2011年05月04日

◆新聞の責任

渡邊好造

大学在学中の約50年前のことだが、M新聞記者を永年経験された方の週1回1時間半の4回集中講義「新聞学」を受講したことがある。

その講義の評価は、論文提出であった。

テーマは「新聞の責任」で、中味は自由。後で分ったことだが自分の意見が述べられていれば、たった一行だけでも優良可の最高合格点”優”が与えられた。

この時筆者が提出したのは、「記事は客観的に記述するのが新聞の責任」であった。

記事の書き方に、記者個人の考えへ誘導しようとするかのような書き方は気に入らない、といった内容である。

例えば記事のこんな結びの書き方―。

 1) 、、、今後各方面の批判を呼びそうだ。
 2) 、、、この件論議を巻き起こすに違いない。
 3) 、、、といった狙いがある、との見方がある。
 4) 、、、今後を占う意味で注目される事態だ。
 5) 、、、といった点は当事者にとって最大の難問になる。
 6) 、、、この結果は今後の行方にも影響しそうだ。
 7) 、、、より一層の責任が問われる。
 8) 、、、といった声が多く、このままだと一波乱ありそうだ。
 9) 、、、など事態の悪化は避けられそうにない。
10) 、、、予想以上に厳しい状況に追い込まれている。

といった表現の仕方だ。

客観性がなく、なんの根拠も示さずにまるで、世論がその方向に向かっているかのような記事の結び方はケシカラン、という他はない。

改めて50年前のことを思い出しながら最近の新聞を読んでみると、今もこうした表現の仕方は変っていないことに気づかされる。

1)〜10)のような見解には根拠が必要なのに、どう読んでも記者個人の意見なのではないかと思わせる場合がある。

社会面や経済面でも散見するが、納得のいかないケースは政治面に多い。

こうした気になる記事の書き方は未だに残っていて、上から目線で読者を馬鹿にしているように感じる。

新聞は週刊誌の視点と同じであってはならない。

当り前のことだが、記事内容は客観的な論拠を示すことが肝要で、もし記者個人の意見を述べ、世論を誘導したいなら氏名を明記したそれなりのコーナーを設けるか、”社説”として掲載すべきではないか。(完)

2011年04月24日

◆山科だより「近辺の資料館・博物館E」

渡邊好造

今回は、京都に関する文化と歴史の膨大な資料を誇る館、公文書を管理する館、教育資料専門舘など山科に近い京都の3館と左京区比叡山頂の2館を紹介しましょう。

1) 「京都府京都文化博物館」 ・運営=財団法人京都府文化財団 ・所在地=京都市中京区三条高倉
・平成22(2010)年12月〜23(2011)年7月まで 改装工事で休館中。7月9日(土)リニューアルオープンの予定。
・入館料500円、大生400円 ・開館10〜14時30分 ・月曜休館(祝翌日) ・地下鉄東西線烏丸御池駅徒歩3分

京都の歴史、文化を紹介する博物館で、歴史展示室、美術工芸展示室、映像ホ-ル、映像ギャラリ-などがある。

映像ホールでは京都が所蔵する京都の映画文化をメインに紹介している。前身は昭和43(1968)年に設立された財団法人古代学協会の「平安博物館」であったが、昭和63(1988)年平安遷都1200年記念事業として、京都府が建設し京都府立総合資料館の資料とともに京都府文化財団に移管された。

赤レンガに白帯の別館は旧日本銀行京都支店で、明治39(1906)年に建設され国指定有形重要文化財に指定されている。
 
2)「京都市歴史資料館」 ・運営=京都市行財政局総務部 ・所在地=京都市上京区寺町通り丸田町
・入館料無料 ・開館9〜17時 ・月曜祝休館 ・地下鉄東西線京都市役所前駅徒歩10分

1千2百年の歴史を誇る京都の経験と知恵を末永く後世に受け継ぐことを役割とする。昭和57(1982)年の開館。平成19(2007)年4月に公布された「公文書管理要綱」により全ての公文書が管理されている。 古文書約7万5千点を中心に、絵画、民俗資料が展示され、映像・写真の展示室もある。年に3〜4回の展示変えをしている。

3)「京都市学校歴史博物館」 ・運営=財団法人京都市生涯学習振興財団 ・所在地=京都市下京区御幸通仏光寺下る橘町
・入館料200円、小中高生100円 ・開館9〜17時 ・水曜休館(祝翌日) ・地下鉄烏丸線四条駅徒歩10分

明治維新で首都が東京に移り、京都はこれまでの繁栄を維持するために、各種の産業振興策にあわせて教育にも力を注いだ。町衆の協力で明治2(1869)年に学区制の64の「番組小学校」をわが国で初めて開校した。番組とは、当時の住民自治体組織のことで、現在でいう町内会のことである。

明治政府が学制公布したのはこれより遅れること3年後の明治5(1869)年。ここにも東京に首都を取り上げられた京都の”負けてたまるか、今に見ていろ”の強い意気込みがうかがえる。

博物館は、当時の教科書、教材、教具などの教育資料約1万1千点が収集保存され、幕末の学校、明治の教育、大正・昭和初期の教育、戦中戦後の教育、学校給食の歩みなどが解る。なかでも注目は教科書コレクシヨンで、今や縁のない”論語”の教科書には驚かされた。

昭和63(1988)年の開館、昭和57(1982)年に廃校となった校舎(開智小学校)を活用していて、博物館の入り口は古い門構えがそのまま残されている。

*京都山科に近く、最も高い山といえば"比叡山"(京都市左京区修学院尺羅ケ谷四明ケ嶽)である。ここは延暦寺で有名だが、この高さ8百メートル強の山頂に2つの資料館、博物館がある。山頂遊園展望台の回転展望台で京都や琵琶湖を一望したあとに立ち寄るとよい。山科からだと車で30分もあれば山頂に到着する。

4)「ガーデンミュージアム比叡」
約1500種、10万株の草花が植えられている。画家モネの描いた「睡蓮の庭」や、ルノワール、セザンヌ 、ゴッホらが夢見た自然の風景を再現させている。ハーブの香る「香りの庭」、薔薇が一杯の「ローズガーデン」も見ものである。

開館は4月17日〜12月4日で冬季は休館。10〜17時30分(土日祝夏季は21時)。入館料1000円、中高生500円、小生250円。

5)「比叡山自然科学館」
鳥類、小動物、昆虫、植物、資源鉱物などの標本を中心に展示している。なかでも昆虫はよく整理されている。年中無休。9〜17時(7〜8月は21時)。入館料500円、小生250円 。(完)
 

2011年04月13日

◆山科だより 「赤穂浪士、龍馬の人気」

渡邊好造


NHKテレビの大河ドラマ”坂本龍馬”は大好評であった。主演した福山雅治は、本職の歌手そっちのけで、その後も大活躍である。

龍馬がなぜこんなに人気があるのか。そこには赤穂浪士の人気と共通するものがあるように思う。大衆芸能で人気を博し、「英雄」となる人物には およそ次の4つの共通の条件が備わっているのではないだろうか。
                                            
1)逆境に陥る。
2)人から侮られる。
3)努力して大成功を収める。
4)悲劇的最後をとげる。

赤穂藩主の浅野内匠頭が江戸城中で吉良上野介に切りかかり、即日切腹させられ、藩は取り潰し。大石内蔵助を初めとする藩士47人が吉良への仇討を果たす物語が”赤穂義士伝”である。

周知のように、製塩で裕福であった藩の家老大石は、主君の不始末で生活はたちまち暗転。仇討をするのかしないのかグズグズと日時が経過し、昼行灯とまで揶揄され侮られたが、その後仇討を無事達成し一躍英雄となった。

しかし全員死罪の悲劇的最後を遂げる。まさにこの4条件にピッタリである。

もし、義挙だから救済するべしとの世評通り47人が赦免になって生きながらえていたら、彼らを称える毎年の赤穂、山科での「義士祭」は行われていないに違いない。

坂本龍馬は、土佐藩の下級武士の出で、脱藩して薩長同盟に尽力、海援隊の隊長として活躍したのち大政奉還に寄与するも、慶応3(1867)年刺客に襲われ明治政府の実現直前で死去。

同じように、この4つの条件に合致する大衆受けのする「英雄」を拾うと、

源義経は平家に預かりの身で苦労を重ねた後、不運な境遇から抜け出し平家壊滅の端緒をつくる大功績をあげた。しかし、兄頼朝の不興をかい奥州平泉で滅ぼされる。

豊臣秀吉は、織田信長の家来としてサルと馬鹿にされながらも人一倍の努力を重ねて這い上がり天下を取るに至るが、わが子秀頼は母淀君とともに徳川家康にしてやられる。

織田信長も英雄の一人にあげることができる。”ウツケモノ”として侮られ、その後天下統一の一歩手前で明智光秀の謀反で挫折し、自害する。ただ織田家を継ぐまでにこれといった逆境に陥ってはいないのでやや条件に欠ける。

新撰組の近藤勇、土方歳三は剣の腕前はすごいものを持っていたがもともとの身分が低く、中心人物になって組織をつくりあげるまでにはかなりの苦労を重ねたらしい。最後はともに若くして打ち首と戦死の運命をたどる。

いずれの人物もNHK大河ドラマに登場する「大英雄」である。

反対に、源頼朝、徳川家康らは天下を取ったものの、頼朝は非情な兄であり、家康は腹に一物のタヌキ親父、桂小五郎(木戸考允)も功績はあるが殺されもせず、3人とも最後は大往生をとげているから英雄の資格に欠ける。その意味では秀吉は病死であり条件にそぐわない面もあるが、次代での悲劇が待っていた。

もちろん、これらの筋立てはいずれも江戸時代の歌舞伎や浄瑠璃作家が客うけするストーリーにしたり、あるいは明治政府を正当化するために創りあげられたものであったりで、史実とは異なる部分が多いことは言うまでもない。

坂本龍馬に至っては、一説によると梅毒に侵され、斬殺されていなくてもそんなに長くは生きられなかったともいわれている。梅毒で死んだ坂本龍馬だと大衆芸能で人気を得るはずがない。もちろん、NHK大河ドラマに登場することも、銅像が建てられることもなかったに違いない。(完)

◆<本日の原稿は、一昨年、「山科だより・義士祭」でとりあげたことがあるテーマを膨らませたものです。    渡邊好造>





2011年04月02日

◆山科だより「近辺の資料館・博物館D」

渡邊好造

3D8C.jpg
今回は100年の歴史を誇る館、マンガ館など、山科に近い京都異色の3館を紹介する。京都市内に住み17年になるが、すでに紹介したものも含めてこれだけの資料館・博物館があるのを知り、いまさらながら驚きの感を禁じえない。
 
1)「京都市考古資料館」 ・運営=財団法人京都市埋蔵文化財研究所 ・所在地=京都市上京区今出川大宮

・入館無料 ・開館9〜17時 ・月曜休館(祝翌日) ・地下鉄烏丸線今出川駅のりかえ市バス堀川今出川停留所

平安京以来の遺跡の調査研究が主な業務で、館内には土器など発掘物が展示されている。昭和54(1979)年開設。

2)「京都大学総合博物舘」 ・運営=京都大学 ・所在地=京都市左京区吉田本町
・ 入館料400円、高大生300円、小中生200円 ・開館9時30分〜16時30分 ・月火曜休館 ・京阪電車出町柳駅徒歩10分。

明治30(1897)年に創設された京都大学の付属機関で、大正3年(1914)年に陳列館、昭和30(1955)年に文学部博物館、平成9(1997)年に総合博物館としてスタ-トした。100年間にわたって収集、研究されてきた学術標本・教育資料は2百60万点に達し、国宝、重要文化財も数多く含まれる。

3)「京都国際マンガミュ-ジアム」 ・運営=京都市・京都精華大学 ・所在地=京都市中京区烏丸通御池

・入館料500円(特別展1千円)、中高生300円(同500円)、小生100円(同200円) ・開館10〜18時 ・水曜休館 ・地下鉄東西線烏丸御池駅徒歩2分。
京都精華大学にはマンガ学部があり、マンガ、アニメの実作者や原作者、編集者を育てるのを目的としている。

この大学が京都市から土地を借りて共同でミュ-ジアムが造られた。平成18(2006)年11月の開館。館長は”バカの壁”の著作で有名な解剖学者・養老猛司氏(非常勤)である。国内マンガ本を中心に明治以降、世界の資料など30万点以上が収蔵されている。日本と世界のマンガ文化の宝物館といえる。

テレビ全盛時以前に幼少時を過ごした人にとってこのマンガミュ-ジアムは必見で、開館後4年にしてすでに入場者百万人を超え、うち1割が外人という。

平成20(2008)年に国の有形文化財に指定された。マンガというジャンルでの珍しい指定だけあってその充実した中身は想像以上である。

奇しくも京都精華大学マンガ学部について、週刊新潮の3月17日号は、”大学マンガ学部から「赤塚不二夫」は生まれるか”の見出しで紹介している。

この学部の昨年度の入試問題の一つとして<「朝目覚めると僕は○○になっていた」というシチュエーシヨンで始まる3〜5ページのマンガを描きなさい>をとりあげ、”これならカンニングで解答できまい。この学部の卒業生の多くは定職につかず、マンガを描いては出版社に持ち込んでいるという。いずれ第2の赤塚不二夫、手塚治虫がでてくるかも、、”との期待をこめた記事になっている。(完)
 



 

  


2011年03月19日

◆東日本大地震とマスコミ

渡邊好造

1)菅直人首相が被災した原子力発電所を視察に行ったのが現地の邪魔だった、との新聞記事があった。現地視察に行くべきでなかったのか、ヘリコプターで行ったのが間違いだったか。もし首相が現地に行かなかったら「なぜすぐ行かなかった」としてもっと悪口雑言を浴びたに違いない。

地震発生時国会でボコボコに叩かれていた菅首相はこの災害で国会休会となり大助かり。もし、この災害を利用して挽回してやろうなんて考えているとすればケシカラン話だが、今回のような大地震も原発事故も日本にとって初めてのこと。マスコミはもっと前向きの提案をするか、せめて少しは贔屓目にみてやってもいいようにも思う。

2) 菅首相は官邸で東京電力担当者を怒鳴り散らしていたらしい。首相は会社でいえば社長である。社長は外に対してはニコニコしていても社内では怒鳴るのは当たり前。まして非常時となれば、怒鳴り具合や内容で社長の危機意識 、本気度を社員が察知して、社長が間違っていれば代案を出し討論の末、素早く行動する。

新聞で読む限り、どのような討論がなされたのか、菅首相と東電のどちらの判断ミスなのかよくわからない。政治主導の表看板を目の敵にするマスコミは、首相を悪者にするが実際のところどうなのか、中身を正確に知りたいものだ。

3)閣僚の着ている作業服に糊がきいてパリパリだった、危機意識が感じられない、とのこれも新聞記事。ひっぱり出したばかりの作業服なら当たり前のこと。ヨレヨレならいいのか。つまらない揚げ足取りはするべきではあるまい。

4)放送局内から地震の解説をするのに恰好つけてピカピカのヘルメットを被っている。後ろに見える人物は誰も被っていない。糊のきいた作業服より、こちらの方がふさわしくない。

5)計画停電について、「もっと全国規模で取り組むべきだ、関西電力や中部電力など西の電力会社は黙ってみているのか」と評論家がテレビニュース番組で叫んでいた。節電意識は大事だが関東と関西でサイクルの違いがあり、すぐに対応できないのを承知の上だろうか。

6)節電を叫ぶなら、地震に関するテレビ放送はNHK1局、民法1局にしぼるべし。放送中断かせめて避難所、給水所、食糧配給所、行方不明者一覧といったふうに各局情報別にするなりして、同じような内容で競い合うような無駄な放送をやめるべし。その方がよほど節電になる。

NHK教育放送は3月19日にいち早く放送ストップとなった。民放局も「○○社提供により節電のため2時間の放送中断を行います」というのがあってもいい。ACのコマーシヤルも見飽きた。

7)日頃から節電して電気を貯めて置くことはできるはず。オイルショックの時だったか午前0時で国旗国歌とともにNHKテレビは放送ストップ、屋外看板は消して節電した。ところが今では一晩中テレビ放送はやっているし、神戸ルミナリエなど電気は使い放題ではないか。喉元すぎて熱さ忘れる、なんでもライトアップする最近の風潮をかねてから苦々しく思っていた。

8)今回の地震でテレビ出演が減り一番の収入減になるのは”お笑いタレント”らしい。笑ってる場合ではない。地震報道を見ていると彼らのやっていたテレビ番組、それをみて喜んでいたのがなんとも陳腐であると知る。某局は地震後いち早くお笑い番組を夜9時台に復活させたところ、新たな地震が発生し30分で中断していた。

9)これを機に2時間におよぶテレビの安上がりお笑い番組をストップし、放送時間を短縮したらどうか。出演タレントは垂れ流しの外国のフイルムを見ながら、立ち上がって、大口開けて、手を叩いて、指さして、ただ一言「すご〜い!」というだけ。

10)常日頃の「津波情報」は結果的に50〜60センチの低いものばかりだった。誰もがまさかと思う今回の大津波はまさに”オオカミ少年”による被害拡大であろう。もちろんマスコミの責任ではない。(完)


2011年03月10日

◆あ〜あ、何がどうなっている?

渡邊好造

1) 小沢一郎 曰く「一点のやましいこともありません」。土地購入代金の隠し金4億円は親の遺産だという。「政倫審への出席は拒否していない」というがその気もないのによく言うよ。無罪かもしれないが、無実に思えない。もうひとつ、国会の座席についたら目をつぶるな。

2)鳩山由紀夫は東大卒だから優秀な首相になると期待した。政治家にむかないバカな東大卒もいる。目立ちたがりのただのオッサンだった。
3)民主党が政権とったら世の中は一挙によくなる、とみんな期待した。幻想だったのか。

4)菅直人をボロクソに言うが自民党政治や民主党の鳩山、小沢の方がよかったと思うか、、。 
5)民主党のマニフェストとやら、これまで自民党 がやれなかったことをならべただけ。やろうとしたら難しかった。
6)大村愛知県知事と河村名古屋市長の両名、小沢一郎を表敬訪問していた。なんだそれは、、。小沢と同じ穴の貉だったのか。裏になにかある。

7 )大相撲放駒理事長、「メールに出てきた以外の八百長はありません」。若貴時代に2人の優勝決定戦で若乃花が初優勝、大関から横綱への昇進がかかった白鵬が横綱朝青龍に勝って優勝(さすがにインチキ臭かったので白鵬の横綱昇進は見送り)、魁皇、千代大海が7勝7敗から千秋楽に勝ち越して何回も大関の地位を確保、などなど八百長くさい取組はいっぱいあった。相撲ファンはみんな知っている。

8)NHKのテレビ番組「鶴瓶の家族に乾杯」はヤラセ・八百長の見本。突然訪問したはずが豪華な食事、出迎えたバーサンが真っ赤な口紅で厚化粧している。
9)テレビで”デカウンコ”とあるから、便秘が治る健康番組だと思ったら、ドラマ「デカワンコ」の読み間違えだった。

10)テレビニュース番組は政治、経済、社会がメインテーマだと思っていた。ところが、そのトップニュースが”海老蔵”、”沢尻”、”斉藤”、そのあとがなんで”パンダ ”になる。そして、ニュージーランド地震、携帯電話による入学テストカンニング事件が起きるとどの局もまた同じ。

11)テレビCMは相変わらず”ハゲ(カツラ、ヘアピース、植毛)”、”保険”、”パチンコ機メーカー”がやたら多い。どれも儲かる業種ばかり。
12)「タウンページ」なる電話帳のテレビCMが盛んに放送されている。携帯電話、パソコンが普及しているのにあんな分厚い印刷物を利用する人がいるのか。こ
んな金があるならどこかに寄付したらどうか。

13)男だと思ってたら女、女だと思っていたら男、最近のテレビタレントはややこしくて、気持ち悪い。
14)”AKB48”は「アカンベー48」と読むのだと思っていた。
15)最近の新聞、雑誌広告の隅っこにある小さい四角のモジャモジャマーク、新たな迷路クイズだと思って懸命にたどっていた。QRコード(クイックレスポンスコード)という高速情報読取コードのことだそうな。

16)これまでに海外旅行でブランドものを買いあさり、パチンコにのめりこみ、贅沢三昧してもちろん貯金は全くゼロの奴が生活保護をうけているらしい。その数はなんと142万人、爪に火をともす思いで今日まで過ごしてきた者にとっては腹立たしい限り。どんな人でも救済していたらいくら金があっても足りない。この連中の選挙権を剥奪すればいい。しかし、どうせ選挙に関心ないか。

17)年金の途中支払ミスのため正規の支給が受けられない人を直近の2年分を収めれば救済するという。ミスなのだろうか、払わなくて済むなら支給なんて先のことだから、、と思った確信犯もいるはず。ウッカリ財布を落とした人、金を使いすぎた人に同じ金額を保障するようなことではないか。2年分でなく未納分全部払わせろ。あるいはこれまで きちんと支払い続けた者に割増金を支給するべし。

18)学校教師をノイローゼや自殺にまで追い込むモンスター・ペアレンツなる父兄が問題になっている。この原因は父兄に問題ありとの見方が多いが、教師の質の低下にもよるのではないか。父兄の方が高い学歴、有名大学を卒業し、教師は聞いたことのない安物の無名の大学を卒業しているからといって、それで頭からバカにしてかかる。昔は大学を卒業し教師になるだけで尊敬された。

19)南極捕鯨調査船が中止となった。シーシェパードの妨害行為によるものだが 、中止とせずにせめて「自衛隊が妨害船を撃沈できる法律ができるまで、、」位の条件付にすればいいのに。思い出せば、学校給食の鯨は固くて臭くて不味かった。しかし、マルハ大洋漁業(株)直営の下関にあった鯨専門店で食べた鯨は本当に美味かった。

20)無縁仏といわれ、死んでも供養してくれる人がいないことを憐れむ。そして無縁社会と言って生きているうちに相談相手や周りとの付き合いのない人が問題 視され、死んで何日かして発見される孤独死がよくとりあげられる。無縁仏、無縁社会、孤独死をあえて望むわけではないが、そういう状況になってしまったら仕方がないではないか。

寿命が来てたった一人になって死んでいくのも運命だ。あえて見とってもらったり、拝んでくれる人はいらない。白骨になって発見されてもいいじゃないか。こんなことをさも問題ありげにことさら取り上げるから、一人で死ぬのが嫌な奴が自殺の道連れを求めて刃物を振り回すのだ。(完)

2011年02月25日

◆山科だより「25年間の昼夜間人口」

渡邊好造

国勢調査は5年に1回実施される。昨・平成22(2010)年の10月、調査票に記入し提出したのをご記憶のことと思う。

筆者が市場調査業務を始めた50年程前は、コンピュ-タ-は機能的にも完全でなく、使いこなされていなかったこともあり、調査結果がまとまり報告書が発行されるのは5年後の次の国勢調査の頃であった。

現在は約1年後にはまとまっているから、この点からみてもコンピューター技術の進歩は目覚しい。 

さて、この国勢調査には現住所と勤務先や通学先の住所も記入するが、住民がどのように移動しているかを調べるもので、昼間と夜間の人口差をみる、いわゆる昼夜間人口動態調査である。

ある地域で昼間の方が、夜間の人口よりも少ない、すなわち<昼間人口/夜間人口>の比率が1以下となれば、昼間は他の地域への流出者が多いわけで、その地域はいわゆるベッドタウン化しているということになる。

反対に1以上なら流入者が多くその分通学も含めてビジネス都市化が進んでいるといえる。

こうした観点から京都市山科区をみるとどうなるか。

山科区は昭和51(1976)年に京都市東山区から分離独立したので、山科区の国勢調査の結果は昭和55(1980)年以降となる。

      <山科区>                       昼間人口              
               昼間人口    夜間人口    /夜間人口
昭和55(1980)年    114(千人)    136(千人)     0.836         
昭和60(1985)年    116       137         0.845          
平成2(1990)年    113       136         0.831          
平成7(1995)年    114       137         0.838
平成12(2000)年    118       138         0.858
平成17(2005)年    118       137         0.863
<平成22(2010)年の結果は未発表>

このように、山科区の昼夜間人口とその比率はこの25年間ほとんど変化していないことが分る。JR山科駅の乗降客の増加をみていると人口動態に変化があると感じたが、実際はそうではなかった。

平成9(1997)年地下鉄東西線の二条駅、醍醐駅間がJR山科駅前を経由して開通、平成16(2004)年六地蔵駅まで延伸された。

その結果、山科区南部と京都府宇治市の住民にとって京都、大阪、滋賀への所要時間は大きく短縮され、それまで利用していた京阪電車や市バスなどの乗降客がJR山科駅に集中したのである。山科駅の客が増えただけで山科区の人口が増えたのではなかった。

ちなみに、京都市全体の夜間人口は、昭和55年から平成17年までの25年間で149万人から146万人と3万人の減少。昼夜間人口比は1.012から1.084と昼間人口の増加がみられる。

京都市でもっともこの昼夜間人口比が高いのは、下京区の1.908(以下、数字は平成17年)ついで中京区の1.567で、官庁や会社の多いいわゆるビジネス地区である。

山科区の昼夜間人口比は西京区の0.778についで後から2番目に低率。

東京都区部平均は1.35だが、千代田区はさすが日本最大のビジネス地区だけあって20.47と昼間人口は20倍になる。

大阪市の平均は1.41、最大の中央区で7.61、北区で4.30。東京にはとても及ばないが、大阪も都心の昼人口は膨れ上がる。

それに比べると山科区の昼間は、流入人口の少ない住宅中心の京都の離れ座敷である。(完)      

             

2011年02月12日

◆山科だより「近辺の資料館・博物館C」

渡邊好造

山科近辺、京都市内の公営資料館・博物館の紹介は4回目。日本最初の帝国博物館など次の4館である。
<写真は 「京都市美術館」。>

1)「京都国立博物館」 ・運営=独立行政法人国立文化財機構 ・所在地=京都市東山区茶屋町 
明治30(1897)年5月、東京・奈良とともに帝国博物館の一つとして開館し、平成19(2007)年から独立行政法人が運営することになった。国宝27、国指定重要文化財約200を含めて、平安から江戸にかけての多くの文化財が収められている。

・現在工事中のため別館の特別展を除いて休館中 ・特別展入館料420円 ・開館9時30分〜特別展20時 ・月曜休館(祝翌日)  ・京阪電車七条駅徒歩7分

建物は、明治時代を象徴する佇まいで、外観をみるだけでも価値がある。この博物館の本当の価値を知ろうとするなら、毎日通ったとしても優に1週間は覚悟しないといけない。もっとも、明治5(1872)年に開館した東京国立博物館所蔵の国宝は87もあり、これに比べると京都はとても及ばない。

2)「京都国立近代美術館」 ・運営=独立行政法人国立美術館 ・所在地=京都市左京区岡崎円勝寺町 

昭和38(1963)年東京国立近代美術館京都分館として開館、同42(1967)年京都国立近代美術館となった。
・入館料420円、大生130円、高生70円 ・開館9時30分〜17時 ・月曜休館(祝翌日) ・地下鉄東西線東山駅徒歩7分

上村松園、横山大観、小磯良平らの作品が目玉で、京都を中心にした関西、西日本の美術、日本画、洋画が展示されている。近代美術、なかでも絵画は本人が生存中に高額で売買されていても、亡くなったとたんに価格の急降下するケ-スが多く、画商仲間では余程の目利きでないと手を出さないという。もちろんこの美術館に収納されているのは価値のあるものばかりである。

3)「京都市美術館」 ・運営=京都市 ・所在地=京都市左京区岡崎円勝寺町 
昭和天皇の即位の礼を記念して計画され、昭和8(1933)年に開館した。東京に次いで公立美術館としては2番目。

・入館料は展示内容により異なる ・開館9〜17時 ・月曜休館(祝翌日) ・地下鉄東西線東山駅徒歩10分

明治以降平成2(1990)年までの日本画、洋画、工芸作品を中心に展示されるが、各種公募展、大学の卒業展などの貸会場にも使えるのが特色。本誌の関係者による美術展の開催も可能である。経費はどれくらいかかるか分らないがメンバーには多才な方がおられることと想像した次第である。

4)「京都府立総合資料館」 ・運営=京都府 ・所在地=京都市左京区下鴨半木町 
京都古文書、美術工芸資料などを収集、保管、研究し公開するため昭和38(1963)年に開館。京都行政文書、図書の保管数は55万点に達する。
・入館無料 ・開館9〜16時30分 ・第2水曜休館(祝翌日) ・地下鉄烏丸線北山駅

国宝「東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)」は超逸品で、平安時代を中心に飛鳥時代から江戸末期までの約4万通の古文書からなる。明治維新時までは東寺が所有していた。

* 京都市博物館連絡協議会によると、すでに紹介した山科の4館など私営の加盟館が約200にのぼる。詳細は省くがそのうち必見の珍しいと思われる10館を拾ってみると、、。

@いけばな資料館(中京区) Aお酒の資料館(西京区) Bお弁当箱博物館(東山区) C雅楽器博物館(中京区) D眼科・外科医療歴史博物館 E太秦映画村映画文化館(右京区) F日本髪資料館(東山区) G風俗博物館(下京区) H京菓子資料館(上京区) I北山杉資料館(北区)
CEFD.jpg
 (完)

 

2011年01月31日

◆「犬について理解出来ないこと」

渡邊好造

京都山科の疎水にそって造られているのは幅2メートルの3,3キロにわたるウオ-キングとジョギング用の歩道である。そして犬の散歩道としても最適のコ-スで、犬好きの人にとっては恰好の社交場でもあり、犬連れ同士の会話はじつに楽しげである。

しかし、犬を飼ったことがない者にとっては、犬好きの人の犬に対する気持ち、態度、習慣で理解出来ないことが数多い。本誌では、犬に対する愛情あふれた文章を見てきたが、今回敢えて逆らわせていただく。

1)犬にシャネルの服を着せている。本物なら犬とどちらが高価。
2)車の後部窓に貼付されたシール「dog in car」。後続車はどうする。
3)犬に手綱を強く引っ張られている。飼い始め時になぜ躾ない。
4)手綱を犬の動きにあわせて巻尺のように伸びるようにしている。手綱を考えた人 、利用する人のどちらも悪い。

5)「うちの子は、、、」と、犬のことを自分の子供のようにいう。
6)犬とベッドで添い寝する。
7)「銀のさら」なるブランドの”回転寿司屋”と”犬のえさ”がともに競争でテレビ広告。寿司に違和感あり、、。

8)犬と一緒に食べる”おせち料理”の販売。どちらの好みに合わせる。
9)犬の散歩中に喋り続ける飼い主。
10)「犬は人間の子のように不良少年にならない」と自慢する。
11)吠え続ける犬。「いつも可愛い声で鳴いてますでしょ」。

12)「うちの犬は怖い顔して吠えますが、外には出ませんし噛み付いたりもしません」。
13)我が家の道路前を通過する車、人、動物に対して24時間吠え続ける大型犬。
14)犬のエサがおいしいかどうか試食して、一食代浮かせるアルバイト。食べる気がしない。
15)介護、介助犬は、法律で去勢または避妊の義務あり。可愛そうに、、。

16)腕にモンモンをいれたいかにもその筋の若い兄ちゃんが、犬の墓の前でオイオイと泣いていた。
17)犬の寿命のギネス記録は21年、平均10〜15年。飼い主は生涯数回泣くことになる。
18)犬の葬儀屋がある。墓より高価なのもあるらしい。

19)犬の販売店で売れ残って成長したのはどうするのだろう。
20)犬を可愛がる人がいる一方で捨てる人があとを絶たないらしい。年に犬10数万匹が保健所経由で殺処分とか。

補)"犬好きの人はこんな事考えないのかな〜"と言ったら、「君は犬を番犬にしかみていない」と友人に怒られた。犬好きの人ごめんなさい。(完)






2011年01月15日

◆山科だより「近辺の資料館・博物館B」

渡邊好造


山科近辺、京都市内の公営資料館・博物館の紹介は3回目。
京都公営の最大の資料館・博物館は京都市動物園と京都府立植物園である。歴史はともにかなり古い。

1) 「京都市動物園」  ・所在地=左京区岡崎法勝寺町
明治36(1906)年開園で、明治15(1882)年の上野動物園についで2番目に古く、前身は京都市記念動物園である。

東南に隣接して無料の「琵琶湖疎水記念館」があり、その入口北に動物園裏出入口もある。飼育動物のU世を誕生させ育てあげることでも有名で、京都大学の研究チ-ムと連携しているのも強みである。

アム-ルトラやゴリラなどの哺乳類42種、クマタカや日本の国鳥ニホンキジなどの鳥類69種、オオサンショウウオ(特別天然記念物)や蛇などの両生類・爬虫類32種がそれぞれ展示されている。付属施設として標本、剥製を展示した動物資料館、動物に関する図鑑や専門書約2千冊を揃えた動物図書館もある。

動物園に行ったのはわが息子が8歳の時、30年以上前の大阪の「天王寺動物園」である。「京都市動物園」は今回初めて、それも一人である。園の規模は天王寺の方が大きいが、京都の素晴らしさは周りを山々に囲まれ、琵琶湖疎水の中に浮かぶような美しい景色に恵まれていることで、その分動物も活き活きしているように思えた。

平成20(2008)年、アム-ルトラに襲われ飼育員が殺されるという事故があった。檻の中で寝そべっている姿からその獰猛さは想像できない。いくら馴れていてもなにかのキッカケで野性に戻るのであろう。

筆者宅近く、約1、5メートルの門柱の上からいきなり通行人に吠えかかる真っ黒なドーベルマン風の大きな犬がいる。「ウチの犬は外には出ませんし、噛みついたり もしません」と飼い主は言うが、ビックリさせられた方はそんなことで安心できるわけがない。「ワンチャン怖いから遠回りする」という小学生もいるくらいで、例え自宅内とはいえロープをつけるべしで、アムールトラのこともあり飼い主の勝手な言い分に厳重抗議した。
 
・入園料 600円 中学生以下無料 ・開園 9〜17時  ・月曜休園(祝翌日) ・地下鉄東西線蹴上駅徒歩10分

動物園チケット売場で1万円札を差出すと、「何か証明書をお持ちでしたら70歳以上の方は無料になっています」と言われた。無料は有難かったが、老齢はもはや隠せないのだと複雑な心境だった。


2) 「京都府立植物園」   ・所在地=左京区下鴨半木町  
大正13(1924)年開園で、日本最初の公立植物園である。大正天皇の即位を祝って京都大博覧会開催のために大正2(1913)年に京都府が用地購入したものの、議会の反対で2年後に大典記念植物園に企画変更された。

第2次大戦終了後の昭和21(1946)年から12年間米軍の住宅用に接収され、再開されたのは昭和36(1961)年。米軍の最初の目当ては京都御所だったらしい。植物園へと変更になっていなければ、京都御所はその後どうなっていたか。米軍の中にも平安時代の雰囲気を理解する者はいただろうが、よくぞ押しとどめたものである。

花壇、洋風庭園、温室、植物生態園、花菖蒲園、500本の桜林、150本の梅林など、1万2千種、12万本の植物が観察できる。園の中に”半木神社(なからぎじんじゃ=上加茂神社の末社)”があり、周りを「なからぎの森」の自然林が取り囲んでいる。。

最大の目玉は温室であるが、「なからぎの森」自然林は、筆者のように昆虫を愛好する者にとっては宝箱のようなエリアで、昔はこんな所があちこちに散在していた。はるか60年前の大阪市東住吉区長居公園辺りを彷彿とさせる。現在の長居公園は球技場など人工物が立ち並び、同じ種類の街路樹が整然と植えられ自然林とは程遠い存在になっている。

植物園はデ-トコ-スとしてロマンチックな雰囲気満載で、動物園のように臭わないからよりお勧めである。平成21(2009)年11月に天皇皇后両陛下のご来臨があった。

面積は24ヘクタ-ル(24万平米、7万2千6百坪)あり、1、3ヘクタールの甲子園球場グラウンドの約18倍に相当する。

・入園料 200円 高校生150円 小中学生80円(温室は別途同料金) ・開園 9〜17時 ・無休  ・地下鉄烏丸線北山駅徒歩10分。

「京都府立植物園」も動物園同様70歳以上は無料だろうと思ったら、こちらは60歳以上で10歳若かった。(完)
琵琶湖疏水記念館からみた京都市動物園の遠景.jpg



◆1月15日(土)刊「頂門の一針」2155号の「目次」を下記
 掲載します。著名者の政局論評等をご拝読下さい。

◆<2155号 目次>
・仙谷国会対策委員長説は見事に外れ:古澤 襄
・全17閣僚固まる:産経新聞
・国民の「怒り」を理解できぬ「どん菅」「とんちん菅」:阿比留瑠比
・“痴”の山ブックオフ:平井修一
・中国人4億の中産階級が狙い?:宮崎正弘

・話 の 福 袋
・反     響
・身 辺 雑 記

◆購読(無料)申し込み御希望の方は
下記のホームページで手続きして下さい。
 http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm

2011年01月04日

◆山科だより 豊川稲荷社へ初詣

渡邊好造

毎年1月1日は”豊川稲荷社”への初詣が恒例である。

家族の健康と幸せを祈願し、鈴のついた守り札を購入し、無料の甘酒を頂戴する。筆者自宅の「京都市山科区からはるか距離の離れた愛知県豊川市まで出かけるのか」と勘違いして驚かれる人がいるかもしれない。

この豊川稲荷社は、歩いて3分、2百メ-トルの近さの山科疎水沿いにある。国指定の重要文化財、幅1メ-トルほど、ア-チ型コンクリ-ト製の山の谷橋(黒岩橋)を渡ればすぐ、”無量山・曹洞宗・永興寺(むりょうざん・そうとうしゅう・ようこうじ)”と同居している。

正式名は”山科豊川稲荷社”で、正月3ヶ日を過ぎるとヒッソリとしてひと気はない。奥まったところに墓地があるのでお盆や彼岸の日には墓参りの人は来るものの、それでも寺や稲荷の関係者はまず見かけない。

住所は"永興寺内"とあり間借りの形になってはいるが、稲荷の方が鮮やかな朱色の鳥居や何本もの赤いのぼりのせいもありより目立っている。

守り札に添付された略縁起によると、「愛知県豊川稲荷社の分霊で、”豊川ダキ尼真天(トヨカワダキニシンテン)”をおまつりしています。この善神は女神様で妙相端麗にて稲穂を荷い宝珠を掲げられて白狐にまたがる御姿をしておられます。

この女神様は、福徳の神・開運隆盛の神・興産の神、すなわち生産の神様として古来より人々に広くあがめられ、信仰されてまいりました」。そして、「ダキ尼真天は、サンスクリット語(古代インド語)の魔女を意味するダ-キニ-が仏のおかげで改心した善神」とあり、まさに神社・神道の位置付けである。

ところが、愛知県豊川市にある本体の豊川稲荷社は、”円福山・豊川閣・妙厳寺(えんぷくざん・ほうせんかく・みょうごんじ)”なる曹洞宗の仏教寺院で、嘉吉元(1441)年に開創されている。その分霊だから山科豊川稲荷社も当然ながら神様でなく永興寺と同じ曹洞宗の仏様だったのである。

永興寺は曹洞宗開祖・道元禅師の弟子が建長6(1254)年に永興庵を開いたことに始まり、豊川稲荷社よりも歴史は古い。2つの寺院は、他宗派を排除しようとする比叡山延暦寺により京都中を追立てられて転々としたという。

山科区御陵大岩の現地に落着いたのは大正8(1919)年で、東山区円山公園音楽堂のある辺りから移転してきた。

「今川義元、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの武将が豊川稲荷社に武運長久を祈願した」との略縁起の記載にもあり、16〜17世紀の戦国時代から既にかなりの信徒がいたということである。

古来より土着の信仰と仏教信仰を折衷した神仏習合思想があり、神社に付属して"神宮寺"なる寺院が全国に建てられ、その後分離あるいはどちらかに統合されたりした。曹洞宗の寺院に統合されながら、表向きの名称は豊川稲荷社、実体は妙厳寺として残ったきわめて珍しい例である。

曹洞宗・豊川稲荷社は、明治維新の神仏分離、廃仏毀釈をくぐり抜けたものの、神道を国教にして戦意高揚に利用した明治維新以後の天皇制国家の施策もあって、名称と外見上は神道に見せかける方が運用上、経営上も好都合だったらしい。

先祖代々仏教徒でありながら今でも神棚を祀り毎朝かしわ手を打つ人がいるのも明治から大正、昭和、第2次大戦までの名残りであろう。
 
我家の宗派は浄土真宗(東本願寺)で、大津市から十数年前に移転してきた山科区には"本願寺山科別院東御坊・長福寺"がすぐ近くにある。しかし、親の代からの習慣で初詣といえば神社であり、お寺に行こうとは考えもしなかった。

毎年1月1日に神様だと思って初詣してきた山科豊川稲荷社が、実は曹洞宗の仏様だと言われるとさすがに戸惑ってしまう。本誌”山科だより”を手がけていなければ未だに気づかないところだった。(完)
 

 

2010年12月28日

◆山科だより「老人のボヤキ20」

渡邊好造


1)TVのトップニュ-スが、なぜ河原乞食・歌舞伎の市川海老蔵なのだ。
2)"マツコデラックス"という超デブのTVタレント。この脂身の塊り、メタボデラックス、異様な気持ち悪いオカマがなぜのさばる。

3)民放TV局の放送開始、終了の時間を48、52、53分という中途半端な時間にするな。
4)お笑いタレントばかりの3〜4時間の長時間のTV番組がやたらに増えた。その分セット代、タレントギャラなどの制作費を節約できるからか。  
 
5)「禁煙」表示の休憩室に、煙草自動販売機を設置するな。
6)電車、飛行機、室内はもちろん道路まで禁煙コ-ナ-だらけ。喫煙者を悪者扱いのもいい加減にしたらと思う。筆者の喫煙歴14年、禁煙歴は現在40年目。喫煙による肺癌発生の分岐点はアメリカの学者の説によると17万本、1日20本とすると約23年。
 
7)戸外の喫煙指定場所の横を通る際、煙を手で払う恰好をする嫌味な30歳前後の女。火災現場に近づいて熱いと 言うに同じ。
8)葬儀の出棺時に車のクラクシヨンを長く鳴らすなんて昔はなかった。あんなウルサイのは、わが葬儀では禁止、ではなか った葬儀そのものをやらない。

9)プロゴルフのギャラリ-、応援する選手のパッテイングの際「入れ!」とウルサイ奴の叫びが増えた。
10)小口金融の広告で「ご利用は計画的に」の注意文句が義務づけられている。効果があるとは思えない。
11)利息の過払い金返還請求でボロ儲けする弁護士、司法書士事務所のTV、新聞、車内広告の氾濫。無資格者に業務をさせたとして"アバンス"社に捜索が入った。

12)「小日本」と書いた日章旗に火を点けて踏みつけたり、「日本鬼子」と落書きする中国人。知人の中国人の解説によると”シャオ リ-ベン、リ-ベングイズと読む=なめるな日本、世界で中国が一番大きくて偉い”とのこと。昔、日本人もこんなことを言っていた。「支那チャンコロ」「チョンコ」「ロスケ」「鬼畜米英」「南洋の土人」、「♪私のラバ-さん、酋長の娘、色は黒いが南洋じゃ美人♪」、そして「大日本帝国、陽(日)出ずる国」。

13)日中韓の3国は姓名と地名は漢字を使う。中国の漢字は日本読みするが、韓国の漢字は自国読みをさせる。「済州島(チェジ ュトウ)」「板門店(パンムンジョム)」「延坪島(ヨンビョンド)」などカナをふらないと読めるわけがない。氏名も地名も漢字はや めて、片仮名表記にすればいいのに、、。
14)中国漁船の海上保安庁船への衝突事件後、死人、行方不明者もでた中国人漁民遭難者への救助活動。中国は「日本は わざと衝突沈没遭難させて救助しているフリをしている」と主張しているのでは、、。

15)韓国警備艇に体当たりした中国漁船が沈没し死者1名、行方不明1名。韓国が日本のように優しく対応してくれるなんて思っ ているからだ。この件で中国は韓国に損害賠償請求。北朝鮮は先に爆撃攻撃しておきながら報復準備する韓国を非難。中国、 北朝鮮ともに言い分・論理は無茶苦茶、、。そんな変な国に擦寄っていく国会議員が日本に一杯いるのも不思議。

16)沖縄では救急救命ヘリが不足して死に瀕している人がいても、自衛隊ヘリには支援を頼まないらしい。自衛隊と旧日本軍のイメ-ジが重なるからとのこと。過去の亡霊をひきずって人命を粗末にする。

17)沖縄の米軍基地の県外国外移設をいうが、どこに移設するのか当てはない。それより、移設したら基地を生活の糧にしていた人、東京のマンションにノンビリ住みながら基地代年間1千万円以上を受取っている人にどう対処するのか、跡地をどうするのか。次は沖縄からの移設反対運動が始まるのでは、、。

18)民主党政治がガタガタの悪評である。分らないのは、これまでの自民党政治より悪いのか、同じなのか、それとも少しはましなの か。
19)小沢一郎とともに中国を訪問した140人の国会議員、その一人ずつが胡錦濤国家主席と握手して記念撮影。その後あの国辱ものの写真をどう活用したのだろう。

20)「耳かき店」の女店員とその母までが殺害される悲惨でとんでもない事件。しかし、「耳かき店」とはなんだとの疑問(膝の上に頭 を乗せる?)、男の欲望をくすぐり、高額料金をとっていたであろう経営者と従業員に胡散臭さを感じる。

来年は健康でいいことがありますように。(完)


2010年12月25日

◆山科だより「山科区民誇りの木」

渡邊好造
 

"文化財保護法"に守られ国指定の特別天然記念物の樹木は全国で29件(植物としては阿寒湖マリモを含め30件)、羽黒山のスギ並木、奈良春日山の原生林、鹿児島屋久島スギ原生林などなどである。

京都には国指定はなく京都市指定の天然記念物樹木としては、一休さんで有名な大徳寺の樹齢350年の"イブキ"、金閣寺で知られる鹿苑寺の同330年の"イチイガシ"など26種がある。山科に京都市指定天然記念物の樹木はない。

京都市では平成7(1995)年に"京都市緑化の推進及び緑の保全に関する条例"を制定し、良好な都市環境を目指して京都市建設局緑政課の所管で”保存樹”を指定した。そのうち4種4本は山科区にある。
 ・崋山寺<北花山河原町33>=ケヤキ。
 ・音羽前出町=ソメイヨシノ。
 ・若宮八幡宮<音羽森廻り町36>=カツラ。
 ・小野葛篭尻町=カヤ。

さらに京都市は、平成6〜7(1994〜95)年に"市立学校・幼稚園名木百選"を指定した。そのうち山 科区には8種9本がある。いずれも見応えのある立派な木である。
 
 ・山階小学校<西野大手先町21>=クスノキ、イチョウ、ソメイヨシノ、プラタナス、シダレヤナギ。
 ・音羽小学校<音羽森廻り町32>=エノキ、ソメイヨシノ。
 ・山科中学校<東野八反畑町50−1>=ムクノキ。
 ・勧修小学校<勧修寺東栗栖野町42>=クスノキ。

山科区としてはヨリ以上立派な木がある、とばかりに平成13(2001)年山科区民が推薦し、専門家ともども選んだのが”区民誇りの木”70本である。この中には”保存樹”と”名木”の11種13本も含まれ、それに24種57本を付加えた。それぞれ立札が立てられている。(参考・山科区役所資料)

 “区民誇りの木”のうち筆者にとって耳慣れない名前の木、4種4本を拾ってみた。
 ・安祥寺川=モミジバフウ(マンサク科、別名アメリカフウ、落葉高木、成長が早い)。
 ・厨子奥尾上町=センペルセコイヤ(スギ科高木、アメリカ大陸西海岸海抜1千メ-トルで自生する)。
 ・西野山階町=ナナミノキ(モチノキ科高木、別名ナナメノキ、赤い実がなる)。
 ・山科総合庁舎<椥辻池尻町14−2>=ナギ(マキ科高木、実からとった油を石灯篭の灯に使った)。

ナギの木の所在を山科総合庁舎の職員に尋ねると、「現在は数メ-トルの高さだが昔は四方から見える20メ-トル位の巨木だった。常緑マキ科で原産地は台湾。椥辻(なぎつじ)の地名の由来でもある」などの解説つきで案内してもらった。

山科“区民誇りの木”を全部見ることはとてもできなかったが、この木が選ばれるならアレもコレもという気になった。筆者宅に近い所で保存樹に値するのは"イチョウ"(一燈園)や"シダレザクラ"(本圀寺)など、山科にはまだまだ見事な木が一杯ある。ただ、一本立ちの木では鳥や昆虫は集まらない。自然のままの雑木林もエリアとして保護の対象とするべきではないか。

一番多く選ばれたのは"ソメイヨシノ"の12本であるが、今この種は山科に限らず危機にあるといわれる。"ソメイヨシノ"は"ヤマザクラ"と違って花の見栄えを重視して接木などで改良を加えた人工種である。

樹齢40〜50年の接木の部分が弱点となり、強風で折れたり、倒れたりすることが頻発している。倒木被害を防ぐために役所の担当官が街路樹の"ソメイヨシノ"をカットしたら、事情を理解しない住民が自然破壊だとして非難していた。

こうした樹木の診断、治療、保護育成、保護に関する知識の普及、指導の専門家として”樹木医制度”がある。財団法人日本緑化センタ-が審査し、農水大臣が樹木医と認可するもので、平成3(1991)年にスタ-トし「日本樹木医会」のメンバ-は約2千名に達している。

樹木を文化財として認定するのもそれらを保護するのもこうした人達が陰で努力しているわけで、なにも知識のない役所の係官が勝手な判断で樹木を間引いているのではない。

 保護されている樹木に狙いを定めて山科を訪問するのも一興である。国指定の特別天然記念物の樹木は知っていても、その他数多くの保護されている樹木について知らない人は多い。(完)