2010年12月12日

◆京都「山科の文化財」

渡邊好造

文化財保護法により指定された国重要文化財には、無形の芸能、技術等保持者と、有形の"建造物"と"美術工芸品"がある。

"建造物"は約2千4百(うち国宝215)、"美術工芸品"は約1万(同866)点が指定されている。"美術工芸品"は、絵画、彫刻、工芸品、書籍・典籍、古文書、考古資料、歴史資料など。

国宝は国指定重要文化財のうち世界文化の見地から価値があると文部科学大臣が指定したものである。国指定重要文化財全てを国宝としていたこともあったが、昭和50(1975)年文化財保護法が改定され、国宝の指定基準がより厳しく限定された。

こうした国宝や国指定重要文化財の他、全国都道府県市などでも独自に文化財を指定し保護の徹底を図っている。

今回は、京都市山科区に所属する ▪国指定(山科に国宝はない) ▪京都府指定(府指定) ▪京都市指定(市指定) ▪京都市登録(市登録)の文化財について所有者(社寺など)、所管別に紹介する。

実物をみれば目をみはるものばかりである。(参考・山科区役所資料)

1) 勧修寺(かじゅうじ)<所在地・勧修寺仁王堂町>
  ▪国指定=書院(建造物=建)、蓮花蒔絵経筥、紙本墨書仁王経良賁疏、金剛頂瑜伽経 巻第一第二(以上・美術工芸品=美)。
▪府指定=覚禅鈔<奈良国立博物館へ寄託>(美)。
  ▪市指定=宸殿、本堂(以上・建)、紙本墨画雲龍図<京都国立博物館へ寄託>、海北友松筆の六 曲屏風(以上・美)、庭園(名勝)。

(*奈良国立博物館所有の国宝・釈迦如来説法図(美)は別名”勧修寺繍帳”といわれる色鮮やかな刺繍帳で、もともと勧修寺のものだった。所有権移転の経緯、中国唐から渡来した、いや国産だなどなど不明な点が多い。)

2) 毘沙門堂<安朱稲荷山町>
  ▪国指定=注大般涅槃経 巻第十四、紙本墨書篆隷文体、紙本墨書洞院公定日記(以上、美)。
  ▪市指定=本堂、唐門と東西透塀2棟、仁王門、鐘楼、宸殿、使者の間と渡廊下1棟、玄関、勅使門、薬 医門(以上、建)、狩野益信筆の宸殿障壁画(美)。
3) 隨心院<小野御霊町>  
  ▪国指定=絹本著色愛染曼荼羅図、紙本著色蘭亭曲水図、木造阿弥陀如来像、木造金剛薩埵坐像、隨心院文書(以上、美)。境内(史跡=史)。

4) 安祥寺<御陵平林町>(境内へは立入禁止中)  
  ▪国指定=木造五智如来坐像<京都国立博物館へ寄託>(美)。
  ▪府指定=梵鐘(美)。
5) 歓喜光寺(かんぎこうじ)<大宅奥山田>  
  ▪府指定=本堂(建)
  ▪市指定=阿弥衣(美)。

6) 日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)<日ノ岡一切経谷町>  
  ▪市登録=内宮本殿と外宮本殿それに各本殿の御門1棟東西板垣(以上、建)。大神宮周辺の環境保全地区(史)。
7) 當麻寺(たいまじ)<御陵鳥向町>  
  ▪府指定=丈六阿弥陀如来坐像(美)。
8) 山科神社<西野山岩ケ谷町>  
  ▪市指定=本殿と石燈籠(建)。

9) 八幡宮<勧修寺御所ノ内町>  
  ▪府指定=本殿と棟札10枚(建)。
10) 本圀寺(ほんこくじ・圀の字は水戸光圀の命名)<御陵大岩>  
  ▪国指定=経蔵(建)。
11) 厨子奥毘沙門天奉賛会<厨子奥若林町>  
  ▪市登録=木造毘沙門天立像(美)。

12) 京都市所管  
  ▪国指定=山科本願寺南殿跡<音羽伊勢宿町と西野阿芸沢町>、山科本願寺土塁跡<西野阿芸沢町 >、琵琶湖疎水<山科区他>、同疎水に架かる日本最初の鉄筋コンクリ-ト製の橋、そして山ノ谷、 同疎水第2トンネル東口と西口、同第3の東口<日の岡堤谷町、御陵黒岩>(以上、史)。
  ▪市登録=五条別れ道標<御陵中内町>、大宅一里塚<大宅甲ノ辻町>(以上、史)。二の講祭り山の神<白石神社小山地区>(無形民族文化財)。

13)山科区民個人<京都市歴史資料館へ寄託>  
  ▪市指定=福井家京枡座関係資料(江戸時代度量衡制度の資料)(美)。
  ▪市登録=荻野家文書(桃山から明治の書簡や資料を写真などでまとめたもの)(美)。

山科にはこれだけの指定文化財がある。これを機に、皆さんの周辺にどんな文化財があるのか是非見直してみてほしい。

なお、12)の国指定重要文化財・日本最初の鉄筋コンクリ-ト製の琵琶湖疎水の橋(明治36年=1903年完成)は、山の谷橋(同翌年)、同疎水トンネル第2、第3の出入口ともども、筆者宅から2〜3百メ-トルの距離にある。

橋はいずれも使用可だが取付けられた転落防止柵の不似合いな色・形はなんとかならなかったか。コンクリ-トの白い橋は真ん中で上に湾曲しているのに柵は水平、柵の色は茶、、。
   (完)


 
 
  

2010年12月01日

◆京都 「山科近辺の祭りーそのA」  

          渡邊好造

山科近辺の伝統的な祭り、2回目。

1)「岩屋神社」=”八朔祭り” ・9月1日開催 ・所在地=山科区大宅中小路町 ・JR山科駅から京阪バス橘女子大停留所徒歩3分。

岩屋神社は、平安時代の寛平年間(889〜897年)に創建された。陽と陰の巨石に祭神・天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)とその皇太后、皇子がそれぞれ祀られている。12世紀後半(平安時代)に園城寺(おんじょうじ、通称・三井寺)の僧に焼かれたが、鎌倉時代の弘長2(1262)年再建され、現在に至る。

”八朔祭り”は、豊作祈願、厄除け、家内安全を祈願して稲の実を神社に供え、夜には御百灯献火神事もある。 八朔は旧暦8月のことで、新暦に換算した9月1日に開催している。

2「諸羽神社」= ”神幸祭り” ・10月第3日曜開催 ・所在地=山科区四ノ宮中在寺町 ・JR山科駅徒歩10分。

二人の天神を祀っていたが複数の天神をいただくことになり両羽から諸羽神社に名を変えた。平安時代の貞観4(862)年に創建され、応仁の乱などで何回も焼失したが江戸時代に再建、現在に至っている。

第54代仁明天皇(在位833〜850年)の第4皇子・四之宮人康の山荘跡と琵琶を弾くのに腰掛けた琵琶石がある。 祭りは、神輿2基が近隣を安全健康祈願をしながら巡幸するが、離れた場所では交通渋滞に配慮して神輿は車に乗せられる。山科も都会の端くれ、近隣総出といった田舎の祭りと違っていまひとつ盛上りに欠ける。
 
3)「折上稲荷神社」=”稲荷祭り” ・6月第1日曜開催 =”長命祭り” ・12月13日開催 ・所在地=山科区西野山中臣町 ・地下鉄東西線椥辻(なぎつじ)駅徒歩10分。

折上稲荷神社は伏見稲荷神社(京都市伏見区)と同じ神が降臨したといわれる。商売繁盛、女性の長寿と開運で知られ、京都祇園の芸妓ら働く女性の守り神である。

”稲荷祭り”は、キツネの面をつけた子供が担ぎ手の神輿で知られる。大人の神輿は女性も混じる。
”長命祭り”は、第121代孝明天皇(江戸末期在位)が女官の病平癒祈願で箸を奉納したことに由来し、家内安全の長命箸が授与される。

4「毘沙門堂〜瑞光院〜山科駅〜山科区役所〜大石神社」=”山科義士祭り” ・12月14日開催 ・所在地=山科一円  ・JR山科駅から毘沙門堂徒歩15分。

江戸時代の元禄15(1702)年12月14日の赤穂浪士による主君の仇討ち事件をもとにして、昭和49(1974)年から毎年山科で開催されているのが”山科義士祭り”である。

山科は、大石内蔵助が仇討ちのチャンスを窺った隠棲の地で、途中の瑞光院(臨済宗-安朱堂ノ後町)は主君浅野内匠守を初め47士の遺髪が祀られている寺院。

出発点の毘沙門堂(天台宗-安朱稲荷山町)は大和時代7世紀初頭創始の由緒ある寺院だが現建物は江戸時代再建された。終着点の大石神社(西野山桜ノ馬場町)は寄付金をもとに内蔵助を偲んで昭和10(1935)年に竣工された。

祭りは、朝10時に出発し大石神社到着の15時まで、47人の義士隊を中心にした子供、女性ら総勢約250名、山科区民あげての仮装行列である。雨天は中止。
参加者募集のチラシに「弁当つき3千円、衣装貸与」。昼食、小遣いつきの老人向き絶好のアルバイトだと思って電話したら、、、「参加費3千円は当日お支払いください」。

* 「どうでしたえ、京都山科のお祭りの話、珍しおしたやろ。あんさんのそのお顔はあんまり良うなかったみたいどすな。えらいすんまへん、次はもっと面白いのん書かしてもらいますよって堪忍しとくれやす。けど、山科の雰囲気てこんなもんやと感じ取ってもろたらそれで良ろしおす。ほなまたお会いしまひょ」。(完)

2010年11月19日

◆山科だより「山科疎水道の紅葉」

          渡邊好造

山科疎水は、京都市の水力発電所建設の目的で造られた琵琶湖からの人口水路である。明治23(1890)年に完成した。その水路にそって東西3千3百メ-トルのジョギングコ-ス、東山自然公園いわゆる山科疎水道があり、筆者宅から北へ2百メ-トル、そこから東のコ-ス上流へのスタ-ト地点となる。もちろん車は通れないし、その幅もない。

今の時期、疎水道は紅葉真っ盛りで4月初めの桜満開時についで訪れる人が多い。京都という都会の近くにあって人工公園にない雑木林が珍しくそのまま残されている。雑木林に集まる昆虫と木の実を目当てに多種多様の鳥が来る。疎水道は、人だけでなく鳥の声が年中絶えることのない自然が一杯の公園である。

毎年1月末から約1カ月半をかけて疎水の水が止められ、ゴミはもちろん藻や泥が洗い流されるので、4月の桜の季節の満水時には2メ-トルの底まで透けてみえる。コ-スにゴミ箱は設置されていないが、何人かの人が袋片手にゴミを拾うのでタバコの吸殻も落ちていない。

トイレと水道は4カ所あり、普通の公園ならホ-ムレスの恰好の棲家にされるところ、京都市の管理はいきとどいていてこの公園で”青いテント”を見かけたことはない。

途中、京都府立洛東高校の他、安祥寺、本圀寺(ほんこくじ)、天智天皇陵、豊川稲荷山科分霊、永興寺(ようこうじ)など由緒ある社寺が並び、木々の間から山科区内を一望できる。

<以下の疎水道写真は、11月16日撮影>
DSC00217.JPG
写真@ コ-ス西のスタ-ト地点第2トンネル入口。
近くに2つの国指定有形文化財がある。
DSC00216.JPG
写真A 西のスタ-ト地点から東へ4百メ-トル付近の
民家と巨木。
DSC00215.JPG
写真B ジョギング・コ-スの東からの距離。裏側は
西から1千2百メ-トルの表示。
(完)

2010年11月13日

◆京都「山科近辺の祭りー@」

          渡邊好造

山科近辺の伝統的な祭りを拾ってみた。2回に分けて紹介するその1回目。

DSC00192.JPG
<写真は子宝霊験などの「徳林庵」、右端に供養の石地蔵>

1)「日向(ひむかい)大神宮」=”若水祭り” ・1月1日開催 ・所在地=山科区一切経谷町 ・地下鉄東西線蹴上駅徒歩15分。

京都の伊勢神宮といわれ京都人が手軽にお伊勢参りができるとして重宝がられる神社で、第38代天智天皇(7世紀)の頃の創建といわれる。応仁の乱(15世紀室町時代)で焼失したが、江戸時代初期(17世紀)に篤志家の寄進で再建された。この神社の霊水「朝日泉」は京都名水の一つである。

第56代清和天皇(9世紀平安時代)が疫病の民に神社の水を飲ませたところ治癒した、といわれる故事をもとに”若水祭り”が行われる。正月3日間この霊水をわけてもらえる。

2) 「白石神社」=”にのこう(二九、二の講)祭り” ・2月9日開催  ・所在地=山科区小山中島町  ・京阪バス小山停留所徒歩30分。

平安時代の大同年間(800年初め)から、伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)を祀っている。両神は、日本書記によると国々と山川草木を生み出したとある。境内に高さ4メートル、左右9メートルの白い大石があり、これが神社名の由来で白石大明神ともいう。

この神社で700年来行われているのが「にのこう(二の九)祭り」である。平安時代からこの地に代々住む勇者が音羽山の大蛇を退治したら、その祟りで病になった。祭りは、蛇の霊を鎮撫するために、孟宗竹に300束の藁を巻きつけてつくった20メートル位の大蛇をかつぎ練り歩く。

3) 「随心院(真言宗)」=”はねず祭り” ・3月第4日曜開催 ・所在地=山科区小野御霊町 ・地下鉄東西線小野駅徒歩5分。

小野小町ゆかりの寺院で、平安時代の正暦2(991)年創建された。小町は、仁寿2(852)年に宮廷を辞したあと寺院内の小町の化粧井戸跡あたりに住んでいたらしく、その後この邸宅跡に寺が建てられた。

はねず(薄紅色の梅)の咲く3月に、小町が里の子と楽しく過ごしたといわれる故事に由来して行われるのが”はねず祭り”である。境内で梅を思わせる当時の色鮮やかな衣装をまとった踊りが披露される。庭内の観梅は3月中。
 入園見学料1000円(庭園見学料400円を含む)。

4) 「醍醐寺(真言宗)」=”五大力尊仁王会(ごたいりきそんにんの-え)” ・2月23日開催
              =”豊太閤花見行列” ・4月第2日曜開催
・ 所在地=伏見区醍醐東大路町 ・地下鉄東西線醍醐駅徒歩10分。

醍醐寺は、理源大師聖宝が平安時代の貞観16(874)年に開基した。現存する建物は秀吉の寄進した安土桃山時代のもの。世界文化遺産京都(17社寺院の集合遺産)の一つである。

“五大力尊仁王会”は、1100年以上の伝統を持つ五大明王の功徳を称える行事で、約10万人の参拝者がある。災難、盗難除けのお札が配られる。当日"餅上げ力奉納"の余興があり、男150キロ、女90キロの餅運び競技も人気のひとつ。

“豊太閤花見行列”は、慶長3(1598)年、豊臣秀吉が死ぬ5ヶ月前に一族総出で華やかに催した醍醐寺での花見を再現したもの。太閤役は、京都ゆかりの財界人や文化人がつとめる。

5) 「徳林庵(臨済宗)」=”四ノ宮祭り” ・8月22〜23日開催 ・所在地=山科区四ノ宮泉水町 ・JR山科駅から徒歩10分。

徳林庵は、室町時代の天文19(1550)年開創され、子宝の霊験があるとされている。高さ3メートルの地蔵尊、歌人・蝉丸と地名の由来となる四之宮人康=第54代仁明天皇の第4皇子、の供養塔が目玉。 “四ノ宮祭り”は、門前の旧三条通り約500メートルが歩行者専用道路となり、露天が立ち並び参拝者で大賑わいとなる。  

* 「どなたはんも山科へいっぺん来てみとおくれやす。お祭りの日でのうてもなんぼでもええとこ案内さして貰いまっさかいに、、。お待ちしとります。ほな、おおきに」。---京都人曰く「字イで書いた-んのん見てたら京都弁らしおすけど、あんさんの喋り方はなんぼ聞いても大阪弁どすな」。(完)

2010年11月06日

◆大成功の71歳の腰骨手術

渡邊好造

本誌平成21年4月30日号「入院生活とトイレ」で紹介した71歳の知人が、また入院、手術することになりそのあらましを話してくれた。知人の話はこうである。

”本年5月初め頃から歩くと左足太股が締付けられるような感じで痛み始めた。座っていたり寝ている時は何の痛みもなかったものの、1ヶ月後には自宅2階の昇り降りにも痛みで動けなくなった。

近くの整形外科開業医の診断によると、腰骨の故障によるもので4年前に手術した「椎間板ヘルニア」が影響しているかもしれない、もう一度その私立O病院(以下、O病院)の同じ整形外科医の診断を受けては、、、との指示がでた。

O病院でのMRI検査などの結果、「脊椎管狭窄症と腰部側湾症」と判明。まず手始めに痛み止めの座薬を使ったが効果なし、次は腰への神経ブロック注射を3回、これでも痛みは止まらない。7月中旬、あとは手術するしかないとなった。

しかし、同じ手術をするにしてもこのO病院への入院はなんとしてもご免である。

過去2度のO病院入院経験(「椎間板ヘルニア」と「アキレス腱断裂」の手術)によると、65歳以上の高齢者を集めた1フロア4人部屋14室男女56名(リハビリ病棟、個室はない)、その大半がまともに話の通じない認知症患者で、食事は病室毎でなく一堂に会する方式をとっていて、自分はまともだ、我関せずとはいかないのである。

認知症患者には気の毒ではあるが、多勢に囲まれるとこちらも頭が変になる。

そこで、8月初め普段かかりつけの内科医に別の整形外科病院の紹介を依頼したところ、公立のK医大付属病院(以下、K病院)整形外科H医師への書状を貰った。初診の予約は20日後の8月23日。インタ-ネットで検索すると、H医師ともどもこのK病院整形外科は設備、技術ともに超一流で、腰の手術は内視鏡が主流とあった。

初診日まで待つ間、足の痛みはひどくなる一方だが辛抱するしかない。まずは問診で「前のO病院担当医の診断書を9月15日に持ってきなさい」、いわゆるセカンドオピニオンである。

"他に適当な医者が見つかったのでこれまでの診断書を、、"というのは言い辛かったが依頼書式を自分なりに作成し、DVDに記録された診断書を手にいれた。

初診から9月15日までのその後の23日間、足の痛みはよりひどくなる。待ちに待った15日から17日にかけて診察、検査、ブロック注射があり、次回予約は10月6日。

ところがどうにも痛みに耐えられなくなり、1週間後の22日に予約なしにK病院に飛び込んだ。約2時間待っての診察で「手術で治るなら明日にでも、、」と頼んだが12月まで病室の空きなしとのこと。

「手術は当K病院の医師が担当するが設備も同じ別の病院になってもいいか」といわれOKの返事をした。それほどこの病院の人気は高く、患者殺到だったのである。入院中の同病女性は半年待ったらしい。有名病院の名医の診断治療を受けるには根気がいる。

ラッキ-なことに「明後日10月8日から入院可能な病室が空いた」との担当医師自らの電話がきた。あまりの苦しみように特別配慮してくれたに違いない。

入院4日後の12日、全身麻酔で約2センチずつ2箇所に開けた穴から内視鏡と顕微鏡を駆使しての6時間の手術だったが、手術当日から10月27日の退院までの16日間、足も手術跡も全く痛みなし。

手術後翌日朝まで寝返りの際ナ-スコ-ルするのが厄介だっただけで、2日目の昼には車椅子でトイレ、3日目は歩行器で歩行訓練が始まった。実に見事な手術であった。杖もなしに自由に動ける退院後の現在、長期間痛い左足をかばっていたので筋力が落ち、普通には歩けず完全回復には少し時間が必要だ。次回の検診予約日は11月24日、それまでなんとか筋力を取戻さねば、、。”

以上、知人のK病院での腰部手術の話を聞いて、筆者は医学の進歩に驚きの声をあげた。腰の故障で悩んでいる人は多いと聞く。病院を慎重に選び、思い切って手術を受けてみてはどうか、とお勧めしたい。

驚きはもうひとつある。”病院に入院するのは病人とは限らない”ということ。6人部屋で知人とベッドを並べた何人かのうち3人は五体満足全くの健康体の人だった。

3人とも生体臓器移植提供者(ドナ-)で、21歳の男子大学生は余命1年と宣告された母親に肝臓、72歳の父親は息子に腎臓、28歳の娘婿は義父に腎臓、をそれぞれ提供するための検査と手術待ちの入院である。もちろん生体臓器移植を受ける側の患者もいて、肝臓と腎臓の2つの移植後無事退院した人もいたらしい。ある国立病院の医師がわざわざK病院での入院手術を希望したというほど臓器移植でも有名を覇せている。(完)


2010年10月29日

◆京都「山科近辺の資料館・博物館A」

渡邊好造

山科近辺の資料館・博物館紹介の2回目。山科のすぐ隣り京都市左京、東山、伏見の3区にある4つの公営館である。

1)「琵琶湖疎水記念館」 ・運営=京都市上下水道局 ・所在地=京都市左京区南禅寺草川町・電話075−752−2530。

山科に関連した最大の資料館は「琵琶湖疎水記念館」である。

琵琶湖疎水は、明治23(1990)年、京都の産業用水力発電所用として建設された。琵琶湖畔から京都市左京区蹴上までの約11キロ。途中は山科疎水とも呼ばれる。明治45(1912)年には上水用の第2疎水が完成。同じ年京都市にわが国最初の市電が走った。記念館はそうした琵琶湖疎水建設の発想、計画、工事プロセスの紹介、当時の発電機などの記念品が展示され、平成1(1989)年8月に開館した。同2年4月疎水竣工100周年式典が行われた。

 ・入館無料 ・開館9〜17時(12〜3月16時30分) ・月曜休館(祝翌日) ・地下鉄東西線蹴上駅徒歩7分。

2)「京都蹴上浄水場」 ・運営=京都市上下水道局 ・所在地=京都市東山区粟田口華頂町・電話075−771−3102。
琵琶湖第2疎水が完成した明治45(1912)年当時のレンガ造りの建物がこの浄水場に今も残されている。
 
普段は公開されていないが、毎年5月のゴールデンウイークの頃前庭の約4600本のつつじ満開にあわせて、施設の見学とイベントが楽しめる(本年4月30日〜5月3日)。京阪電車京津線が路面走行していた当時=平成9(1997)年地下鉄東西線開通まで=蹴上駅通過時の車窓からのつつじは見事な眺めであった。
・公開時入場無料 ・地下鉄東西線蹴上駅すぐ。

3)「京都伝統産業ふれあい館」 ・運営=京都市産業観光局  ・所在地=京都市左京区岡崎成勝町 ・電話075−762−2670。
 
ふれあい館は京都の生み出した工芸品や文化など伝統産業を紹介するのが目的で、昭和52(1977)年に設立された。京都伝統産業交流センタ-により運営されている。平安遷都1200年記念事業の一つとして平成8(1996)年に建てられた京都勧業館地下1階に常設展示場がある。

京都の伝統工芸品66品目約450点を展示・販売し、ビデオコ-ナ-、体験コ-ナ-もある。ちなみに、山科ゆかりの品は、、と期待をこめて聞いてみると「何もありません。京くみひも(帯締め、羽織ひもなど和装用)の製作者が山科に住んでおられますが、、」。
・入館無料 ・開館9〜17時 ・正月以外無休 ・地下鉄東西線東山駅徒歩10分。  

4)「京都市青少年科学センタ-」 ・運営=京都市教育委員会  ・所在地=京都市伏見区深草池ノ内町 ・電話075−642−1601。

昭和44(1969)年に青少年科学センタ-が開設され、平成9(1997)年現地に開館した。植物園、チョウの家、カブトムシの家(夏のみ)の他、各種の岩石・貝などが展示されている。目玉はプラネタリウムである。一通りまわると見応え十分な約2時間。

・入場料500円(プラネタリウムは別途500円)、中高生500円(同200円)、小生200円(同100円) ・開館9〜17時 ・木曜休館(祝翌日) ・京阪本線藤森駅徒歩10分、または地下鉄烏丸線竹田駅徒歩20分。

京都について知りたければ、以上4館はまず必見である。(完)

 


2010年10月17日

◆ どこがどう違うのか

渡邊好造

そんなことも分らないのか、と言われそうだが、、、。

 1)沖縄米軍基地の名護市、辺野古、キャンプシュワブ、普天間の位置不明。小沢一郎の購入地は、、。
 2)沖縄米軍基地反対派。日本に基地は必要ないというのか、必要だがとりあえずわが町から出ていけというのか、、。
 3)山本モナと滝川クリステル、小池百合子と小宮悦子。同じ顔に見える。

 4)米女優のシャ-リ-ズ・セロン、アンジェリ-ナ・ジョリ-、キャメロン・デイアスの違い。共通点は厚手(タラコ)の唇、、。
5)女性18〜22歳の1歳毎の違いが分らない。50歳位までの若い時は見分けがついたのに、
6) 「涼子」と名のつく女性タレントやモデルの多いこと、、。篠原、広末、米倉、国仲、久保田、田中、田波、村上、
  小林、白石etc。共通点はカエルのような縦横デッカイ・ビックリ眼。

7) 肉食系と草食系の男に分類、なんでも型に嵌めればいいと言う訳ではない。両方系が大半では、、。
 8) 中央集権はわかるが、地方分権、地域主権とは、、。
 9)デパ-トへ温度湿度計を買いに行ったところ、同じ売場で温度計はどれも同じ数字だが、湿度計は殆ど異なっ  た数字。どういうわけ、、。

10)麻薬、覚醒剤、ドラッグ、阿片、モルヒネ、コカイン、ヘロイン、MDMA、LSD。使用気分は、、。
11)中国の国家主席、首相、共産党総書記。権限、役割は、、。
12)プロ野球のユニフォ-ム、ストッキングを膝下まで上げている選手と足首までの選手。なぜ統一しない。

13)朝鮮半島の北と南の言葉は同じ朝鮮語なのか。北のテレビアナウンサ-の発音を聞いていると、、、。
14) 小沢一郎。瞼をふくらませて目を閉じた顔、普段の仏帳面、総裁選挙時の満面の笑顔。どれが本物。
15) 日章旗を焼き、踏みつける中国人、韓国人をみても反発しない日本人。彼らの国旗に同じことやったら、、。

16) ロシア正教、ギリシャ正教、インド正教、エチオピア正教、エリトリア正教など、キリスト教でもいろいろ、、。
17)川と河、池と湖、入江と湾、山と岳と嶽。違いの基準はどこに、、。
18)死刑囚の処刑の順番。まさか(ナム)アミダクジ、、。

19)のぞき、盗撮、おさわり、下着泥棒。捕まるのは男性ばかり、、。女性は、、。
20)ホ-ムレスに仕事を与えろと支援団体はいうが、仕事をする気があるホ-ムレスなんているの、、。    (完) 


2010年10月10日

◆その日本語、文字は変だ

渡邊好造

何気なく使われているおかしな日本語、文字のいくつか、、。

1) 『やるしかない』 = 元社会党党首土井たか子氏風に言うと「やるっきゃない」。「え〜、こまったな〜。いったい私にどうしろと言うの、どうやっていいか手段方法はサッパリ判らない、けど何かやるしかない」が本音。回答になってない。

2) 『、、、してみたいと”思います”』 = 「さあそれでは行ってみたいと”思います”」、「それについて考えてみたいと”思います”」。放送評論家・島野功緒氏も言う(週刊新潮)、”思います”は余分である。NHKのアナウンサ-にも多い。「さあそれでは行ってみましょう」、「それについて考えてみましょう」となぜ簡潔に言わない。

3 ) 『、、じゃないですか』= 「私って神経質じゃないですか」、「私って一人っ子じゃないですか」という喋り方がうるさい、と作家・猪瀬直樹氏(読売新聞)。この言い方をするのは若い女性に多いが、朝8時テレビワイド番組の司会者・小倉智昭も連発する。、、じゃないですか、と勝手に同意を求められても困る。

4) 『まだ訴状を”見ていない”のでコメントできません』 = 当事者に訴状が届くのはそんなに遅いのか。見ていないのなら職務怠慢、”精査検討していない”だけのことではないか。これで逃切りそのあと正式のコメントは発表されないし、発表されても報道されない。

5) 『耳障り”がいい”』=耳に障るのをいいという表現はおかしい。” 耳障り”はそれだけで一つの単語である。うるさい雑音を聞いて、いい音だと言っているようなもの。目障りを「目障りがいい」と言わない。

6 ) 『 ごみ捨てる”べからず”』= 文章は口語体と文語体を混合しないのが原則。口語なら「ごみ捨”てるな”」、文語なら「ごみ捨”つべからず”」。

7) 『あの人との関係は”精”算しました』 = 別れ話など人間関係の解消、この場合は”清”算。”精”算は費用の最終的計算のことである。企業の倒産・解散で取引相手との貸借関係など残務整理が済むまでは「”清”算会社」。

8)『懐かし”の”メロデイ』= NHKにこんなタイトルの番組があった。形容詞の後に助詞はつけない。「懐かし”い”メロデイ」であって、”の”はおかしい。

9)『”成仏”しろよ』= 時代劇映画で斬り殺した相手を片手で拝み「”成仏”しろよ」という台詞。”成仏”は僧が仏になることで、我々凡人が死ねばそれは”往生”である。”成仏”するには死んだあと浄土でさらに修行がいるから無理な話。

10)『次の誕生日で”満60歳の還暦”を迎える』 = 長寿の祝い事は満年齢ではなく数え年である。前にも言ったが何度でも言う。還暦は数え年61歳。10干(甲乙、、癸)12支(子丑、、亥)の組合せは10×12=60、61回目の1月1日に元の暦に戻る。

満60歳誕生年の元日に迎える数え年61歳が還暦。古稀(70歳=満68歳誕生年の元日)、喜寿(77歳=満75歳誕生年の元日)、、などはすべて数え年。

これまで筆者も誤字、脱字、表現ミスの連発である。他人のミスを指摘する資格はないが。 (完)


2010年10月02日

◆記者会見、客の苦情への対応

渡邊好造

最近、企業などの不祥事でマスコミへの事情説明や謝罪の会見がよく目に付く。

私も広報担当として約10年間マスコミの取材、ヤクザの脅しや消費者の苦情への対応業務を経験し、最後は子会社の解散発表会見までやったので、これに携わる担当者の苦労の程は痛いほど分る。

不祥事発生に際して袋叩きに遭うし腹もたつだろうが、もう少しうまく喋る、好意的に受取られる態度をとればいいのにと感じることが、これまでの自身の反省を含めて数多い。

そこで、不祥事が発生した場合の記者会見、客の苦情などへの対応のあり方について、ガイドブックにはない「広報最前線の些細な15箇条」を記してみる。

1)インタビューを受ける際にしごく当り前のことだが、分っている事実は正直に答え、その場逃れの回答は絶対にしないこと。分らないことは分らないと言えばいいだけで、個人的な判断や意見を言わないこと、事実関係を正確に説明する。

2)目線を質問者に合せ、そしてできるだけ瞬きしない、キョロキョロよそ見しない。でないと、目が泳いでいた、落着かない様子、真剣さが足りないとなる。

3)何を質問されてもその内容に反応しないこと。不愉快でも我慢することはいうまでもなく、感情移入をせず淡々と答える。その場の記者やカメラの向こうに多くの大衆がいる。怒っても笑ってもいけない。

4)回答に窮したら黙りこまない。よく聞えなかった、意味が分らないとして「もう一度言って欲しい」と頼み、相手の質問が繰返されるその間に答えを考える。

5)インタビューで逆質問してはならない。質問者に対して「さっき答えたでしょう(小沢一郎・民主党元幹事長)」「答えなければいけませんか(武蔵川・元相撲協会理事長)」などと言うと開き直ったとなり、悪印象の事例として何回も、、。バカの見本。 

6)汗が吹き出しても絶対にハンカチ、タオルを使わないこと。「涙を拭いながらの謝罪会見」というタイトルがつくことになる。

7)両手は後ろでなく前で組まないと、態度がでかいととられる。テーブルがある場合はその上に両手を出し動かさないこと。手が動くと「落着かない様子」「手はかすかに震えていた」となる。テーブルの下でゼムクリップを繰り返し折り曲げているのをテレビカメラにキャッチされ、「イライラしていた様子」、、、。

8)頭の先からつま先まで全身に抜け目なく神経を集中させること。見えていないと思いズボンの裾を膝までたくし上げ、貧乏ゆすりしているのを映されていたことがある。テレビカメラが狙うのは前からとは限らない。

9)服装は派手でないこと。スーツ、ネクタイに気を配るのは言うまでもなく、スーツの裏地やワイシャツは単色の派手でないもの、ストライプが入っていたりすると「ヤクザっぽい服装」となる。

10)客やヤクザの脅しに「やれるものならやってみろ」は一番いけない。脅しだけで本当にやる気がないのにその気にさせる。"殺してやる"と言われた取調べ中の警官が「やれるものなら、、」と言い返して、拳銃を奪われ撃たれていた(週刊新潮)。「やって欲しくないし、あんたのなんの得になる、、」位に受け流せばいいこと。

11)「俺が怖くないか」と言ったり、未だに墨筆太文字の名刺を出す奴がいる。本当に怖がる必要はないが、「怖くない」と言ったり、強がったりしないこと。できるだけ怖い振りをして相手の要求を探る。

12)暴力を振るわれそうだとみたら、必ず二人で応対し証人をおく。相手が少しでもこっちの体に触れることがあれば、思いっきり大げさに倒れ、痛い痛いと叫ぶこと。それで暴力行為は成立、すぐに110番。

13)マスコミの会見要求や客の面会要求があれば素早く広報などの担当部長、又は役員クラスの責任者が応対する。質問を30分以内に終らせたいなら、「このあと予定がありますので20分位で、、」と初めに断り10分間延長したようにするのがいい。

14)会見、面会、電話を問わず「責任者に聞かせる」として録音する(要了解)。後で聞き直し相手の真意を探り、当方の発言に問題がなかったかチェックする。録音テ-プはすぐ取出せるよう整理して保管する。相手も記憶していることだから編集したりしてはならない。

15)記者、苦情客を問わず先方が席を立たない限りできるだけ最後まで対応する。質問を受付けない、メモを読上げるだけの会見ならやらない方がまし。

そこで一言。 記者、テレビカメラ、苦情客を前にして"余計なことを言ってはならない"、と思うと緊張して話しにくくなる。そして慣れるしかない。ただし慣れるとその後何年も担当させられるからその積りで、、。(完)

2010年10月01日

◆消費者金融業「武富士」の倒壊

渡邊好造

消費者金融業の大手「武富士」が会社更正法の適用申請をするというので、新聞テレビなどマスコミのトップニュ-スになっている。銀行借入れや社債など負債総額は判明しているだけで約4千億円に上り、今後さらに増えるらしい。

同社は、2002年3月末融資残高1兆8千億に達したこともある。今ではプロミス、アコム、アイフルについで営業収益4位であるが、かっては断然他社を引離し融資残高、収益ともにトップだった。

他社に離された最大の要因は、大手銀行系列などの傘下に入らず独立系として歩み、資金繰りに苦しんだことによるらしい。その代り資金導入先からヤイノヤイノと注文を付けられ、顔色を伺ったり、役に立たない人を押付けられたりもなかったはず。

そして、20年ほど前のようにトップ街道を常に歩んでいたことを意識さえしなければ、左団扇ではなかったか、、。それが一変したのは一連の過払い利息返還請求騒動で、これさえなければ経営内容が悪化することもまずなかった。

念のために消費者金融業界にからむ法律を整理すると、、。

融資利息は、出資法の上限が年29、2%、利息制限法が年20〜15%の2本立てで、業者は客と契約さえすれば高い方の29、2%が許されていた。これがいわゆる「グレ-ゾ-ン金利」である。

ところが、2006年に上限金利は20〜15%以下でないと違法だとの最高裁判決があり、それも客がこれまで余分に払った以前の利息、過払い利息も遡って返すべしとなった。

過払い利息が返ってくるとして喜んだのは客だけではなく、業者を相手に返還請求業務手続きを請負う弁護士、司法書士も仲間入りし、なかには法外な手数料でボロ儲けしている輩もいるらしい。最近のテレビ広告で「法律相談は○○法律事務所へ」が目立つのにすでにお気づきだろう。

ともあれ、消費者金融業者はこの過払い金返還請求に追いまくられ、そのために一体幾ら準備すればいいのか不明で中小業者は次々と廃業していった。武富士もその例外ではなく、分っている負債総額以外に未請求分も含めた過払い利息は数千億円、このままだとまだ増え続けるに違いない。

これに追いうちをかけたのは、本年6月18日施行の新貸金業法で「総量規制=貸付は年収の3分の1以下、年収証明の提出、収入のない主婦は夫の要了解、情報センターへの登録」が課せられ、残高を伸ばせないから利益があがらず、各社音を上げることになった。

筆者に言わせると、この業界がこんなに大きくなったのは間違いなのである。実業でなく虚業が大きくなり儲けすぎると袋たたきに遭うのは世の常である。

業界が注目され始めたのは1964年の東京オリンピックの前後といわれている。当時は日歩30銭(100円につき1日30銭=109、5%)という超高金利にもかかわらず利用者は店頭に列をつくり、新聞、週刊誌では庶民に手軽に金を貸す便利なところができたと賞賛された位であった。

その秘密は、銀行など他の金融機関が目を向けなかった個人への融資を始めたことで、担保、保証人や印鑑証明なしで、比較的簡単に金を借りられたことにある。しかも対象がサラリ-マンで印鑑証明をとることも知らない連中であった。印鑑証明がすぐにとれるのは逆にいうとすでに借金があるということに注目した。

従来の金融機関では考えられなかった常識破りの簡便システムである。一時、業界は「団地金融」と呼ばれたこともある。自宅が公社公団の団地であれば、最優良顧客だった。団地は収入レベルの基準が厳しく入居者はエリ-トであり、公社公団が保証人になったようなもの、、。

貸付は店頭とは限らず、会社・自宅へも配達したが、これで本人の所在確認ができた。自宅の玄関の履物が揃えてあれば几帳面な人だと分る。常連客になると麻雀荘に部下のような振りをして”会社の書類をお持ちしました”として現金入りの封筒を届け、書類作成は翌日。

客はいても、問題は資金がない。ある会社では給料と引換えに自社株を渡したというし、水商売のオネ-サンに借りたり、高金利の社内預金もあった。そのうちに大手銀行が保険会社経由で秘密融資するようになったが、代りに定年退職した役にたたないオッサンを送り込んできた。

1980年代半ばころだったか、武富士が百億円の融資残高になったと聞いて驚いた記憶がある。それがいつの間にこんなドデカイ業界になってしまったのか。


業界の任意団体「日本消費者金融協会(略称・JCFA)」の全盛時の優良加盟社は150社だったのが、この7月末で大手のみの27社にまで減ってしまって、まさに寡占状態である。
 
消費者金融業は、もともと歩道の隅にヒッソリ咲いた可愛い花だったのである。ここまで大きくなれば当然のこと歪が出てくる。業界は原点を思い出せ。(完)

 

2010年09月19日

◆京都「山科近辺の資料館・博物館-@」

          渡邊好造

京都山科とその近辺には個人や企業、あるいは公共での収集品、所蔵品を有料、無料で展示する各種の資料館・博物館がいくつもある。JR山科駅から近いところ、車または電車バスで比較的簡単に行着ける所から順に紹介しよう。1回目は山科住民にもあまり知られていない4つの私営資料館。
DSC00162.JPG

1)「京都お箸の文化資料館」
JR山科駅から西へ徒歩3分、京阪電車京津線の線路沿い、山科区天徳町に”お箸”の資料館がある。平成8(1996)年11月、箸問屋経営者・井津明楽氏が”お箸に感謝をこめて収集”し、一般に公開した。

自宅の1〜2階を改造し、日本はもちろんタイやベトナムなど世界の箸と、その歴史、使い方の違いなどを解説、収集した450種のうち400種を常設展示している。
 
10名以上で電話予約すると、2代目館長・井津守進氏の解説つきで箸つくりの体験もできる。
入館無料  ・火曜休館(祝翌日) ・開館10〜16時 ・電話075−595−0919。

2)「一燈園資料館・香倉院(こうそういん)」
一燈園・財団法人懺悔奉仕光泉林は、明治38(1905)年に西田天香師が創始した奉仕集団(宗教法人ではない)で、昭和4(1929)年に山科区柳山町の現地に開設された。京阪電車京津線四宮駅から北東へ徒歩10分。

一燈園の思想は「自然にかなった生活をすれば、人は何物をも所有しないでも、また働きを金にかえないでも、許されて生かされる」というものである。多くの企業の社員が泊り込みで研修をうけているのを見かける。

”香倉院”は、その一燈園に付属する資料館で、西田天香師が接した有名人や芸術家との関連品が数多く収められている。

板画家の棟方志功、一燈園で信仰生活を送った劇作家・評論家の倉田百三、洋画家の須田剋太、陶芸家の河井寛次郎ら各氏の手紙や作品などが展示され、なかでもインド独立の父マハトマ・ガンジーが使った手紡ぎ車が逸品である。

入館料500円、中高生400円 ・開館10〜16時30分 ・日曜、祝日、第2・4土曜休館 ・電話075−581−3136。

3)「京の田舎民具資料館」
京都の田舎で江戸中期から昭和30(1955)年代中頃までに使われていた農機具や生活具2千点以上を収集し展示している。ワラの長靴、火鉢、蓄音機、ラジオ、大八車など、そういえばこんな物があったなあ〜と思わせる懐かしい品が一杯である。

山科区小山小川町にあり京阪電車京津線追分駅から南へ徒歩25分、またはJR山科駅から京阪バス小山停留所北へ徒歩10分の音羽山の麓。昭和62(1987)年12月に開設された。

入館料500円、中高生300円、小生200円 ・開館は9〜16時30分 ・月曜休館 ・電話075−581−2302。

4)「山科植物資料館(日本新薬)」
回虫駆除薬「サントニン」の元になる”ミブヨモギ”の栽培試験園として、昭和9(1934)年山科区坂の辻町に日本新薬(株)が開設した。当初「山科試験農場」としてスタートし、「山科薬用植物研究所」から現名になったのは平成6(1994)年である。

世界の薬用・有用植物約3千種が育成されている。”ミブヨモギ”記念館、ハーブの館、シダ園、大温室などの施設がある。地下鉄東西線椥辻駅東へ徒歩10分。
入館無料 ・普段一般公開されておらず、見学希望者は電話で要予約 ・電話075−581−0419。

*山科近辺の資料館・博物館は、私営を含めると数が多く紹介しきれないので、次回以降は公営かそれに準ずるものに限定する。(完)

 


2010年09月08日

◆こんな事、考えてみたら?

渡邊好造

世間で常識になっていることで、ちょっと視点を変え、こんな事は考えられないか。

1)毎年2回開催される全国高校野球大会だが、常連校がズラリと並びそれも、私立校ばかり。入学エリアの規制された公立高校は出場しても騒がれるだけで終り。本年夏出場し3戦目に敗れた滋賀県立北大津高校は例外。

 そこで、私立と公立の高校で別々の大会を開催し(公立は両方出場可)、最後は私公立の各大会優勝校でプロ野球の日本シリーズのように7試合で戦う。私公立上位各3チーム、6チームのクライマックスシリーズ式混戦対戦もいい。これなら間違って公立校が優勝することもあるし、ひょっとして公立同士の決勝戦ということも、、。
 
2)公営カジノ開設論が盛んである。東京と大阪の両知事がとくに熱心でそのための法改正の準備が進められているとか。すでに競馬、競輪、競艇など公営バクチがあり、そこにカジノが付け加わる。おかげで国は儲かり税金は多少安くなる。

しかし、これまでバクチで身を持ち崩した人間がどれだけいるか、それを考えるとカジノ開設は素直に賛成できない。

 そこで、日本人の参加できない外人専用(そんな国もある)のカジノにしてはどうか。日本人は儲かっている振りをして客を刺激する訓練されたサクラ、または接待員として起用し、販売促進と職にあぶれた人の雇用開発につなげる。

3)海外旅行、山登りなどでの事故が多発し、その遭難者は老齢者が多い。過日、救助活動のヘリコプタ-が墜落して救助隊員5名が亡くなった。その度に多額の税金が使われる。
 
海外旅行や山登りは免許制にして、年齢制限を設けたらどうか。

例えば、海外旅行には65歳以下、1千メ-トルを超える山登りには50歳以下の制限を設け、年齢制限オ-バ-の人にはそれぞれ供託金百万円位を出させ、5年毎更新の免許証を発行する。発行時や更新時には簡単な運動能力テストを行う。ル-ル違反があれば供託金没収、経費実費徴収。
 
事故なしで免許証返上なら返金すればいい。もし無免許で事故をおこすと、本人に経費全額負担と罰金(5百万円位)や懲役を科す。本人死亡の場合は家族に払わせる。

4)改正貸金業法の完全施行がこの6月18日からスタ-トした。金利20%以下、融資は年収の3分の1以下(要証明書、収入のない主婦は夫の要了解)などの規制を課し、違反した業者には罰則がある。
 
ということで借金できなくなった難民が増えつつある。もちろん多重債務者保護が目的でそれなりの効果は期待されるが、こんなことでは焼け石に水である。
 
多重債務は博打、パチンコ、おさわり、盗撮、万引きなどと同じく、通常の人間からすれば「何故あの人があんな事を、、」と考えたくなる一種の病気なのである。

これまで本誌で何度も言ったが、多重債務病は収入に関係なく借金してしまう、自己破産して債務ゼロになってもダメ、まして金利を下げたくらいでは効果はない。ヤミ金業者を喜ばすだけのこと。
 
電話相談受付なんて暢気なことでなく、「多重債務者教育病院」を設立し収容するべしである。アメリカで設立されているという多重債務者専門病院の根性たたきなおし治療プログラムを早急に研究する必要がある。

5)最近111歳の最高齢と思われていた男性が30年前に亡くなっていた。役所の人が訪問しても「本人が会いたくないと言っている」ということで確認できなかったらしい。

百歳を超えれば失礼ながら年齢など同じに見えるから、別人が名乗り出ても判別不能である。その後全国に百歳以上の行方不明者が続出し、年金の不正受給も増えている。
 
そこで百歳を超えた人、いや年金受給開始時から指紋押捺を義務づけてはどうか。本人または代理人に指定の書類に毎年指紋押捺させ、登録された本人のものかどうか照合する。指紋押捺しない人、指紋が一致しない人、個人情報保護なんてゴチャゴチャ言う人には年金ストップ、死亡宣告、住民登録抹消を通知する。
(完)

2010年08月30日

◆京都「和歌に登場する山科」

渡邊好造

百人一首など平安、鎌倉時代の和歌集に登場する山科の代表地は、「これやこの行くも帰るも分かれては 知るも知らぬも逢坂の関」と、蝉丸が詠んだ"逢坂の関"である。

清少納言や藤原定方ら有名歌人もこの地を取上げているのは以前に紹介した。行政的には隣の滋賀県大津市になるが、現地に立ちその地形をみれば山科エリアだと十分頷けるはず、、。今回はそのすぐ隣りの"音羽山"など、和歌に詠まれた古都京都の奥座敷、山科の優雅な雰囲気を感じとっていただきたい。
 
音羽山は高さ593メートル、逢坂の関の南西、山科四ノ宮の南東に位置し、山科盆地を囲む山の一角にある。音羽山が登場する和歌として有名なのは次の2首。

紀貫之(平安時代の歌人・土佐日記の作者・原典は古今集)= 「秋風の吹きにし日より音羽山 峰のこずえも色づきにけり」。貫之の従兄弟にあたる紀友則(歌人・古今集)= 「音羽山けさ越えくれば時鳥 梢はるかに今ぞ鳴くなる」。
逢坂の関と音羽山の両方を詠んだ和歌も多い。

代表例をあげると、、
・源実朝(鎌倉幕府3代将軍・金槐集)=「逢坂の関やもいづら山科の 音羽の滝の音にききつつ」。
・後鳥羽院(鎌倉時代第82代天皇・原典不明)=「逢坂の関の行き来に色変わる 音羽の山のもみぢ葉」。
・源俊頼(平安時代歌人・金華和歌集)=「音羽山もみぢ散るらし 逢坂の関の小川に錦織りかく」。
・慈円(慈鎮・鎌倉時代天台宗の僧・原典不明)=「音羽山卯の花垣に遅桜 春を夏とや逢坂の関」。
・在原元方(平安時代歌人・古今集)=「音羽山音にききつつ 逢坂の関のこなたに年をふるかな」。

この他、当時の和歌集には小野、花山(かざん)、栗栖野、日の岡といった山科の地名が、いくつも登場する。

・藤原権中納言長方(平安時代公家、歌人・続古今集)=「見渡せば若菜摘むべくなりにけり 栗栖の小野の萩の焼原」。
・後鳥羽院(平安・鎌倉時代の天皇・夫木和歌抄)=「秋はけふくるすの小野のまくずはら まだ朝つゆの色ぞにほひぬ」。
・藤原定家(鎌倉時代公家、歌人・定家の歌集拾遺愚草)=「花山の跡を尋ぬる雪の いろに年ふる道の光をぞみる」。
・土御門院(鎌倉時代の天皇、後鳥羽天皇の皇子・続古今集)=「はし鷹のすすしの原 狩りくれて 入り日ノ岡にききす鳴なり」。

和歌に登場する1千年程前の山科の眺望は想像し難いが、現在の山科の絶景はと問われたなら筆者は次の3つを挙げる。
@東山ドライブウエー将軍塚辺りから見下ろす京都中心部の眺望(京都タワーは目障りだが、、)。
A山科疎水道からの山科の展望(写真・左にJR琵琶湖線、白い土手の右下は京阪電車京津線、後方は東山連峰)。
B音羽山から眺める東山連峰に沈む夕陽。

夕陽については、朝陽のような眩しさや暑さを感じさせないのでじいっと見つめるうち、両手を合せてつい願い事を呟きたくなる。

平安・鎌倉時代の歌人達が眺めた山科の夕陽は、三方を山に囲まれた盆地にあって、今とはまったく異なる自然が一杯の目を見張らせる光景だったはずだが、各種の資料をひっくり返してもこの夕陽を詠んだ和歌は発見できなかった。

京都古人、宮廷人、天上人の視点は、大地、天空、山脈、天下の情勢、庶民生活などを大きく広く見渡すことよりも、恋人、愛人(不倫)、片想い(失恋)、鳥、植物など目前の夢の世界にのみ向けられているかにみえる。

こうした天上人のお気楽な暮らしぶりに対し不満がくすぶり、やがては積重なって鎌倉時代以降の武家社会へと変革していく、そうした様が和歌には窺える。(完)