へ連鎖し、・・・あっけなく人類は絶滅した。ただ、地上に出た人類戦士のマサトと友人のロック、地上の暮しを許されていた猿田博士の3人の人間が生き残った。それと、不定形(可変)生物ムーピー(タマミという女性に変形している)だけ。

B:地球の歴史は変遷し最後にマサト一人が残る。火の鳥から永遠の生命をもらい、長い地球の史と運命を見定める存在として、30億年を生き続けることになる。・・・宇宙生命体として。その途中で、恐竜が地球の支配者となる。ところが、予想もしなかったことが起きる。

T:恐竜がなにかに襲われている!何だろう?体に何か吸い付いている!ヒルだろうか? ナメクジが恐竜を倒している!!哺乳類たちも、ごく僅かな小動物を残しナメクジに征服された。これはどういうことなのだ!

T:ナメクジはますます進化していく。その脳ははちきれそうに膨れあがり、ついに・・・・直立して歩くナメクジが現れた。それは突然変異で・・・・出し抜けに、2匹生まれたのだ。その後、その2匹は恐るべきスピードで子どもを増やしやし始めた。神たるマサトは、その2匹に、やむを得ず、アダムとイブと名をつけた!!

B:松尾先生が後年検証した(!)ナメクジの脳はさらに進化していたのだ。ナメクジが地球の支配者となった。ナメクジの歴史にとりこれ以上の大きな話はない。政党の総裁や日本の首相が誰かなどという小さなことではなく(笑)、地球の全支配者であり、王者なのだから・・・。


T:そのうち、ナメクジたちははっきり2種類に分かれていった。北方系の色の白い尊大な種族と南方系のどす黒い大型種とだ。この二つは、性質も思想も宗教もぜんぜん違っていた。ついに北方種は、地底の溶岩を地上へ誘い出す方法を見つけた。一方、南方種も大気中の水を自由に調節することを覚えた。

T:ある日、北方種は、突然地上のあちこちに溶岩を噴き出させた。南方種は一瞬のうちに全滅してしまった。しかし、南方種は滅びる前に復讐を忘れなかった。地球上の空気はカラカラに乾き、水はほとんどなくなった。

T:北方種は水を探して死にものぐるいで駆けずり回ったが、もう遅かった。体はどんどん干からびていく。やがて・・・たった一匹生き残って、水、水を・・・それも死にかけていた。水・・。その一匹は転げ回って悲鳴を上げた。

N:死にたくない・・死ぬのは嫌だ。お・・水! 水だ!!フウ これで一日ぐらいは持つ。
M:あわれな生き物よ おまえはなぜそんなに生きたいのだ?たかがナメクジのくせに・・。
N:た・・たかがナメクジですって。ひどいことをおっしゃる。あなたがだれだかは知らないが、私だって命は惜しい!!

M:長生きして何になるというのだ?なぜ命をそんなに惜しむのだ?

N:そりゃあ死んでしまえば何もかもパーになるからですよ・・・。

M:私はおまえの先祖の下等なナメクジを知ってるが、おまえのように未練がましくはなかったし、グチも言わずに死んでいった。恥ずかしくないのかね。

N:イヤダ イヤダ。わたしゃそんな下等動物じゃない。死ぬのが怖いんだ、助けてくれェ。

M:助けたいが私にはできない。その水ももうすぐ枯れるだろう。この暑さでは3時間と保つまい。

N:ウフ・・ウ あ・・あなた・・聞いてますか。・・私に最期のグチを言わせてください。なぜ私たちの先祖は・・、賢くなろうと思ったのでしょうな・・もとのままの下等動物でいれば、もっと楽に生きられ・・死ねた・・ろう・・に・・・進化したおかげで・・。

T:(最後のナメクジが)死んだ。なま暖かい雨が何千年も降りそそいだ。それはナメクジの文明どころか、中生代の名残を跡形もなく流しさった。それに代わって、体温を持った生き物たちが現れ始めたのだった。初めは遠慮深げに・・やがてわが物顔に・・。(マサトは)何億年彼らを待ったことだろう。人間だ!ネアンデルタール人からクロマニヨン人だ。この人類は進化のスピードを早めていく。

M:愚かな人間たちよ。浮気者で、派手好きで、けばけばしく飾り立て、嫉妬深く、他人を信用せず、嘘つきになり、残忍で、何と醜い動物なんじゃ。わしはそんなお前たちなど望まなかった。欲しかったのは新しい人間なんだ。・・あの鳥はどこかで見たような・・。思い出した!火の鳥だ!!

M:ずいぶん久しぶりだのう。

H(火の鳥):ちょうど30億年ですわ。マサト!あなたは何と呼ばれているのですか?

M:いやあ、人間どもやナメクジや動物たちは、わしのことを「造物主」とか「神」とか呼んでおるよ。わしゃ生きとるのか、死んどるのかのう。

H:もちろん生きていますよ。宇宙生命として。見えるでしょ?感じるでしょう、この世界のいたるところに・・・宇宙生命の群れが飛び回っているのを!!さあ、あなたは私(火の鳥)になるのよ。私の中に飛び込んで!!(B:マサトは火の鳥と合体し宇宙生命となった)

T:そして、火の鳥は飛び立った。新しい人類の新しい歴史を見守るために・・。火の鳥は、火山の火口壁に巣を作ってそこへうずくまって思いにふけっていた。それは果てしない長い年月だった。生物が滅びてまた現れて進化して・・栄えて滅びた。火の鳥の前で何度繰り返されたことだろう。

T・H:火の鳥はいつも思うのだ。「あのナメクジにしたって、高等な生物だったこともあった。ここでどうしてどの生物も間違った方向へ進化してしまうのだろう。人間だって同じだ。どんどん文明を進歩させて、結局は自分で自分の首を絞めてしまうのに」。

T・H:「でも今度こそ」と火の鳥は思う。「今度こそ信じたい。今度の人類こそ、きっとどこかで間違いに気がついて・・・。生命を正しく使ってくれるようになるだろう」と。(第2部 未来篇 完)

B:火の鳥の思いと祈りは永遠につづく。それで・・?松尾先生のナメクジ研究はどうなっていくのだろう(笑)。(2020.9.6千葉市在住)

2020年08月22日

◆懐かしのオクラホマミキサー

馬場 伯明


集合・対面せずPCでつなぐ連句の会に10年来参加している、というよりも「ぶら下がっている」の方が適切だろうか。2020年上半期の歌仙36句の大合評会が、先日2020.8.9の夕方から、コロナ禍の折、ZOOMを利用して行われた。延々5時間ぶっ通しで自由な鑑賞の意見を述べ合い、宗匠の適切な指導により課題を残しつつも、纏まった。追記(*1)(*2)。

発句(新年)    老いし手と若き手にうつ注連飾   楓亭
脇句(新年)   つくぼの里にゆるる繭玉     瞬夏 (中略)
三十五句(春・花)車椅子の母の歓声花の土手     海象
挙句(春)    菜の花色し帽子連なる       瀬々

土手は満開の桜である。車椅子上の老母は喜びの歓声をあげ息子は静かに車を押す。転じて、新小学生が菜の花色の帽子をかぶり連なり学校へ元気に歩いている。明るい未来へとその道はつづく。めでたい挙句により本歌仙は巻き終わった。2020年の下半期(8〜12月)の発句は行人さんが予め詠んでいた候補5句の中から連衆の投票により次の句に決定した。

発句(夏)    オクラホマミキサーどこか遠花火  行人

新しい発句を眺めていたら、ふるさとの遠い記憶が蘇ってきた。約60年前、母校・長崎県立口加(こうか)高校のことである。昭和36(1961)年秋の体育祭の企画会議で3年生の先輩の生徒から「フォークダンスをしよう!」と提案があった。生徒数は1学年では、男女共学の普通科3クラスと商業科、それに家庭科(女生徒のみ)の5クラス45人の225人。

2年生のあるクラスの委員長だった私は即座に反応した。「質実剛健を誇るわが口加高校の校風を華美柔弱なものにする愚かなことには絶対に反対である」と青い論陣を張った。正直に言って「フォークダンスをしたい」と思っていた家庭科の女生徒らがいたが、私の勢いに負け、結局、実施は取りやめとなった。

翌年S37(1962)年3年生となった。秋になると進学・就職の追い込みの時期に重なるので時期が不適切であるとのH校長の判断により、体育祭は前倒しの5月開催となった。私は再び企画会議に出席した。別の新3年生からフォークダンス実施案が提出された。

ところが、私は春休みを境に質実剛健派から華美柔弱派に転向しており、突然発言した。「よし、やろで(やろう)。口加高校も新しか時代に、向うて行かにゃあ、いかんたい」と。(私は・・色気づいていたのだ)。

去年の私を知っていた生徒は唖然としていたが、すんなり実施することに決まった。1、2年生もやりたそうだったが、人数が多くなり過ぎるとして、3年生225人の限定種目となった。私は「去年の3年生には悪かったな。『現金な奴だ』と思われるだろう」と恥じる気持ちも少しあったが、すぐ忘れてしまった。

踊るフォークダンスの曲は、オクラホマミキサー、マイムマイム、コロブチカの3曲であった。それらの曲の起源を探る(Wikipediaより)。また、体育祭でどういう気分で踊っていたのかを思い出してみる。

「オクラホマミキサー」:このメロディーは「藁の中の七面鳥」の歌詞以前から"Natchez
Under the Hill(丘の下のナチェス族)"というバイオリン曲としても知られていたほか、"Do
Your Ears Hang
Low?(君の耳は長く垂れている?)"という子供の歌としても知られている(・・らしい)。

古いアルバムに色褪せた写真があった。体育祭のフォークダンスの入場風景の写真で後輩が撮ったものだ。なぜか私が全体の先頭にいる。背は高い方ではあったがクラスの委員長だったのでそうなったのではないか。私は同クラスのMさんと前向きに両手をつなぎ行進している。ちょっと左横を向いている。よく見れば、あらら、右手を握手のように下から添えるべきところを上からかぶせている(間違っている!)。

オクラホマミキサーの踊りは、女生徒と右手を肩越しに、左手を男生徒の左腰の横で手をつなぐので、お互いの一体感がある。1セットをパートナーと踊り挨拶して別れたら次の人に移る。自分が期待する女生徒が今円列のどこにいるのか気になった。やっと巡り合ったらそこで曲が終わりがっかりということもあった。でも、練習のときも楽しく最終学年の体育祭でフォークダンスをやってよかったと思った。

「マイムマイム」:イスラエルのキブツ(集団農場)で、水源の乏しい乾燥地に入植した開拓者たちが、水を掘り当てて喜ぶさまを表したもの(だという)。フォークダンスでは、夏のキャンプファイヤーなどでも定番だ。

大きな円陣になり、両腕を広げ、両側の女生徒と終始手をつないでいる。♪マイムマイムマイムマイムと掛け声を発し、マイムベッサッソン!私の関心は両側の女生徒がラッキーな相手なのか、そうでないのかである。でも、それは逆の女生徒からしても同じことなのに・・・(笑)

「コロブチカ」:ロシアの行商人の背負う荷物箱という意味(とある)。ロシアの有名な民謡となりアメリカ経由で日本に伝わった(という)。パートナーの女生徒と対面し両手をつなぐ。1セット踊ったら次のパートナーに代わりながら進む。

進行するにつれだんだんテンポが速くなっていく楽曲構成であり、男女ふたりの高揚感が表現されるようになっているので、自然にそういう気になるフォークソングである。「馬場さん、あんた、そがん、強う、握らんで!(笑)」と、才媛のKさんに叱られた。

当時男女の高校生同士が公然と自由に手をつなぐことはほとんどなかった。同学年で何組の交際するカップルが生まれたのだろうか。体育祭での初めてのフォークソングのおかげであるという証拠はないが、私たちの3年生のクラス内の同級生同士が、その後2組結婚した。じつは、私が3組目になる可能性もないこともなかったのだが・・・、人生はそうそう思い通りにはならない。

ともあれ、2020年の下半期(8〜12月)の発句は行人さんに決まった。

発句(夏)    オクラホマミキサーどこか遠花火  行人

単調にも見えるが、時と場所が大きく構えられた夏の句である。どういう方向へも展開できる発句、楽しみですと連句の上級者の人が評した。

じつは、この発句の次の脇句は私が指名された。さあ、大変。脇句は、発句(575)と同季・同場・同時の短句(77)とし、体言止めとした方が、納まりがよく、発句と脇句を合わせ短歌(57577)のような世界をつくるのがよいとも言われている。安易に、「高校時代」「セピア色」「思い出」「ほろ苦い」「懐かしい」などと、定番や月並みの言葉を使ったら、連衆から集中砲火を浴び、宗匠から厳しくダメ出しをされるのは間違いない。

奇抜ではなくても発句に寄り添う脇句でご挨拶をしたい。また、60年前ともに踊った「オクラホマミキサー」のパートナーだった女生徒たちにもほめてもらいたい。さあ、どうするのか・・・。次の句となった。

発句(夏)    オクラホマミキサーどこか遠花火  行人
脇句(夏)    堤越えたら舞う姫ホタル      串山(馬場)

宵闇のキャンプ場から、堤(つつみ)を越えたら、炎の如く舞うヒメホタルに出会った。美しくなつかしい故郷の風景がよみがえった。
歌仙は連衆が立派に続けてくださる。私も引き続き参加するが、感謝あるのみである。(2020.8.20千葉市在住)

(追記)
(*1)「歌仙“注連飾の巻”(2019.12〜2020.6越境連句会)」大合評会が
2020.8.9にZOOMで開催され、同歌仙より四句、新たに始められ
た「歌仙“遠花火の巻”2020.8〜2020.12)」より二句を、同資料よ
り引用しました。

(*2)(新旧)歌仙から六句を本稿に転載しています。連衆から本誌への
   投稿のご了解は得ましたが、他の連句や俳句関連紙誌への句の転載
はお控えくださるようお願い申しあげます。(了)

2020年08月08日

◆V・ファーレン長崎。走!跳!蹴!

馬場伯明


私は長崎県島原半島の出身であり、これまで、スポーツの分野でも長崎県出身選手やチームをとくに応援してきた。高校まで長崎県に18年、岡山県を経て、千葉市には35年も住んでいるのに、サッカーでも「ジェフユナイテッド市原・千葉」よりも長崎のチームを優先し応援している。

2020.7.29(水)Jリーグ(J2)のV・ファーレン長崎(以下、V長崎)はアウェイの山口で、レノファ山口FCに2:1で勝った。勝点22(7勝1引分0敗)で2位大宮アルディージャに勝点4差で首位を堅持した。

2020.8.2(日)V長崎は、ホームのトランスコスモス・スタジアム長崎(諫早市・以下、トラスタ)で東京ヴェルディと対戦した。DAZN(ダゾーン)の受信契約をしていないので実況の視聴はできなかった。

じつは、本稿の出だしは次のように書くことになるのではないかと控え目の予想をしていた。《 V・ファーレン長崎がついに負けた。でも、いつかは負けるだろうと思っていたので、それほど悔しくはない。ただ、今年は地力がある。ここから再び連勝が始まるだろう・・》と。

しかし、結果は、東京ヴェルディと0:0で引き分けだったから、次のように書き直そう。《 V長崎が引き分けた。相手は下位だが(かつての名門)東京ヴェルディだった。負けず引き分けたのはよかった。勝点23(7勝2引分0敗)で2位大宮アルディージャに勝点5差で首位を堅持した。今年は地力がある。この後も、負けなしの連勝が続くだろう。》。

この投稿も早めに出さなきゃ・・・。V長崎が、次の徳島ヴォルティクス戦に負けてしまうと困る(笑)。

ここで、V・ファーレン長崎(V長崎)の起源と歴史を紹介する。

雲仙温泉(Unzen Hot
Spring)の麓で、有明SCと国見FC(国見高校サッカー部OBら)が2004年に統合し(新)有明SCが設立された。2004年の九州各県リーグ決勝大会で準優勝し九州リーグへの昇格を決めた。

今から15年前のことである。(新)有明SCが2005年に新チーム名を募集した。私は「スプリング長崎」という提案で応募した。「泉(雲仙)・バネ(跳べ)・春(よ来い)」の3つのSpringに思いを込めたのだが・・・。

チーム名は「V・ファーレン長崎(ヴィ・ファーレン長崎)」に決定。Vは(長崎ゆかりの)ポルトガル語のVITORIA(ヴィトリーア:勝利:)とオランダ語のVREDE(平和)・VAREN(ファーレン・航海)を意味する。

2006年九州リーグ優勝し全国社会人サッカー選手権大会でも優勝した。しかし、JFL昇格戦で負けた。2009年日本フットボールリーグ(JFL)から準加盟クラブとして承認されたが、(代替)専用スタジアムの不備等でJリーグ加盟を断念。2012年11月JFL初優勝し、Jリーグ理事会承認を経て2013年からのJ2参加が決定した。ずいぶん長い道のりだった。

監督には高木琢也氏が就いた。「アジアの大砲」と称された日本代表FWである。国見高校サッカー部OBであり小嶺忠敏(元)監督の愛弟子だ。島原半島(現)南島原市、(旧)北有馬町小中学校卒業の正真正銘の地元の選手であり、私の高校の同級生Nさん(女性)と実家は近所同士だという。

ふるさと長崎とV長崎を一途に愛し、育て、高木監督を支えた人がジャパネットHDの高田明会長である。(直接的責任はともかく)高木監督も経営問題に悩まされた。2017年初、ジャパネットHDがチームを100%子会社化し経営不安を一掃し、また、観客や売上増加のため営業と宣伝に手を尽くした。経営は安定に向かった。夏の島原合宿の懇親会で、高田社長が「J1昇格決定で全員ハワイ旅行だ!」と明るく約束した。場は最高の盛り上がり。(そして、実現した)。

2017.11.11、V長崎はトラスタの最終戦でカマタマーレ讃岐に3:1で快勝した。22,407人の観客(サポーター)の前で2位を確定させJ1入りを決めた。長崎県民と(全国の)サポーターが歓喜した(私も・・)。

しかし、2018年J1シーズン1年目は最下位に沈み、わずか1年でJ2へ降格となった。高木監督は身を引いた。彼は2013年のV長崎の監督就任以来、その消滅の危機、J1昇格の歓喜、そしてJ1陥落の悲哀まで全てを経験した。だが、V長崎のサッカーへの貢献度はNo1の人だ。私は「ほんとにお疲れさま」とその労苦をねぎらい心から感謝したい。

2019年、V長崎(V2)は監督に手倉森誠氏を招聘した。前日本代表コーチ・U-23日本代表監督で、仙台での指揮経験もある。だが、この年は最終12位に終わった。それでも、天皇杯では準決勝で2:3までJ1鹿島を追いつめ2020年へ期待を持たせた。

2020年、高田社長から娘の高田春奈氏に社長が交代した。コロナ禍の中で、うれしい誤算か、本物かはわからないが、目下9戦無敗の快進撃を続けている。だが、圧倒的な戦力や実力があるとは感じられない。接戦を耐え際どく勝利している。引き分けのゲームも粘っている。
そう、サッカーは勝つことである。そして、負けなければいいのだ。

ここから、V長崎にまつわる個人的な話を記す。

2020年は長崎へまだ1回しか帰省していない。2.22〜24。兄弟姉妹等で会食し、高校の友人と夜の街で飲食した。長崎国際GCでラウンドもした。V長崎は翌月3.23、トラスタでの開幕戦で栃木SCとの開幕ゲームを1:0で制した。私は帰省しで応援したかった。コロナ禍を恨む。

関東地方のふるさと関係の諸団体に関与し参加している。関東長崎県人会、関東島原半島会、関東南串会(出身町人会)、関東口加会(高校同窓会)などだ。関東地方で開催されるサッカーゲームには随時応援に行く。

古いが、2002.1.8国立競技場の第80回全国高校サッカー決勝で国見高校は岐阜工業(岐阜)を3:1で破り5回目の優勝を飾った。関東島原半島会(福田学会長)が主催し、私たちは四谷交差点のスクワール麹町(ホール)で祝勝会を行なった。V長崎の徳永悠平(DF)と徳重健太(GK)が3年、柴ア晃誠(FW・J1広島)が2年、平山相太(FW・引退・仙台大在学)は1年だった。「地元の祝勝会より豪華ばい(です)」と言われた。本箱から出してみれば、徳永らのサイン(色紙)は高校生らしく下手な字だ。2年後2004.1.12第82回でも国見高校は6回目の優勝を飾った。平山相太(3年)が9得点(得点王)となりこの年も四谷で祝勝会をした。

そして、2020.7.19の京都サンガ戦では、V長崎の徳永悠平(DF・36歳)と徳重健太(GK・36歳)とが出場し、徳永が見事なヘディングで先制点。徳重は好セーブした。国見高校と長崎サッカーの精神は、連綿と今のV長崎へ受け継がれているのである。

ジェフユナイテッド千葉・市原(千葉)のフクダ電子アリーナは千葉市中央区蘇我にある。長年勤務した川崎製鉄(現JFE)の千葉製鉄所の敷地内である。稲毛区の自宅から車で15分。V長崎:千葉のゲームはいつも観戦するが、まずV長崎を応援する。その次に千葉を応援している(笑)。

記憶に残るゲームを2つ。2017.5.13(J2)V長崎は0:5で完敗した。攻めればカウンターを食らい、守れば押し込まれた。しかし、このゲームを転機に吹っ切れたのか、追い上げてついにJ1に昇格した。ところが、2年後J2に落ちた2019.6.2、V長崎は4:1で勝ち雪辱を果たした。

今後の関東の日程は、2020.8.27(木)水戸ホーリーホックとの対戦である。この日は仕事を調整し応援に出かけよう。その後は未定である。

V・ファーレン長崎は帆を上げ大海へ漕ぎ出した。順風満帆である。V長崎の勇者たちよ、速く走り、高く跳び、強く蹴るのだ。
勝利の港は待っている。ふるさと長崎の母港「トラスタ」へ凱旋帰港するのだ。ファン(サポーター)は強く信じる。(2020.8.6千葉市在住)

2020年08月03日

◆「顔より太もも」その後

馬場伯明


コロナ禍に抗し「飲もう」と新橋のSL広場で待ち合わせたら、ビル壁面のサントリーの角ハイボールのCM看板では井川遙の写真が更新されていた。何と艶めかしい。こういうママさんがいるのならば、すぐふらふらっと店に入ってしまうだろう。

その右横には、GIRLS競輪のCM看板「顔より太もも」の2人の女子選手(児玉碧衣・田中りゆ)がいる。力溢れる走行姿は健在である。五輪を狙う。顔より太もも「実力」である。

2020.7.16(金)朝、勤務が休みでたまたまNHKの「アサいち」を観た。近江友里恵アナがメイン司会者だ。プレミアムトークに48歳で女子競輪学校に応募し1期生として活躍した高松美代子さん(58歳)が登場した。以下、本誌2020.7.8
第5465号の「GIRL’S
KEIRIN『顔より太もも』の「その後」としてご紹介する。

Wikipediaより抜粋・引用する。

《高松美代子(1962.5.9- 58歳)元女子競輪選手。日本競輪学校女子第1期生。大阪府生まれ。プール学院短期大学卒。小学校の臨時教師の後結婚し専業主婦。娘2人を幼稚園に自転車で長距離送迎した。

日本スポーツマスターズ自転車競技大会では2006年から2010年まで女子個人ロードレースで5連覇、東京-糸魚川ファストラン300kmでは女子の部8回優勝。この実績を引っ提げ競輪学校へ48歳で入学、生徒会長を務め、在校競走成績は5勝、第19位。

2012.5.1、競輪選手(プロ)登録。同年7.1に平塚競輪場でデビュー戦。初勝利は同年12.27の高松競輪場。

2013.8.4熊本FI最終日一般戦での勝利はガールズケイリンにおける最高齢勝利記録(51.2月)である。2017.3.26千葉競輪場で引退レース。通算成績323戦3勝。引退後も日本競輪選手会でガールズケイリン・スタッフとして働く。家族は夫(2017.1死去)と2女。1歳年上の歯科医師の兄》(抜粋等終わり)。

「アサいち」のトークによれば、高松さんのモットーは「後悔しない生き方」であるという。エピソードを交え紹介したい。

先に述べた2児の幼稚園送迎。ママチャリで長女では毎日往復20km、次女では32km、7年間で延べ4万kmを走った。決めたらやり抜く。

48歳で入った全寮制の競輪学校の地獄の練習と生活は天国だったと。「主婦業に比べたら、3回ご飯が出てくる。洗濯も自分のものだけ。
自転車に集中できる。
もう一回(でも)競輪学校に通える(笑)」と。すごい。

今も、毎月小さくても目標を決め実行しているという。「般若心経の暗唱」。「指笛を鳴らす」「ピアノ1曲を演奏」「ペン習字」「マスクを50枚作製する」など。

じつは、高松さんと近江アナだが、小柄なこの二人は丸っこくて似ている。とくに笑い顔がそっくり、親子みたいだった。

プレミアムトーク・インタビューの終わりに、視聴者からの質問の一つを近江アナが読み上げた。

近江アナ:「太もも周囲の最高時の大きさはどうでしたか?」と。高松:「・・・60cmでした」と。ところが、これは2020年現在の女子競輪の絶対女王である大柄な小林優香選手(26歳)の太もも周囲68cmと比べても立派な数字である。

近江:「ふくらはぎも立派ですね?」に対し、変なことを言う。高松:「じつは、ふくらはぎは(訓練しても)変化がないのですよ。ふくらはぎは生まれつきのものです」と。

へえ、なるほど、そうだったのか。ふくらはぎが太かった亡母を思い出した。母は戦前旧制女子師範学校の陸上競技部に所属し、短距離選手兼(何と!)円盤投げの選手だったという。今でも競技用円盤を自分で投げたことがある読者は1,000人に1人もいないだろうに。私のふくらはぎが太いのは母からの遺伝だったのだ。

今、計測してみたら私のふくらはぎの周囲は44cmと太い。だが、太ももは58cmで、筋肉は若い頃より相当落ちている。だが当然だろう。すでに後期高齢者(75歳〜)なのだから(笑)。

女子競輪界の女王小林優香選手や石井貴子選手(30歳)らが2020東京五輪を目指していたがコロナ禍で延期となった。さらに練習に励み、意欲を持続し、2021年東京五輪で、所期の目的を達成してほしい。

高松さんは前向きだ。苦手なことも厭わず、決して諦めないパワフルな生き方は、人間、一生をどう生きるかについて、視聴者に多くの示唆を与えてくれた。女子競輪界の未来は明るいかもしれない。

高松美代子さんの引退レースがあったという千葉競輪場(千葉市中央区弁天)は千葉公園内にあり、稲毛区の自宅から車で10分だ。女子競輪に行ってみよう。(2020.8.1 千葉市在住)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。